チチカカ湖でひと泳ぎ

正体不明の女二人ブログ。遠くても、寒くても、空気薄くても泳いでやるぅ!の心意気。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第126回 これ、タナボタだよね。

2014-12-23 20:44:55 | Weblog


つまみ:
ひゃ~、冬だ冬だ。
今年も押し迫って、だからどうってこともなくて
その証拠にチチカカ湖、いきます!

4年前に買った空気清浄機がリコール対象になった。
自分の買ったものがリコール対象って初めての経験だったんで
ちょっとテンションが上がったんだけど
実は1年前ぐらいからリコールとは関係ない機能の調子が悪くて
「ついでにそっちも部品替えてくんないかなあ」と思いつつ
いざとなると何も言えずに
リコール時の流れに乗ってそのまま持ってってもらったの。

そしたら、10日後ぐらいに
「リコールの部品は修理したが、他にも不具合があった。
今回はご迷惑をおかけしたので新品と交換する」
と電話が来た。

備蓄してた交換用のフィルターはムダになっちゃったけど
交換品は明らかに進化してて、使い勝手がいい。
前のが、だめバージョンだったのかもしれないけどね。
Windowsにおけるvistaみたいに(よく知らないで言ってる)。

まゆぽさん、タナボタなんかある?


まゆぽ:
ああ、いいなあ、タナボタ。あこがれるなあ。

さっき、食器棚の掃除してたら
上から去年買った携帯カイロがみつかった。

ちょっと固まってるっぽいけど、今年も使えるかなあ。
小さなタナボタ。

たとえばさ、空気清浄機の交換用フィルターとかって
探してるときは絶対みつからないくせに、
いらなくなると「ややっ」っていう場所から
発見されたりしない?

そういうのにも、諺作りたいわ。

「棚から去年のカレンダー」
略してタナキョカレ?


つまみ:
タナキョカレ!?
気持ちはわかるけど、言いづらくて浸透しねえよ。

探してなかったし
みつかっても覚えてすらいなかったという諺
「棚からまさかの披露宴の引き出物」
略してタナカマサヒロは?
もっと略してマー君
・・くだらないか。

タナボタに話を戻すけど、ボタモチってのがすごいよね。
しかも、語源読んだら、単に落ちてきたんじゃなく
落ちて口に入った、そこまでを含め、ラッキーってことなんだね。

・・危ないじゃないか!
お正月の風物詩、餅がのどに詰まって、の危険性大。

この諺の真意、人生はハイリスクハイリターンってこと?


まゆぽ:
タナカマサヒロ、すごいこじつけ力!
つまみワールド全開だわ。

タナボタって棚から「みつかる」んじゃなくて
勝手に「落ちてくる」んだー。
「自分は努力しないのにラッキーな目にあう」のがタナボタなのね!
というのが発見でした。

現実に戻ってみるとさ、
年末だし掃除をしなくては、という強迫観念があるわけ。
で、窓拭きしようかとも思ったけど、
今から拭いたら新年にはもう汚れてるよなと思い直し、
キッチン戸棚系の掃除をすることにした。

いや、もうよくわからない容器類がごろごろ。
出てくる出てくる。

自分ではあまり溜め込まないタイプと思ってるんだけど、
ガラス瓶(ザーサイが入ってたとか、ジャムの瓶とか)、
タッパー系の容れ物、お惣菜買ってきたときのプラ容器…。

こんなに、いったい何を入れようとしたんだ、自分、と
呆然としながら一気に断捨離したよー。

実際の人生は「棚から容れ物」
タナイレなのでした。
ノーリスクノーリターンだわ。

つまみ:
タナイレって。
ふりだしに戻っただけな気がするけど
タナボタの事例をいっぱい挙げるつもりが
タナ●●の新語をいっぱい編み出したってことで
これもある意味、タナボタだよね
ラッキーかどうかは別として。

コメント (2)