Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

すごいなぁ

2016年11月30日 | 時事・ニュース
2016年生まれの子どもの名前、「大翔」「葵」がトップに〜明治安田生命調査

「大翔」って、「ゴーオンジャー」の所為で「ヒロト」としか読めない私(笑)
「ハルト」「ヤマト」「マサト」…いろいろ読みがあるんだね。
「なんて読むの?」と聞かないといけないね。
読みを知った上で漢字を知ると、特にそういう違和感は抱かないんだろうけど。

2ヶ月弱前に、裏の家で3人目のお子さんが生まれた。
一昨日だったか、偶然その子と会えたんだけど、つい出来心で名前を聞いてしまった。
何しろ、上の子たちがすごく時代がかった名前だったから。
上の子たちと同じ男の子だし、すごく気になった。
そうしたら、想像よりもはるかに時代がかった名前で、思わず笑ってしまった。

んー、なんていうのか…。
時代劇なんかで、江戸中期~末期あたりが舞台のものに、その名前を入れても全然違和感がなさそうな、そんな名前。
「パパとママのどっちが考えたんだろう?」なんてのも聞いてみたい(笑)
コメント

予防接種

2016年11月29日 | 日々のあれこれ
数年前のインフルエンザ予防接種の時に、腕がしびれるという副作用(?)に見舞われて以来、なんとなくイヤで受けていなかった。
今年の2月、人生初のインフルエンザに罹患。
何せ初めてのことなので、症状が重かったのか軽かったのかは分からない。

やっぱり予防接種はしておいた方がいいよな、ということで病院へ。
前にしびれが出たことを告げたら、「神経に近かったのかも」と、なんか恐ろしいことを言われた。
「神経からは離れたところにしますね」って当たり前じゃないの!?って思った。
うー、やっぱり筋肉注射って怖いよぉ。下手すりゃ神経に突き刺さるってこと?

子どもの頃は学校で集団接種だったが、問診票のチェックの時に「今日はダメ」と言われることをかすかに期待していたのを思い出す。
大人になってもそういう気持ちは変わらないね(笑)
体温がやや高かったのでどうかな?と思ったんだけど、問題なく接種することに。
さぁ、覚悟を決めねば。

針が刺さるときはさほど痛くなかったけど、液が入っていくときの痛さと言ったら…。
でもあっという間に終わらせてくれた看護師さんには感謝。
前に腕がしびれたときに打たれた場所よりも、かなり上の方に打ってくれたので、今回はしびれも何もなし。
注射した場所がちょっと痛いくらい。

接種後の夕方に体温が37度を超えた時はビビったが、それより上には上がらなかったので一安心。
これで今シーズン、インフルエンザに罹らないといいのだが…。
もちろん手洗いうがいなどの対策は徹底するけど、罹るときは罹るものだし、諦めも少しは必要かな…。
コメント

存在さえ知らなかった

2016年11月28日 | gooのお題
お題「キャンドゥを利用したことがありますか?」に参加中!
最初、お題だけを見たときは、「何のお店?」と思った。
詳細を見て100円ショップだと知ったが、そもそも熊本にあるの?
と思い、調べてみた。

あったよ。

いくつか店舗はあるようだけど、あまり行かないところばかり。
「近くには行っているよね?」というような場所にあるのだが、それも地図で見ると、
大通りからは離れたところのようなので、知らないのも無理はないのかもしれない。
すぐ近くに中学校があるから、そこの生徒だったらよく利用しているかもね。

100円ショップの利用でダントツはダイソー。
特に質にはこだわらないようなものはここで買うかな…。
時々セリアも利用する。
ケース類はここで買ったものを重宝しているかな。
といっても、セリア自体を知ってまだ2年だけど(笑)

一番近くのキャンドゥまで、車で10分ほどなので、今度行ってみようっと。
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第39話

2016年11月27日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
伊達さん(「仮面ライダーオーズ」)と、シャイダーこと烏丸舟(「宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATIONS」)を足して2で割ったような今回のゲスト。
クバルによって実体化された、どこかの女性の記憶の男性だったわけだけど…。
結婚詐欺師ということは、あの女性、騙されたことがあるってことなのか。
それは気の毒に…。
と同時に、「本物」はまだいる訳だよね。またどこかでバッタリ…なんてこともあるかも?

