見出し画像

タイで子連れ狼

またまたタイで事故ってみた

タイで自動車なりバイクなりの運転をしていると、とんでもない事故に巻き込まれたりするもんです。

 その日は朝の9時ごろだったか、まだまだ通勤送迎ラッシュが冷めやらぬ時間帯、チェンマイ市内をぐるりと囲む幹線道路、通称スッパーハイウエーを空港側に向かって走ってました。

途中にセブンイレブンがありまして、そこは駐車スペースが無きに等しくて皆さん路駐でお買い物をしてます。

もちろん交通量の激増する朝夕の時間帯は駐停車禁止なのですが、そこはタイですから三車線のうちのひとつを路駐の列が塞き止めてます。

残りの2車線では大急ぎの自動車やバイクがビュンビュン走ってますから危険極まりない状態です。

セブンイレブンなどでお買い物をする自動車が走行路線から出入りする時には二車線同時に塞き止める事になりますから、後ろから走ってくる車両は特段の注意を怠れません。

路駐を終えて走行路線に戻ろうとする車両としては、まずはゆっくりと頭出しすることで、自らが「今から車線へ出ますよ」という意思表示を後続車へ伝える必要があるのですね。

この儀式を怠って突然車線に飛び出したりすると確実に後続車と衝突します。

タイの町を移動する時、ドライバーやライダーがノロノロと運転している場面に必ず遭遇しますが、我々日本国の運転技術を体得したドライバーからするとイライラしてしまいます。

「待ってんだから、はやく行って!」とか「もっとキビキビ走れないの?」といったイライラ言葉が脳の中で渦巻くと思いますが、実は、そんな動作の遅さには「危険を避ける意味」があるのです。

はっきり言って、タイ国のようなルールの曖昧な発展途上国でキビキビ走るのはNGです。

 一般幹線道の法定速度が90kmだったりするし、かっ飛ばす場面では危険なほどにスピードを出すタイ人なのですが、事故が多発するような危険な場所になると信号機すら信用せずに特段に注意しながら走行しています。

そんな交通事情を知らない我々外国人にとっては、タイ国の道路は地雷地帯と言えるでしょう。

危険な場所がそこかしこに用意されていて、交差点を通行するときや車線変更を行う時は、自分でもイライラする程にゆっくり走った方が無難だと思います。

 

 さて、その時は時速60kmくらいで走行してたかな? 

通常は追い越し車線を90km~100kmで爆走している区間なので、気分的に遅いスピードですから油断したのかもしれません。

突然、左側の車列から白いセダンが飛び出しました。

急ブレーキにより前後ABSが作動しまして、カウンターを当てて後ろタイヤを滑らせるような回避運動にはなりませんでしたね。

それやったりすると右側の高速移動車からぶっ飛ばされますからね。

「間に合わない!」と思う間もなく衝撃吸収体勢をとりました(いつものようにw)

自動車運転席の右側面辺り、私の左ハンドルからドーーーん!!とぶつかりました。

追い越し車線に倒れたりすると、もし後から大型トラックが来てた時に挽肉ミンチにされますから、もう倒れないように、とにかくコケないように踏ん張りました。

 

 運良く後続車が離れていたこと、またぶつけた運転者が硬直せずにブレーキを踏んでくれたので大事故にはなりませんでした。

かなりの衝撃を受けまして、身体の左半分をシコタマ強打してます。

主要な骨と関節には異常なし、腕と膝とくるぶしの三ヶ所に損傷があり流血が確認できました。

「コノヤロ!」と思って運転手を窓越しに睨みつけましたが、白いセダンから出てきたのが、なんとエアーエイジアの赤服、フライトアテンダントさんなんですね。

「コートー!コートーナカ!」(ゴメンナサイ)としきりに謝ってますので、怒るに怒れなくなりまして(笑)

