Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

仮面ライダードライブ第8話

2014年11月30日 | 仮面ライダー・感想・雑談
今回引き起こされた事件が、ちょっとした気持ちの行き違い…。
メンツやらプライドやら名誉やらいろいろと関係してくるのは分かるけど、もう少しお互い話し合っていれば防げたんじゃないかな…という気がする。
久坂さんがどのような罪に問われ、どのくらいの刑を受けるのかは分からないけど、また活躍してほしいなと思う。

前回から謎だった、霧子の不満。
やはり早瀬さんに紹介してくれないことだったか。
早瀬さんの存在そのものでなくてよかった(笑)
そして泊さんが拒んでいた理由が、「バラされたくない過去」!?
何だろう?気になる!早瀬さん、早く教えて~!!
たぶん、早瀬さんの様子からして、そこまで深刻なものではないと思うけど、泊さんにとっては大変なことなんだろうな。

新たな武器が登場。
前がハンドル剣だったから、と、泊さん勝手に「ハンドル銃」を想像していたけど、出てきたのは「ドア銃」。
ベルトさんがネーミングセンスに呆れていたけど、「半ドア」とか言っている以上「ドア銃」と言われても仕方ないかも。

先日発売された「HERO VISION」で、ブレンの「○○で△△で□□」というセリフに触れられていたので、早速今日聞けたのはうれしかった。
チェイサーの謎も増えたことだし、今後が楽しみになってきた。
コメント

烈車戦隊トッキュウジャー第38駅

2014年11月30日 | 烈車戦隊トッキュウジャー
お、撮影所、門の前には行ったことあるぞ(笑)





しかも、門の隙間から撮影もしていた。



ライトたちが実際は子どもだと分かってから、やたらと子どもっぽさが強調されるようになった気がする。
あのノリなんて、完全に子どものノリだよね。
それはそれでいいんだけど、あそこまで滅茶苦茶にして大丈夫?それがちょっと心配。

ヒカリの推理披露時に出てきた守衛さんが、まさかの等身大必殺技イマジネーション!
門のところに立っているときから目立っていたからねぇ。
意外なところで、彼がフィルムシャドー?とも思ったのだけど、それは考えすぎだった模様。

今回、一番笑わせてもらったのは明の棒読み演技。
以前にミオに芝居でプロポーズしたとき以来なわけだけど、あれを思い出して楽しかった。

次回からクリスマス三部作らしいから、ほっと一息エピソードは年内はこれが最後になるのかな。
ちょっと物騒な?予告もあったし、物語もぐっと進むんだろうな。
どのように持っていくのか、楽しみにしておこう。
コメント

老いを認めよう!

2014年11月29日 | 日々のあれこれ
昨夕、叔父が火災保険の更新の件で我が家を訪れた。
あれこれ説明してくれるのだけど、「あ~目が見えにくい…」と愚痴。

叔父さん、そろそろ老眼鏡用意した方がいいんでないかい?

うちは身内だし、字が小さくて読めないものは読んであげられるけど、他のお客さんのところではどうするの?
無駄な抵抗はやめて(笑)、さっさと老眼鏡手にした方がいいと思うよ。
もう60歳超えたんだからさ、誰も何とも思わないって(笑)

損保会社の合併の影響で、色々と変わることもあるらしいし、タブレット端末を日常的に使うようになったら、
より目を酷使することになると思うけどなぁ。

そんな叔父、私が今使っているスマホへの愚痴をこぼしたら、iPhoneのいいところを列挙して帰って行った。
どうやら私も母もiPhoneユーザーにしたいらしい。
う~ん。
叔父が列挙した機能って必要かなぁ??
私が抱いている不満は、しょっちゅうスマホがフリーズすることぐらいなんだけど。え。大問題かしら?
まぁ、電話に出られなかったりかけられなかったりは困るけど、その他は特には…(もごもご)。
コメント

