Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

更新のお知らせPart3

2015年09月30日 | 自サイトアピール
「秋の遠足」ロケ地巡り、最終章更新しました。

潮風公園



上手くまとめられていない気もしますが、とりあえずこれで「秋の遠足」の更新は終わりです。
コメント

NHKドラマ→原作本

2015年09月30日 | 書籍・読書・感想
原作がある(特に読んだもの)ドラマはあまり見ないのだが、ドラマを見てから原作に行くというパターンが最近3作品ほどあった。
いずれもNHKのドラマ。
2作品は木曜時代劇で、あと1作品はいつだったかスペシャルドラマとして放映されたもの。



「ぼんくら」シリーズ。
木曜時代劇で放映されたのは第一作の「ぼんくら」のみだったが、その後のシリーズも全部読んでしまった。
主人公がどうしてもドラマで演じた岸谷五朗さんのイメージになってしまうのだが…(笑)
まぁね、凄いなと思ったのは、小説内で表現されている描写と演じた役者さんのイメージが一致していること。
おかげでずっと岸谷五朗さんや松坂慶子さんのイメージのまま読み進めてしまったんだけど(笑)



明日最終回を迎える「まんまこと」シリーズ。
これも役者さんのイメージで読んでいっても特に違和感はない。
福士誠治さんも、桐山漣さんも、趙和さんも原作の中で描かれるイメージに合っていると思う。
どのエピソードも楽しいので、全てのエピソードをドラマ化してほしかったなぁ。



これだけ現代劇。
これも主役が富司純子さんで、小説の中で描かれるイメージにぴったり。
残念ながら(?)その他の人はイメージと合わない人もいたのだけど、だからと言って作品が台無しにされたとは思わない。
年齢が10歳ほど若返ってしまった人もいたが、それはそれでアリだなとも思った。

民放でドラマを見ることがほとんどないので、たまにこうやって見ると、見事にはまることもある。
最近、木曜時代劇が面白いと感じるようになってきた。
次にはまるのはどんな作品だろう?ワクワク。
コメント

残念

2015年09月29日 | 日々のあれこれ
27日が仲秋の名月、28日がスーパームーン。
それなのに…。
27日しかお月さま見えなかった(涙)



撮り比べようと思っていたのに、昨日は全くダメだった。
周りが明るいので、夜空も「漆黒の闇」とまでは行かないなぁ。
もう少し暗いといいのにね。
満月で明るい分にはいいんだけどねぇ。

多くの地点でスーパームーンも見えたようなので羨ましい限り。
いろんなところで画面を通して見せてもらってます♪
コメント

「仮面ライダードライブ」

2015年09月28日 | 仮面ライダー・感想・雑談
昨日最終回を迎えた「仮面ライダードライブ」。
「ウィザード」を途中脱落、「鎧武」を初期で脱落、3年ぶりに1年を通して見た作品。
正直なところ、最初のころは「ついていけるかな?」という不安があったのだが、早い段階でチェイスに惚れた(笑)

ロイミュードの中でももっとも感情が感じられず、他の幹部たちとも一線を画している、そんなチェイスが凄く気になった。
彼の正体が分かって、メディックによってリセットされ…という流れは辛かった。
その後、チェイスはロイミュード側を離脱、仮面ライダーチェイサーとして立ち上がる。
目まぐるしく立場が変わるチェイスに、凄く感情移入してしまった。
チェイス自身が全くと言っていいほど感情をあらわにしないので、変わりに感情を持っていたような気がする。

剛がロイミュードを撲滅させるのに躍起になっていたのも、当初は剛に何か爆弾のようなものがあるのかと思っていた。
まさか、ロイミュードを生み出したのが実父だということを姉・霧子に知られたくないから、というのが理由だったとは…。
剛自身に、体力や体調からくるタイムリミットがなかったのは、ホッとしている。
変身していられる時間に制限がある、というくらいならともかく、生死にかかわるようなものだったら後味悪いしね。

ロイミュードの幹部たちも個性的で楽しかった。
憎たらしさしか感じなかったブレンも、いつの間にか、凄く個性的で魅力的な幹部になっていた。
ハートも最初から飄々としたイメージだったが、最後には凄く熱い一面を見せてくれた。
途中から出てきたメディック。冷徹な幹部というイメージだったが、時折見せるちゃめっけたっぷりな一面やハートに寄せる一途な思いには共感した。

「笑わないヒロイン」という触れ込みだった霧子。
一度も笑わない、なんて不可能だろうと思っていたら、案の定、途中から素敵な笑顔を見せてくれるようになった。
だからと言ってキャラクターが変わったということもなく、魅力的なヒロインだったと思う。

最後に泊さん。
なかなかギアが入らないという欠点はあっても、そこは刑事。
やるべきことはやる、そんな泊さんの姿は、清々しかった。
刑事という設定は凄く良かったと感じる。
中盤以降は常にギアが入りっぱなしだった印象だが、オーバーヒートすることもなく、走り抜けてくれた。

最終回前に登場したドルドドライブを除けば、出てきたライダーは3人。
タイヤ交換は付いていけなかったのだが(笑)、フォームチェンジの間隔が長かったこと、新たなライダーの登場までの間隔も長かったこと、
これらが私にはちょうど良かったのかもしれない。

とにかく、キャストの皆さん、スタッフの皆さん、1年間ありがとうございました!