「血が出てますよ、痛いですか?」なんて気遣う赤服さんの顔を見ると、これがなんとBNK48にもいないようなパッチリお目目のカワイ子ちゃん。

「あいや~、大したことないですよ、骨は大丈夫だから」なんて態度を豹変させながら、彼女の自動車を見ると側面がボッコリ凹んでミラーが根本からボッキリ折れてます。

で、私のバイクN-MAX155といえば、左全面の外装がバキバキに割れてます。

でもホイールやフロントフォークが曲がるようなダメージはなさそうです。

「あ~こりゃバイクの修理代より自動車の方が高くつくわ…」なんて思いながら、しかし明らかにぶつけたのは彼女ですからね

私の腕でブチ折ったバックミラー 

「保険ありますか?」と聞いたところ、潤んだキラキラ瞳で見返しながら「保険、入ってないんですよ~・・・」ちゅーじゃありあませんか。

タイの田舎では強制保険に入ってても、高額な任意保険に加入している人は驚くほど少ないのです、加盟できないほど貧困な人も多くて、また人の命が安いっていう事情があるからでしょう。

 「あちゃーどうするかなぁ、警察呼んだ方がいいかなぁ」なんて考えて、まずは仕事場の責任者であるLHに電話して地元流の判断を仰ぐしかありません。

仕事に没頭してたのか「またか」っていう面倒そうな態度になるLH、来たくなさそうな雰囲気が伝わりました。

「たかが4kmほどの距離をしぶるなんて」、痛みに耐えながら無性に腹が立ってきました。

「来たくないのなら来なくていいよ(マイヤークマー・ゴー・マイトンマーナ!」と二回怒鳴りつけてやっとこさ、しぶしぶ「私が行きますから」という返事がありました。

「いつか絶対にクビにしてやる(-_-;)」なんて逆ギレしながら待つこと約15分、LHが登場したころには赤服さんのお母さんも到着していて、LHとアチラ母親との現場検証になりますね。

しかしこの母親が実にクセ者でして、全面的に非を認める娘さんを押しのけて

「アンタは黙ってて!」と前面で腕まくり、喧嘩両成敗を主張したそうです。

どっちも悪いんだからお互いの損傷は自分で修理すればいいと主張。

この時点で普通の日本人なら「はぁ?」ってなりますよね

今回の事故は駐停車禁止区間から飛び出した事故、その時点で10対0

どう考えても50対50は有り得ない話じゃないですか?

もし前回の事故のように「前方不注意」なんていう言い掛かりをつけられても、9対1ではないかと思ってました。

その母親の強引な態度にカチンときたLHは、「それはないんじゃない?、血が流れてるんだよ」と抗議したそうです。

するとその母親

「じゃあ病院かバイク修理か、どちらかを選びなさいよ!」

と譲歩したポーズで交渉開始しました~

更にカチンときたLHは「それは飲めない、治療は受けないといけないし、日本人はバイクが大切だから」と意味不明な説明

「それ違うぞ、大切なんていうレベルの話じゃない」と思いましたが

すると赤服母さん

「なんで日本人なのにバイクなんかに乗ってるの?」

「キーニャオ!!! (ドケチ)」 と罵ったらしいです。

 なにが哀しゅーて被害者の私が罵られなくちゃならんのか?

普通の日本人ならば理解できませんよね、

階級社会のタイでは「大きい=エライ」、「外人=金持ち」このような大雑把な図式があるようでして、特に外国人観光客で潤ったチェンマイの人間にとっては「外国人は貧しいタイの田舎に富をもたらす者」という認識があります。

その母親の年代では、まだ貨幣経済が浸透していない子供の頃からそのような常識を丸被りして育ったはずです。

よってお金をバラ撒く役目の金満日本人

小さな乗り物に乗っている=ケチ

とまあ、このような思考回路でしょう(笑)

ステップも割れてます、衝撃で内側のくるぶしが切れました

そいうことで、相手は少しも払いたくないという態度を硬直化させてますので、LHは早々と示談を諦めて警察に電話しました。

タイの事故では、軽傷である場合は警察を呼ぶことは稀で、なるべく示談で済ましちゃう傾向があります。

基本は「もっているヤツが出す」、保険だろうがお金だろうが持っている方が出せばスムーズに解決するという流れなのです。

持ってない人間は出しようがないですからね、日本でも加害者が居直って弁償ぜずというニュースがありますね。

そして、ぶつかった人間はチョークマイディー(運が悪かった)と見なされて、自分自身でもそう見なすような風潮で、いわゆる泣き寝入りですね、それが一般的な常識となっている気もします。

