Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

きちんと確認しよう!

2017年02月28日 | 日々のあれこれ
先日、向かいのアパートに「違反ゴミ」が出されていた。
分別されていない、というのと、出せない物がごっちゃに入っていたのだ。
いったいどこの世帯だ?と思いつつ、回収されていないにもかかわらず、持ち帰らないので、
仕方なく我が家で回収し、分別のし直し。

出せない物とは、スマートフォンとデジタルカメラ。
区役所や支所などにある、回収ボックスに入れるようにと、ゴミ出しカレンダーには記載がある。

母が家に持ち帰ったスマートフォンに見覚えがある…。
「これって伯母ちゃんのじゃ?」
母もそういえば…ということで、伯母に突撃。
はい、違反ゴミを出した家庭は特定できました。
間違いなく、伯母の家庭から出た物だった。
ちゃんと確認しろ、と念を押した物の、「そんな時間ない~~」とほざく、もとい仰るのが難点。
少なくともデジタル機器は、普通の埋め立てゴミとは扱いが異なることが多いから、それだけでも確認して欲しい。
時間がない、んじゃなくて、作れ!
うちだって調べるのに1分と掛からなかったぞ。
ゴミ出しカレンダーを見つける時間まで入れても5分は掛からないと思うのだが。

回収されなかったらちゃんと持ち帰って欲しいなぁ。
そして、何が悪いのかを調べないと、いつまで経っても回収して貰えないぞ…。
コメント

やったりやらなかったり。

2017年02月27日 | 日々のあれこれ
今週は、我が家がゴミ置き場の掃除当番。
ずいぶん汚れている。
公園の脇がゴミ置き場なのだが、その公園に植えてある木から落ちた葉っぱもそのまま。
みんなちゃんと掃除しているのだろうか?
収集車が出たら即掃除せよ!なんて無茶なことを言う人もいるんだけど、さすがにそこまで求めるのは無理。
でも、ある程度はちゃんと掃除しないと、ゴミ置き場撤去されちゃうかも…!

4月から3月までの1年に、2回、多くても3回しか回ってこないのだから、ちゃんとやらないとね…。
さすがに雨の日などは状況見ながら無理のない範囲で…となっているが。
今年は我が家は3回あったので、来年度は2回で済むはず。
隣保の世帯数もほとんど変わっていないはずだし…。

現状の、やる人はやるけど、やらない人はちっともやらない、だったら、崩壊してしまいそう。
もう一度ちゃんと話し合うべきなんだろうけどね…。
難しいな。
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.3

2017年02月26日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
サソリオレンジ・スティンガーの仲間入りは持ち越しとなったか。
次回は次回で、ラプター283がメインのようだし、スティンガーの仲間入りはもう少し先になるのかな。

スティンガーの尻尾から放たれる毒と、その説明、よりによって今この時期に…と思わないでもなかったが、
メイン視聴者である子どもには関係ないか、世界情勢なんて。
スティンガーの尻尾、敵としては厄介なところだなぁ。
味方になったら頼もしいんだろうけど。

今回から登場の司令官、ショウ・ロンポウ。
思っていた以上に軽い人だったなぁ。
あのメンバーをまとめるとなると、あのくらいの軽さがちょうどいいのか?
ショウ・ロンポウが持ち帰ってきた大量のキュータマにもびっくり!
何がどうなってキュータマになったのか、など、簡単に種明かししてくれるといいのになぁ。

エンディングの歌詞に登場していた「オッキュー」という言葉。
まさか本編で採用されるとは(笑)
ただの言葉遊びのようなものだと思っていたから、驚いた。
今回は4人での「オッキュー!」だったけど、今後1人で「オッキュー!」ということもあるんだろうな。
ナーガやガル、スティンガー(今はまだ仲間じゃないけど)がどういう感じになるのか、今から気になる。
コメント (2)

2017年冬の遠足レポート第四弾

2017年02月25日 | 自サイトアピール
遠足レポート第四弾、更新しました。
もう1ヶ月以上前なのに、遅れてしまいました。

新宿中央公園内ナイアガラの滝前



あと2回で終わる予定です。
コメント

安全運転

2017年02月25日 | 日々のあれこれ
犬の散歩中に見つけた、安全運転10の自覚。



なるほどな~と思った。
「人を見たら泥棒と思え」のようなものもあるけど、そのような覚悟があれば事故は回避できるかも…。

幸い、事故を起こしたことはないけど(自宅敷地内物損はある)、ヒヤッとしたことは何度かあるから、
この「自覚」をしっかりと頭に叩き込んでおかないと…。

子どもが道路でキャッキャしながら走っているのを見ると、ちょっと怖い。
普通にまっすぐ走ってくれるならいいんだけど、それってわざとだよね?というぐらい蛇行しているのはビクビクする。
最近の車って静かなのも多いから気づいていないのかもしれないが…。
高齢者も、自分ではまっすぐ歩いているつもりでも蛇行していることあるからなぁ。
生活道路での運転はかなりの緊張感が必要ですな。
コメント

