Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第15話

2019年06月30日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
カナロの妹登場。
123歳で子どもか、大人かで言い合うところを見ると、人間だと12歳〜15歳くらい?
コウが200歳と言っていたから、単純に10で割ればいいのかもしれないが(笑)

水のリュウソウ族と陸のリュウソウ族との間に何があったのか。
これが今後の焦点になるのかな。

磁石の作用によって弾き飛ばされるって、近年よく見かけるなぁ。
中にはくっついちゃう人たちもいたけど。
北海道、沖縄、鳥取、京都。
鳥取はトワ役の小原さんがお隣の島根県出身だからかな?

それにしても、皆さん人間界とは隔絶されたところにいた割には日本のことよくご存知で。
それなりに学んでいたんだろうな。
コメント (2)

ここまで変わるか

2019年06月29日 | 日々のあれこれ
左足裏の手術から間もなく2週間。
右足を軸にして歩くようにしてから2週間でもある。
左足首が痛いので、私側からではなく外から見て貰おうと母に見て貰った。
「別にどうもなってないよ」
との言葉の後、
「それよりふくらはぎの大きさが全然違う」
と言う。

へ?

自分の目から見ると大して変わらないように見えるんだけど…。
ということで写真を撮って貰った。
た、たしかに…。
細くなっている…。
(神経線維腫も多いなぁ_| ̄|○
ぷくっとふくれているものは、すべて神経線維腫。)

抜糸が終わって左足も通常通り歩けるようになったら、すぐに元に戻るんだろうけど。
抜糸まであと一週間。
早くこの不自由な生活から抜け出したい。

コメント

そこまでするか…。

2019年06月28日 | 日々のあれこれ
最近、よく目にするニュースが
「生理中でもプールに入れと強要された」
「生理中のプール見学は校庭○周(数字は色々)」
「生理の日数を申告する」
という、女子に対するいじめとも取れる数々の出来事。

「昔からそうだ」という人もいるようだけど、少なくとも私の時はそんなことはなかった。
女性の先生に「何日目?」と聞かれたことはあった。
でもこれは、先生から事前に
「前に数ヶ月生理が続いている子がいたから、同じようなことが起きないように確認させて」
と言われていたので、特に不快感はなかった。
1日目だろうが、7日目だろうがちゃんと見学させてもらえた。
「罰」とも受け取れるような扱いは一切なし。

生理中って40過ぎても結構キツいし、身体もだるい。
成長期の子どもたちに、生理中の激しい運動をさせるのはいかがなものかと思ってしまう。
生理周期管理アプリとかで見ても、生理開始から数日は「なるべく安静に」と言われるよ。

もし生理の日数の確認が本当に必要なのなら、それは「生徒の身体の管理」に止めておいて欲しい。
いつが量が多いのか、それも個人差。
年齢によって変動もする。
もう少し先生たちも、女の子の身体について真剣に勉強してもらいたいな。
コメント

ようやく梅雨入り

2019年06月27日 | 時事・ニュース
このまま梅雨は素通りして夏になってしまうんじゃないか、と思っていたが、ようやく昨日梅雨入り。
平年より3週間ほど遅い。=統計を取り始めて以降最遅。
「大雨に注意」と言われているから、色々と心配はあるけど、とりあえずちゃんと梅雨に入ったということで一安心かな。
「強い雨(1時間あたり20ミリ以上)」と「激しい雨(同40ミリ以上)」の
注意喚起速報は来たけど、それ以上のものはまだ来ていない。
今までが少雨だったから、多少の大雨は仕方ないと思うが、被害が出ない程度に降って欲しい…なんて虫のいい願いだな。

梅雨入り宣言直前に、市内中心地で火災発生。
現在建設中の大型商業施設で(外観はほぼ完成)。
どうなるかと思ったが、テラス部分を一部焼いただけで鎮火したとのこと。
開業時期にも影響はなさそうとのことで、そちらも一安心。
6階部分とはいえ、外だったのは不幸中の幸いかな。
内部だったら、もっと大変なことになっていただろうから…。

昨日の県内ニュースの順番(NHK)。
昼(12時15分)、「クマロク!」(18時10分)、火災がトップニュース、梅雨入りが2番目。
夜(20時45分)、梅雨入りがトップニュース、火災は3番手ぐらい。
わずか2時間ほどの間で順番が入れ替わるとは…。驚いた。


コメント

掛けてる地域を把握しろよ

2019年06月26日 | 日々のあれこれ
1ヶ月ほど前だったか、家の電話が鳴った。
市外局番から判断すると、福岡。
とりあえず出てみた。
そうしたら、
「リフォーム云々…」
「内覧会をしてもらえると、安く出来る云々…」
とべらべら喋りまくり、こちらのつけいる隙が全くない。
相手がやっと一息ついたところで
「必要ありません」
と言ったところ、たたみかけるように上記の内容をもう一度繰り返す。
電話に出たことを後悔。

