Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

よほどストレスなのか?

2014年03月31日 | 時事・ニュース
昨夜のニュースでは、九州・沖縄エリアでトップだったのだが、新聞の扱いは小さい。
地元紙のサイトにも行ってみたが、載っていなかった。

概要を書くと

熊本市内のとあるスーパーの駐車場で、停めてある車が傷つけられるという事件が発生。
付近で同じように傷つけられると言う事件が発生していたため、警察が張り込んでいた。
やってきた54歳の男が、小石で車の運転席側のドアを引っ掻いたところを現行犯逮捕。
本人は「無断駐車の車に腹が立った」と供述。
しかし、その車はスーパーのアルバイト従業員のもので、無断駐車ではなかった。

というもの。

何と言うスーパーなのか、ニュースでも新聞でも触れられていなかったが、
新聞には所在地が書かれていたのでどのスーパーなのかは分かった。
なぜ、この男が「無断駐車」と判断したのかが分からない。
従業員の所有車だったことから、「長時間停まっている」=「無断駐車」と判断したのだろうか。
この男、裁判所の職員(判事ではない)。
仕事がよっぽどストレスなのだろうか?

満車になって他のお客が停められなくて困る、というようなスーパーでもないんだけどな。
というか、満車になっているところ見たことないんだけど(笑)
食料品と一部の日用品しかないから、買い物の時間としても分散する規模のスーパーだし。

全然関係ない人に勝手に「無断駐車」と判断されるのは怖いな。
しかも車を傷つけられるなんて…。
逮捕してくれてよかったよ。
同じ南区内だし、母なんか月に2回は行くあたりだし。
南区は市内でも公共交通がボロボロなんだからさ~、車が多いのは仕方ないじゃん…。
コメント

烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武

2014年03月30日 | 烈車戦隊トッキュウジャー
カテゴリー、これでいいかな?ま、いいや。

鎧武の方を脱落しているので、案の定ライダー側は何が何だか…だったけど、それなりに楽しめた。
自分たちの街を守ろうとしているコウタ(漢字が出ない^^;)たちと、自分たちの街を探そうとしているライトたち。
「街」というキーワードが一致しているというところが面白いなと思った。

みんながトカッチにお会計をお願いしていたけど、労働はトカッチに丸投げ?
それは可哀想だよ。ちゃんとみんなで働こう!(笑)

シャドー側が全然出てこなかったのがちょっと残念かな…。
出しにくかったのだろうから仕方ないか。
今回の敵である、モグラさんから時々ヤツデンワニの声が聞こえると思っていたら、やはり声は津久井教生さんだった。

ところで…。
烈車が停車していた駅、他には電車とか入って来ないのかな?
想像力なきものには見えないということだけど、でもそこには「ある」んだよね?
ぶつからないのかな?なんてことを考えてしまった。
「見えない」イコール「ない」なのかな?
あまり深く考えすぎないようにしておこう(笑)

最近、チケット君が可愛いと思えるようになってきた。
チケット君のグッズを見かけたら買っちゃいそう(笑)
コメント

子どもとはいえ…

2014年03月29日 | 日々のあれこれ
ローカルニュースを見てたら、小学校を卒業し、不要になったランドセルをアフガニスタンへ送るという項目が放送された。
ランドセルを1つ1つ梱包してる子にインタビューが行われていたのだが…。

アフガニスタンの人が賢くなるために…

と言った男の子がいた。

おい、子どもとはいえ随分尊大な言い方だな。単に言葉を知らないだけなんだとは分かるけど、よりによって「賢く」だなんて。
アフガニスタンの子の方がずっと「賢い」かもしれないよ(笑)

「アフガニスタンの子たちの勉強に役立つように…」って言おうね。

コメント

天までとどけ4―第31回~第36回―

2014年03月29日 | 天までとどけシリーズ
八菜子の初恋。
身体が小さいから誤解しがちだけど、もう中学2年生。
誕生日を迎えていればすでに14歳なんだよね。
好きな人が出来たって不思議じゃない。
その好きになった相手が、七穂子のクラスメイトの大川君。
七穂子に頼んで、誕生日だとか好きなものだとかインタビューしてもらったのが、誤解のもと。
大川君はてっきり七穂子が自分のことを気に掛けていると思い込んでしまった。
そういう手紙を受け取ってしまった七穂子は動揺。
八菜子は八菜子で大川君に渡すという手編みのマフラー製作に必死。
結局、八菜子は振られてしまった。
全部姉任せだったのか裏目に出てしまった感じはする。
最初の引き合わせぐらいを頼んで、あとは全部自分でやればまた違った結果が得られたかも…と思ってしまった。

公平が進路のことで悩んでいる。
正平にも呆れられるくらいの悩みっぷりにちょっと心配になる。
アルバイトをしている「セゾン」に何とかして残るか、名古屋のビジネスホテルに行くか。
自信がないと公平は言うが、自分に自信がある人なんてそうそういないと思う。
正平だって色々と親に心配をかけるようなことをしてきたけど、今の仕事は天職のようだし、結局は心配をかけずにやっている。
公平もどこかいいところが見つかるといいな。

五郎が警察学校の入学試験を受けた。
この時の正平の励まし方が面白くて気に入った。
「がんばれデブゴン。お前ならで・き・る(はぁと)」
五郎からは白々しいと言われていたけど、自分で励ませと言ったのだから、そのくらい甘受しなきゃ(笑)
結局合格できたのだから、おめでとう!

