日々のこと ふたたび南米チリにて

~南米生活はや11年。子供3人のママ。6年住んだリマを離れ、再びチリへ。育児、お仕事など日常生活を綴ります~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チリの事件で思うこと

2012-05-10 09:53:14 | その他
先日、チリのサンティアゴで国立天文台の教授が殺された事件
自宅マンション前で倒れていたらしいが、そのマンション、
実は私たちがペルーに来る前に住んでいたマンションだった。
NHKニュースに見慣れた建物の映像が流れて、複雑な気分がした。

強盗に頭を殴られて死に至ったとのこと。
本当にお気の毒だと思う。

あのあたり、治安は良い地区だし、大通りに近くて人通りも多いから安全な場所。
ちょっと行ったところにディスコがいくつかあるので、週末の夜中は酔っ払いがいるけど。

でも、地区に関係なく、強盗に殴られて・・・というのは
南米に長く住んでいると、残念ながらよく聞く話。

身近なところではチリで雇っていたお手伝いさん(ジャッキー)の彼氏も、
強盗に頭を殴られて危うく命を落としそうになったらしい。
月給全額盗まれた上、入院してお金もかかり、仕事もできなくなって、踏んだり蹴ったり。
犯人なんて見つかるわけもない。

だから今回、こんなに早く犯人が特定されたのは正直、驚いた。

私は、チリでは夜中に出歩いたこともあるし、
亡くなった方と同じように、夜遅くに家まで歩いて帰ったこともあるが、幸い危険な目にあったことはない。
本当に本当に運がよかったと思う。

サンティアゴは他の南米都市より治安がよく、雰囲気もリラックスした感じなので、
油断して、スリに遭う旅行者もけっこういるらしい。

リマでも治安の良いと言われる地区に住んでいるせいか、今のところ何もなく過ごしている。
というか、夜、出かけたことない(悲しい!)。

サンティアゴやリマでは、治安の良い地区と悪い地区がはっきりわかれているから、
治安の良い地区に住んでいれば、それほど危険を感じることなく暮らせる。

が、以前、

「サンイシドロ界隈で歩いている分には問題ないよねぇ」

と会社で話したら、同僚たちが口をそろえて

「どこでも危ないときは危ない。安全な場所なんてない」

と言った。

ラテンの国だからみんな、いいかげんかと思いきや、身の安全に関しては、
外国人より地元の人のほうが怖がりで慎重に行動している。

ちなみに、私がサンティアゴからリマへ引っ越してきた日はチリ大地震の前日。
そして、今回、私が住んでいたマンションで起きた事件。

考えすぎかもしれないけど、私たちがあの時ペルーに移動したのは運命だったというか、
すごいタイミングだったと思う。
見えない何かに守られている気がする。

が、もしかしたら何かじゃなくて自分自身が守ったのかもしれない。
よく、地震の前になると、虫や動物が逃げ出すというのを聞くから、
私は動物っぽいのか(笑)。
いや、引っ越す日を決めたのは上司だったから、その上司の勘がよかったのか?

人生には、選択をする場面がいくつもある。
それは消しゴムを選んで買うといった小さなものから、将来を大きく変えるものまで様々だけど、
人間には、自分で意識的に身を守ろうとするのとは別に、
無意識に危険を予知して避ける能力が備わっているのかもしれない。


それとはかなり話がそれるけど、
私がチリに行くか、日本に残るか、すごく迷っていたとき、
ある人がこんな助言をしてくれた。

「迷ったら少しでも光の見えるほうに行けばいい」

もう若くもない年齢で、南米チリに働きに行くような大選択はあれから無いけど、
何かを決めなくてはいけないときは、いつもこの言葉を思い出す。



よかったら応援お願いします。
クリック↓       ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« オウジ 初節句 | トップ | オウジ 2ヶ月 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (U子)
2012-05-11 03:47:31
そのニュースは日本でも流れていました。確かにサンティアゴはわりと平和だし…油断もあったのかもしれないけど,自分のことを考えて,やっぱり運かなと思います。チチャさんのいうように,人間には何かあるんでしょうね~。そして,わたしはまた岐路にさしかかっているような気がしています。
どこでも危ないときは危ない。安全な場所なんてない (エスペランサ)
2012-05-11 05:34:11
って、私もいつも思っていますし、周りのコロンビア人にも言われます。実際、日本から仕事で来ているような方々がお買い物をされるような場所(高級住宅街やショッピングセンターのある地域)でも強盗やひったくりなどは発生していますしね。
チチャさんと殺された方は同じマンションに住んでおられて面識はなかったのですが?時期的に重ならなかったんでしょうか。チリ警察は中南米の中では優秀として知られていたのにこんな事件が起こってしまって残念です。とはいえ、犯人がこんなに早く特定できる、ということはもしかしてどっかで何かつながってたのか?と思ってしまったり。
ブエノスに住んでいたときに泥棒さんたちがたくさん住んでいるという地域に住んでいた友人がいたのですが「この地域は、泥棒がたくさん住んでるけど、彼らの活動地域は金持ちが住んでいる場所だから、ここに住んでて被害に遭う事はほとんどないよ。金持ってるなんて思われないからね。」と言っているのを聞いて、妙に納得した覚えがあります。
「迷ったら少しでも光の見えるほうに行けばいい」っていい言葉ですね。最近、ちょっと迷っていたのですごいタイミングでした。長くなってすみません。
うんうん! (momoshibu)
2012-05-11 06:48:08
私も「見えない何か」はあると思う!
東城百合子さんの本にもそんなことが書かれていたなぁ。←けっこうおもしろかったよ。