しかし、今回は赤服母親の態度がよろしくないということで、LHがムリして警察を呼びました。 

待つこと30分、やる気のない態度でフニフニフニ警察登場~~♪

ろくすっぽ現場検証などせずに、テキトーに両側からの話を聞いてます。

「じゃ、警察署で話し合いでもしましょうか」ということで、市内の中心部ワットプラシンの近くにある警察署へ向かうように指示されました。

 場所を移して話し合いをする段取りなのですが、驚くことにタイの警察は事故現場検証はやらないのですね。

どちらに過失があったのか、またはどちらに非が何%あるのかなんてどうでもいいとばかりにバイクに跨って颯爽と去っていきます。

朝の事故現場は路駐車でいっぱい  頭を出して出発のタイミングを待つ

 で、警察署の中では赤服のお父さんまで参上して、お母さんが事故処理担当官にアレコレと訴えかけてますが、後で聞いた話では「自分には警察官の知り合いがいる」と、それも役職の高い人物だというコネですね、コネを使って話を有利に持って行こうとしたらしいですね。

タイ国では「何を知っているかよりも、誰を知っているかで決まる」という暗黙公然のルールがありますので、日本人からすると「見境ない恥ずべき行為」に見える母親の態度は「然るべき当然の交渉ロジック」となります。

対してこちらには有力な知り合いなど居ませんから切り出すカードなどなくて、

警察からは「お前からもナニか強力なカードは無いのか?」という目で催促されてますw

「困ったな~」と思って隣にいる頼りないLHを見ても、オドオドしてるだけで役にたちそうにない。 そればかりか「話し合いに通訳が欲しいそうですよ」なんて言って、自分が矢面に立つのを露骨に嫌がっているwww

そういえばちょうどタイ語授業の日だったなと思い出して、B先生に電話してみたところ、有難いことに「私が行きましょう!」と助太刀を買って出てくれました。

金持ち中国人ふうにガタイのあるB先生(女性)が登場すると場の空気がガラリと代わりますね、やっぱりタイでは多勢に無勢、人数で状況が一変しますねからね。
B先生からは、「あのお嬢さんは礼儀がありますが、お母さんは喧嘩腰ですねぇ、私に対してもとても失礼な態度ですよ」と、細かな状況を説明してくれました。

「では、そろそろ話し合いをしましょうか」
若い担当官から奥の部屋へ行くよう促されて席を立つも、B先生とLHは座ったまま。
「あれ?」と後ろを振り返るも、「どうぞどうぞ、おひとり様で」と送り出されます。

理由はですね、うるさい外野の加勢があると更に揉める可能性があるので、当事者同士で話し合えってわけです。
「じゃなんで通訳を呼んだんだよ」とぶつぶつ言いながら奥の間に進みました。

しかし困りましたよ~、私は難聴気味なこともあってお互いの変な英語じゃ理解できないし、
タイ語だとまあなんとか、知ってる単語なら聞き取れるのだけど、フニャフニャしたチェンマイ語じゃお手あげですもんね。

それでジャッジの警官から「結局、あんたは何が欲しいんだ?」と聞かれて

「え? 欲しい? これって要求なの?」

驚きましたね~、自分は被害者だとばかり思ってたのだけど、
なんと「要求する者」に成り下がってる、いや、成り下げられている

娘みたいなお嬢さん相手に、あれこれ欲しいってカッコ悪くて言えないしね~
(;^ω^)ははは 「うまい言い方するね」なんて感心したりして

なるほど、それで「ケチ」と罵られたのかと・・・
要するに、大人物ならば小娘ごときには出費させられないだろと?
逆に自動車の修理代くらい出してやりなさいよってか?

それでまあ、小人物の日本人としては~(爆)
世界的な常識でもないっていう「ルール」や「善悪」ってやつで判断してしまうわけでして~
「治療はいいからバイクだけ修理してあげて」と
超カッコ悪いお願いを(させられました) (〃ノωノ)オナッシャス
お嬢さんは、大姉貴らしく「わかりました」といって深々と手を合わせてワイしてくれましたw

そんで流血など小さい事は忘れてあげた、私の大人物然とした(セコい)姿に感動してくれたのか??
警察官が救急隊員を呼んでくれて患部を消毒してくれてましたね。
で、「君のバイクは自賠責保険(のようなもの)に入ってるから病院で治療できるように書類を書いてあげよう」と、読みにくいキタナイ字で事故証明を書いていただきました。

