つれづれな日々のつぶやき♪

日々のよしなごとをつれづれなるままに。


『やさぐれぱんだ』

2014-07-21 | テレビ/ドラマ/DVD

チャンネルNECOで『やさぐれぱんだ』 全4話 白・黒・金・銀 を視聴。【特集 堺雅人・七変化】とやらでTV初放送らしい。

公式サイトはこちら → 『やさぐれぱんだ』

【スタッフ】(敬称略)
監督・脚本:堀部圭亮 / 原作:山賊
製作:2007-2008年・やさぐれぱんだ飼育委員会
【キャスト】(敬称略)
堺雅人、生瀬勝久(やさぐれぱんだ声)、今奈良孝行 ほか
【ストーリー】
ネットで話題のコミックを、放送作家としても活躍中の堀部圭亮の監督・脚本で実写化した人気コメディ・シリーズ。
青年とひねくれたパンダのシュールなやりとりを描く。


゜♪*:。.:゜★*:。♪*:。☆.:゜:*:♪。.:゜★* ゜♪*:。.:゜★*:。♪*:。☆.:゜:*:♪。.:゜★*


※ネタばれがありますので、ご注意くださいませ。

原作のコミックは未読。なんだかおもしろそうね~と視聴。
どこまでが脚本で、どこまでがアドリブなのかわからない微妙な感じがおもしろい!とにかく堺さん、生瀬さんのお二人の巧みさに引き込まれてしまう。
ひたすら青年と巨大なパンダ(着ぐるみ・目が何故か白で怖い。。)がぐだぐだと身にならない会話をし続ける。シュールでくすくす、ニヤニヤの連続。
桃太郎のくだりで、和○さん(「ぼっこぼこにやられました!」)とか、細○さん(「あなた死ぬわよ!」)とかは大丈夫なんだろうか?余計なお世話だけどちょっと心配。
パンダが実は着ぐるみ状態で、実態は(モザイクがかけてある)緑色で触手系の地球外生命体?だったことに驚く。。よい子の夢は壊さないで欲しいかも(笑
「ぱんだクロニクル」、「ぱんだジャーニー」とかの再現ドラマ風のコーナーもおもしろい♪ パンダ役の今奈良さん、ロケではるばる中国の奥地までお疲れさま。



 


 


コメント   この記事についてブログを書く
« M&O playsプロデュース『鎌塚... | トップ | お庭に子猫♪ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ/ドラマ/DVD」カテゴリの最新記事