幼稚園時代の作品

2014年11月28日 | 遠い日への回想
片づけをしていたら、面白いものを発見した。
幼稚園時代に作成した、折り紙の台帳。
毎年同じようなテーマで作っていたようなので、比較すると成長している様子が垣間見えて面白い。

以下に、「ひなまつり」をテーマにした作品を載せようと思う。



年少時代の作品。4歳のとき。
読める字と読めない字が極端(笑)
先生の指導で作ったと思われる着物は、なかなかの出来と自画自賛



年中時代の作品。5歳のとき。
1年経って少しは成長したかな。
ちなみに、横の方にちらっと映っている字は私のではない。
母の字でもないので、おそらく先生の字だと思う。



年長時代の作品。6歳のとき。
三人官女や菱餅まで作っているよ(笑)
横にある文字は私の文字。年少のときに比べたら、少しは上達していると思う。

比べやすいものを並べてみたが、自分なりに結構上手に作れていたんだなぁと思っている。
なんで、今になって不器用になったかなぁ…。

ところで…。
年少…にじぐみ(虹組)、年中…ひかりぐみ(光組)、年長…ほしぐみ(星組) と在籍してきたのだけど…。
今になって、「トッキュウジャー」を連想させる単語のクラスに在籍し続けたということに気付いて驚いている。
ちなみに、弟は、にじぐみ、そらぐみ(空組)、つきぐみ(月組)と、あまり「トッキュウジャー」とは関係ない。
今も、ほとんどクラス名は変わっていない(増えたクラスはあるが、なくなったものはない)らしいので、ある意味凄いな。

また気が向いたら、別のテーマも載せてみようかなぁ。
コメント

やれやれ

2014年11月28日 | 時事・ニュース
阿蘇山噴火、長期化の恐れ 熊本市など広範囲に火山灰(朝日新聞) - goo ニュース

昨日はこちらでも火山灰が少し降っていたようなんだけど、今日は大丈夫。
飛行機も昨日は全然飛んでいなかったけど、今日は朝から何回か音を聞いた。
運行状況を確認してみると、平常通りの様子。
昨日運行できなかった機材を使う時間の便は欠航だけど、それ以外は大丈夫みたい。

長期化の恐れか…。年内ぐらいには落ち着いてくれるといいんだけどな…。

あ、今阿蘇に行っても、火口には行けませんので、もし観光旅行等考えている方、諦めも肝心ですぞ。
人的被害が出ていないのは、噴火の前から行われていた入山規制のおかげだと思う。

既に農作物への被害は報告されているけど、それ以外に大きな被害がなく終息してくれることを願います。
コメント

「スクールセクハラ」

2014年11月27日 | 書籍・読書・感想
新聞の書評に載っていて、ちょっと気になったので手に取ってみた。



被害者だけでなく、加害者へのインタビューも行われており、当事者がどんな気持ちでいたのかがよく分かる。



エピローグに書いてあったのだが、これは、数年前に地元紙の夕刊で連載された企画。
あれを読んで衝撃を受けたので、今回入手したという次第。

教師と生徒という関係で、「対等な恋愛」を主張する教師には、何か違うだろうという嫌悪感を覚えた。
その気になれば、成績を落とすことだって出来る、場合によっては退学処分さえ出来る教師と、何も権限のない生徒。
両者が対等なわけがない。

この本の中で取り上げられた事例は、1人の女性が訴えたものではない。
きっかけは1人の女性でも、取材していくうちに複数の被害者がいたり、対象者が変わっても続けていたり、悪質な教員たちが取り上げられている。
共通しているのが「そこまでイヤだったなら、なぜ拒絶しなかった?」というオトボケ発言。
拒絶したらしたで「嫌よ嫌よも好きのうち」なんて勝手に解釈しているくせに。

中には、教師を告発したことで学校どころか地域にもいられなくなって引っ越した人もいる。
被害者側が逃げるようにその地を去らなければいけないというのも、変な話だと思う。

