チチカカ湖でひと泳ぎ

正体不明の女二人ブログ。遠くても、寒くても、空気薄くても泳いでやるぅ!の心意気。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第27回 最近の達成感

2007-10-26 09:30:26 | Weblog
つまみ:
最近の~シリーズ第三弾(そうだったのか?そうだったのよ)です。
ふだん、達成感なんかとは無縁の生活をしてる
って言うと思うでしょ。
でも、意外とそうでもないんだよね
インクの見えるボールペンを最後まで使い切ったり
お天気の日にシーツやカーテンまで洗ったりすると
ささやかながら確実な達成感を得られるわけ。
特に、ショボイ気分のときはなんかを「洗う」に限るね

なんといっても最近のイチバンの達成感は
職場で季刊で出してる広報紙の秋号がやっとできたこと。
今回は(も?)自分の思いつきでハードル上げちゃったんで
産みの苦しみを味わった。
出来に不満がないことはないけど
刷り終わって、そこはかとない達成感を味わいました
送ったけど、読んでくれた?

まゆぽ:
読んだ読んだ。
勝手にハードル上げた短編小説、おもしろかったよ。
お役所に連なる組織である図書館の広報紙なのに
全体的に脱力系で、なんかおかしい

達成感はしょっちゅう味わってるなあ。
買って来て、冷蔵庫にずっとある食品を完食すると「やた!」と思うし、
やらなきゃいけないことをリストアップして、
やった順に横線で消していき、リスト全部に線が引けたときとか
満足感で鼻息が荒くなる

達成感感じると、つまみはどうなる?

つまみ:
達成感感じるとどうなるだろ。
腰に手を当ててほくそえむ、かな
それか、実際に「ふう~」って言ってるかも
ブレンディのCMの原田知世みたいに。
美化し過ぎですね、スミマセン。
あ、でも、そういう達成感で一息ついて
コーヒーを飲みたくなる気持ちってわかる

そういえばさ、職場で、両面テープを使って
ガラスの壁面にポスターを貼ったら、剥がした痕が汚くてさ
ラベルはがしクリーナーでひとり地味にこそげ落としたんだけど
けっこう、時間も力も必要でした。
終わったときに妙に達成感があったなあ。
っつうか、ふたりとも達成感のレベルが地味過ぎ?

まゆぽ:
たしかに地味よね、わたくしたち。
それは達成感に限らず、人生万事に言えてる。

でも、派手な達成感ってどんな感じなんだろう。
世界チャンピオンに挑んで派手に散るとか?
6億円かけて結婚式してみるとか?

やまだ紫の主婦まんがで、主人公が
「平凡な日常があればいいと思っていた。
でもそれが一番大それた望みだったんだ」
みたいなつぶやきを発する場面がある。

激しく同感したわたし
ちまちました達成感を積み重ねていっくことが
実はラッキーなことだとしみじみいたしましょう
(地味な締め)。
コメント (2)

第26回 こいつに惚れ直し。

2007-10-16 08:33:12 | Weblog
まゆぽ:
「アヲハタ」のジャムが好き。
味はもちろん、シンプルで中身のよく見えるパッケージも。
さらに、映像がきれいで、妙にラテンチックな音楽が流れるCMが好き。

この間、資源ゴミの日に出すためにアヲハタいちごジャムの瓶を洗って
ラベルをはがしてた。

ちなみに、瓶のラベルがはがれやすい製品を作っている会社は好き。
ときどき、濡らしてこすってこすってこそげ落とそうとしても
粘り強く貼り付いてるラベルがあるんだよね。
そういう製品を作っちゃいかんでしょ、この時代。

それで、アヲハタなんだけど、瓶の口付近に点字のぼちぼちを発見。
読めないけど、きっと「いちごジャム」とか書いてあるんだね。
優しい会社だわあ、と惚れ直したわけです。単純なヤツ。

でも、そういうのってない?
惚れ直しの瞬間。

つまみ:
アヲハタってキューピー系列だよね。
あのラインは、CMが適度にスタイリッシュで私も好き。
点字かあ、気づかなかったよ。
確かに、瓶のラベルがはがしやすいってのは重要。
いっぺんにベロンとはがせるとすっげえウレシイよね。
かさぶた感覚?

私、一度見限ったモノには冷たいから
あんまり惚れ直さないんだけど
今、千趣会を再評価してるかな。
みなさまおなじみの通販ベルメゾン

15年ぐらい前まで職場経由でよく利用してたんだけど
一度、蜜月期間が途絶えた。
でも、最近、またよろしくやってるんだ。
デザインもサイズもプライスも手頃なんだよねえ。

なぜかここのカタログに山口智子がレギュラー出演。
ジャスコといい、ベルメゾンといい
CMの選択肢に「高級感」ってのはないみたいだね、この人。
どこをめざしてるんだろ。

最近行った「都心」でよかったのは皇居東御苑
いまさら皇居もないかな、と思ったけど
タダだし、芝生に寝ころべるし、なにより広いし静かだし
気持ちよくてのんびりするにはかっこうのスポット。
若いときには感じなかった種類の快適さだと思う。
紅葉の時期にまた行きたい。

まゆぽ:
皇居東御苑って三の丸尚蔵館とかあるあたり?
尚蔵館は無料だから好きだよ、私も。

千趣会はずっと変わらずご愛用してる。
仕事場に「オフィスグリコ」に対抗したお菓子箱置いてあげてるほど。
でもこれが、グリコに比べて、
1 均一料金じゃない 
2 料金箱に鍵があって両替ができない
3 箱がでかい 
など、改善点が山盛り。

