Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

京都旅行~東本願寺・西本願寺編~

2019年11月22日 | 旅行
当初、全く行く予定はなかったのだが、中途半端に時間が余ったので行ってみることにした。


まだ上ったことのなかった京都タワーへ上り、真下に東本願寺を確認したのもあって、まずは東本願寺へ。
(京都タワーでは、双眼鏡に夢中になり、写真は一枚も撮らず)


駅から近いということもあって、何度か来たことがあった。
そうそう、こんな感じだったな~というのを思い出した。


ホテルの窓から見えていた、2つの建物の屋根。
お寺だな、とは思っていたが、まさかこれが東本願寺だったとは。
無知とはいかんですな。

このあと、昼食を摂り、まだ時間があると思ったので西本願寺へ。
まぁ、この「時間がある」が勘違いで、あとで大変な思いをするわけだけど。
途中で東本願寺のことを西本願寺だと思い込んだ所為で、変なところへ入り込んでしまい、
通りすがりのおじさんが親切に行き方を教えてくれた。
やっぱり京都の人は親切だ~~~!!


そしてようやく西本願寺到着!!


似てはいるけど全然違う!!



隣同士というイメージが強いけど、実際「隣」なのかもしれないけど、1キロくらい離れている。

そろそろタイムリミットということで、お参りもそこそこに西本願寺を後にして京都駅へと戻った。
何度も言うが、タイムリミットを20分も勘違いしていたために、この後真っ青になるわけだが、ギリギリ間に合ったのでよしとしよう。
コメント

京都旅行~伏見稲荷編~

2019年11月21日 | 旅行
今回の京都旅行で、行ってみたかったのが伏見稲荷大社。
千本鳥居を見てみたかった。
調べたところ、京都駅からJRで2駅。5分ほど。
これだったら最終日に行けるな、と最終日に組み込んだ。
そして最終日。

いざ到着。


乗っていた人のほとんどが下りるという凄さ。
駅から出ると目の前に鳥居。


稲荷だから、狛犬にあたるものが全て狐。
面白い!!

参拝のあと、千本鳥居へ向かった。


奥の方に見えてきた。
本当に千本あるのかな~?なんて考えながら鳥居をくぐる。


実は数えていた。


二重カウントやカウント漏れもあると思うが、400までは数えた。
枝分かれしている道があったりして全部数えるのは無理だった。
あと、数えながら歩くと無駄に体力が奪われる。タダでさえ上り坂なのに。
仕方ないので400まであったということは、1000本、本当にあると思う。
もしかしたらそれ以上あるかもしれない、という結論に達した。

さて、清水寺の記事で「もっと微笑ましい光景を見た」と書いたが、その答え合わせ。
伏見稲荷大社に行ったのは11月13日の午前10時前後。
何が行われていたかというと、七五三の祈祷。
すでに終えて写真撮影している家族、これから祈祷に臨む家族。
写真撮影をしていたのは、男の子の兄弟で祈祷があった様子。
なかなかまともな顔をしない、ということで、写真屋さん悪戦苦闘。
しばらく眺めていたが、子どもたちも周りにギャラリーがいるのに興奮しているのか、ベロを出したり変顔したりと大変。
その様子も可愛いけどね、関わる方は憎たらしいだろうな~…。
どこの家の子もとても可愛かったが、特に可愛かったのは、被布を着た女の子。
最初に見かけたときはちょっとぐずっていたので、「このまま崩れそうだな~」と思った。
だが、鳥居のくぐり抜けを終えて戻ってきたら、その子が外国の皆様に次々に写真を撮られてご満悦の様子だった。
もちろん、というかご家族も一緒に撮影して貰っていたんだけど、微笑ましい光景だった。
外国の皆さんも、この時期しか見られない、子どもの可愛い正装姿が見られて良かったね~と感じた。
褒められて嬉しくない子どもなんていないよね、と話しながら伏見稲荷を後にした。
コメント

京都旅行~平安神宮編~

2019年11月20日 | 旅行
京都御所から、ちょっとインチキ(笑)してタクシーで平安神宮へ。
大文字焼きの山などを教えて貰ったり、川の源流を教えて貰ったり、
京都のタクシーの運転手さんって凄いね!
運賃はバス2人分の3倍強だったけど、体力の回復と豆知識の収穫とそれだけの価値は十分にありました。


タクシーから下ろして貰ったのは、まさにこの前。
いきなりここに下ろして貰えたおかげもあって、テンションアップ。
それで体力も回復したように感じたのかもしれない。


高校の修学旅行で来たときは、もっと人が多かったように感じたが…。
時間帯も違っただろうし、分散したりもしているだろうし。
そもそも前日の清水寺が多すぎたのかも。このくらいでちょうどいい。

