遅ればせながらBABEL

やっと時間ができたので、見ました。

ご存知のとおり、役所広司がモロッコ人ガイドにライフルをプレゼントして、そのライフルで遊んでいたモロッコ人の子供がアメリカ人観光客のケイト・ブランシェットを撃ってしまってその夫はブラピで、その夫妻の子供はメキシコ人の不法移民のおばちゃんにベビーシットされていて、役所広司のろうあの娘が菊池凛子、という話。いくつかのストーリーが同時進行するの。

一番感情移入したのは、メキシコ人のおばちゃん。
ああ、アメリカ人はメキシコ人をこういうふうに非人間扱いするんだなーって思いました。
(さすが監督がメキシコ人)
見ていて「ああ!そんなむちゃしちゃだめ!アメリカでメキシコ人に人権なんてないのよ!」と突っ込みを入れてしまいました。

国際人権法なんぞ勉強してると、
ジャイアン・アメリカは外国人の人権なんて知ったこっちゃないんだな、と思います。
逮捕された外国人は自国の領事と接触する権利が条約上あるのに、アメリカはそれを無視して死刑執行しちゃうとか。(メキシコ人が多い)
国内の裁判所も「条約を守るのは行政府の仕事で裁判所の仕事じゃない」って言って平気で条約無視するし。(噴飯モノとはこのことだ)


ところであの映画、主演は誰なんでしょうね?
存在感で言ったら、菊地凛子かメキシコ人のおばちゃん(アドリアナ・バラッザ)。
ケイト・ブランシェットとブラピは・・・存在感ゼロ。
グウィネス・パルトロウとコリン・ファレルとか他の役者にすげ替えても十分映画が成り立つと思う。


ま、傑作とまでは言わないけど、それなりに楽しめる映画でした。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« チョコの論文 ぼそぼそ系の... »
 
コメント
 
 
 
確かに (まつこ)
2008-05-20 21:22:04
私は、あまりメキシコに思い入れがないから、メキシコ人のおばちゃんに感情移入することはなかったけど、
映画の中での存在感で言うと、彼女が菊池凛子と1、2を争うキャラクターだったかも。

ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットを他の役者にすげかえてもOKというの、すごくよくわかります 笑

そういえば、つい最近、BBCのネットラジオのニュースで、アメリカでのメキシコ人の死刑の問題が取り上げられてたわ。
執行された、っていう話だったか、刑が確定した、って話だったか、覚えてないけど。
被告がメキシコ側の人間と一度も接触を許されずに裁判手続きが進んで行っちゃった、という話だったと思う。

本当にアメリカって、その辺は無茶苦茶よね。
もし仮に、他の国で、外国人の死刑を執行しちゃうアメリカの裁判所の言い分と同じ論理で、アメリカ人の死刑が執行されたとしたら、
ここぞとばかりに「条約違反だ」って言って責めたてるんだろうに。。
その相手国がイランとかシリアとかだったら、戦争になっちゃいそうだよね。。
 
 
 
Unknown (yukita)
2008-05-21 00:08:51
まつこちゃん>
そうなのよ、アメリカってむちゃくちゃ。
アメリカの裁判所で死刑が確定した時点で、メキシコが国際司法裁判所に条約違反を申し立てて、メキシコが勝ったんだけど、それでもアメリカは死刑執行を強行したのよね。
アメリカって人権政策が二枚舌だからさ・・・。
 
 
 
見れてない (shiori)
2008-05-21 05:59:48
アムスで買ったDVDはオランダ語のSubtitleのみだった。
アラビア語とスペイン語だからわかった気になってみたけど、やっぱわかんなくて途中でやめた。
同僚に借りたら中身が入っていなかった。

まぁ、アメリカは勝手に他国の案件すら裁判しちゃう国だしね…
やっぱり、自分達かGlobal Standardじゃないってことに早く気が付けばいいけど、気づかないところこそがアメリカらしさと言えちゃうのかも…
 
 
 
Unknown (yukita)
2008-05-21 08:33:39
shiori>
あは、その他国の案件すら裁判しちゃう法律、期末試験で出たわ(笑)。
アメリカは、他国のことに口(と手)を出す時と、他の国なんて知らんもんね自分さえよければって時があるけど、どっちにせよ割と迷惑なのよねえ。
 
 
 
びっくり (まつこ)
2008-05-21 21:07:23
国際司法裁判所で負けたのに執行しちゃったの?!
すげぇ。。さすがジャイアン…
ていうか、国際司法裁判所に対する申し立ての結果って、拘束力ないんだ??
拘束力はあるけど、行政府に及ぶだけで、裁判所には及ばない、っていう言い訳だったのかな?
 
 
 
Unknown (yukita)
2008-05-22 13:32:19
まつこちゃん>
確か、国際司法裁判所の判決は拘束力はある(法的な義務はある)んだけど、国際法は違反したところで強制する機関がないから、ジャイアンに歯止めはきかないのよ。
拘束力が行政府に及ぶけど裁判所には及ばないって訳分からないでしょ・・・。
あとアメリカの得意の言い訳は「条約は連邦が結んだものだから、州には関係ない。」
開いた口がふさがらない。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。