チチカカ湖でひと泳ぎ

正体不明の女二人ブログ。遠くても、寒くても、空気薄くても泳いでやるぅ!の心意気。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第7回 Don't Trust Under 35!

2007-04-20 12:28:16 | Weblog
つまみ:
「Don't Trust Over 30!」
(30歳以上を信じるな)
という標語(?)が流行りました。
若者=純粋
大人=不純
みたいなベタな定義がリアリティを持った時代
ってのがあったわけですね。
学生運動とかに連動してたのかもね。

そんななか、私は今
「Don't Trust Under 35!」
を提唱したい、と
数字のところは30でもいいんですけど
よりアダルティな雰囲気を出してみました。

ま、率直に言って
若いやつらより大人といた方が落ち着く
という単純な理由が発端。
同じ「信頼」にしても
自分にとっては
大人のそれの方が持続性を期待できる
って印象もある。
まゆぽさん、どう思う?

まゆぽ:
私も35歳以下は落ち着かないところあるよ。
単に自分がお子ちゃまで、
同年代としか話が合わない
了見の狭さのせいって気もするけどな。

だって
「Don't Trust Under 35!」であると同時に
「Don't Trust Over 60!」とも思うんだもん。

お世話になった人の退職日に
みんなで千円ずつ出して
花束送りましょうってお金集めてるときに
「私は世話になっていないので
出したくありません」と言う
30歳もわからないけど、
エレベーターで一緒になったから
「おはようございます」って言ったのに
「ん」って感じにあごを動かすだけのおやぢって
何様!とも思う。

でもたしかに年齢で
当たり前が当たり前で通じなくなる
ギャップってあるよね。
年齢活断層。

つまみ:
年齢活断層かあ。
ジェネレーションギャップより手ごわそうで
的確なネーミングだわ。

あいまいだった認識を
ドンピシャに言語化すると
言葉がどんどん独り歩きしちゃって
なんでもかんでも
それで済ましちまう傾向に陥りそうで
怖いけど
(たとえば、ストレスとかトラウマとか)
年齢で感じる常識とか価値観とかの違いは
確かにギャップより活断層。

なので、たまに世代を越えて
わかりあえる(気がする)物件にめぐり合うと
しっぽを振るだけじゃ飽き足らず
全幅の信頼感で腹まで見せちゃうよ。
オランダ人に奢ってもらうと、そいつが
ものすごく気前が良く見えるみたいなもん?
オランダ人の知り合いなんてひとりもいないけどさ

まゆぽ:
ストレスとトラウマ、
たしかに名前がつくまでは
あるようなないようなものだったのに、
名前がついたことでくっきり顕在化したね。
ストーカーやセクハラもそうだ。

「Don't Trust Under 35!」とか始めといて
でも、やっぱり年齢を越えてわかりあえるといいよね、
みたいな結論に落ち着くのが正しい道だとは思うのだが、
つまんねーじゃん、それ。

年齢が違うヤツは信用なんねーぞ
わかんねーぞ、理解不能だ。
同年代だけでちまちましてる方がうーんと楽だぞ。
と、思い切って言ってしまおう。

このように排他的な私だが、唯一の救いは
他人の排他性も許しちゃうよってことなの。
みんな、広い心で許しあおうね

つまみちゃん、オランダ問題は深いので、
また別の機会にね。
コメント

第6回 忘れたいのに思い出せない

2007-04-09 12:34:55 | Weblog
まゆぽ:
このタイトルは「天才バカボン」のパパのせりふ。
小学生の学芸会か何かでバカボンの劇をやったの。
私、背が高い小学生だったのでママの役。

あの漫画は読み流すと気づかないけど、
何度も言ってみるとやたら
可笑しいせりふがけっこうあって、
奥が深 かったな。

つまみにもある?
忘れたいのに思い出せないこと。

つまみ:
とにもかくにも、小学校の学芸会で
「天才バカボン」をやるってのがすごい!
すご過ぎる! もっと詳細を知りたい!
そんときの写真とかないの?

赤塚漫画はシュールだったよね。
「べし」とか「レレレのおじさん」とか
ネーミングセンスもステキだったけど
中でも「ココロのボス」ってのは最高だと思う。
劇にちゃんと出てきた?
あ、べしやココロのボスは バカボンじゃなくて
ア太郎(←これもすごい名前)か。

そうそう、忘れたいのに思い出せないことね。
10年ぐらい前になんか食ってあたったのよ。
丸々2日、苦しんだ。 でも、なににあたったか
思い出せない
でも苦しみはいまだ忘れられない。
それ食ったらまたあたりそうで怖い。
どお、これ?

まゆぽ:
赤塚ってもり上がれる話題だよね。
レレレのおじさん希望者が多くてさ、
劇には、
ほうき持ったおじさんがいっぱい出てきた。
写真がないのは残念だ。

仕事でよく会う人が実はおそ松くんにそっくりなの。
おそ松くんが大人になったら
こんな話し方するだろうなーっていう感じなんだよね。
気のなさそうな相づちの打ち方とかが。
漫画キャラのまま大人になった人って
けっこういないか?