そしてタクシーの運転手さんおすすめの神苑へ。
入苑料がいるせいか、人はまばら。
本当に興味のある人しかいないから静かな散策を楽しめた。


目に飛び込んできたこの電車。


日本最古の電車。語彙力の貧弱さが悲しいけど、やはり凄い。

さらに進んでいくと、池があった。


外国の方々は、大喜びで写真撮影に興じていた。
それがまた微笑ましい。
そして、なんとなく誇らしい。



日本人の女の子だったけど、スマホで撮影している後ろを通り抜けるときにちらっと見て、構図が綺麗だったので真似してみた。
うん、私にはセンスないことだけは痛感した。

ちなみに、こちらは彼女と同じようにスマホで撮影してみたもの。
こっちの方が多少マシかな~?アングルも微妙に変えたので比較は無理かな。

この神苑内には結婚式場もあることが判明。
こういうところで挙げられたら、それも思い出になるな~なんて感じた。

タクシーのおかげである程度体力は回復していたとはいえ、40代と70一歩手前の体力はさすがにここで切れた。
予定では、このあと泉涌寺に行くはずだったのだが、それはパス。
そのまま京都駅に戻り、ミスドでお茶してお土産等を買い込んでホテルに戻ったのだった。
コメント

京都旅行~京都御所・御苑編~

2019年11月19日 | 旅行
二条城を後にして、向かったのは京都御苑。
二条城からの移動が無謀だったのか?
バス停から遠かった。と言っても1キロくらいだと思うのだが、土地勘のないところの1キロは辛い。
しかも全然見えていないから。
ようやく見えてきたのが、


幕末の大河ドラマでおなじみ、蛤御門。


おお~、本物~~!!と感動。

蛤御門を横に見ながら歩いて行くと、



清所門という定められた門に行き着いた。
ここから入場し…。


荷物チェックを受けた後、首からぶら下げる入場許可証を貰った。
荷物チェックをするのは、皇宮警察!!
お、つい最近聞いたぞ!!(笑)この前はテレビ越しだったけど、生で見たぞ!!(笑)



母が映り込んでしまったが、御車寄(おくるまよせ)。うん、この言葉も最近よく聞いていた。
パンフレットによると、
「高位の貴族などが、参内した際に儀式や天皇との対面のため使用した玄関」とある。
今の日本に『高位の貴族』はいないけど、これが諸外国の賓客になるわけね。
(以下、「」内はパンフレットからの引用)


こちらは新御車寄(しんみくるまよせ)。
「大正4(1915)年、大正天皇の即位の礼が紫宸殿で行われるに際し、馬車による行幸に対応する玄関として新設されたもの」。


正面からだと、ちょっと邪魔なものがあったのでこの角度になってしまったが、紫宸殿(ししんでん)。
「京都御所において最も格式の高い正殿であり、即位の礼などの重要な儀式がここで行われた。」
「明治、大正、昭和の三代の天皇の即位の礼はこの建物内で執り行われた。」
なるほど~。
つい最近、テレビを通してではあるが、即位の礼を見たので、あれがここで行われていたんだと感慨深い物を感じた。


建礼門。
「京都御所の南向きにある正門である。かつては即位の礼など紫宸殿で行われる重要な儀式の時に開かれた。
現在は天皇陛下および国賓が来られた際にのみ使用される格式高い門である。」

その他、色々と見て回り、お!と思ったのが…。


蹴鞠の庭。
へぇ~、こういうところで蹴鞠をやっていたんだ!と変なところに感心してしまった。
相手が受けやすいように鞠を蹴るのが大事、と説明が書いてあり、それにも感心した。
『勝負を決する物ではない』そうで、それもなんだか意外だったが、そういう遊びもいいなと思った。


御池庭などを見て回りながら、京都御所散策も終わり。
団体客がいないので、静かにじっくり見て回れた。

二条城で歩き回り、バス停から歩き通し、御所内も歩き回り…で、ヘトヘトになった我ら親子。
遠目に見える「タクシー」の誘惑に負けてしまいましたとさ。
コメント

京都旅行~二条城編~

2019年11月18日 | 旅行
2日目のテーマは、「令和に巡る皇室」。
いや、だってそうガイドブックに書いてあったし…。
というわけで、最初は二条城へ!