B先生が「ええ~? どこの病院でもタダで治療が受けれるんんですよ、私も知らなかった~、どこの病院にします?、バンコク病院に行きたくありませんか?」と盛り上がってくれてましたとさ('ω')ノ

めでたしめでたし



ではなくて、まだシチめんどくさい交渉事が残ってます
まずはバイク屋で修理の見積もりをしに行きますよと、市内のヤマハ発動機デューラーへ向かいます。
あちらのお母さんはバイクから外れたバックミラーを握りしめて、「これまだ使えるでしょう?」とか、「この部品はまだ使えるじゃん!」とか、ウルサイことウルサイこと(;^_^A

声闘文化というそうですが、タイ国では声の大きい方が有利になるという場所でもあります。そのセオリー通りに大声で注文を連発する赤服のお母さんは勝負顔。

対して、うちのネゴシエーターであるはずのLHは?
あれ、どこ行ったの?

ここで忽然と消えたLHの代わりにカチンと来てくれたのがB先生、
「ああ~これ全部使えないよ、全部交換しましょう」と言ってくれて、無事にカウル類は交換となりました。
(もし黙ったままならボロボロの部品のままです)

終わった頃を見計らったように戻ってきたLHは、買ってきた肉まんをB先生に手渡しました。
両手に肉まんを握ってモグモグ立ち食いするB先生、アリガトウございました~

お支払いはお母さんじゃないですよ、赤服のお嬢さんです。
「お母さん、ケチはアンタだろ!!」とか思いながら、手渡された領収を見ると2800バーツ(約1万円)
「あ、安っす!! これなら自腹で支払った方が良かったかなぁ」 なんて口から出ちゃったもんで、隣で肉まん握ったままのB先生が固まってしまいましたね
先生の顔は明らかに「なんで私、頑張ったんだろ?」って表情です。

(;^ω^)やははは

「あでも、あれは彼女のために支払わせた方が良いのですよ、痛い目みると次回からは注意して運転するはずですから」なんて言って、その場を丸く収めましたとさ 

めでたしめでたし('ω')ノ


ではなくて、その後は市内の(高額で有名な)総合私立病院へ直行
といっても消毒は終わってますからね、ドクターからチョイチョイと診察を受けて、その場で特段にセクシーな看護婦から無意味な消毒のやり直し、そして無意味にセクシーな看護婦からユルユル包帯を巻いてもらって終わり。
化膿止めの抗生物質を受け取って

さてハウマッチ!!!

ま、これは自賠責保険(のようなもの)で支払われる金額ですから
あまり鬼の首取ったように発表するのは気が引けますが
小さな声で、3495バーツ(12300円)、しました (病院名は伏せます)

面白かったのは、常駐の通訳さんたちが臨戦態勢で全員総出動してきたこと
B先生はスパイではありませんぞ!! 

まとめです
①小さな事故なら警察は呼ぶな(面倒しいのが10倍になるから)
②日本人ならば、小さな金額は自腹で出せ(泣き寝入り上等?)
③普段から、助けてくれる人脈を築け(タイ人が助けてくれる自分であれ)

そんなとこですかね、私は全部できてませんけどね ( ̄▽ ̄;)あ~あ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