セラの恋?に落ち着かないほかのメンバーたちが面白い。
操が延々と気にしているのも彼らしい。
アムの男性のあしらい方、見習いたい部分もあるな~。
でも、相手に対してその気がないのに、高価なものはもらわない方がいいと思うよ~(笑)

コメント

算数…私の場合

2016年11月26日 | 遠い日への回想
友人のブログにさらに便乗…(笑)

算数の件、特に引き算について。
初めて繰り下がりのある引き算を習ったのがいつだったか、それはハッキリ覚えていない。
でも、やり方からして、「筆算」を習ったのとほぼ同時かな?という感じがする。

26-7

という問題があったとする。
 26
ー 7
ーーーー

という感じで筆算を行うと思うのだが。
まず、一の位の計算。
お隣(十の位)から1(10だけど)借りてきて、

10-7=3
その後、「3と6で9(3+6=9)」。
10の位は1減っているので、「2→1」「1-0=1」。

合わせて「19」と言う風に習った。

実はこの習慣、未だに残っていて、「10-7は3,3と6で9」という計算を無意識にやっている。
無意識だし、とっさにやっているので、時間にして1秒も掛かってはいないと思うが…。

公文に通ったことはないし、塾に行ったのは中2の夏期講習、中3の夏期講習以降受験まで、だったので、「学校で習う計算方法」がすべてだった。
計算速度は公文に通っていたような友達に比べたら、遅めだったけど、テスト時間内に終わらないなんてことはなかったし、特に不自由だったことはない。
時間内に終わらないどころか、数回見直すくらいの余裕はあった(笑)

私は、計算過程のメモ書き(繰り下がりの2を1に変えるとか、繰り上がりの1とか)を残しておかないと後で混乱するタイプだったのだけど、
私の担任たちは、そのメモ書きを見て「どこで間違ったか」をきちんと把握してくれる先生たちだったので、仮に間違っていたときに、そこにアドバイスが記入されていた。
自分の計算方法が最善、他の人にも勧める!なんてことはやらないけど、これがミスを限りなくゼロに近づけてくれる、私にとっては最善の計算方法。
コメント

まさかとは思いたいが。

2016年11月25日 | 日々のあれこれ
先日の福島県沖での地震に伴う津波。
ある掲示板で「熊本では震度7が2度起きたが、津波は起きなかった。だけど、福島では震度5弱だけど津波が起きた」
という書き込みを見つけた。

あのー、まさかとは思うけど、地震と津波のメカニズム分かっていない?
まだ中高生ならば「これから勉強してね」ってレベルじゃあるけど、20代以上ならばちょっと恥かいているぞ。

熊本の地震は、内陸で起きた直下型の地震で、直接海底には影響は及ぼしていない。
「津波注意報」が出た地震は、有明海を震源としていたもの。
あの時は震度6前後の地震(余震)が頻発していたので、どの震度が有明海を震源とするものなのかすぐには分からなかった。
そういうのもあって「念のため」出されたのだろうと思う。
真夜中だったしね。

今回の福島県沖の地震は、「沖」というだけあって海底で起きた地震。
3.11も同じく海底で起きた地震。
震度こそ5弱と、3.11よりは小さいけれど、津波への警戒は怠るべきではないだろう。

熊本では「震度7なのに津波が起きなかった」んじゃない。
津波が発生するような地震じゃなかったんだ!
それでも「多少の潮位の変動はあるかも」というアナウンスはあった。