あたった食い物が思い出せない件ね。
確かめたかったら
有力な容疑物件を食ってみるしかないべ。
あ、わかった。
人に食わせてみればいいじゃないかな? (セルジオ越後の口調で)

つまみ:
レレレのおじさんがいっぱい出てくる劇なんて
シュールにもほどがある!

おそ松くんにそっくりってことは
とど松にもから松にもじゅうし松にも似てるってことだよね。
‥これ読んでる若いやつら(いないか)、ついて来れてる?

人に食わせるかあ。
別腹で解明できるかね。

そういえば、セルジオ越後って名前
絶妙なトッピングだよね。
ラテンな前半、よりによっての後半。
米どころとちりめん問屋でおなじみの越後。
甲斐や下総ではなく。
ま、備後なら、語感でセルジオとコラボできるね。
セルジオ!ビンゴ!ア・ミーゴ!みたいな。

あ、そうそう。
まゆぽさんの「忘れたいのに思い出せないこと」を
聞いてないけど?

まゆぽ:
セルジオ・備後、パワーを感じるねえ。
セルジオ・丹後と3人で
ロス・セルジオスでどうだろう。

私の「忘れたいのに思い出せない」は、
住宅ローン残高かなあ。
100万円を超えるでかい金額は
すぐわからなくなる。

だんだん年齢もその域に近づいてるね
(100万歳かよ?)。

でも忘れたり間違えたりして、
「歳をごまかしてる」と思われちゃうと
いたくプライドが傷つくので
気をしっかり持ちたいと思いますのよ。

つまみ:
賛成の賛成なのだ!
コメント

第5回 思い切って捨ててみた。

2007-04-03 21:19:14 | Weblog
まゆぽ:
本日、あれを捨ててみました。
22年前に1度だけ使い、
ずるずる捨てずにとってあったもの。
そう、結婚式のお色直しドレスです。

どひゃー。結婚式とかお色直しとか
書くだけで恥ずかしいぞ。
なんで買ったかなあ、あれ。
血迷ったとしか思えません。

まして、
これからの中高年から老年への人生の途中で
もう一度着ることはほぼ100%ない…はずです!

でも、実は今日捨ててみて、あ、捨てる前に
身にまとって写真を撮っておけばネタになったかと
ちょっと後悔もしたりして…。
って誰に見せるんだよ、ですが。
つまみもこの際思い切って捨ててみるものないすか?

つまみ:
ひゃあ!
まゆぽさんたら、自分の結婚式に関しては
今までクールな発言が多かったのに、意外!
ドレス、レンタルじゃなかったんだ。

そりゃあ、捨てる前に記念撮影しとくべきだったよ。
っていうか、借りて着たかった!
ネタあっての私達じゃん!

私が最近捨てたものは
3年前が使用期限だった風邪薬
缶が錆びてた怪しい外国の缶詰
穴のあいたソックス
けっこう大量のカセットテープ
少量の恋愛感情ですかね。

文句ある?

まゆぽ:
ドレスはね、借りる方が高かったんだもん。
ショッキングダークピンクなんだぜ、
よく着たよなあー。

つまみさんに、文句はありません。
でも「少量の恋愛感情」に
反応しとかないと仁義に欠けるでしょ。
そこんとこ説明するように。

実は大量の恋愛感情の小説を読んだとこなの。
「無銭優雅」(山田詠美)(写真は上にあるよ)。
43歳同士の臆面もない恋愛小説でさ、
もちろん山田詠美だから
めっちゃうまいんだ、会話とかが。

私は大量な臆面のない恋愛感情を
これでもかこれでもかと浴びせられて、
ほとんど麻痺しながら、いいかもしんない、
中年恋愛、と思ったけど、
中高年の皆さまにはいかが思われるのか知りたいです。

少量恋愛廃棄後のつまみの感想も聞きたいよ。

つまみ:
ショッキングダークピンク!!
あったのか、そんな色味!?
‥確かに「暗い桃色なんだけど派手」てのはあるね。
でもなんとなく不条理なネーミング。
ドレスを借りる方が買うより高いってのも
かなり不条理な気がするけど。

「無銭優雅」かあ。
読んでないけど、
山田詠美ならそりゃ読ませるんだろうね。
中年女流作家(?!)の描く最近の恋愛小説って
自分を第一線から退かせたくないっていうか
まだまだ自分はイケてると思いたいあがきからか
年下男との恋愛モノが多過ぎる気がしてた。

山田詠美も「A2Z」とかはそうだけど
中年同士でも小池真理子なんかが書くのとは
明らかに違った世界だろうね。
読んでみるか。

私の少量の恋愛感情の件?
要するに、正式に第一線を退いたってことですね。

なんかさ、「いつまでも恋愛をしていたい!」
とか言う中高年が最近、とみにうっとうしいんだよね。
別にしてもいいんだよ。
でも黙ってこっそりやれよ、と。

中高年ならなおさら
恋愛界隈はキレイよりキタナイものの方が
多いことぐらいわかってんだろ、と思うわけね。
なので、「恋愛感情?捨てたよ!」と
言い切る自分にうっとりしたい
とちょっと思ったわけ。

期待にそえない展開→締めでゴメンな。

まゆぽ:
そうかなあ。捨てていいのか、恋愛感情。
落ちてたら拾うかも…。
コメント (5)