京都駅からバスに乗り込むと(座れた!)、外国の団体さんが賑やか。
英語じゃない、フランス語でもない、何だ?
イタリア語のような感じもするが、確信が持てない。
そんな状況だったが、二条城に着いてやはりイタリア語だったと判明。
運転手さんが「グラッツェ」「ヴォン ビアージョ(良い旅を)」と繰り返していたから。
完全にカタカナイタリア語だったけど(笑)



さて、二条城へ入城。

その前に…。


石垣が気になるのは、熊本城の惨状を見ているから?

二条城には高校の修学旅行で訪れてはいたが、時間がなくて正面から眺めただけだったので、じっくり回るのは初めて。


あれから25年ほど経ち、それなりに知識も蓄えたので(主に大河ドラマで)楽しかった。



この建物の中には入れた。撮影は禁止だったけど。
大河ドラマなんかで描かれる様子を思い浮かべながら見て回った。
大政奉還が行われた広間では、私を含めた日本人、畳の数を数える!知りたいのはみんな一緒!
家臣たちより、上様が座るところの方が一列だけ多かったよ。すげー。

じっくり見て回ったので、思ったよりも時間が掛かった。
外に出ると、おや?鐘?



火事の発生等を知らせる鐘らしい。
ほう~。これをガンガン打ち鳴らす訳ね。

さらに歩いて行くと、内堀が。
それに掛かる橋から覗いてみると…。


鯉が泳ぎ、その上を鳩がてくてくと歩いている。何とも面白い構図。
外国の方々もしきりにカメラを構えていた。



天守閣跡に繋がる階段。
母曰く「二条城にも天守閣あったんだ…!」。
そりゃ…あるでしょう。たぶん。


修復工事中の本丸御殿。
内部の写真が壁に貼ってあったが、熊本城の本丸御殿と似ている気がする。
どこも似たような造りになるのかな。


城内にあった自動販売機。見ての通り、コカコーラが設置している。
ここで水を買った私たちが言うことではないが、なくてもいいような気がする…。

さて、清水寺とかではほとんど気にならなかったのだが、修学旅行生がたくさんいた。


二条城では分かっただけでも4校くらいの小学校が来ていた。
この後行くところでは、さらに中学・高校と入り乱れていた。
そういう時期でもあるんだな、と改めて季節を実感した。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第34話

2019年11月17日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー

マックスリュウソウルを得て、慢心してしまったコウ、というよりリュウソウジャー?

新たに登場したプリシャスの強さも相まって、ナダを失ったときよりショックは大きそう。

 

長老が再登場。

バンダナに「帰ってきた」と書いてある遊び心がいいね。

「アキ」という名前がどこから来たんだ?と思ったが、「帰ってきたウルトラマン」かな?

細かいところまで拾い上げるなんて、すごいな。

 

プリシャスから3日の猶予が与えられた上、次回予告を見た感じでは、コウたちも試練を受けるんだろうな。

バンバやトワが先に受けている試練。

バンバの卵がどうなるのかが気になる。果たして両手に持てる程度でクリアできるのか?

コメント

京都旅行~高台寺・圓徳院編~

2019年11月16日 | 旅行


清水寺を後にし、次の目的地高台寺へ向かって歩き出した。
周りの店を見ながら、時には買い物もしながら向かう。
ここでハプニング発生。
雨が降り出した!!結構本格的!!
新幹線の車窓から見た空が怪しかったので、念のため折りたたみ傘をリュックに入れておいて良かった。

傘をさして歩いて行くと、高台寺到着。
到着したときには雨はすっかり止んでいた。


大仏のお出迎えには驚いた。



高台寺の紅葉を目的にしていたのだが、やはりこの時期、早すぎた。



でもこのときならではの景色が見られたので良しとしよう。
ちなみに、看板は、豊臣秀吉の正室・ねね(高台院)。

高台寺の方から「圓徳院もいいですよ~」と言われたので、行くことにした。
これにより、この日最後に予定していた「青蓮院門跡」は断念することになった。
ここがこの日最後ということで、のんびり見て回ることが出来た。



雨の後、しかも夕方というのもあり、ちょっと暗いなぁ。
映り込んでいるのは我が母。
この奥にあるのが…。



撮影可エリアで見つけた「夢」の文字。



やっぱり気になるよね~、私としては(笑)

庭も綺麗だった。



いろんな人が「何これ」と言った地面の模様も面白い。



水辺の木々も美しい。



たっぷりとマイナスイオンを吸い込んで、癒やされて参りました。



観光客も少なかったので、ゆったりとした時間を過ごせた。
こういう静かなところもいいね~。
外国の方もいたけど、彼らも静かに身を委ねているという感じで雰囲気も良かった。