「迷ったら少しでも光の見えるほうに行けばいい」はもしかして私も一緒に聞いた言葉かな?(違っていたら失礼!!)私も迷った時はいつもその言葉を思い出すよ。

U子さん (チチャ)
2012-05-12 05:44:52
運ですね・・・。亡くなった方は3kmほど離れたレストランから歩いて帰る途中に強盗にあったようです。
うちはロスレオネス駅近くでしたが、バスやタクシーがうまくつからまらないとき、私もマヌエルモンやエルゴルフあたりから夜、歩いて帰ったことが何度かあります。今考えると、危ないことしていたなと思います。気をつけないといけませんね・・・。あと、私だけでなく、ダンナにもしっかり気をつけてもらわないと!
U子さん、岐路なんですね、良い方向に向かえることをお祈りします!
エスペランサさん (チチャ)
2012-05-12 06:02:38
殺された方と面識はないですが、まさに私たちが住んでいた部屋に住んでいたと思われます。
私たちが引っ越した後、私たちの部屋には別の日本人の方が入りましたので、おそらく、その方が帰宅した後に入居された方だと思います。
あっさり犯人が見つかって逮捕されましたが、本当に森田さん(亡くなられた方)を襲った犯人なのか?と私も疑問に思います。強盗の容疑者なんてゴロゴロいそうだし。
そういえばリマでもすごく危ないと言われる地区は必ずしも貧乏人ばかりが住んでいる区とは言えないです。知り合いで、家の前でしょっちゅう引ったくりやら強盗が起こる、というところに住んでいる人がいますが、実際、行ってみると普通の住宅街に見えます。もしかして、泥棒と警察や街角にいる警備員がつるみやすい場所なのかな、なんて思います。
「迷ったら・・・」の言葉は、すごくシンプルだけど、すごく的確というか、なるほど!と思いますよね。あ、私も長くなっちゃいました(笑)。
momoshibuさん (チチャ)
2012-05-12 06:07:38
そうそう、momoshibuさんと一緒にいたとき、寺田町さんが言ってた言葉だよ~。あの場へ連れて行ってくれたmomoshibuさんにもすごく感謝してるよ。アーティストと呼ばれる人たちって物事の本質をしっかりつかんでいる人が多いなと思う。あんなすてきな言葉がさらっと出てくるなんて、寺田町さんはやっぱりすごいね。
もとお隣さんからです。 (TOMOKO)
2012-05-12 15:56:58
今ペルーなんですよね。。。私もそういえばチリで、、と思って久しぶりに遊びに来ました。
亡くなられた方は本当にお気の毒ですね。。
今回は強盗?泥棒?ですが、毎日 なんてことないことで死ぬ人多すぎるので、こっちは事故多すぎて、もうどこにいても 分からないですね。日本だって竜巻なんて日本で起こるなんて、、もちろん地震、津波ももっとでしょうが。。
でも、安全対策をしているとやっぱり微妙に身を守る方法重要ですね。。。(例えば電車は乗らないとかね。。)
ショックだよね。 (tommy)
2012-05-13 14:15:50
ダンナがね、亡くなった人がヒストリーチャンネルってテレビに出てた時のを観てたらしくてかなりショックって言ってた。
ウチのダンナ宇宙とかそういうの好きだから、結構よく覚えてたらしいの。
夜、レストランから30分くらい1人で歩いてたってテレビかネットで見たけど、それくらい普段は安全な場所だったんだろうね。
私もペルーに来てから夜歩くのはせいぜい8時前に近所に犬の散歩がてらジュース買いに行く程度だな~。
それでもそういうことが出来るトコに住んでるのはありがたいと思うけどね。
それと、基本絶対に近所の人やよく見る人には挨拶してる。
それをするとしないとでは全然違うってよくダンナに言われてるから。
TOMOKOさん (チチャ)
2012-05-14 03:15:26
コメントありがとうございます!!
本当に、最近はどこで何があるかわかりませんね。
あまり注意しすぎて海外生活を楽しめなくなるのも困りますが、xxの地区は危ない、とかこういう犯行の手口があるから注意、などの情報を仕入れておくのは必要ですね。
tommyちゃん (チチャ)
2012-05-14 03:23:39
ヒストリーチャンネルに出ていたのかぁ。国立天文台の人はいろいろ活躍してる人が多いもんね。
そうなんだよ、普通は夜中に海外で歩いて帰るなんて、と思うだろうけど、治安がよかったので、私もチリに住んでいた頃はよくやっていたんだ。ま、でも、本当は夜中に一人で歩くのは、どんな場所でも気をつけないといけないんだよね。かといって、夜中のタクシーが絶対安全か、というのも疑問なんだよね~。結局は運なのかなぁ・・・。
ペルーに来てからは私も夜、出かけたことがない。残業で22時すぎに帰ることがあったくらいかな。なるほど、近所の人に挨拶しておくのはいいかも! さすがダンナさん、ペルー人だからそういうコツをよく知ってるね。私も覚えておこうっと。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事