コメント (4)

更新のお知らせPart2

2015年09月27日 | 自サイトアピール
ロケ地巡り第二弾、更新しました。

船の科学館



Dyna Stationメインの「科学戦隊ダイナマン」のロケ地です。
コメント

仮面ライダードライブ最終回

2015年09月27日 | 仮面ライダー・感想・雑談
何をどうするんだろう?と思っていた今回。
意外と、と言ったら失礼かもしれないが、きちんとしたエピソードになっていて好感が持てた。
ただ、重要証拠品とされる「眼魂」をあんな風に扱っちゃっていいのだろうか…という謎が(笑)

泊さんの時間が止まってしまった1年前の事件。
グローバルフリーズばかりがクローズアップされていたから、当時、何を追いかけていたのかまでは気にかけていなかった。
まさかまだ決着がついていなかったとは。
グローバルフリーズに気を取られていたのね…。

回想シーンとはいえ、再びドライブ、マッハ、チェイサーの3ライダーそろっての変身は燃えた。
このために、上遠野さんのクランクアップの様子が公式サイトになかったのね。
やはり私はチェイスが好きだ~~!!(笑)
そのチェイスが主役のVシネマ?欲しい♪

新ライダー・ゴーストとの共演ということで、多少世界のつながりとかを意識しているのかな?
別に出てくる必要性は感じなかったのだけど…(笑)
でも、あのユルセンというパペットのようなキャラクターは可愛らしい。
とりあえず、第一回は見てみよう。
竹中直人さんの仙人姿も目当ての一つ(笑)

コメント (2)

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの31

2015年09月27日 | 手裏剣戦隊ニンニンジャー
九衛門が回収していた手裏剣の謎、解明。
まさかロボットが出てくるとは。
その圧倒的な強さ、アレを打ち破るには、さらに強力なロボが必要ってことだよね?
今でさえ、すごい形状のロボなのに、その上をいくものが出てくるのか?
ドキドキ、ヒヤヒヤ、ちらっと見えたのがハリケンジャーに出てきたロボのように見えたんだけど、
どういうデザインのロボになるんだろう?

そして、本編の方では、霞をはじめ、みんなの「いいところ」が取られるという展開。
霞は明晰な頭脳、天晴はポジティブな性格、キンちゃんは日本語、八雲は魔法…。
なんか、それって本当に「いいところ」?というものになっているのが面白い。
さりげなく霞に「魔法しかないんですね」と言われたヤッくん、可哀想に…。
凪や風花の「いいところ」も見てみたかったなぁ。
でも、それをしちゃったらストーリーが進まないよなぁ。

天晴が霞の「いいところ」を吸収させられて、冷静沈着な性格になったのは面白かった。
いやぁ、ああいうレッドって好きなんだよな。
あの性格で1年間突き進んだら、まったく別物の作品になって、よかったかも。
あっという間に元の性格に戻ってしまったけど、もう少しあの状態のタカちゃんを見ていたかったなぁ。
コメント (4)

コインロッカー争奪戦(笑)

2015年09月26日 | 旅行
旅行記は今回で最後。
後はロケ地巡りとしてサイトの方へ掲載します。

さて、最終日。
な~んにも考えていなかった私。
前回上京時に、果たせなかったお店へ行ってみようかと思い立ったのが前夜。

八重洲ブックセンター。

日曜日の朝刊に、書評と共に掲載されてくる書籍の売れ筋ランキング。
熊本と東京が対比されているのだが、熊本が県内の大手本屋がローテーションで掲載されるのに対し、東京は八重洲ブックセンターが掲載されている。
一度は行ってみたいと思っていたので、前回行ってみようと思ったのだが、場所の見当がつけにくくて断念。
前回は地下を進んでいたので失敗したのだと反省し、今度は地上を行くことにした。

荷物は浜松町のコインロッカーに預けていざ出陣!
色々と買いこんでしまった。
今回の予算はあまり使いすぎないように、と決めていたのだが、どうせ熊本に帰ってから買うのは間違いないし、ということで(笑)、欲しい本は買ってしまった。
熊本で見つけられるかどうか分からない、出ていたことさえ知らなかった本を1冊チョイスした以外は、全部買う予定にしていたものばかり。
その本が1800円+税で、とりあえずは予算内。