こういうのも、時代を感じさせない不思議な感覚になった。

高台寺への道中、通りすがりに見かけたスターバックスの看板。



さすが京都、という感じ。
コンビニや牛丼チェーンなども色が微妙に違っていて面白かった。
コメント

京都旅行~清水寺編~

2019年11月15日 | 旅行
京都に着いて、まずはホテルへ荷物を預けに向かった。
チェックイン時間まであと30分と言われたが、部屋に入ったら絶対に出たくなくなることが分かりきっていたので、
チェックインは後ほど、ということにして荷物を預かって貰って出発。

京都駅からバスに揺られること十数分。
目的のバス停で多数の乗客が降車。
人の流れに乗りながら一緒に歩く歩く歩く。
「こっちの方が近いよ」という看板に騙されて(?)入った道、間違いじゃないんだけど、思っていた道とは違った。
でも、「ちゃわん坂」という名前の通り、たくさんの器を扱う店が多く、楽しめた。
器を眺めながら歩いて行くと、ようやく目的地到着。


人、人、人だらけ。正面から山門を撮りたくても無理!という状態。
ここでいいや…。


外国からの団体客が多く、添乗員の持つ鯉のぼりに思わず顔がほころんだ。



この人は添乗員さんじゃないようだけど、この後、いろんな場所で鯉のぼりを見かけた。
鯉のぼりの季節は半年ほど前に終わっているけど、「THE NIPPON」って感じでいいね。


清水の舞台付近から見た木々。やっぱり紅葉にはちょっと早かったなぁ。
舞台自体も工事中だったし、ちょっと残念。


それでも舞台の端の方は行けたので行ってみた。
真ん中付近に見えるのが、音羽の滝。
高所恐怖症の方、写真だったら大丈夫でしょうか…?
ダメだったらごめんなさい。


反対側を見ると、色づいている木もあり、まさに今の時期だからこその風景が見られて嬉しい。


音羽の滝まで下りてきたけど、行列が凄すぎて滝の水をどうこうする、というのは断念。
でも見ているだけで癒やされた。やっぱり水っていいね。



工事中の清水の舞台の骨組み。
これも今しか見られないもの…だよね?貴重なものを見せて貰えた。

さて、清水寺では撮影禁止エリアでお参りもしてきた。
大きなお鈴をならして、拝む。
外国、特に東南アジア系と見られる方々の、独特のお参り方法には驚かされた。
テレビ等では見ていたけど、生で見たのは初めて。
あそこまで拝まれたら、宗派が違っても仏様も本望でしょう。

着物を着ている人も、日本人外国人問わず多かった。
「ちゃわん坂」を歩いている時、ヨーロッパ系と見られる紳士が、着物姿の3人の女性を撮影していた。
隠し撮りなどではなく、ちゃんと許可を得ての撮影。
きっと他の人の着物よりも、いいものだ、似合っている、素敵だと思ったのだろうな。
撮影されていた子たちも喜んでいたので微笑ましかった。

最終日にさらに微笑ましい場面に出くわすことになるとは、このときは夢にも思っていなかった。
伏見稲荷編をお待ちあれ。
コメント

京都旅行~出発編~

2019年11月14日 | 旅行
熊本駅に入ってあれ?と思った。
鎮座していたくまモンがいない。撤去されたのか?とちょっと寂しく思っていたら…。
改札内にいた。


たしかに、邪魔といえば邪魔。
邪魔にならないところに移動させられていた模様。
大阪のイベントで作られたというこのオブジェ。
今も健在です。


乗った新幹線。
ミッキーマウスのラッピング列車。
なかなか可愛いぞ。


車内もミッキー。
座席に座っちゃえば、もうミッキーが目に入ることはないんだけどね。

博多でのぞみに乗り換え、関門トンネルも抜け、山口県も通過すると…。


懐かしの広島!!


どこがどこだかさっぱり分からないけど、とりあえず、車窓を撮りまくった。


本当は、駅のホームも撮ってみたかったのだが、私たちが座っていたのはD、E。
ホームはA側だった。

岡山駅を出発したら、私たちもだけど周りの人もガサゴソガサゴソ。
お昼ご飯タイム~~!!


熊本駅で買っておいた弁当。
駅弁ではない…はず。
「弁当のヒライ」で買った。見た目にやられた~。


くまモンの包み紙に入っているのがおにぎり。
おかか、昆布、鮭の3種の具が入っている。
野菜がない以外は、いきなり団子というデザートまで入っていて大満足。
「本家」のサラダちくわも食べられて、こちらも満足。

ちょっと食べ過ぎたかな?とも思ったが…。
この日の行程で15000歩以上歩き回ったので、十分なエネルギー補給になった。
コメント

無事帰還!!