最後の方に、「握手やハイタッチもダメなのか」という教師が出てくる。
この教師は、「頑張れ」の意味でお尻をポンポンとしていたということを認めている。
この教師に「握手は…」なんて言われると、なんか余計なこともされそうで身の毛がよだつ。
普通、先生と握手やハイタッチなんてしないでしょ。
思い返しても、せいぜい高校合格の報告や大学合格の報告をした際に、「おめでとう!」という握手や、
「イエェ~イ!」というようなハイタッチをしたくらいかな。
少なくとも必要性のないボディタッチは一度も経験がない。

色々考えさせられる一冊だった。
連載で一度読んではいるのだけど、おそらく加筆修正はされているだろう。
著者が男性というところも、加害者となる教師の本音を引き出せている一因だと思う。
「学校だからおきること」ということもよく分かった。
自分がそういう被害に遭わなかったのは幸運だったと思う。
それ以上に、これからそういう被害に遭う子が少なくなり、遠くない将来にはゼロになっていることを願う。
コメント

七五三

2014年11月26日 | 日々のあれこれ
近所に住む女の子が、七五三を迎えた。
たまたま母が晴れ着姿で出かけるのを見送ったとのことで、うらやましく思っていた。
その子の一家が帰宅したのを目撃。
ちらちらと様子をうかがっていたら、外で写真撮影をしていたので、「今だ!」とばかりに家を飛び出した。

親御さんに「おめでとうございます~♪」とあいさつし、子どもには「かわいい!」と言って抱きしめた。
単身赴任中のパパが帰って来てくれてよかったね。

子どもの晴れ着姿はかわいい!
お兄ちゃんやお姉ちゃんもおめかししていたけど、一番かわいいのはやはり七五三の女の子。
どうぞ、健やかに育ちますように。

去年の今頃はちょっと人見知りがあったのだけど、今はもう彼女の方から近寄ってきてくれる。
時には抱っこをせがまれる(笑)
まだこの子ぐらいなら抱っこできるので、してあげる。
生まれた時から知っているから、七五三を迎えたと知ったときは「もう、そんな年か!」と驚いた。

ほかの子たちもみんな元気で過ごせますように、祈っています。
コメント

うそっ!?

2014年11月25日 | 日々のあれこれ
来年1月に東京へ行く。
そのために航空券の手配をした。
そして、飛行機の座席を指定しようとして、目を疑った。



飛行機前方。青い色は、予約した時点で空いていた席。
ちなみに、赤色に変わっているのは私が予約した席。
灰色はすでに予約されている席。
前の方の席が取れるということは珍しいので、窓際で予約した。

そして、何気なく後方の座席がどうなっているのかを確かめてみて、びっくりした。



飛行機中ほど。
な、なんでこの時点でこんなに灰色ばかりなの!?



飛行機後方。
も、もしかして(もしかしなくても)、修学旅行か何かと一緒になった?

ざっと計算して後方の200席ほどがすでに埋まっている状態。
これがすべて個人だというのは、これまでの経験上あり得ない。
1つの団体なのかどうかは別にして確実に団体客だろう。

頭によぎるのは、空港での混雑。
1月…。8時台の飛行機…。
なんだか嫌な予感。

我が家から空港まで、渋滞なしで40分ほど。
真冬…。運転者は母。

決めた!!
空港近くのビジネスホテルを予約した。
車で15分ほどというところ。しかもそれほど渋滞は起きにくい場所。

これで一安心、かな?
東京でのホテルを少し抑えられたので、いつもの予算と同じぐらいになっただけで済んだからよかった。



ノートPC、自宅から持っていこうかなぁ…?