地震=津波と考えるのも仕方がないかもしれないが、津波が発生する地震とはどういうものか、もう少し知るべきだなと思った。
コメント

今の小学生は大変だ

2016年11月24日 | 日々のあれこれ
昨日の夕方、伯母がうちに来て、何かいろいろ喋っていった。
小学1年生の孫(男児)、すでに4年生で習う漢字まで練習しているらしい。
すごい。すごいけど…。
学校では書けないよね?
習っていない漢字は、例え正答でもバツになると聞いたことがあったので、その真偽を訊ねてみたら、たしかに不正解扱いらしい。

そこから派生した、「いったいいつになったら、自分の名前を漢字で全部書けるのか」。

もし、中学生になっても「習っていない漢字はひらがなで!」という指導が貫き通されるのなら、
彼の場合、中学を卒業してもフルネームで自分の名前を漢字で書く事ができない。
苗字は4年生で書けるようになるのだが、下の名前の一文字が中学までに習う漢字に含まれていない。
本人は今の時点できちんと書けるのにね。

私の頃はどうだっただろう?と思い返してみるが、特に「不正解」扱いされたこともなければ、
「習っていないのだからひらがなで書け」と指導された記憶もない。
習っていない漢字を間違えて書いていたら、もちろん不正解&指導はあったけど。
同級生にも、小学校では習わない漢字の名前を持つ子がたくさんいたけど、
3年生くらいまでならともかく、4~6年生くらいになると、漢字で書いていたように思う。

間違えているならきちんとした指導も必要だし、「きちんと書けないのなら、ひらがなで」というのも分かる。
よっぽど難しい漢字ならともかく、簡単な字くらいは子どもたちの意思に任せてもいいなじゃないかなと思った次第。
特に名前に関してはね。
コメント

突風?竜巻?その後

2016年11月23日 | 日々のあれこれ
先日の、テントが飛んできて、外壁に穴をあけてしまった事件。
翌日には左官さんが来て穴を埋めてくれた。
壁の色と違いすぎるから、ということで、今朝再度来て、壁の色に近い色を塗ってくれた。
素早い対応は、さすが、大手だなと感心している。

外壁の方はまあ良いとして。
あの時の風、風速45メートルだったらしい。ひぇ~。
NHKのニュースではローカルはもちろん、全国でもトップニュースだった。
近所の家でも、瓦が巻き上げられたり、外壁に穴があいたり、どこから飛んできたのか分からないものが散乱していたり、と凄い状況。
地震後に落ちた瓦を、やっと修復した家もまた落ちたりして大変だった模様。
西区の橋の上ではトラックが横転。
近くの小学校では、体育館の窓ガラスが1枚割れた。そして、プールの監視台が金網を飛び越えて駐車場に落下。
別の小学校では太めの木が幹から折れた。
これらの被害があった場所を地図上に並べると、見事に一直線に並ぶんですけど。
でも竜巻とは断定出来ないらしい。

竜巻に特徴的な渦の目撃者がいないから

ちょっと待てぃ。
発生した時間と、熊本の日の出の時間を比べろ!
見えるわけないだろ…とガックリ。

我が家の周りでは「竜巻」で意見が一致している。
土曜日の早朝だったので、人的被害なし。
でも物的被害は相当なもの。

そういえば、母が何気なく外を見たときに、「世の中が真っ白だった」と言っていたけど、まさにその時間、竜巻が通過していたのかもしれない。
コメント

びっくり!

2016年11月22日 | 熊本地震の記録
今日、二度目の更新にして、再度地震関連ですが…。

今朝の新聞の一面の見出しがコレ。

被災家屋解体業者に代金トラブル 現場撤退も

リンク中の記事にはないが、別の面での記事には、「もう熊本での仕事は嫌だ」という声もあった。
多重請負?
4次、5次下請けなんて、いったい何なんだ?と怒りがこみ上げてくる。

お隣で解体していたから、現場で働いている方々がとてつもない労力を払っているのは毎日見ていた。
彼らに報酬が支払われない、なんて事態になっていたら、愕然とする。
少数精鋭で朝8時くらいから日没まで、懸命に働いていた現場の方々。
それなのに、一度も現場に足を運ばない上位の下請けまでしかお金が行き渡らない、なんてそんな馬鹿な!