考えさせられた

2017年02月24日 | 時事・ニュース
アマゾン宅配急増、ヤマトに集中 「今の荷物量、無理」

アマゾンの利用は少ないのだが、たまに使っている。
今も、2つ注文中。
1つは予約商品だから、到着は来月になるのだが…。

ネットで色々見ていると、佐川急便に対する苦情が多いので、それでヤマトに集中しているのかな?という印象。
私は佐川だろうがヤマトだろうが、不愉快な思いをさせられたことがほとんどないので、どちらでもいいんだけどな。

そんな急ぐようなものはネット注文はしないし。
「遅くなっても良いから、確実に手に入れたい物」がほとんどかな。

もう少し、世の中の人たちに「余裕」が生まれれば、こういう状況も抜け出せるような気がする。

そういえば、昨年の地震後にアマゾンで耐震グッズを注文したのだが、2日で届いたのにはビックリした。
まだ1ヶ月経っていなかったのに。
「一週間くらいで来ればいいや」くらいの気持ちだったんだけどね(もちろん、それ以上掛かっても問題なし)。

ネット注文、便利だし楽だけど、少し見直してみるべきかなと感じた。
(でも、うちの場合、そこらの店では買えないものしか頼んでないけどね…)
コメント

懐いている…わけではない

2017年02月23日 | 日々のあれこれ
朝の犬の散歩時に、時折出会う御夫婦。
犬を可愛がてくれるのはありがたいのだが、その可愛がり方がちょっと…。

飼い主の気づかないうちに、ドッグフードだかジャーキーだかを食べさせるのだ。
前は大っぴらにやられていたので、やめてほしいと伝えたら、手に隠し持って食べさせる。
ご主人の方なので、これ以上言って激高されたらたまらないのでそのままにしている。

犬は犬で、その人を見つけると喜んで飛んでいく。
そりゃそうだよ。美味しいものをくれるんだから。
傍から見れば懐いているように見えるだろうけど、お目当ては「おやつ」であって、人間ではない。
延々と手のあたりにしか興味を示さないのもその証拠だと思っている。

この人だけなんだよなぁ、そんなことするの。
しばらく会っていなかったので、油断していたのだが、今朝会ってしまった。
「おやつ」ぐらいいいじゃないか、と思われるかもしれないけど、うちの犬、胃腸が繊細でね…。
下手すると数時間後に嘔吐しちゃうので、飼い主が把握できるもの以外は与えたくないのよね。

明日以降、会わないように祈るしかないか。
コメント

本当に変わってない!

2017年02月22日 | 日々のあれこれ
早めに起きて、早めに朝食にして…ということをしたら、いつもより1時間近く早く犬の散歩に出ることが出来た。
この時間だったら、幼稚園バスのお見送りはないかなぁと思っていたのだが…。
いつもお見送りをする幼稚園とは別の幼稚園に通っている子がいた。

この子の幼稚園は、実は私が卒園した幼稚園。
子どもも犬も互いに懐いているので、案の定動かない(笑)

制服を見ていると、名札の形とカバンがリュックになったくらいで、あとは何も変わっていない。
通園の靴も指定なのだが、それすらも変わっていない。
懐かしさと同時に、40年近くなるのに変わらないという不気味さも感じる。
大幅に変わったのは、通園スタイルくらいかな。
(私のときは徒歩)

いろいろお母さんとお話ししていると、バスがやって来た。
そしてドアが開くと、先生が降りてくる。
先生とお母さんとの間で挨拶が終わると、今度は子どもの番。
「せんせい、おはようございます。おかあさま、いってまいります。」

おかあさま!!

そうだった!私が通っていた時も「おかあさま、おとうさま」だった!!
記憶が蘇ったよ!