「リフォームしたばかりなので、必要ありません」
と「リフォームしたばかり」を強調して、語気を強めてみた。
「え?したばかり?」
とキョトンとした様子だったので、
「はい。地震の後に」
とこれまた「地震の後」を強調したら。

「あー…」
ともごもご言いながら切れた。
おいっ!!
あんたの掛けてる地域、多くが震度6を二度食らっているんですけど!?
3年も経てば、それなりに修理しているところが多いよ。
修理出来ないところも、行政の対応待ちというところもあるし。
ハッキリ言って、営業電話掛ける地域を間違えているとしか思えない。

二度と掛けてくるな!!
コメント

やはり無理だった

2019年06月25日 | 日々のあれこれ
本当なら今日は、3週間前に予約した病院の受診日だった。
手術前はここまで歩くのに不自由するとは思っていなかったので、3週後にしたのだが…。
甘かった。

クロックス系のサンダルはかろうじて履けるが、靴はまだ無理。
家の中は踵なり足の外側なりを使って歩けるが、外はまだ無理。
銀行に行かなきゃいけなくて、出かけたが、銀行では車いすを借りる始末。
車の運転は無理なので親に連れて行って貰った。

こんな状態で受診なんて無理!!
駐車場からも距離があるのに(健康体なら何の問題もない距離)。
ということで、土曜日のうちに病院に電話。
事情を説明して、処方箋だけ受け取れるか、代理人(母)が行っていいか、と確認した。
そうしたら、「お母様にちょっと診察室でお話を聞いてもいいですか」と。
もちろんOK!!
そういうわけで、母に代わりに受診して貰うことになった。
次回予約も3週後にして貰える…はず。
事情が事情だから大丈夫だと思う。

3週前の私の見通しの甘さにほとほと呆れ果てるばかり。
次は大丈夫だと思いたい!だから、お医者さんの指示には従う!!
コメント

入院中のことと入院費

2019年06月24日 | 日々のあれこれ
今日で手術から1週間。
だいぶ痛みも和らいできた。
抜糸予定まではまだまだあるけど、この様子だと予定通りに抜糸出来るかな?
出来るといいな~。
湯船につかれないので、疲れが取れないし、シャワーだけなので十分に温まれず風邪気味。

さて、今回の手術に当たって実に27年ぶりに入院したわけだけど。
いやー、ヒマだった。
テレビ見るのもいいけど、30分で50円もかかるので、そちらが気になって内容が入ってこない。
冷蔵庫用(24時間100円)にテレビカードを買っていたから、見ても良かったんだけど、全然見る気が起きず。
持参していた文庫本を読みあさった。
1日で2冊とちょっと。退院するときには、持参した5冊のうち4冊は読み終わっていた。
あまりにも消費量(笑)が早くて、少しペースを抑えたのもあるけど、
その気になれば、5冊全部読めたと思う。

Wi-Fiの使用を申告しなかったのもあって、ネットを見るのもモバイル通信だから、ほとんどネットも見なかったし。

でもあんなにのんびり出来たのは、入院したおかげかなぁ。
トイレや洗面が病院ではやりにくかったので、さっさと退院させてもらったけど、
そのあたりがクリアしていれば、もう一泊してたかもしれない。
「もう一泊していたら、入院費がどうなっていたか」
と母は震えているが、いや、食費分が上がるだけだから1000円弱くらいアップする程度じゃないかな。
特定疾患医療受給者証のおかげで、食費を除く医療費の自己負担は、月上限の2500円で打ち切りだし。
食費には特定疾患医療受給者証は使えないので、食費(2日分3食)の630円は自己負担。
本来なら、3割負担で4万超えを払わなきゃいけないところが3130円で済んだ。
ありがたや。

今になってつくづく思う。
入院直前に特定疾患医療受給者証の更新手続きに行っておいて良かった!
この様子だと、行っていなかったら、期限までに間に合うだろうかとヤキモキしていただろうな。
全体的に見通しが甘かった点が多いのだが、コレに関しては大正解だった。
コメント

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第14話

2019年06月23日 | 騎士竜戦隊リュウソウジャー
新戦士登場。ついでに敵方にも新幹部登場。
騎士と銃があまり結びつかないんだけど、これは私のイメージの所為かな。

次々に出会う女性を口説く、しかもそれが結婚のためとは、随分思い切った設定を作ったなという印象。
登場時のカナロの印象としては、良くもなく悪くもなくってところかな。
水(しかも海)の戦士ということで、私の好きになるキャラクター要素は高いんだけど(笑)

ドルイドンの新幹部も、なかなか手強そう。
「なぜその必要がある?」って、かなりのダメージだよなぁ。
初めてクレオンに同情した。
ついでにマイナソーの同時大量発生も難しいということも判明。
とは言っても、500体は無理でも10体くらいならいけそうだな…。

あとどのくらいでカナロがコウたちを認めるのか。
そのあたりが気になるな。
あっさり行きそうな感じもするが。
コメント (2)

医療関係者がいて良かった

2019年06月22日 | 日々のあれこれ
手術を終えて病室に帰った直後、従妹が病室にやって来た。
「よっ!」
という声に顔を上げると従妹の姿。
彼女の勤務先に入院するわけだから、
「何かあったら(ない確率99%だけど)よろしく」
と言っていたので、来てみたらしい。
15分ほど話して彼女は帰っていった。
病室に顔を出したのは、私の退院が翌日だったのもあってそのときだけだった。

一昨日の夜、傷口付近が内出血のように黒ずんでいるのに気付いた。
「何コレ?」
傷口そのものは綺麗なんだけど、周りが妙に黒い。
朝になって従妹から「その後どう?」というLINEが入ったので、LINEでこの状態を聞いてみた。
返事が来たのは夕方だったが、「心配いらない」という返事にほっとした。
個人差はあるんだろうけど、縫合した患者は多くがなるらしい。
「どんどん広がっていって、そして治る」
という返信が凄くありがたかったのは、その日の夜。
従妹の言うとおり、さらに黒ずんでいる範囲が広がっていたのだ。
彼女が言ってくれなかったら、今日、どこかの病院に駆け込んでいたかも。

一番いいのは、執刀した先生方(大学なので、執刀医以外に何人か関わっている)が
「こうなることがあるけど、放置でいいですよ」とでも説明してくれることなんだけど、
きっと医療関係者にとっては常識だろうから、忘れるんだろうね。
でも、身近に看護師がいてよかった。

クロックス系のサンダルでも履けるようになる日はいつだろう…?
コメント

美味しかった

2019年06月21日 | 病院受診
手術痕、まだ痛い。
昨日、「カニ歩き(=横向きに歩く)」だとさほど負担がない、ということに気づいた。
もっと早く気づきたかった…。
でも、こういうのもタイミングなんだろうな。

さて、入院中の食事。
よく病院の食事はまずい、とか聞くからどうなんだろうと思っていた。
何しろ前回の入院経験が高校生のときだから余計に。

手術直前の昼食は絶食のためなし。
手術直後の夕食から。
なんか、家で食べるものより豪華なんですけど(笑)
デザートとしてついてきた果物が苦手だったので食べられなかったけど、他は完食。
味が薄いとかも感じなかった。むしろちょっと濃い?
主菜にしっかり味がついていたので、副菜が薄味でも全然気にならなかったし、
逆に薄味の方が美味しく感じられた。

翌日朝食。
やっぱり家で食べるものより豪華。
朝から焼きナスとか、家では食べないよ~。
ご飯の量が、私には多すぎるくらいだったのだが、病院にいるときぐらいはしっかり食べようと思って完食。
…、牛乳200mlのパックは完飲できなかったけど(半分は飲んだけど)。

最後の昼食。
焼き魚に煮物にとこれまた豪華。
味も私には十分な程度だったので、これまた完食。
朝が多すぎなくらいだったので、完食できるか不安だったが、
よくしたもので、ご飯が運ばれてくる頃にはお腹がすいていた。

内臓系の病気じゃないから、アレルギー以外の対策は何もなしというのもあると思う。
食事が美味しく食べられるというのは、いいストレス発散にもなる。
余計なストレスを抱え込まずに済むから助かった。
ほかの病院がどうなのかは分からないが、個人的には大学病院の食事は満足。
入院自体は懲り懲りだけど、食事に関しては「懲り懲り」とまでは思わないな。
コメント

車椅子初体験

2019年06月20日 | 病院受診
今回の入院で、車椅子に初めて乗った。
感想は「怖い!」だった。
特にエレベーター。
入院していた病棟は10階。
そこから手術が行われる2階まで降りたのだが、なんだか気持ち悪く感じた。
車椅子+エレベーターで酔うような感じ。
慣れていないからかもしれないが、上りの時も同じように感じた。

なぜ車椅子になったか?
手術箇所が左足の裏(地面に接するところ)だったから。
手術に向かうときは別に歩いても良かったんだけど、帰りが車椅子確定だったし、
病院の決まりごとでもあったみたい。

今回車椅子の体験が出来たのは貴重な経験になったと思う。
同時に、過去に車椅子を押した方々に対して、あまり気を使えなかったことを反省もした。
今後、車椅子を押すことがあるならば、そういう点に気を使って行けたらいいなと思う。

相変わらず歩くのが不自由すぎて、ついに「ハイハイ」にまで退化(笑)
意外と楽。
膝小僧は痛いけど。
とにかく、「傷口ぱっかん」だけは避けなきゃいけないので、もうしばらくこのような生活が続くのだろうな。
あー不便。
コメント

退院!!

2019年06月19日 | 日々のあれこれ
月曜日に入院・手術し、火曜日に退院!
1泊2日。
ご心配おかけしましたが、傷口が痛む以外は至って元気です。

術後は「トイレに行く以外は安静に」と言われていたので、その点は入院した甲斐があったのかな、と。

手術は、麻酔が効きにくい部位なのか、やたらと麻酔を追加してもらった。
その麻酔の注射もメチャクチャ痛くて、身体全体に力が入ってしまう。
時々麻酔の効いていないエリアに差し掛かると、
「痛い」と言う前に身体がビクン!と反応して、慌てて先生が麻酔追加、という場面もちらほら。
うつぶせだったので、何をしているのかは分からないから、ちょっと恐怖もあった。

術前の血圧130台、術後の血圧140台、病室に帰ってからの血圧150台と普段からはあり得ない数字を連続して叩き出してしまった。
夜の血圧測定では120台に落ち着いていたので、やはり手術前後のストレス等が原因だったのかな。
看護師さん・医師の皆さんも全く問題視していなかったので、血圧に関して不安はなかったけど。
平常時の血圧が大体120代前半なので、手術翌日の血圧も同じくらいだったのは安心した。

もう1泊してもいいよ、と言われたのだけど、さすがにやることのない病院に2泊もするのは辛いので、
2日目に退院させてもらうことにした。
歩きづらいとか、色々制約はあるけれど、家に帰れてほっとした。
何かと不自由な生活がしばらく続くと思うが、甘えられる人間がそばにいるので、甘えられるところは甘えようと思う。
コメント

帰宅早々に

2019年06月19日 | 時事・ニュース
新潟で震度6強、15人重軽傷土砂災害や液状化も

昨日の夕方退院し、さぁそろそろ寝るか!と思った矢先、携帯から鳴り響くY!防災速報のアラーム音。
他にも複数の通知音が聞こえたので、携帯を見たら、この地震の速報だった。

夜に揺れるのって辛いよなぁ…と思いながら寝た。

ところで、こういう大きな地震の後、気象庁が会見で「余震」という言葉を使わなくなったの、皆さんはお気づきでしょうか。
3年前の熊本地震の教訓が活かされているなと、思っています。

昨夜地震に遭われた皆様、今後も油断することなく「次」の地震に備えてください。
「次」がないことが一番ですし、それを祈っていますが、熊本では28時間後に「次」が来ました。
1週間も気を張っていられないとは思いますが、心のどこかに「次」への備えを持っておいて下さい。
人的被害を少しでも減らせますように。

コメント

危ない危ない

2019年06月16日 | 日々のあれこれ
先日、携帯電話にこんなメッセージが届いた。



「荷物」か。
身に覚えはある。
瞬間的にクリックしそうになって、はた、と気付いた。

あんた、誰?

仮に不在だとしても、携帯にその旨が届くようなサービスは申し込んでいない。
それに、注文はすべて家の固定電話を指定しているので、私の携帯にその連絡が来るはずがない。

そもそも、「不在でした」通知が携帯に来るとしても、運送会社の名前くらい書くでしょ。

出先で受信したものだから、ちょっと慌てた…というのもあるかな。
もちろん、一度の配達で受け取れるに越したことはないんだけど、たまの不在とかち合うのは仕方ないかなぁ…。

皆さんもどうぞお気を付けて。
コメント (2)

入院準備って大変

2019年06月15日 | 日々のあれこれ
明後日からの入院に備えてもう2週間ほど前から準備している。
旅行のときは2日前から準備するので、のほほんとしていたら、親から発破掛けられた。

病院で入院する患者さんの荷物を持って、「大量だなぁ」と思っていたが、いざ自分がそうなるとは…。
いつも旅行に行くときと同じスーツケースを使用するんだけど、すでにパンパン。
旅行に行くときには必要ないものも入れているというのもあるが、凄い。

旅行の際に持って行かないのに、今回持っていくもの。
・洗面器
・シャンプー類
・歯ブラシ、歯磨き粉
・バスタオル2枚
・上靴(スニーカー指定)
・ボックスティッシュ

歯ブラシやシャンプー類はともかく、かさばるものばっかり。
病院から指定されているから仕方ないのだけど、使うのか?というのもあってちょっと困惑。
家でも使えるものを用意したので、無駄にはならない…はず。

入院自体はいいんだけど、手術に関して今からドキドキ。
術後歩けるのか?どこまで行動出来るのか?とか。
そのあたりのことも考慮して、昨日のうちに特定疾患医療受給者証の更新手続きを市役所でしてきて良かった。

最後の書類とかの準備もあるし、もう少し気合い入れよう。
コメント