喜多方ラーメン'S

喜多方ラーメン・会津ラーメンの食べ歩き情報などを紹介。旬の食材や美味しいものを紹介します。
(byちばっち)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

来夢(喜多方市)

2008年06月13日 | 喜多方ラーメン
また発見しました。
昭和時代の『中華そば』税込み514円。普通の醤油ラーメンと同じ価格です。
煮干好きには、たまらない一品です。太麺にぼしがきいてます。… と書かれてます。

迷わず注文しました。

これはまさしく、懐かしい喜多方の中華そばです。来夢の醤油ラーメンとはスープが異なっています。個人的には『中華そば』が好みです。
多分チャーシューも固めで専用のものが使われていると思われます。

私が小さい頃は、ラーメンも蕎麦も『そば』と言ってました。店も普通に「そば屋」と言っていたし、出前を頼む時も『そば二つ…』といったように注文してました(笑)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 喜多方ラーメンとは? | トップ | 消防団 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うちの親も・・・ (kichizo)
2008-06-14 21:39:59
うちの親もいまだに喜多方ラーメンを食べに
行くときは「そば食べに行く」といいますよ。

で、うちでは生そばを手打ちで食べるのですが、
それは「そばをぶつ」(そばを打つ)と言います(^_^;)
そば (ちばっち)
2008-06-14 21:59:20
kichizoさんどうもです。 
きっと「支那そば」・「中華そば」から来てるのですね。
「そばをぶつ」は会津では伸し棒に丸めるときに『トントン』と叩きながら丸めるので「ソバを打つ」になったんでしょうね。
私も人生の中で2回ほどソバを打った事があります。蕎麦と言うより「きし麺」のようでした・・・・(泣)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

喜多方ラーメン」カテゴリの最新記事