お隣の場合、自費解体→公費補助の流れのようなので、現場で汗を流した方々が報酬を得られないなんてことはないだろうが…。

建設業界・解体業界のことなんてよくわからないけど、現場の方々に報酬が支払われないなんてことは絶対に起こしてはならないと思う。
コメント

今年は多い、多すぎる

2016年11月22日 | 時事・ニュース
今朝起きて、携帯に届いていた「津波警報発表中」という文字で、福島県を中心とする地震を知った。
今年は地震が多い。
こんなに多かった年ってある?
熊本・大分、茨城、北海道、鳥取、福島…。
たしか沖縄でもあったような記憶がある。

津波警報、注意報が発令されている地域の皆さん、どうぞお気をつけて。

海外にまで広げれば、いろんなところで地震が起きている。

この世から地震がなくなる、なんてことは絶対にないのだけど、せめて被害がない程度に…と思ってしまう。

現在、津波警報・注意報が出ている地域に、これ以上の被害が起きないことを願います。
コメント

コインランドリー様々

2016年11月21日 | 日々のあれこれ
このところ、あまり天気が良くなくて、洗濯物が乾かない。
家の洗濯乾燥機で乾燥させられるものは乾燥させていたのだけど、ついに家の乾燥機にかけられないものが4日分になってしまった。
これはいかん!!と、今日洗濯したもの全部と、2~4日乾かしていた洗濯物を持ってコインランドリーへ。
30分で乾くタイプなので、地震後にもよく利用した。

まぁね、もうそこまで暑くないのだから、2~3日同じのを着とけよって話なんだろうけど。
私の上衣だけで4枚。
全部綿100%なので、なかなか乾かなかったのが、一気に乾いてくれた。
良かった良かった。
下衣は2日続けて着るようにしているので、こちらは私のは2枚。
これに母のも加わるから、結構な枚数になった。

そして今日洗ったタオル類。
どうせ乾かしに行くなら全部まとめてやっちゃおう、ということで。

やはりこのところの天気の悪さのせいか、コインランドリーは大盛況だった。
8台乾燥機があるのだが、6台が稼働中だった。
私が1台使ったから、あとは1台…。
私が出るまで、何度か洗濯物たちが入れ替わったが、常に7台が稼働しているという状態だった。

もう少し寒くなってエアコンを入れるようになったら、今度はリビングにずらっと洗濯物が並ぶことになるんだろうな。
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第38話

2016年11月20日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
ラリーさんとバドさんから語られる、かつてのジューランド。
「人間に見つけられたくない」という気持ちは分かる気がする。
だけど、捕らえるとか、牢に閉じ込めるとか、ちょっとやりすぎな感じ。
それにバドさんは嫌気が差したのかな。

王者の資格に対する、バドさんと大和の思いが正反対すぎて泣けた。
人間界とジューランドの繋がりを断ち切りたかったバドさん。
人間界とジューランドを再度繋げたい大和。
それぞれの思いが分かるだけに、今後、バドさんがどういう対応を見せるのかが気がかり。

セラたちジューマンも自分たちが知らないジューランドの歴史に愕然とした様子だったし…。
そのあたりをどう決着をつけるのか、気になることが増えてしまった。

前回今回と出てきたプレイヤー、何とかブラザーズ(覚えられない!)。
いったい何人いるんだ?一度に出てくれば?と思っていたら、
まさかの、「どちらかが倒されたら、残ったほ方が分裂する」だった。
いやぁ、斬新だなぁ。

イーグルとバードの空中戦は圧巻だった。
空中戦に限らず、地上戦でも動きが揃っていたりと、見ごたえ十分だった。
ラストでバドさんが姿を消してしまったのが残念。
でも、きっとこれからもジュウオウジャーというより大和のピンチには駆けつけてくれるかもしれない。
バドさんが言っていた、大和が似てきたという「あの男」のことも気になる~。
コメント (2)

