日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒメ、突発性発疹

2010-06-27 21:33:30 | 子育て 2009-2010年
しばらくチリ回想日記を書こうかなと思っていたのですが、緊急事態発生?!

というのは大げさですが、ヒメの高熱をはじめ、
ここ1週間バタバタとしておりました。

先々週の金曜日、幼稚園から
「ヒメが40度の熱を出しているので迎えに来て欲しい」
と電話がありました。

前日の午後も少し熱があったのですが、元気にしていたので気にしていなかったのですが、
40度にはびっくり。

急いで仕事を抜けて迎えに。

着いたときは、保育士さんたちがヒメの体に酢とアルコールを塗っていたところでした。
熱を下げる効果があるんですって。

そのまま家に帰っていったん休ませようかなと思いましたが、
その足で、前にも行った病院CLINICA EL GOLFの救急科へ向かいました。

が、やっぱり家に帰ればよかった。
ものすごい待たされたあげく、やっと中に通され、その後もなんだかんだと待たされ、
やっと診察してもらえたのですが、
熱以外は異常がないため、尿路感染症の可能性も否定できない、ということで
尿検査をすることに。

私は、もしかして突発性発疹では、と思ったのですが、
先生の言うとおり、検査を受けることにしました。

しかし、赤ちゃんの尿検査って大変ですね。
おしっこが出る部分に、ビニール袋みたいなものを貼り付けその上におむつをして
おしっこが出るまでひたすら待ちます。

ヒメはおしっこをしたばかりだったようで、1時間待っても出ません。
そんなこんなで、すでに病院に着いてから5時間以上が経過(!)。

その間、当然、ヒメも私もご飯も食べていないし、私はヒメを置いてトイレにも行けず。
ダンナに来て欲しいと電話したけど、仕事が忙しいから無理、と。

かわいそうに、おなかが空いたヒメは「パン」「カナカナ(魚)」と
何度もつぶやいていました。

しかたないので、カーサンに電話し、食べ物を持って来てもらうことに。
病院の場所をうまく説明できなかったけど、カーサンは、冷蔵庫に貼ってあった、
この病院の処方箋を見つけ、駆けつけてくれました。

そして、おしっこ、やっと出た!
と思ったら、袋の外に出てしまいました

が、これ以上、病院に缶詰は限界!!!
家で尿を採り、再度、持参することにしてやっと帰宅しました。

ただ、この病院のアテンドは良くなかったです。

看護婦さんが「体温測ります」と言って昔ながらの水銀体温計をヒメの脇に挟んだまま、
30分もほったらかし。

やっと戻ってきて「あら、外しちゃったの」

・・・って当たり前でしょ!その上、体温をメモするのを忘れたらしく、

後から私に「さっき測った体温は何度でしたっけ」と聞く始末。

ヒメの体重もうちで測ると9kgくらいなのに、ここで測ったら11kg(!)。

おかしいよ~。

ヒメは2日間熱が続き、その後おさまったと思ったら発疹が出てきたので、
やっぱり突発性発疹だったんだ、と確信しました。

しかし・・・今度から、こういうときはURGENCIA難民にならないように、
お弁当持参で行こうと心に誓いました。
(もうこの病院には行かないですけど)

ところで、この突発性発疹、日本人のママたちは皆知っていると思うのですが、
ペルー人に説明しても誰もわかってくれません。
症状を言うと、「え、水疱瘡?」とか、「アレルギー?」とか。
「う~ん、うちの子はそんなのかからなかったと思う」とか。

スペイン語でなんというのか調べてみたのですが、
たぶんこれだと思います。

でも、ペルーでは別の呼び方があるのかもしれませんね。
それとも、日本人にかかりやすい病気なのかしら?!



よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ人気ブログランキングへ

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« いまさらですが・・・ガレッ... | トップ | お気に入りの民芸品 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miamo)
2010-06-29 00:10:14
それは大変だったね。
お疲れさまでした。
しかし診察料がばかみたいに高いのに
その対応ってどうよ。信じられない。
たとえサンイシドロでもやっぱりペルークオリティ
miamoちゃん (チチャ)
2010-06-30 04:21:46
うん、この病院の救急科が良くないのかもしれないけど・・・。
これなら急患じゃなく普通の小児科に行って待たされていたほうがよかったと思ったよ。
いい病院探しは課題だね。
Unknown (ayaldo)
2010-06-30 09:36:57
私、ペルーに来て1ヵ月位の時に急性胃腸炎でそこの病院の救急科に行ったんですよ。でも、その時すごい対応早かったし、優先的に見てもらえてお金もタダでしたよ。こっちの保険を持ってたせいもあるけど。でも、それ3年近く前だから変わってしまったのかな?それとも時間帯とかで違ったのかしら・・・。タイミング悪かったのかもしれませんね。

それにしても赤ちゃんの尿検査ってそうやってやるんですね。知らなかった~。
私も今いい小児科探し中です。
ayaldoさん (チチャ)
2010-06-30 13:58:19
無事ご出産おめでとうございます!!!!赤ちゃん、かわいいですねぇ。ayaldoさんが落ち着いたらぜひ赤ちゃんみにいってもいいですか?

そう、そう、そうなんですよ、私の友達もここの小児科の先生にいつも診てもらってるって言うし、ここで出産したという知り合いもいるので、いい病院って思ってたんですけど・・・。

診察料は、私達の場合、まだペルーの健康保険に加入できていない(まだビザ手続き中なので)ので全額支払いは仕方ないんですけどね。
まあ高熱ぐらいで救急科に行くべきではなかったのかもしれませんが、
今回は看護婦さんの対応だけじゃなく、受付(以前に一度受診したのにまた一から名前やら電話やら聞かれたりとかその他諸々)やその他対応も良くなく・・・、私とは相性(?)が合わないのかもしれませんねぇ。
大変でしたね。 (Nya子)
2010-07-01 02:47:19
大変でしたね。。。もうヒメちゃん元気になりましたか?
私もアメリカにいた時に、胸が急激に痛み救急病院に行ったときにとても対応が悪かったです。
先生の診察後、個室で1時間以上待たされ看護婦が来て「筋肉痛だからお尻に注射を打つ」言われ、
注射を打った1時間後(まだ個室で待っていた)、別の看護婦が来て「誤診でした肺炎です」と言われてしまいました。
結局4時間ぐらい病院に居ました。
ははです。ヒメちゃんお大事ね!!


Nya子さん (チチャ)
2010-07-03 12:13:58
それは、ひどい誤診ですね・・・恐い。。違う注射で大事に至らなくてよかったですね。
どこの国でもいい病院探しは時間かかりますね。
私も、昔、チリで、歯がものすごく痛くなり、ちゃんとした歯医者を探すのに苦労しました。いいところが見つかった後に考えると、あのとき、なんであんなに廻り道したんだ、と思うものなんでしょうね。
ヒメは元気ですが、やはり咳や鼻水は治ってはまたぶり返しです。おかげで、なかなか予防接種に行くタイミングが見つかりません。

コメントを投稿

子育て 2009-2010年」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事