menkarm
痛かったでしょうけど、大きな怪我ではなくて不幸中の幸いでした。
どちらが悪いかですが、罰金を払わされた方が悪いと判断されてます。
軽い事故なら警官は仲裁だけしてくれて、事故扱いにしないこともあります。
それでも保険金は払われるそうで、酷い事故以外は警察を呼ばないのが普通だそうです。
私も何度か交通事故をやりましたが、多くは警察官や保険会社の助けで無事終わってます。
1回だけ何度も店へ来られて金かねと付き纏われましたが、一見マフィア風の知り合いがスキンヘッドでベンツに乗った子分と一緒に介入して、いいかげんにしろと叱り飛ばしてくれて終わりました。
あの人達本当は某大学の先生で、スキンヘッドは若ハゲだから剃ってんですけど、知らない人は怖いでしょうねwww。
まとめへ1つ追加ですが、払えない人へは保険の範囲で助けてあげましょう。
私は警官から頼まれて飲みましたが、それ以外は警官がこっちの味方をしてくれました。
飲まなきゃ警官の権力で不利な扱いをさる可能性がある訳で、向こうも臭わせてきましたし、結局損だと思いますよ。
メンカームさん、コメントありがとうございます
名前の変更ができなくなったんで、デフォルトネームで失礼します
詳しいお話をありがとうございます、参考になりました。
タイでは露骨に力が正義ですから、それ使わなくっちゃですね。
警察からの「オマエの保険で払ってやれや!」みたいな脅しも、更にこっちから怖い脅しがかけられるなら反発可能なんですが、そうじゃない場合は従うが得策でしょうね。
私の場合、前回の救急車で運ばれた事故では警察から100%私の運転に問題があるとされて、病院代からなにから自費になりました。その後、痛みが引かないので再診すると剥離骨折してたのが発覚して自費で治療しました。
実は昨年にも事故ってまして、市場で買った野菜満載のおばちゃんバイクが大外刈から追い抜き掛けてきて私の自動車側面にぶつかりました。
バイクのカバーが割れて、おばちゃん顔をバックミラーにぶつけて口から血が出てたんで、世話してくれたトゥクトゥクの親父が「かわいそうやから3千あげてくれ」で解決しときました。相手はどうせ無保険無車検でしょうから、どっち道私の自動車の凹みは自費修理です。警察を呼ぶと私の責任になりますし、時間が掛かるだけ。
反対車線も半分はみだしての追い抜きですから急いでたんでしょうけど、もうコマケーこた言えませんよね
しかし今回はエアーエイジア、給料が安いのですかねぇ
彼女はあのお母さんで損してる気もしますね、しゃしゃり出てきて話がこじれますからね。
お母さんの出身地を聞いて笑ったのですが、うちの子供の母親と同じアンパーでした、しかも救急車で運ばれた時の警察官もそこの管轄~wwwww
49歳
ムガさん
ご無沙汰を致しております。
本当は既に50歳ですけとyahooブログでは49歳のままなので!笑。
交通事故大事に至らなくて幸いでしたね。
私も前ブログに書きましたが、まー兎に角七面倒臭い思考に狩られてしまいますよね。私の場合もうっとおしい事満載でしたが、事故処理がやれやれやっと終わったと思っていたら、事故現場が警察署前だったのもあってか、わざわざカメラ撮影もしてくださっていたのでめでたくユーツベにもアップされており、タイで生きた証が死後も延々残してもらえそうです!笑笑

現在は縁があって、新しい職場に再就職しました。、今までの経験がそのままいかせる仕事につけた事、知人に感謝しながら四苦八苦しながら頑張っております!
落ち着いたらブログも移動して続けていこうと思っています。
49歳(50歳)さん、おー!お久しぶりです~ムガです~
お元気そうでなにより、辞めたはずのマネージャーが復活した時点で止まってたんで、その後に何があたのかドキドキでした。
あ、転職(天職)されてたのですね、それはおめでとうございます!!
心機一転、心晴れやかに四苦八苦?(^^ゞ、きっと新しい職場でも部下からは信頼されて人気者、楽しめそうなエピソードがてんこ盛りな予感がしてます。
Youtube出演は知りませんでした、もしブログ移転されたならば再アップをよろしくお願いします
50歳からの挑戦ですか、新しい人生の大成功を祈ります
ooi
13年間 事故無くタイで運転してきましたが
68才の現在 紛らわしいタイ人と警察
事故で関係したくないので、来月の訪タイで
車手放す予定です。
急ぐ旅でも無いし、バス、列車、飛行機で
火の粉かからない様にしたいです。
ハシビロコウ
交通事故、大変でしたね。
お怪我が、甚大で無かったのは、何よりでした。

こんなお話を、聞くと、日本が如何に、平等で先進国か分かりますが、それが、ややもすれば、誤解の元となったりすることも有るので、実際の対応は、難しい事が多い様です。

余り力にならないLHさんも、否よりはマシそうだし、赤服の両親も、自分が特に、変な人だという自覚は勿論ないでしょうが、お国柄ですから。

誰でも自分の欠点には寛大で、他人の欠点には峻厳ですが・・
ダライ・ラマ14世は、他人の欠点を1000個見つけるよりも、自分の欠点を1個見つける方が、よほど幸せになる、と言っておりますが・・実践は難しい(笑い)。