コメント

面白検索ワード

2014年11月24日 | 日々のあれこれ
今、無料でアクセス解析ができるので、どんな検索ワードで入ってきているのか見ている。
まぁいつも似たようなものなんだけど、今日は面白い。

・吊り橋は酔うか
・右折できず 立ち往生
・CHIAKI モデル 銀座

最後のモデルだとか銀座だとかは、ピンポイントの記事は存在しない。
だけど、ほかの2つはピンポイントで存在する。

吊り橋酔い

交差点で立ち往生

吊り橋で酔うかどうかというのを調べたかったのかな?
私は酔ってしまったけど、大丈夫な人も多いだろうから、あまり参考にはならないかも(笑)

右折できずに立ち往生、というのはあれ以降経験していないけど、今でもあれは鮮烈に覚えている。
相手がバスとトラックだから、クラクションなんて誰も鳴らせなかったけど、あれは信号にかかわらず行っていいと思うんだけどな。
交差点内で止まるなって習ったような気がするんだけど。

先日、あわや大惨事という場面に出くわした。
信号停止中(右折のみ矢印青)、前に止まっていた車が突然右車線に移った。
後ろから走ってきた車から、けたたましく響くクラクション、急ブレーキの音。
ギリギリで衝突は避けられたけど、何食わぬ顔で(見えないけど)曲がっていた前にいた車。
後ろから矢印の青信号で行こうと走ってきたのは、プロパンガスのボンベを積んだトラック。
もし衝突していたら…。
ぞっとした。その真横に私の車はあるのだから。
その前から、前を走っていた車は「なんかヤバイかも」と思わせる何かはあったんだけど…。
何も起きなくて本当によかった。
あの車、自分が何をしたのか分かっていないだろうなぁ。


コメント

仮面ライダードライブ第7話

2014年11月23日 | 仮面ライダー・感想・雑談
冒頭で、カメラを構えるのとビルの崩落がほぼ同時だったので、写真を撮ると崩落する仕掛けでもあるのかと思った。
ロイミュードならば、そのくらいできるだろうと思っていたのだけど、そこまで単純ではなかったか(笑)

霧子がいったい何に怒っているのか?
いくらなんでも早瀬さんの存在そのもの…なんてことはないだろうけど、そのあたりが解き明かされるといいな。
そんな早瀬さんが再登場。
泊さんを励ます笑顔にこちらも癒されるんだけど、つい裏はないよね?と疑ってしまうのが悲しいところ。
ちっとも疑いを抱かずに見ていられたらいいのに…(泣)

それにしても…。
どんより中とはいえ、あんなに人がいるところで変身していいの?泊さん。
いつか本当にばれちゃいそうで、ヒヤヒヤなんだけど。
コメント (2)

烈車戦隊トッキュウジャー第37駅

2014年11月23日 | 烈車戦隊トッキュウジャー
久々のシャドータウン。
もう出てこないのかと思っちゃった(笑)
明が一緒にシャドータウンに乗り込んだのには「ん?」と思ったけど、なるほど、いろいろとあったのね。

明とシュバルツの約束、まぁ想像の範囲内だったので、そこまで驚かなかった。
でも、いつかはつらい決断を迫られるかもしれない。
割と気楽に指切りまでして約束してしまったトカッチだけど…。
その決断を下さなければならなくなったとき、彼はどうするのだろう?

トカッチが優柔不断と言われていたけど、まぁ、弁当ぐらいはね。
決められなくたって分かる気がする。
どちらも魅力的だったらなおさら決めにくいよね。
私も悩むタイプだから分かる(笑)
でも、いざというときには、ちゃんと決断を下したのだから、そこは彼らしいところかなと感じた。

ついに、シャドータウン側、全員がゼットの中のグリッタ嬢の存在に気づいていることが判明。
ここからは互いの腹の探り合いになるのかな?
みんなひそかに思いを巡らしている中で、一人張り切っているモルク侯爵。
存在感もあるだけに、ちょっとうるさいなぁと感じてしまった。
こちらがどのようなドラマ展開になっていくのか、楽しみにしておこう。
コメント

手作りいっぱい!