東京駅へ戻り、昼食とちょっとした買い物を済ませ、浜松町へ。
コインロッカーから荷物を取りだし、買って来たものをスーツケースにまとめていたら、男性が2人やってきた。
私がガサゴソしているのを見て、恐る恐る訊ねてきたのが…。
「このロッカー、今から使うんですか?」
あ、私、邪魔していたかも!と思い、ちょっと焦った。
「いえ、今出したところです!」
「じゃあ、使ってもいいですか?」
「はい、どうぞ!」
邪魔にならないところに移動してまだガサゴソやっていたのだが、その時に目に入ったのが、声をかけてきた男性がロッカーにおもむろに抱きついた姿
「よかった~~~!!」
と言いながらロッカーをナデナデ。
500円のロッカーなのだけど、2人連れの荷物だったらちょうどいいのかも。
そこで初めて気付いたのだが、周辺のロッカーは全部満杯。
ようやく探し当てた男性たちの喜びの理由が分かった。
もし、かなり探し回っていたのだとしたら、相手がロッカーでも抱きつきたくなるかもしれない(笑)

いやぁ、連休中のコインロッカーも争奪戦ですな。
私も本当はJRの改札内のロッカーに預けたかったんだけど、空いてなかったしなぁ。

飛行機の時間の勘違いと、時間配分を間違えたせいで、最後はバタバタしてしまったのだけど、空港での待ち時間が少なくて済んだので結果オーライということで。
今回も充実した3日間を過ごせた。

お付き合いくださった皆様、ありがとうございました!
コメント

更新のお知らせ

2015年09月25日 | 自サイトアピール
「秋の遠足」、ロケ地巡りの一部をアップしました。

夢の大橋

夢の大橋脇の水辺



とりあえず、この2か所です。
他のところも順次アップしていきます。
コメント

ここだったの?

2015年09月25日 | 旅行
夢の大橋でロケ地検証をしていたとき、欄干から下を覗いてみたときに見つけたもの。



何だか見覚えがあるぞ…。
帰宅後、DVDを引っ張り出して確認してみた。
映像上では確証が得られないのだが、そうそうこういうスロープなんてないだろう…とも思う。

「侍戦隊シンケンジャー」第三十七幕"接着大作戦"に登場したスロープではないかと思われる。
両手を接着させられてしまったシンケンブルー=池波流ノ介と、シンケングリーン=谷千明。
黒子の代わりに買い物に出たはいいが、接着させられた状態では上手く歩けない。
たまたま道端に捨てられていた台車に目をつけた千明は自分がそれに乗り、台車を流ノ介に押させる。
流ノ介が台車を押しながらこのスロープをジグザグに上って行く様子が描かれている。

確証は得られていないのだが、グルグルと回るように上って行く流ノ介の映像の様子が一致する感じがする。
偶然の発見なので、全く資料を用意していなかった。
でも、こういう発見も面白いなぁと思った。
帰宅後に「ここってそうじゃないかな?」と確認する作業もまた楽しい。

このエピソードがピン!と来たのは、特に好きなエピソードの1つだから…かもしれない。
流ノ介と千明、互いに相容れない部分はあるものの、互いの長所はちゃんと認めている。
自分の足りないところもちゃんと自覚している。
それがきちんと描かれたところに凄く好感を持っている。

このスロープが他のエピソードに登場しているものだったら、すぐには分からなかったかもしれないと今では思っている。
コメント

これが噂(?)の!

2015年09月24日 | 旅行
あちこちブログ巡りをしているときに、見かけていた「実物大ガンダム」の像。
この旅行で見かけることが出来るとは驚いた。



歩いているときに見えてきたときは、「あ~、あれが!」と思った。
じっくりとアニメを見たことはないのだが、弟がよく見ていたので、少しは分かる。
ただし、分かるのは主人公の男の子ぐらいで、後は誰が誰やらサッパリという体たらくですが(笑)



せっかくなので、正面からも撮影しておいた。
アニメの設定とか、何も知らないので、「このくらいの大きさなんだ~」という印象。
もっと大きいのかと思っていた(笑)
いや、これでも十分すぎるくらい大きいと思うけど…。

この日のお台場は、複数のイベントが同時進行していて、凄い人混み。
駅で独特の装いの人々が多く、「この格好が今、流行っているのか!?」と勘違いしてしまった。
イベント参加者だったのね…(笑)