ずっと惚れてるけど、もっと努力しろよ、な会社です。

惚れ直しとは違うんだけど、価値見直し感があるのが
いわゆる「ブランド」もの
私は誰もがすぐわかるブランドロゴとかついてるものを
持つって恥ずかしいんだけど、
フリーマーケットで値崩れせず、売りやすいんだ、これが。

誰にでもわかりやすい価値基準って必要なんだね、悔しいけど。

つまみ:
そうかあ。
ブランドってそういうポジションを担ってたりするのかあ。

東御苑にあったあった!三の丸尚蔵館。
東御苑も違う時間が流れてるみたいだったけど
尚蔵館は尚更そんな感じでした。
大きな声じゃ言えないけど
しょーもない贈答品みたいなのが展示されてた。

「惚れ直す」って、「惚れる」よりハードルが高いとずっと思ってた。
だって、終わったモノはそうそう再燃しないでしょ、と。
でも、一度惚れのわだちができてるわけだから
きっかけさえあればすんなり愛が復活する気もしてる昨今。
そういえば、離婚して同じ人と再婚ってめずらしくないもんね。
エリサベス・テーラーあたりになると
なんかのプレイ?と思っちゃうけどね。

まゆぽ:
終って再燃じゃなくても「惚れ直し」はあるべ。
今まで3くらい惚れてたのが、5くらいになるとかさ。
それは「惚れ増し」?

「冷めたものが復活する」はタイプによる気がする。
友達も完全に二派に別れるよ。
昔の男に会いたい派と会いたくない派。

私はエリザベスと同じ「会いたい派」だけどね。
つまみは会いたくないの? 昔好きだったらしい「さだまさし」とかに?

つまみ:
あわわわ


コメント

第25回 最近の興味津々

2007-10-04 11:20:40 | Weblog
つまみ:
なんかさあ、最近、めっきり好奇心がなくなってきたなって思うわけよ。
一時的なモンなのか、人間が枯れてきたのか、わかんないんだけど
エリカ様の不機嫌ヅラも
オランウータン顔の首相の口から出る言葉も
職場の先行き不安定な雇用状況も
ついでに言うとその職場の愛憎相関図も
どーでもいーやって思っちゃうんだよね
で、これじゃイカンかもと、このテーマです。

え~とね、酸素カプセルっていうのにちょっと興味があるの。
去年、ハンカチ王子が甲子園で疲労回復に使ったの使わないの
ベッカムがこれのおかげで骨折を早く治した治さないの
と評判の、リラクゼーション系の健康器具(?)です
今、通ってるスポーツクラブでキャンペーン実施中なんだ。
とにかく、疲れがとれて、アンチエイジング効果があって
自律神経失調症系や冷え性や花粉症にもいいらしい。
試してみよっかなあ。

まゆぽ:
酸素カプセル!
高給取りスポーツ選手はご自宅に備えているっちゅう、あれね。
買う気か、つまみ!?
買ったら使わせてね

つまみ同様、私も好奇心やら向学心やらは
すっかりすり切れ気味ではあるんだけどさ、
この間、地下鉄の中吊り広告で激しく心をひかれるものがありました。
「女性のためのやさしい麻雀教室」ってヤツ。

コンピュータで麻雀を覚えた私は
実際に雀卓を囲んだ数少ない機会に、
牌を並べたり、自分の牌を引いてきたりができないことがわかったの。
リアル麻雀がちゃんとできて
点数計算ができるおばさんになりたいわん

つまみ:
ぎゃあ!買うわけないじゃん!
たぶん、数百万円の世界だよ
60分コース3500円→2500円、とかって話。
それでも十分高いけど、エステに比べれば割安、と思って。
エステも行ったことないけどね

麻雀かあ。
ルールすら挫折してるからなあ。
まだ自分には将棋の方が現実的だ。
そうそう。
数少ない私の趣味はプラネタリウムなの。
去年も今年もけっこう行った。
最近、東京近辺の自治体にどんどんプラができてるんだよね。
今、興味津々なのは西東京市の多摩六都科学館
ここのは世界的に見てもデカいプラらしいんで迫力がありそう。
もう1個は、リニューアルした葛飾区郷土と天文の博物館
こっちは最先端技術の臨場感のあるプラになったらしい。
お台場の科学技術未来館もいいプラだからまた行きたいし
プラ限定の好奇心ならまだあるかも

まゆぽ:
ま、ふつう買わないよなあ、酸素カプセル。
プラネタリウムとどっちが欲しいかと言われたら
私もプラネタリウムを選ぶよ。

こっちも、置き場所がないし、もらっても困るだけだが。

人が持っててうらやましいのはだんぜん技と知識
「日本伝統工芸展」とかに出せるような技にももちろんあこがれるけど、
壊れたパソコンを治せる、
枯れそうな植木を元気にできる、
包帯が上手に巻ける、みたいな
自分にできない技と知識については好奇心ぎらぎらです

ブランドものも宝石もプラネタリウムもいらないから、
そういう技と知識を私に与えてください、神様

って、自分で努力しろ!ですわねー。はいはい

つまみ:
そうねー。
自分でこつこつ努力する人を見て
「ああ、私とは人種が違う」と入口で引き返さないで
その人に対して興味を持つ、ぐらいの努力はしようかなあ、最低限。
ま、それを努力と呼ぶかどうかは不明ですけど。
とりあえず、職場で業務用折り紙に精を出す同僚を見て
「物好きだなー。なにが悲しくてこんなことしてんだろ」
と思うのは控えよっと
コメント (6)