2014年11月22日 | 日々のあれこれ
校区になっている小学校でバザーが開かれた。
午後2時開始ということで、1時50分ごろ着くように出かけてみた。
まだ掃除中で、子どもたちが一生懸命掃除をしていた。
その様子を見ながら、ああ、自分もこうだったな~と感慨にふけっていた。

開始5分前になって、会場となる体育館に招き入れられた。
体育館なので、当然土足厳禁。
上靴の類を持っていっていなかったので(会場がどこかさえ知らなかった)、靴下のまま体育館へ。
ざっと見て回ったら、イイモノがたくさん。
目移りしちゃう~♪
驚いたのが、ほぼすべてが手作りという点。
部活動やら授業やらで作ったものなんだろうけど、手作りならではの温かみのあるものが多くて、何だかほんわかとした気分になった。
保護者の来場も多く、一番の人だかりが出来ていたのは、農産物コーナー。
学校の周りが田畑が多いということもあって、色々な野菜が売られていた。
そのうち、ホウレンソウとサツマイモを購入した。
他にあったのは、大根、水菜、小松菜。
6年生の男の子のセールストークが素晴らしい。
栄養価がどうとか、どのようにして作ったとか。
「自分たちで作ったの?」と訊ねると、学年は違うらしいが、子どもたちが苗を植えたりしたらしい。
その後、2年生の女の子から、サツマイモの苗を植えたということを聞いた。
「美味しく食べさせてもらうね」と声をかけると嬉しそうにしてくれた。

品数はそれほどでもないのだけど、体育館をグルグル回っていると、廃油で作ったという石鹸が大量に売れ残っていた。
1年生から5年生までの子たちは時間ごとに200円を元手に買い物に訪れているらしい。
しかし、その石鹸は200円。
お小遣い吹き飛びますな(笑)
事情を聞いたのもあるし、あまりに残っていて可哀想になったので、1個買った。
嬉しそうにしていた子どもたちの笑顔に癒された。

他にもビーズ細工やら木工細工、手芸作品、陶芸作品など、色々なものがあった。
そちらは子どもたちが群がっていたので、眺めるだけにしておいたが…。
これらは結構高額で(それでも400円ぐらいだが)、それを買うのは親御さんの役目だろう…と(笑)

帰宅後、母から出た言葉に唖然。「鍋とかあったね?」
話を聞くと、私が通っていた学校で行われたバザーは、家庭の不用品を集めていたらしい。
鍋やら食器やら未開封の食用油とかも扱っていたらしいが、こちらの学校ではそのようなものは一切なかった。
そのあまりの違いにもビックリした。

サツマイモはまだ食べていないが、ホウレンソウは夕食で食べた。
とても美味しかった。これで100円はお値打ち!
2人暮らしだし、生鮮食品だし、あまり買ってもねということで1束しか買わなかったけど、2束くらい買っても良かったかな(笑)

どのくらい売り上げたのだろう?
学校運営に少しでも貢献出来ているといいな。

※何で子どもたちの“事情”を知っているかと言うと…。
単に近所のお母さんたちに聞いただけです(笑)
コメント

コンビニ行脚

2014年11月21日 | 日々のあれこれ
昨日、ある情報を教えていただき、とある新聞(全国紙)を求めて、コンビニ行脚の旅に出た(笑)

まず、コンビニにその新聞が置いてあるのか?と言うことからして疑問だったのだが…。

1軒目。セブンイレブンA店(普段、ネットショッピングの受け取り店にしているところ)。
スポーツ紙の他は、熊日(地元紙)と産経新聞しかない。
売り切れている様子はないので、取り扱い自体がないのだろう。
仕方がない、次へ行こう。

2軒目。everyone(九州だけ?)。
スポーツ紙の他は、熊日のみ。うん、やっぱりそうだろうね。
ここはスポーツ紙の数も少なかったので、仕方ないかぁ。

3軒目。セブンイレブンB店。
スポーツ紙の他は熊日と日経のみ。
A店とB店のちょうど中間点に我が家があるのだが、そのくらいしか離れていないのに、この取り扱いの違い。
ちょっと驚いた。