実は「イベント参加者じゃないのに、ここ通っていいのか?」と内心ドキドキだった。
参加証のようなものを提示せよと言われたら?
最短距離ではなく、ぐるっと遠回りせよと言われたら?
通路である以上、通れないわけないのに、なぜかこういう時って小心者になってしまうんだよね~。
もちろん、何事もなく通り抜けることは出来たのでほっとした(笑)
コメント

想像もしていなかった建物

2015年09月23日 | 旅行
ロケ地巡りをしていて、ビックリした発見。



「科学戦隊ダイナマン」や「超電子バイオマン」のロケ地を探すのに、有力な手掛かりとなりそうな特徴的な建物。
面白い形をしているなと思っていた。
オフィスビルか、マンションか、そういものだとずっと思っていた。
そうしたら、公園の案内図に、「換気塔」という表記が…。
え?換気?何の?

写真の左側は海で、対岸は品川方面。
よく見ると、対岸にも同じような建物があった。



近くに「大井火力発電所」があるようだったので、それと関係があるのかな?とこの時は思っていた。
そうしたら、別地点へ移動している最中に謎が解けた。
ちょうど、この建物の真裏に回りこむような形になったのだが、そこで見たものは…。



建物の下が大きく口を開けていて、そこへ吸い込まれていく車たち。
逆に反対側から出てくる車たち。
東京湾の海底トンネルらしい。
(デジカメの充電が切れてしまったため、スマホで撮影。このため金網越しにしか撮影できず)
なるほど、車の排気ガスの換気でしたか。
同行した友人たち全員で爆笑になったのは、あまりに意外すぎた結果だと思われます(笑)
コメント

忍ばずワッショイ!

2015年09月22日 | 旅行
東京初日に行ったのはここ。



「侍戦隊シンケンジャー」以来のショー鑑賞。
扉の奥からシンケンレッドが出てきていたので、今回もアカニンジャーが出てくるだろうと、早めに並んでみた。
案の定、スタッフの声かけと同時にアカニンジャー登場。



「よく来てくれた!」という挨拶の途中でハプニング発生!
なんと、録音されていた音が途切れた!
ガクッとうなだれるアカニンジャーに、笑い声があちこちで起きた。
気を取り直して…、と思ったら、結局音声はその後流れることなく、アカニンジャーが先頭付近にいる子どもたちとふれあい始めた。



この回のあとに、撮影会や握手会があるのもあって、スタッフがさっさと入場を促し始めた。



それでもアカニンジャーは握手を求める子どもたちに精一杯応じていた。う~ん、素敵。



ようやく、ほぼまともな写真が撮れた(笑)
ショー自体は撮影禁止だし、撮影会にも握手会にも参加するつもりはなかったので、これだけの写真が撮れたのはラッキー。

ショーの方は十分楽しめた。
連休の初日というのもあるんだろうけど、家族総出で来ている人たちが多く、大人の方が圧倒的に多かった。

アカニンジャーの決め台詞とでもいうか、「燃えてきた~!」「熱いなこれ」が実際の天晴とイントネーションが違って、ちょっと違和感。
随分、西川さんのイントネーションに慣れているんだということを痛感した。
あまり違和感がなかったのは九衛門くらいかな~。
蛾眉雷蔵も出てきたけど、唸り声しかなかったから、違いは分からなかった(笑)

高い位置からの落下とか、このショーならではの見どころも満載ですごく楽しかった。
演出上、ケチつけたいところも少しあったのだが、まぁ、そのあたりは野暮なので黙っておこう。

30分という短い時間ではあったが、最後の「なんじゃモンじゃ!ニンジャ祭り」まで凄く楽しめた。
またいつか、機会があれば見に行きたいなと思わせてくれた。
ニンニンジャーでは行けないだろうから、次の作品か、はたまたさらに次の戦隊か…。
またまた楽しみを見つけてしまった(笑)


コメント

帰宅

2015年09月21日 | 旅行
無事に飛行機も着陸できて、帰宅しました。
羽田空港も熊本空港も混雑していて、ちょっと見通しの甘さを痛感しました。

今日は、東京駅周辺をブラブラ。
昨日ほど暑くはなかったので、少しは楽だったかな。

今夜はゆっくり過ごすことにしよう。
コメント

暑かった~

2015年09月20日 | 旅行
今日はお台場近辺を散策。
天気が良すぎるくらい良くて、暑かった。
先週はずっと長袖で過ごせるくらいの気温が続いていたので、この暑さはちょっと辛い。
でも、いろいろな作品のロケ地も見られたし、充実した一日だった。

途中でデジカメの電池がなくなったのが痛かったが…。
昨晩、ちゃんと充電を満タンにしておくんだった、と後悔。

詳しいロケ地巡りの様子は明日以降、順次アップしていこうと思う。
コメント