ボウズかランカーかsecond cast!!

難しいこと、長文が書けない田舎釣り人の写真中心の日記。

無題

2018年08月31日 | Weblog

会話の中で、
待たせる側よりも待つ方は何倍もストレスになる。
この言葉が凄く響いてハッとさせられる。
相手の気持ちを理解するほどの余裕が日々の生活にない場合忙しくなり必死になれば慌て視野が狭く終いには思いやる気持ちすらなくただただ一方的になってしまう。
日々の生活を上手く過ごすには気持ちが重要、何で魚の気持ちには近付こうと努力するのに人の気持ちには努力しないのだろうね?
コメント

NB

2018年08月18日 | Weblog

これまで親に捨てられたニューバランスは数えきれず、、、改めて勿体ないことをされたんだけどもう一度揃えてみようかな?って思いはじめ安くなっていた577を購入したのだけどやっぱり良くって可愛くなってアウトレット品ではあるけどM990GRv2を勢いで購入、ダメージジーンズが流行った頃汚く履く悪い癖を少しずつ治していきたい。
コメント

流星群

2018年08月13日 | Weblog

流星群を見るには今日がチャンス、そんな情報を聞き三脚とデジイチを家の前にセットしてのんびりと撮影、1時間半で3本流れ4本目でようやく写すことに成功、何度も何度もシャッターを押してこの一枚、写った瞬間に思わず嬉しくてガッツポーズするのは少しだけ釣りに通じるものがあった。
コメント

そら

2018年08月01日 | Weblog

世話になった方の通夜へ
運転中色々とその方の事を考えながらふと空を見るとこの景色、苦労人が生きた証のような気がしたので切り取ってみた。

これまでの苦労から全て解放された感

本当にお疲れ様。



コメント

夏ヒラセイゴゲーム

2018年07月28日 | Weblog

気温37度
ちょっとした風邪のような気温、水温28度は魚からしても高すぎる、より流れがある場所は地上で言えば風が吹いている場所で過ごしやすい場所、そう考えれば夏のライトゲームダートは見つけやすく楽しい。
河口域にて、大潮で流れがしっかり太く出るタイミングでドリームアップ社のマッカムをアップクロス気味に流すとヌルりとしたバイト、ロッドティップがジワリと入り少し重くなった瞬間に合わせた後激しいファイトが始まる。いつもより多くエラ洗いするヒラセイゴゲーム、暑いのでライバル少なくて最高です。
コメント

無題

2018年07月27日 | Weblog

改めて
道具ばかり揃えても整理整頓しないと意味がない、丁寧にきっちりとしっかりと綺麗に。
せっかく片付けるなら遊び心とセンスを感じるものを揃えていきたい。
コメント

苦手意識

2018年07月21日 | Weblog

あっという間に夏、ライトゲームはサイズの釣りから数の釣りになってくる頃、ドリームアップさんから送られてきたダートジグヘッドと専用ソフトルアーを開封してみる。
実はデイゲームはほとんどしないのでダートゲームのノウハウが無くビギナーに近いのでドリームアップ倉本さんが出演している動画を拝見
https://youtu.be/UGtZhbVAI1U
手元にあるDDhead(ジグヘッド)は6グラム、重たければ広く探れるようで軽ければピンポイントで狙える場所といった感じだろうか?シャクりの強さでスピード調整、シャクりの角度でアクション後のフォール時間の長短、必ずボトムをとってからのゲームのスタートなどエギングに通じることが多いのでこの釣りはなんとかなりそうだ
ポイントはライトゲームを長くやっていればハタやカサゴなどが居る場所は一目瞭然、使い分けもポイントによってやった方が良さそうなのでDDheadは3gから6gを揃えたいので注文、動画を観ているとDD8(ソフトルアー)のカラーも手元にはネオンピンクしかなく水色によって変更すればかなりの確率でターゲットに近づけそうなのでこちらも揃えることに決定

さて、手持ちのDDhead6gとDD8ネオンピンクを持って注文分が届く前に少し練習がてら行ってきました。
ポイントは小さな漁港、昔ながらの波止場で荒く積んである石の上に波止を作ってある場所、昔からアコウやマハタ、カサゴ、アオハタなどが良く釣れたポイントで動画で観た記憶を元に開始。
始めはダート幅やダートスピードの確認を足下で、次にレンジを意識しました。常にボトムをとることが重要なのは動画でも確認したけれどFacebookやInstagramなどでの釣果写真を見るとジグヘッドの先が荒く傷ついていることからキモはダート後のカーブフォールでバイトを待ち着底後の即跳ね上げダートということはイメージが出来ていた。