やはり…。
全国紙なんて、なかなか取り扱っていないのかなぁ…。

続いて、4軒目、ローソン。
西日本新聞のロゴが目に飛び込んだ。
もしかしたらあるかも?期待に胸が膨らむ。
西日本新聞の近くに、目的とした新聞発見!!
あったぁぁ!
他にも取り扱っている全国紙も多い。
ちょっと意外な気もしたが、4軒目で入手出来たのは助かった。

もし、ここで入手出来なければ、セブンイレブンC店とファミリーマートにも寄るつもりだった。
車だったから動き回ったけど、もし徒歩だったら、セブンイレブンA店とB店だけで諦めていたかもしれない。

目的としていた記事も読めたし、全国紙ならではの視点からの論評等も読めたし、130円+ガソリン代の価値はあったと思う。
コメント

いきなり本性があらわれた(笑)

2014年11月20日 | 日々のあれこれ
家の電話が鳴り、ナンバーディスプレイを見ると、宮崎?沖縄?の市外局番。
知り合いはいないし、何なんだろ?としばし考えた。
鳴り続ける電話、何か大事な用件だったらまずいよな、と思い出てみた。

社名らしきものを名乗ったあとに、
「過去に余った年賀状とか、書き損じのはがきとか、使わなかった切手とかありませんか?」
ダダダっと羅列されたので
「へ?」
と言う感じ。
そして、こちらが答える間もなく
「使わなくなったアクセサリーとかもありませんか?」
はははっ。いきなり本性出しますか(笑)
所謂「押し買い」ってヤツですな。

「そんなものありません」
と言ったら
「あ、そーですか」
とぶちっ。

書き損じ年賀状をどうすればいいかぐらい知っていますから。
行動に移さないだけで(笑)
たしか、手数料5円で新しいのと変えてくれるんだっけ。
消費税増税分がどうなるのかは分からないけど…。

いきなり貴金属にまで話が及んだのにはビックリしたけど、触れてくれてよかった。
お断りしていたとは思うけど、もしかしたら…ということもあるし。

母の知人がこれに引っかかったらしく、思い出の貴金属まで持って行かれたらしい。
ついに我が家にも来たかと言う感じだが、引っかからないぞ!
どこかに持って行くにしても、しっかり調べて「自分の意思で」信頼できる店に持って行く。

皆さんもお気をつけて。
コメント

おおっ

2014年11月19日 | 時事・ニュース
衆院選 「軍師官兵衛」最終回、投開票日特番とバッティング NHK、調整に苦慮(産経新聞) - goo ニュース

いや、別にこのニュースがどうこうというわけじゃないんだけど。
NHKも大変だなぁと思った。
一週ずらせば?と見出しを見た時には思ったんだけど、いくらNHKとはいえ、そう簡単じゃないんだね。

そんな「軍師官兵衛」、この前の日曜日に放送された際、放送が始まった途端、画面がL字になったのには参った。
熊本市長選挙の当確速報のため…だったんだけど、その後、全国向け?にも字幕で出たので、「意味ない~」と悶々。
オープニングの間に画面は元に戻ったのでよかったけど…。

それにしても、当確出るの早かったなぁ。
もう少し分かれるかな?とも思ったけど、ふたを開けてみれば圧勝とは。

投票所は、がら~んとした小学校の体育館。
母と一緒に行ったのだが、受付をしてくれたのが母の知り合いの市職員男性。
「暇。疲れる。」
という愚痴も聞いた。
今度の衆議院選挙でも駆り出されるだろうから、2か月連続で大変だなぁ。

今日の朝刊に、投票の立会人を務めたという人からの投書が載っていた。
皆さん、意外と行動は見られてますよ。
土足禁止エリアに土足で立ち入る、投票用紙をきちんと投票箱に入れない、マイナスの印象はかなり残るらしい。
常識さえわきまえていれば、それほど気にする必要はないと思うけど、一応、皆さん気を付けましょうね(私も含めて)。
コメント