そしてバスに乗り込んだ子を見て、さらに驚かされた。
すでにバスに乗っていた子たちに
「おはようございます」、
バスの運転手さんにも
「おはようございます」。

バス通園の経験はないから、このあたりが変わったのかどうかは分からないが、
あ~○○(通っていた幼稚園名)だなぁとしみじみ感じた。

もう40年にもなれば「伝統」の部類に入るのかな?
「伝統」というほど、愛着はあまりないんだけど(笑)、でも卒園した幼稚園が今でもちゃんと運営されているのは嬉しい。

うん、今度、私の幼稚園時代の写真をこの家族に見せてみようっと。
コメント

約3年ぶりの再会

2017年02月21日 | 日々のあれこれ
先週の土曜日のこと。
なんか外で母がどこかの男性と話しているなぁと感じていた。
断片的に聞こえる内容が、地震で壊れた箇所とかの話だったので、ついに工務店が来たか!と思っていた。

そうしたら、「○○さんだよ!」と私を呼ぶ声。

この日を最後に分かれた家庭のご主人だった。
奥さんとお子さんたちは、その年の夏休みに遊びに来ていたので、半年足らずで再会していたのだが、
このときはご主人は来ていなかったのもあり、今回が引越し後初の再会。

いやぁびっくりした!
出張で来たそうで、ついでに前に住んでいて、そこそこ交流のあった家庭を順番に巡っていたそうだ。
昨年4月の地震の際に、我々が無事かどうかの確認をしたいと思ったらしいのだが、
今連絡したら迷惑かも…と二の足を踏んでいたそうだ。
そんなこと気にせずに連絡してくれてよかったのに…、とみんなから言われたらしい(笑)

今度は家族揃って遊びに来ると言っていたので、また奥さんやお子さんたちに会えるのが楽しみ。

ご主人がちゃんと訪ねた、という証拠を残すために、私たち母子、お隣で新築中の家の奥さん、そしてうちの犬、ご主人の4人と一匹で写真撮影。
きっとお子さんたちは、犬に大喜びしてくれることだろう。

こういう再会って嬉しい。
ぜひまた遊びに来てください。
コメント

第6回熊本城マラソン

2017年02月20日 | 日々のあれこれ
開催が危ぶまれた熊本城マラソンだが、半年ほど前にやることが決定。
当日は雲一つない青空。
スタート時は寒いかも?と思っていたが、もしかしたらランナーの皆さんはちょっと暑い位だったかもしれない。

30キロロードレースは、カメラを準備する間もなく通り過ぎていったので、フルマラソンだけ写真に撮ってきた。



優勝と準優勝のお二人。
今年の優勝者は初の大学生。おめでとうございます!



先頭付近にいた、コスプレの方。
この位置でコスプレとは珍しい。
兵庫から参加の方らしい(新聞に載っていた)。2時間50分を切る快走、おめでとうございます!



今年、特に多いように感じた、このタイプの防寒具?
ピカチュウをはじめとしたアニメキャラ、くまモン、ロアッソ君…。
見ていて凄く楽しかった。



衣装に凝ってますね~。



エグゼイドもいたよ!



邪魔にはなりませんでしたか?



前はちゃんと見えていたのかな?



メディカルスタッフも力走!



誰が見ても分かる黄門様。



見たことはないんだけど、アマゾンズかな?



完全に熊本城マラソン名物(?)となっている、和服で走る女性。
今年も完走できたでしょうか。

ランナーの皆さんが、私の脇にあった木に立てかけてあったボードを見ながら笑っているので、何だろう?と思っていたら、こんなものが。



「よかたね」…(笑)「っ」が抜けましたな。きっとコレに笑っていたんだろうな。

皆さん、お疲れ様でした!
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.2

2017年02月19日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
ヘビツカイシルバーのナーガ・レイ。
彼の呼び名が「ナーガ」でよかった~と思った。
だって、ねぇ。カタカナで「レイ」だと、あの方と被っちゃうもん(笑)
バランスとラッキーが「ナーガ」と呼んでいるから、他の人たちも「ナーガ」でしょ、多分。

そのナーガとバランスのコンビ、なかなか面白い。
バランスの言葉は、時々「?」となってしまうのだが…。

感情がない、とされているナーガ。
感情を捨て去る、なんて思い切ったことを…と感じた。
それでも、やはり多少の感情はあるようだ、ということを見せてもらえてよかったと思う。

今回2人加わって、7人となったキュウレンジャー。
ようやく最後の一人となる人物も登場してきて、「ついに来たか」という感じ。
彼はすでにキュータマを持っているようだが、最後の最後?のワシのキュータマがどこで登場するのか。
ラプター283が変身することは分かっているだけに、すごく気になる。
コメント (2)

2017年冬の遠足レポート第三弾

2017年02月18日 | 自サイトアピール
ロケ地レポート第三弾です。

毎週、毎回映っていたあそこです。

新宿副都心Part2

コメント

そこまでして通行したいか!