ご自愛ください~~♪
ナリカー
とりあえず、大怪我ではなく一安心しました。
自分はまだタイで事故未経験ですが、バンコクやチェンマイの大都市の交通事情だといつ事故にあっても不思議ではないです。
それにしてもB先生は大変素晴らしい方ですね。
ooiさん こんにちは!
>急ぐ旅でも無いし< これがあれば事故にも会いませんかね?
慌てるコジキはもらいが減ります(-_-;)

うちのトヨタVIGO、月平均で2日~4日しか出動しませんが、持ち主と等しく経年劣化だけはどんどん進んでますね
売れるもんなら売りたいのですけど、名義が~~~ってやつです
次回の来タイはどのブログで見ればいいのか、引っ越し先が決まればお知らせくださいませ
ハシビロコウさん、こんにちは!

LHはタイ人の中で教育を受けていない人間としては最高に善人だと思いますよ。
なにせ、一度も嘘をついたことがないのです(ごまかしたり惚けたりはあります)
しかしですね~、善悪は「時」と「場所」と「程度」を間違えることで発生するんじゃないかと思ってるのですが、もう一つ、「立場」で上下しますね。
たとえば、今時、韓国で、土下座して「ゴメンナサイ日本国は謝罪します」って言ったのが安倍総理ならばどうなるか?
ダライラマの教えはごもっとも、人の欠点をあげつらう人ほど自分の欠点には寛容だったりします。
しかし反日タカリに迎合して日本を悪く言う元総理の性格的欠点を許せるかどうか?ってのはまた立場的に別次元になるかと(;^_^A
お気遣いありがとうございます、身体の痛みは無くなりましたが、バイクのエンジンに問題がでましてクランクを開けて部品交換になるようです(経年劣化?それとも?)
ナリカーさん、こんにちは!
いや~、悪運が高いというか低いというか…、生きてます
チェンマイの朝晩の交通量は半端ないですよ、学校や官公庁を市内から郊外に出すべきですね、そしてリングロードはバスか電車で回すと渋滞が減るはずです(県庁はなぜそれがわかんねんだ?)

B先生、私の知るタイで教育を受けた人間の中では最高に善人かもしれません。
この時の通訳料は受け取らないと仰ったのですけど、そりゃ悪いですから授業料の相殺でお願いしました。
食べ歩きは大好きのようですから、ナリカーさんの奥様とは気が合うかも? 
あ、B先生は超優しいタイプなんで女性に大人気ですから、ナリカーさんが心配になりますよね(*^-^*)ははは
フォロワー~~♪
成るべく、Yahoo IDで登録して、成っているように見えるのですが・・
フォロワー一覧には出ない・・
ので
今度はメールアドレスで登録、OKは出たのですが・・
状況は変わらず・・

何か間違っているようなのですが・・
その内、ってことで。
フォロワーさん? こんにちは
こちらはgooブログになりますからyahooのIDは関係ないかもですね。
私も詳しくはないのですが、gooIDもしくはブログランクサイトのお気に入りみたいな登録をすれば、そこに更新状況が表示されるかと?
まあ月に1回か2回か0回のアップになる予定ですので気が向いた時にでも覗いていただければと~
Nangfar(ファンガンマビゼン)
こんにちは。お怪我は大丈夫ですか?
俺なら、間違いなく、週一Hで、手打ちにしますけどね❗www
今回アウディTTクーペ買っちゃったんですけど、プリウス君も、どちらも車両保険も入ってます。それに昨今日本も物騒なんで、ドライブレコーダーも、面倒事、ストレスは嫌なんで
何か起こっても、保険会社と話ししてね。で終わりですから、怠け者の俺にはピッタリですw
追伸、私事ですが、今月の上旬バンコクで、元妻に待ち伏せされて、詫び入れられたんです。詫びの内容も、一応筋は通ってるたんで、ホテルまで着いてきて帰国まで居座ったんですが、見たこと無い献身的な女になってたんです。
扱い方分かっちゃったし、今までのような執着も無いのでテキトーでwwwさぁ~て、どうなりますやらwww
Nangfarさん、お気遣いありがとうございます~
やっぱりそれが一番賢いですよね^_^
元妻さん、親族の操り人形みたいで可哀想な感じもしますが
Nangfarさんとて以前とは違いますからね
そこをどうすり合わせてみるか、またはすり合わさないのか
判断を迷いますね︶︿︶
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「バイク」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー