Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

また出来なかった

2018年11月30日 | 日々のあれこれ
昨日はまた更新出来なかった…。
年だな、うん。

大学病院受診自体は、別に特筆するようなこともなかったからいいとして。

皮膚科の受診だったから、自分で運転して行ったんだけど、駐車場に入るときに、警備員さんから聞かれた。
「立体でも大丈夫ですか?」
「はい」
と答えた後で、聞かれた言葉の意味を考えた。
ん?大丈夫?ってどういうこと?
立体駐車場の方へ入ってから、意味に気づいた。

実はこの立体駐車場、エレベーターがない。
上に行けば行くほど(と言っても、高さとしては3階分くらい)階段で降りることになる。
それで「階段で降りるのは大丈夫か」という意味だったんだね~。
病院の駐車場の階段なので、他の駐車場みたいに急なものではないから全く問題なし。
というより、私のような人間が立体に駐めることで、階段が使えない、使えるけど辛い人が平面に置けるようにしないとね。
寒くなってきたせいか、立体がガラガラだったのも驚きだったけど。

帰りに駐車券を無料にしてもらう機械に通すときのこと。
駐車券が途中までしか入らない。
「あれ?コレって途中までだったっけ?」
と思いつつ、診察券をスライド。
そうしたら、自分の駐車券がポン!と飛び出してきて、その後、もう一枚の駐車券が排出された。
そこへ、その駐車券の本来の持ち主が戻ってきた。
どうやら係の人を呼びに行っていたみたい。
その人の駐車券を私の診察券で処理しちゃった…。
それはいいんだけど、私のはどうなる?と焦った。
幸い、私自身のもちゃんと処理出来たので助かった。
お願い、係の人。
分からない人も多いから、常にそこにいて~~~!!
午前中だけでもいてくれると助かるんだけどな…。
コメント

生活スタイルの違いは大変

2018年11月28日 | 日々のあれこれ
先週、母が中学時代のお友達と会いに行ってきた。
たまたま2人が熊本に帰省してくるということで、3人でスケジュールを合わせていた。
叔母の手術が飛び込んでくるかも…とヒヤヒヤだったが、幸い、その前に退院完了。
うきうきと母は出かけていった。

帰ってきた母は…。
なぜかヘロヘロ。
曰く「おなかすいた~…」
「ご飯食べに行ったんじゃないの?」
と聞いたら、食べていない、と。
なんで?と思ったら。

お友達2人とも「お昼、いらな~い♪」という人だったらしい。
朝ご飯を食べ過ぎた、らしい。
「朝ご飯を食べないらしくてさ、そこにホテルで朝ご飯をガッツリ食べているから、入らないって…」
と力なく話す母。
しかも入った店はケーキ屋さん…。
どこか移動すればいいのに、とも思ったが、お友達がそんなそぶりは見せなかったそうで、結局、
軽くお菓子はつまんだものの(ケーキを食べる気はしなかったらしい)、コーヒーだけで過ごしてきたという。

うちは、朝も昼も夜もきちんと食べる家庭だから(昼が重ければ夜は軽くだけど)、母には相当堪えたようだ。
その日の夕食は、普通にご飯、味噌汁、主菜、副菜という献立だったが、
「ああ~、やっぱりご飯はおいしー」
という母の感想に吹き出した。
そりゃぁね、ご飯食べに行くつもりで出て行ったのに、食べられなかったんじゃねぇ。
何で「ご飯食べたい」と言えなかったのかは、私には謎だが、新幹線や飛行機の距離のお友達に気を遣ったのだろう。
次に会うときは、ご飯食べられるといいね。
コメント

たまにある日

2018年11月27日 | 日々のあれこれ
昨日は、たまにある撃沈の日だった。
頭痛はひどいわ、グラグラとするわ、吐き気もするわ…。

こうなったら横になっているしか術はなし。
まぁ、今日になったら完全復活!とまではいかないが、頭痛と吐き気は止まったからいいか。
グラグラする感じはまだ残っているけど、これは上手に付き合っていくしかないかな。

乳がん検診を受けた病院からのお手紙(大学病院からの手紙に対する返事)を持って、
改めて大学病院を受診するのが29日。
どういうことが書かれているのか分からないが、相談したいこともあるし、しっかり相談してこよう。
2年以上経過したし、頭のMRIも必要だろうなぁ…。
コメント

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー#41

2018年11月25日 | 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
つかさと透真という、なかなか珍しいコンビ。
そっか、つかさの中では、透真は咲也と同じような「女性と見れば口説く」奴だったんだ(笑)
あれはギャングラーによる濡れ衣なんだけどなあ。
正体を明かせない以上、汚名もそのままの状態か。
お気の毒…。

ギャングラーの世界で透真を守るつかさはカッコよかった。
守られる透真というのも、意外性があって良かった。
透真に彼女がいなかったら、いいカップルになりそうだけどなぁ。残念。

ところで、デストラさん、そろそろ退場なのかな?
彼もまた、コレクション持っていなかったし、ルパンコレクションも奪還し終わるころかな?

そして、唐突に情報解禁になって驚いた、「ルパパトVSキュウレンジャー」。
総勢19人だそうで。もう一人いたら、4戦隊作れるな。
コメント (4)

とりあえずは落ち着いている

2018年11月24日 | 日々のあれこれ
昨日の記事に関連して。

あの後、DVDを何話か見た。
正常に電源は落とせたので、やはり一時的にフリーズしたままになっていたのだろう。
ただ、録画を行っていないので、そちらからの原因でないことを探らないと…。
そういえば、ハードディスクの再生も数秒しかしていないな。
あまり根本的な解決はしていない気がしてきた。

ま、大丈夫だと思うけどね…。

もうしばらく今の状態で行きたいな。
コメント

まさかと思いたいが

2018年11月23日 | 日々のあれこれ
今年の夏、約1ヶ月にわたって修理に出していたDVDデッキ。

まさか壊れるとはPart3
修理したのに(泣)
よほど重症?
三度目の正直なるか

また似たような症状が出た。
電源が切れない、という、最初の症状と同じもの。
昨晩、母が録画予約をした後に電源を切ろうとしたけど、切れなかった。
今朝になっても(つまり約8時間放置)、切れていなかった。
リセットボタンを押して電源を強制的に落とし、もう一度電源オン。
そして電源オフ。
今度は上手く切れてくれた。

でも、前に同じようなことがあったときは、録画なり再生なりした後…だったんだよな。
それはまだ試していない。
午後から試してみようかとも思っているが、なんかイヤな予感。
一時的に機械が混乱してフリーズしていた、だけならいいんだけどね。

もし今度も同じ症状が出てきたら…。
母は「買い換え!」と言っている。
ただ、前の修理から3ヶ月くらいしか経っていない。
せっかく修理したのに、無駄に終わった…なんて結果はイヤだな。


コメント

飛び出しは危ない!

2018年11月22日 | 日々のあれこれ
先日、夕方に犬の散歩をしていたときのこと。
住宅街の変速十字路で、小学生の自転車が自動車とぶつかりかけた。
一瞬息をのんだが、ぶつかったような音は聞こえなかったし、自転車もそのまま走り去ったので、無事だったのだろう。
ぶつかりかけた車もそのまま去ったし。

自転車側が、フラフラと飛び出したのは見ていた。
一瞬しか顔を見ていなかったが、たぶん、あそこの姉弟だな…、という程度に分かる子だった。
その子たちだとすれば、6年生と4年生。
うん、一時停止とか無視しがちな年齢になってきているよねぇ。

今回は幸いにも、車の側がどこか探していたのか、最徐行状態で走行していたから、ぶつからずに済んだけど、
これ、制限速度の30キロ近く出ていたら、確実にぶつかっていたよ…。
危なすぎる。
一応、道路状況を解説しておくと、車の側には一時停止はなく、自転車側の道路に一時停止に標識がある。
信号機のない横断歩道なので、車の側にも停止線はあるが…。

人の振り見て我が振り直せ。
やはりあそこを車で通るときは、「自転車の飛び出し」に最も気を配らねば…。
事故だけは起こしたくない。
小学校の時に、やはり同じように一時停止せずに飛び出して、はねられた経験ありなので、危険性は重々承知しているのだが、
通り慣れているというのもあって、ちょっと油断がある感じもしているので、今一度気を引き締めねば。
コメント

勝手に命名「四十路ーず」

2018年11月21日 | 日々のあれこれ
叔母は退院したものの、まだ普段通りの生活、というわけにもいかない模様。
例年通り、正月の集まりができないらしい。
それはそれでいいのだが、叔母なりに気がかりなことがあるらしく、
「どこか温泉にでも行こうか」
という話が湧いて出てきたらしい。
母から聞いたときの私の反応。
「勝手に行けば?私は嫌」

持病のせいで大浴場に抵抗がある。
貸切状態ならば全く問題ないのだが、やはり他人の目というのは気になる。
「家族風呂があるところらしいよ」
という話を聞いて、少しは気持ちはぐらついた。

「(従妹)ちゃんたちは行けないみたいだけどね~。
5歳児ちゃんがまだ温泉は無理みたい」
というトドメの一言で、やっぱり私も嫌だ!となった。

「『四十路ーず』が誰もいないのなら、嫌!」
勝手に作った「四十路ーず」という言葉、母は爆笑。
ちなみに、従妹の旦那(42)、私(41)、従妹(40)を総称したものなんだけど、すぐに分かってくれた。
母と二人ならともかく、前期高齢者3人に私、なんて組み合わせは嫌だよ~。

結局のところ、今からじゃ温泉宿なんて取れるはずもなく、温泉旅行は流れたんだけど。
旅行は流れたものの、正月の集まりに変わる何かを模索している模様。
どうなるのかは分からないが、全員が行けるようなところにしてほしいな。
ついでに、我が家の犬が健康面から預けるのが厳しいので、短時間で終わるようなところがいいな。
コメント

ショック…

2018年11月20日 | 時事・ニュース
頭部付近死球で高2球児死亡 外傷性くも膜下出血 21世紀枠候補の熊本西

昨日の県内のニュースでは、トップ扱いだったんだけど、
全国では、夕方になって飛び込んできたあのニュースで吹っ飛んでいた。
母の千葉在住の同級生も知っていた、というのには驚いた。
まあ、ニュースにはならなくとも、新聞には掲載されたのだろう。

西高は、私が卒業した中学校からの進学者が多い高校。
私は違う高校に行ったが、それなりに身近に感じる学校。
そういう学校でこうした事故が起きるというのがショックだった。

西高の生徒さんはもちろんのこと、対戦相手だった高校の皆さん、
特に直接の原因になってしまった生徒さんのケアをしっかりしてあげてほしい。
そして、同様の事故が今後起きないよう、しっかり対策を検討してほしい。
コメント

過去最低かぁ。

2018年11月19日 | 時事・ニュース
熊本市長、大西氏が再選 投票率は過去最低

市長選挙の結果は予想通り。
結果が見えているから、投票率が低かったのかな?
それにしても、31%って低すぎでしょ。

絶対に100%になることはないし、そうなったら怖い。
でも、せめて50%ぐらいは行って欲しいなぁ。
熊本の、市長選挙や県知事選挙は、立候補者の名前を書くのではなく、名前の上の空欄に「○」のスタンプを押す方式。
そんなに面倒なことはないんだけどな。

昨日は叔母の退院もあったので、母と二人、まず選挙に行って、それから母だけが叔母を迎えに行った。
位置関係としては、
我が家→投票所→病院
という感じ。

ま、投票所の様子を見ていれば、自ずと投票率に低さも予想出来た。
30%を切らなかっただけマシなのかもしれない。
コメント

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー#40

2018年11月18日 | 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
今回のギャングラー怪人、敵の攻撃等をよく研究して…、
ジャシンカの東大生、トゲアリシンカみたい。
相手の悪口が出れば、まんまトゲアリシンカだったな。

魁利のことを心配する透真と初美花。
心配するところがスゴすぎて、笑ってしまう。
なんでキツツキ?とも思ったんだけど、グッドストライカーの見た目か。
たしかに、キツツキに見ようと思えば見える、気がする。

それにしても、パトレンジャーの出番がないのがどうにも不満。
もう少しパトレンジャーの活躍を見たいぞ。
コメント (2)

どういう症状だ?

2018年11月17日 | 日々のあれこれ
スマホで利用しているLINE。
もう数ヶ月ほどになるとは思うけど、通知音が「ピ」で止まるという謎の現象に悩まされている。
いつもではないので、「何なんだ」という感じ。
ライブドアブログの更新通知をLINEで受け取っているのだが、そちらはきちんと「ピコピコ」となってくれる。
(母のが「ピンポン!」、どちらのが鳴ったのかを区別するために、私が「ピコピコ」に変えている)

「ピ」で止まるのは、100%手動で送信されているもの。
「今、鳴ったよね?」と確認すると、大体、母や友人などからメッセージが届いている。
ちゃんと全部鳴るときもあるので、故障とは考えにくいんだよなぁ。
気づかなかったからといって困るようなことはないので、その点はいいんだけど。

少し調べてみたけど、「コレ!」というようなものは見つけられなかったなぁ。
コメント

身分詐称はよくない!

2018年11月16日 | 日々のあれこれ
今日は叔母の手術。
それに先だって、昨日、もう一度簡単な説明が行われた。
叔母の病室(個室)には大きな花束が届いていたそうだ。

イマドキ、病室に生花?
そもそも誰が?

