チチカカ湖でひと泳ぎ

正体不明の女二人ブログ。遠くても、寒くても、空気薄くても泳いでやるぅ!の心意気。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第64回 気持ちいい!瞬間

2010-11-05 14:46:52 | Weblog
まゆぽ:
寒くなってきても、気持ち良くってやめられないのは
「裸」です

あ、まちがった「裸足」です

家の中では、1年中、頑張って裸足を通す
足がかじかんで我慢できなくなると靴下はくんだけど、
気がつくと、どっかに脱ぎ捨て、再び裸足に
家の中に靴下が点々と落ちてます

さらに気持ちいいのはね、
裸足の足を猫に踏まれること。
狭いところを通ろうとしたときなどに、
猫がうっかり足を踏んでいくことがあり、
猫は「あ、ごめん」って顔をするんだけど
私はその「ふにゃひやっ」とした感触が気持ち良くて、
また踏んで~踏んで~と身もだえます

つまみの快感ポイントも教えてね。

つまみ:
私はすっごい冷え症なので
家でも裸足はキツいなあ。
でも、こたつに入ると無意識に靴下を脱ぐ。
子どもんときから。
よく母親に「こたつの中に靴下が何足も入ってる」って
怒られたっけなあ。

猫の「あ、ごめん」って顔、見た~い

それに対抗して言うと
寒いときに寝てる犬のお腹の下に手を入れる
あったかくて気持ちいいよ
ヤツらは毛皮着てるから、冬場はなにかと重宝だよねえ。

あと、気持ちいい瞬間はねえ
バイオリンデュオでパッヘルベルのカノンを弾いてて
キレイにハモったとき!


カノンって要するに輪唱なので
同じメロディをズラして弾くわけだけど
まだ上手くは弾けないの
だから、たまにいい感じに音が重なる瞬間は
それが瞬間だけに
メチャクチャ気持ちいいんだよね

夏は私の骨折のせいで
今は相方のご家族が病気で
このところバイオリンの練習があまりやれてません。
早くMちゃんのお母さんが良くなりますように

まゆぽ:
Mちゃんのお母さん、良くなるといいねえ。
カノンの快感瞬間を早く2人で味わえるように願ってます

けもの系ペットはなんてったって、これからの季節ものだよ。
酷暑の夏も首にからみついて寝ようとするんで、
かんべしてくれ~って泣いてたけど、
これからはどんどんからみついてくれぇの季節だ。

爬虫類ペットだったら、逆なんだろうね。
夏はひんやりして良さそうだわ、とかげとか

最近さ、ものごとをどんどん忘れるじゃん(昔から?)。
で、「今日やらなくちゃいけないこと」をリストにしたりする。

これやったって線引いて項目を消すのって快感じゃない?
めったにないけど、全部消えると
「あたしってば偉い!」感がむくむくふくらんできて気持ちいい

しかし、お金のかからないものばかりだ。
ば~んと大金使うと気持ちいいのかな
先のこと考えて快感に酔えないような気もするけど、
どうなんだろう?


つまみ:
今日やらなくちゃいけないことリスト
私もたまに書いては消し、満足してます。
これって中高年の隠れた快感スポットかもね

大金使いかあ。
快感は得られないだろーな、私は。
本当はこんだけかかるのにその半分で済んだ
ならかなり気持ちいいけどね。
・・・書いてて、自分のちまちまさが
ちょっと哀しいわ

でも、あらためて、気持ちよさって大事だと思ったよ。
もう充分人生を頑張ってきたからさ、私達
これからの行動基準は全て
「気持ちいいかどうか」にしていいんじゃない?


とんだ快楽主義だけど
行動の意味とか正しさとか自分らしさを求めるより
むしろ間違わない気がする。
考えてみると
チチカカ湖だって、誰に頼まれたわけでもなく
自分が気持ちいいから続けてるんだもんねー。
それって、猫にうっかり裸足の足を踏まれるのと同じくらい
人生にとって麗しいことだわよ

と、麗しさのかけらもない強引な自己肯定で締めてみる。
ダメ?

まゆぽ:
いい、いい。いい締めだわ。
「それは気持ちいいか?」というものさしで
これからの人生を測りながら、
チチカカ湖で泳ぎつづけましょう!

コメント