2019年11月13日 | 旅行
昨夜のうちに更新しようと思ったけど、そんな元気もなく、翌日になって昨日の日付でインチキ更新(笑)

伏見稲荷、京都タワー、東本願寺、西本願寺へ行って無事帰宅しました。

え~、大変なことをやらかしかけて、最後の最後にドタバタ劇を演じてしまった…。
新幹線の時間を20分ほど勘違い!!
改札を入って、電光掲示板を見て「アレ?」と思ったので、きっぷを確認したら…。

乗る新幹線、あと3分じゃないかい!!

この時点で気づけて良かった~。
幸いというか京都なので、ホームに上がったのと同時に新幹線到着。
エスカレーターで上がった場所も、8号車付近。私たちが乗るのは7号車。
比較的近かったので、乗り込むのには余裕があって助かった。

とりあえずは乗り逃さなくて良かった。
もっと確認を徹底しておけば良かった…。
コメント

歩いた~!

2019年11月12日 | 旅行


昨日行った清水寺。
他に、高台寺等にも行った。

今日は、二条城、京都御所、平安神宮へ。
いやー、歩いた歩いた!
さすがに疲れて、二条城から平安神宮へは、タクシーを使ってしまった。
バスだったら、値段は3分の1で済むけど、時間は数倍だから、時間を買ったのさ!と言い聞かせている(笑)



平安神宮の庭園で見かけた紅葉。
綺麗でした。
コメント

行ってきます!

2019年11月11日 | 旅行




2体のくまモンに見送られて、京都へ行ってきます!
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第33話

2019年11月10日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
ナダがまさかここで退場とは…。
コウにソウルとして託す。
展開としては納得するんだけど、なんか寂しいな。
ビデオレターのように一時的な退場なら良かったのに。
結局、ナダとバンバの因縁?は謎のままか。

いよいよドルイドンにも幹部登場?
意表をついて女性?いや、声が女性なだけで、中身は男性というのもあり得るな。
どちらなのか楽しみにしておこう。

レッドのパワーアップした姿、メタルヒーローを彷彿とさせるなあ。
経緯が経緯なだけに、あの姿になれるのはコウだけかな。
ちょっとゴツすぎる気がするけど、そのうち慣れるかな?
コメント (2)

旅行前のアレコレ…。

2019年11月09日 | 日々のあれこれ
明後日からの旅行、準備はほぼ終わった。
あとは当日にならないと入れられないような荷物を詰め込むだけ、のはず。

昨日は私が持っているnanaco、suica、母のペイペイに入金作業。
セブンイレブンのATMを独占する形になるので、一度終わるたびに後ろを振り返って誰もいないことを確認。
失敗だったのが、ペイペイへのチャージ。
操作ミスなのか、おつりが出ないのか、よく分からないが、言われていた金額の倍入ってしまった…。
母にも「多すぎる…」と言われるし。
私の携帯にもペイペイアプリをインストールして、母から私に送る形で分散させた。

現金でしか払えないところに備えて現金も下ろさないと…となったところで、
「明日って、銀行は手数料取られるのかね?」
と母が言い出した。
はい、即調べましたとも。
「土日祝、引き出しは110円!!今日も18時以降110円!」
その時点で16時過ぎ。
はい、急いで銀行へ走りましたさ。
土日祝も平日と同じ時間帯だけでいいから、手数料なしにしてくれたらいいのに。

あとは、当日、予約してある新幹線のきっぷを発券して、母用にSUGOCAを買って、
車内で食べるお昼を買って…。
結構慌ただしいぞ。

色々準備も大変だけど、そういう時間もまた楽しい。
出発まであと2日!!
コメント

球磨モン…?

2019年11月08日 | 日々のあれこれ
スーパーで可愛い牛乳発見。


くまモ~ン!!
なになに…?

「球磨の恵み」…。「くまのめぐみ」。
なるほど、「球磨(くま)」と「くま(モン)」を掛けてあるのね。
この日買おうと思っていた別の牛乳と値段が同じだったので、こちらをチョイス。
よーく見ると、あと2面に別の図柄のくまモンがいた。



あと1つの面は、牛乳の成分表や販売者などの情報が記載されていた。
恥ずかしながら、人吉・球磨地域で牛乳が生産されていることを知らなかった。
牛乳=阿蘇方面という思い込みがなせるワザ。

毎回というわけにはいかないだろうけど、せめて交互ぐらいにはこれからも買っていこうかな。
コメント