現在、感染症対策もあって、家族以外の面会は全面的に禁止されている。
叔母の場合、独身の一人暮らしなので、別世帯ではあるが姉2人が「家族」として登録してある。
ただ、厳密にチェックが行われるわけではないので、「姉です」と偽って病室に来る人もいるらしい。
そういうのを聞くと、さすがに不快。
赤の他人が入れないのは分かっているから、わざわざ「姉」と偽っているのがねぇ。
あまりにもこういうのが横行すると、身分証の提示を求められるようになるかも。
その方がいいような気もするけどね。
ちなみに、中学生以下の子どもは面会お断り(たとえ家族でも)。

病院の規則は守って欲しい。
患者に不利になるようなことはないだろうけど、印象が悪くなるのも困るし。
ま、今日手術で、明後日には退院だから、もうこんなことはないと願いたい。
コメント

近いけど遠い

2018年11月15日 | 日々のあれこれ
叔母が入院しているのは、我が家から一番近い救急病院。
直線で500メートルくらい。
もちろん、十分歩いて行ける。
でも、大荷物等を運ぶときは車で行かざるを得ない。
これがまた面倒くさい。

徒歩や自転車ならば、どんな道でもスイスイだし、駐輪場も正面玄関近くにある。
でも、車だったら、一部自動車通行不可の道路もあるし、駐車場も少し離れている。
それでも市民病院ほど離れてはいないけど。
そして、駐車料金も掛かる。
診察しようが手術での待機だろうが、数百円。

今朝、母が明日の手術の準備に必要な荷物を聞くために叔母のところへ行った。
ちょうど私も、別件で別の病院を受診することになっていた。
母を病院の玄関前まで送り届けて、私はそのまま別の病院へ。
母の帰りは歩いて帰って貰った。

自転車に乗れない(持っていない)母や叔母にとっては、近くて遠いという感じ。
救急車で搬送されて帰宅するときに、叔母はタクシーを使ったらしいが、さすがにタクシーに申し訳ない距離。
病院から出て来て、服装も髪もボサボサ、すっぴんの人間に長距離を求めるな、とも思うが…。
1000円札を出しておつりは受け取らなかったらしい。
それ以後は、基本的に母が車で送迎している。
入院前に救急車で搬送された時以外は。

明日が叔母の、本来予定されていた手術。
本人はいたって元気なようなので、明日の手術も無事終わりそうな予感。
終わった後はヘロヘロだろうけどね…。
どのくらいの時間が掛かるかは分からないけど、うちの父の時のような時間は掛からないだろう。
ちなみに、基準となっているという父の手術時間、13時間。
これを基準にしちゃいけないというのは分かっているんだけどねぇ…。
やっぱり基準になってしまうんだよねぇ。
コメント

困るよね…

2018年11月14日 | 日々のあれこれ
3週間ほど前に、化粧品を買いに行ったときのこと。

使っている洗顔料が品切れだった。
珍しいなと思ったけど、長年使っているならこんな時もあるかな?という程度の認識だった。
すぐに入荷するだろう、と思っていた。

いよいよ残りが心許なくなってきたので、昨日買いに行った。
ちゃんと入荷していたので、それを持ってカウンターへ。
すると、スタッフの口から驚愕の一言が発せられた。
「やっと、ようやく、2ヶ月ぶりくらいに入荷したんですよ~」
はい!?2ヶ月!?
何があったんだろう?
スタッフが会計しにレジに行っている間、私の頭の中はグルグル…。
そのとき私の頭にあったのは、この夏相次いだ自然災害。
工場が被災して、一時的に生産出来なくなっていた?
その生産できなかった時期の、本来生産されていたものが店頭に並ぶのが今頃?
というようなことだった。

戻ってきたスタッフに
「何かあったんですか?」
と訊ねてみたら、私の予想を遥かに超える答えが返ってきた。
アットコスメというサイトで、取り上げられたのが原因で、
普段使っていなかった人たちが大挙してネットで注文したため、商品が店舗まで回ってこなかった…と。
生産が追いつかなかった、と…。

はぁ~!?何それ!?
購入の時期がそれにぶつからなかった私は幸いだったけど、もろにぶつかった人は悲惨だったらしい。
違う洗顔料を使っていて貰ったけど、見るも無惨なお肌での来店になった、と。
私もそれがあるから怖いんだよ…。
1日くらいならまだ何とかなると思うけど、一週間、一ヶ月となると、肌がボロボロになるだろうなぁ。

なんで、「それしか使えない」という人が使っているものが大々的に取り上げられるかなぁ。
今後、こういうことが起きないことを願うのみ。
今度はクレンジングジェルで似たような事が起きているようだが、私が使っているのはオイルタイプなので、その点は助かった。
コメント