キャスト、フォール、着底、数回ダート、カーブフォール。
時よりダート速度やダート幅、リズムの変化を変え単調にならぬようランダムなアクション繰り返しているといつの間にか夕陽が落ちかかり水中をイメージし続けることで時の流れを忘れる、暗さからそろそろ根魚の活性が上がってくる頃、高く跳ね上げダートは長く長いカーブフォール、そんなアクション後

可愛い、、、
黄色い体色をしたアオハタ、の子。
即抜き上げ水辺に移動し撮影、記念すべき1匹は小さなアオハタ、即リリースして次の一匹を狙うもヒットせず、、、
んー、奥が深そう、注文追加分が到着したらもっともっとコンスタントに釣れるよう沢山のポイントに通う価値がありそうだ。
コメント

体調

2018年06月23日 | Weblog

あまりにも赤いので何か起こるのでは?そんなことを思いながら少しだけシャッターを押しで自分もエギングへ

毎年5月中旬から7月半ばまでケンサキイカが楽しめるのでこの期間中は色々と忙しい、メバルも釣りたい、アジも釣りたい、渓流でゴギも釣りたいし本流ヤマメも楽しみたい、途中夏祭りの会議や消防団だってある。仕事のスケジュールを合わせていくと鬼のような忙しさになるので年々疲れがとれなくなって睡眠時間の大切さを感じる今日この頃、しっかり寝てないと次の日は本当にポンコツになり、この状態が続くと仕事のストレスと睡眠不足からの疲れと計画性のない食事で痛風になってしまう。昔身体を壊した父親が睡眠時間と息抜きのバランスを上手くコントロールしないと一気に壊れると何度も言い聞かせられたのに、、、
釣りはガス抜きと運動、特にナイトゲームはよく歩き帰りにコンビニは絶対に寄らないようにしている。
エギングは人一倍ハードに!そして短時間で終えてしっかりと睡眠時間をとる!
最近は体調のコントロールも考えて釣りをしているのだけど釣行日数はまだ減らすことは考えていない。

この日も上半身を鍛えるつもりでエギをシャクる、途中回収したエギに何本かイカの足がちぎれてくっついてアチャーって言いながら一年分のケンサキをせっせと釣る。
コメント

無題

2018年06月22日 | Weblog

冒険用品のスマートフォンケース

ジーパンや革製品など経年変化好きにはたまらない一品、防水や衝撃には弱いが大切に扱うということを習慣付けるきっかけになればと思い購入。
コメント

使い分け

2018年06月16日 | Weblog

ドリームアップ社 グリリン 超ブラック

シルエットをハッキリさせるカラーが個人的に好きなので必ずタックルボックスに入れております。考えてみれば人口が少なく平水時は透明度が高いエリアでも天候によっては必ず濁りという状況があり常に状況にマッチしたルアーチョイスをしなければ面白くありません。
今回ドリームアップ社さんからモニター用に送られてきたのはグリリン超ブラック、おそらく梅雨時季の濁りを意識したゲームを予測してのことだろう。

そんなグリリンを見つめていると梅雨の濁り潮でのアジングに使ってみたくなったので早速行ってきました。
増水して2日経過したくらいのナイトゲーム、小潮ということから流れも小さく港湾部のアジは期待していたサイズより小ぶりだったので河口域へ移動

移動したのは水深の浅い小さな消波ブロックが積まれている河口、水深の浅い河口を選んだのは最初に入った港湾部でフォールでの釣りより表層をゆっくりと巻いてきた方が反応が良く軽いジグヘッドを使うため射程圏が短くてすむ場所が良いと感じたから。
数キャスト目で難なくアジの反応がありパターンはやはり表層をゆっくり引いてくると高反応、常夜灯の明暗部の暗闇から流れに乗せ明るい場所へ差し掛かると少し重みを感じるので即アワセてやると気持ちがよいほど釣れた。
この時感じたのは明暗部濁りで視界が悪く浅い場所でも常夜灯下の明るい場所周辺にアジが集まり濁りで警戒もなく距離を縮められることと光を通さない超ブラックのカラーから常夜灯の灯りでハッキリとシルエットが出るのでアジが見つけやすく高反応が得られた。そしてとても驚いたのがグリリンというソフトルアーは巻きの釣りにとても強いこと、ハンドポワード製法で凄くソフトなドリームアップ社のソフトルアーはイメージからズレやすいと感じていたのですがグリリンを巻きの釣りで使用するとズレが極端に減った、使用したのはオーナー社のアジ弾丸08g、シャンクの長さが絶妙なのとハンドポワード製法の柔らかさで巻きの釣りでも折りたたんで口内に入っているのはとても驚いた。

このグリリンの強さに驚き、とても楽しくなり夢中になっているといつの間にか潮止まり、少しの休憩を入れ上げのタイミングから再スタート、小さな潮なのでジワジワと満ちて行き濁りも薄く目を凝らすとボトムが見えてきたので少し射程距離を伸ばそうと1.2gへ変更、しばらく投げてみたが反応は薄くグリリンからマッカムへ交換しカラーはグローへ、明暗部の暗へのアプローチを意識していると鋭いアタリを感じその後バレてしまったが見えたのはヒラセイゴ、セイゴといっても40センチクラスなのでコースを変更して数投、、

満足な一本が釣れました。
濁りと常夜灯下ではグリリン超ブラックを使用しアジ攻略、澄み潮が入ってくると遠投しアピールの強いマッカムでヒラセイゴを釣る、この日とても戦略的な釣りが出来て凄く気持ち良い釣行となりました。



コメント

無題

2018年06月15日 | Weblog

サイズを追って競った所の先には良いことは無いと感じる今日この頃、競う事で勝ち負けが有って敗者が勝者を認めたり一緒に喜ぶ事があるのだろうか?自分が上手い自分が一番だと思いたいのはどの世界でも同じような気がする。だから釣りという遊びでのサイズ、重さ、数という土俵から降りて写真という土俵に居る、土俵という表現する時点で競う事になってますが、自分だけが気持ちよくなる場所より見てくれる人も少しだけ気持ちよくなる場所を作りたいと思ってます。
コメント

無題

2018年06月15日 | Weblog

山アジサイ
梅雨とビッシリ詰まった行事で気分が荒れてきているので短文と花の写真で気分を落ち着かせる。
コメント

フライ

2018年06月08日 | Weblog

とにかく経験
フライはやらないだろうと思ってたのにいつの間にか夜な夜なフライを巻く、雨の日、どこにも行けない日、静かに巻きながら過ごす時間も良い、そして何事も経験しておくのも損はない、また一つ熱心に語るネタが増えた。

人生初のフライ、記念すべき魚はオイカワ。
家の前で雑草に引っ掛けながら水面にたどり着いたフライを思い切り引ったくりました。

とっても福々なオイカワ、なんて事ない魚だけどデジイチで暗くなるまでシャッターを押した。

この汚れた家の前の川にもまだわくわくするような事が残ってた。
コメント (2)

Chill out

2018年06月07日 | Weblog
魚を釣りに行く事が目的、だけど風景や雰囲気も楽しむのも大切なことでSNSが流行ってる時代だからこそアングラーにしか見れない感じられないことを発信するべきだと思ってます。

この写真、友人なんだけど別にポーズを決めろとか支持したわけではないんです。自然とポーズを決めて夕陽を眺めて風景に溶け込んでる姿なんです。つりに行く事が全て魚を釣る事だけに集中してしまうのは勿体無くて、思う存分楽しんで雰囲気に酔うこと、SNSをやっているなら出来るだけその瞬間を切り取って見せたい!それも釣りの楽しみになってきたのでは?

Chill out
落ち着くまったりとするという意味、夕陽を見ながら自分はカサゴを次々と掛けていくのだけど、まさに最近流行りのチルってる的な表現が似合うターゲット、使用したのはドリームアップ社のマッカムに2gのジグヘッド、フワフワと上下に動かして根に張り付いたカサゴを誘い出しました。
んー、説明が必要?なくらい簡単、とりあえずマッカムを上下にゆっくり動かしてみるとカサゴが良く釣れます。




コメント

無題

2018年05月17日 | Weblog

メバリング後少しだけ撮影、最近は釣果ばかり気にしてたので少しリセット。

あえて特徴的なメバルの眼を避けました。鰭のシルエットとゴツゴツした鱗を単焦点でパチリ。
コメント