突風?竜巻?(追記あり)

2016年11月19日 | 日々のあれこれ
朝からとんでもないことに出くわした。

6時半に起きたときは、さほど雨は降っていなかった。風もほとんどなかった。
あっという間に雨風が強まり、何か分からないけど外で大きな音がした。
母が犬を外に出したときに、それを目撃した。

解体が終わったお隣が、今日地鎮祭だというのは聞いていた。
昨日の時点でテントが張ってあるのも知っていた。
それが…。



写真中の白い塗りつぶし線は、プライバシー保護のためのものです。

テントが吹き飛ばされている~~!!
画面奥の木に隠れているのが我が家。



我が家アプローチ。
うわー…。
まぁ、木々の葉っぱやら枝やらは我が家のものだからいいんだけど。



あらぁ、こんなのまで飛び込んできたよ。
ペグって言うのかな?杭が飛び込んできていた。

これで済んでいたら良かったんだけど…。



さらに飛んで飛んで、我が家の外壁直撃。



ガッツリ穴が…。

これらを確認したあと、県下に竜巻注意情報が発令されていたのを知った。
突風だったのか?竜巻だったのか?
そのあたりのことはよく分からない。

テントを張った業者…、お隣の家を建てる業者さんには、外壁に穴が開いたのを見て貰い、穴を埋めて貰うことにした。

それにしても風の威力って凄いね。
・人間が外にいなくて良かった
・杭が窓ガラスに直撃しなくて良かった
しみじみと思った出来事だった。

NHKのサイトでこれに関するニュースを見つけた。

熊本市で突風か 住宅の屋根瓦が落ちる 気象台が調査


動画内で映っている家、全部知っている((((;゚Д゚))))
コメント

ぜひ受賞してほしい

2016年11月18日 | 時事・ニュース
流行語大賞 SMAP解散、ゲス不倫、PPAP、ポケモンGO…候補30語発表

「くまモン頑張れ絵」がノミネートされたとは…。
ぜひ入賞(?)して欲しい。熊本に明るいニュースをおくれ。

「#くまモン頑張れ絵」熊本を応援する漫画家のくまモンイラストまとめ #PrayForKumamoto

一時期、ACのコマーシャルでも流れていた絵もこの一環だったのかな。
とても励まされた。
4月14日の地震以来、活動を控えていたくまモンが再び姿を見せてくれるまでちょっと寂しかった。
Twitterも全く更新されない状況だったので、余計に寂しかった。
でも漫画家さんたちがこういう活動をしていると知り、凄く力強く感じた。

個人的には「大賞」なんだけどね。
たぶん「大賞」は無理だろうな。
選考委員の皆さん、ほんのちょっとでいいから、「励まし」の意味も込めて「くまモン~」の入賞を考えていただけませんかね?(特別賞でもいいよ)

コメント

大揉め中!らしい。

2016年11月17日 | 日々のあれこれ
父方大叔父の家を解体するという話が頓挫しているらしい。
相続漏れで、私や弟の署名捺印まで必要になってしまった、あの件。

大叔母の一部が頑なに判を押さないらしく、家はどんどん傾く一方だとか。
すでに家財道具一式外に出しているのに…。

あちらのもめ事は私たちが関知するところではないが、それでもやはり不安になる。
もし、大叔父の家が完全に倒壊してしまうようなことになったら、どうするのだろう?
傾いている方向には特に何もないのだが、もし崩壊した時に巻き込まれる人が出たら、責任問題になるんじゃないか?

新しい家はすでに地鎮祭まで終わっているらしいので、住むところは大丈夫の様子。
結構とんとん拍子に行くんじゃないかと思っていたのに、こんなことになっているなんて。
金にがめつい親戚は嫌い!
いい加減に縁を切りたいんだけど、なかなかそうは行かないんだよねぇ。
ちなみに…、大叔父たちの住んでいる土地、大叔母たちが思っているほど価値はない。
コメント