2017年02月18日 | 日々のあれこれ
今朝の犬の散歩中の出来事。
危うく車にはねられるところだった。

状況としては、道路上で犬が排泄のため踏ん張っていたときのこと。
車の音は聞こえたが、「ふーん」という感じでチラシで受け止めていた。
いっこうに車の音が遠ざからない。
「え?」と思って顔を上げたら、目の前にでっかい車が!
我が家にあるベルタと同じくらいの大きさの車。
「なんで!?」とアタフタ。
ジリジリと近づいてくる車。
危ない!と思って、そのまま田んぼに下りた。
運転手はむすっとした表情のまま走って行った。

なんで、私が当初車の音がしたにもかかわらず気にも留めなかったのか。
車の接近になぜ慌てたのか。

それは、「車両通行禁止」の道路だったから!!
そういえば、「ただし、土日祝日除く」だったっけ?

たしかに、今日は土曜日だけどさぁ。
人がいるって分かっているのに進入してくるかね?
「見えなかった」という言い訳は通用しない道路です。
車が通るなら人は田んぼに下りる以外によけようがない道路なんですけど。
だから「車両通行禁止」になっているんですけど。
あなたの車だったら、10キロも出せないでしょうに。
そこまでして通行したいのか。
ほんのちょっと回り道すれば、スムーズに行ける道があるのに。
余計に掛かる時間だって2~3分でっせ。

特に支障はなさそうだから、曜日で区切るんじゃなくて全面的に「車両通行禁止」にしてくれないかなぁ。
危なすぎる!
コメント

間違っていいんだよ

2017年02月17日 | 日々のあれこれ
従妹の子、小学1年生。
塾に通っているのだが、その塾でやっている算数の内容に驚いた。
学校ではまだ1桁の計算をやっているのに、塾では3桁の計算に突入しているというのだ。
ちょっと調べてみたら、3年生の内容。

進め方は人それぞれだし、口出しすることじゃないんだけど、ちょっと気になることが…。
「分からない」と言って癇癪らしきものが出てくるらしいのだ。
親に教えろ、と言うらしいが、親も子どもに分かりやすいように教えることが出来ない。
そうしたらますますイライラしてしまう、という悪循環。

「塾の先生に聞きなさい」と言っても、聞く耳持たず。
どうやら「先生に聞くこと」=「恥ずかしいこと」=「プライドが許さない」という図式が出来上がっている模様。
あのね、先生は子どもが分かるように教えるのが仕事なのだから、恥ずかしがることはないんだよ。
「教室は間違えるところ」。
私が3、4年生の時に、担任の先生から耳にたこができるほど、口を酸っぱくして言われた言葉。
まずは先生に質問することを「恥ずかしいことではない」ということを分からせるところから出発しないといけないかな~。

もし、塾の先生が「自分で何とかしろ」というタイプだったなら、そんな塾やめちゃえ!

3桁の計算で躓いているということは、その前の2桁の計算でもその予兆があったんじゃないかな?
まだ1年生なのだから、もう一度2桁の計算にまで戻って徹底的に洗い直すのも必要かと思えてきた。
まぁね、彼のプライドは許さないだろうけど。
学年を先取りしすぎるのも問題だな~と思った。
熊大附中でも受験するなら…必要なのかもしれないが。
コメント

所変われば

2017年02月16日 | 日々のあれこれ
いつだったか、「葬儀のマナー」なるコラムを読んで衝撃を受けた。

葬儀の受付に会計を担当する人がいるということ!!!

14年前、父の葬儀を出したけど、会計担当者なんていなかった。
父の職場の方々が受付を担当してくれたけど、ただ香典を預かって会葬御礼を渡すだけ。
記帳はしてもらうから、そこに通し番号が振られていて、香典袋にもその通し番号が小さくメモされていた。
中身を確認するのは、すべてが終わってから自分たちでやった。
現役社員だったこともあって、5000円以下の人たちへの香典返しを省略するため、2500円相当の会葬御礼をお渡しした。
中には会葬御礼の方が高額になった、という方もいた。
でも、それは仕方がない。

何度か通夜か葬儀に参加したこともあるが、そのときも中身の確認なんて行われなかった。
もしそういう場面に遭遇したら…。
「え~!ここで見るの!?」と、ある意味ショックを受けるかもしれない。

よその地域(特に県単位)での葬儀に参列するときは、ある程度の覚悟が必要なんだな、と痛感した。
まだ地元の通夜・葬儀しか経験ないしね…。
コメント (2)