そして、正平にもついに春が…!?
雑誌編集部の内原尚子さんに好意を持たれているというのはバレバレ。
本人は気付いていないようなのがもどかしい。松川さんにだってバレているのに(笑)
ついに尚子さんの方でも、「丸山さん」から「正平さん」に呼称が変わり、思わずニヤニヤしながら成り行きを見守っている。

丸山家に暗雲が漂ったのは、お母さんの入院。
待子の結婚披露宴から帰ってきてから、体調を崩し、一時回復していたようだったが、再び思わしくなくなってしまった。
何をするにも休憩が必要だったり、ちょっとただとごとではない。
ついには階段下でうずくまっているところを五郎におんぶしてもらって家へ帰るという状況。
お父さんや子どもたちのすすめで病院へ行き、B型肝炎と診断される。
ほんと、お母さん無理しすぎ。
病院のベッドが空くまで自宅療養となったが、こういうとき子どもが多いと助かるね。
みんなで手分けして、家事を分担する様子は凄く頼りになるなと感じた。
お父さんはお父さんで、「子どもたちが全部やってしまうから、何もすることがない」と嘆く始末(笑)
朝食作りだけ任されている(お父さんだけ何もしないのは不公平と下の子たちから不満が出た)が、それ以外は蚊帳の外。
お父さんの気持ちも分からなくはないな…。

このあたりのエピソードは前にも見ているので、何だか懐かしくなった。
大森のおばあちゃんの家に居候しているのが六助さんだったとは当時は分からなかったけど。
忘れているエピソードも結構あるので、覚えているものと忘れているものと交互に出てくるのが楽しい。
来週には最終回を迎える第4シーズン。
そのあとには第5シーズンも始まるし、楽しみにしておこう。
コメント

お花見~♪

2014年03月28日 | 日々のあれこれ
桜の満開宣言が出たのが昨日。
この後天気が崩れる予報なので、今日、お花見に行ってきた。
普通想像されるような「お花見」ではなく、本当に桜の花を見るだけ、散歩するだけの「お花見」。
食事は帰宅後だったよ~♪



駐車場に咲いていた桜。
最初から和ませてくれます。



ちょうどいい高さに桜の枝があったので、愛犬を抱き上げて桜とのツーショット。
う~ん、レン君、こっちを向いてくれるといいんだけどなぁ。
いくら呼びかけてもそっぽ向かれてしまうので、これでヨシとしましょう。
あ、ちなみに横方向に回り込んでもダメなんで(笑)



再び良さそうな高さに枝があったので、今度は私が抱き上げて。
犬自身のテンションも上がってきています(笑)



池のほとりにずら~っと植えてある桜。
水面に映る桜も綺麗。



多くの人が桜の花を至近距離で撮影していたので、ちょっと真似してみた。
ほほ~、こういう風に撮るのもありか~など、今まで気付かなかったことをちょっと後悔。



水を飲んでいるところを撮ろうと思ったのだけど、上手くいかず。
かわりにこんなのが撮れた。これはこれでいいかも。



駐車場脇にひっそりと咲いていた。
誰も見向きもしないのは、この季節だから仕方ないのかな。

沢山の人がお弁当を広げていて楽しそう。
以前はお弁当を持ってきて食べていたんだけど、さすがに池のほとりということもあって、食事をするにはちょっと寒いんだよね。
歩いている分には暑いくらいなんだけど…。
昨年は熊本城を車で通り抜けただけだったから、2年ぶりに訪れたこの公園。
やはり歩きながら眺める桜っていいなぁ。
コメント

パワーレンジャーSUPER SAMURAI~第七週~

2014年03月27日 | パワーレンジャーSAMURAI(SUPER)
「御大将出陣」がベースとなった今回の前半。
ダユウの楽器がないことに頭痛が収まらないザンドレッド。
何とかしてダユウを冥界に連れ戻そうとするが、セラータの裏切りが発覚。
水切れ覚悟で乗り出したザンドレッドに、セラータは退散。
水切れが進む中、ザンドレッドはダユウの楽器を直し、ずっと自分に使えるように命じて、オクトローに強引に三途の川へ連れ戻される。
そのザンドレッドの強さは圧倒的。
シンケンジャーと同じ映像を使ってあるので、爆発の数も半端じゃない。
ジェイデンが自分を見失いそうになっているのがちょっと痛々しい。
丈瑠ほど激昂はしていないけど、ちょっと落ち込んでいる様子。
メンターと共にツーリング(ジェイデンがメンターのバイクの後ろに乗る)に出かけ、少しは吹っ切れた様子だったが…。
ザンドレッドを目の前にして、理性が吹っ飛んだかな。
無茶苦茶な攻撃を仕掛けて、大けがを負ってしまった。

続くエピソードは「二百年野望」がベース。
セラータの攻撃が一直線上に並んでいることに気付いたのはケビン。
だが、セラータの目的は何も分からず、静観するしかない。
シンケンジャーでは色々と資料を当たっていたが、パワーレンジャーにはそのようなものはない。
出てきたナイロックを叩くだけ、というのがもどかしい。
前回、あれだけ深手を負ったジェイデンが完全復活しているのも面白い。
セラータが小さな石碑(十臓の一族の墓)の前からウラマサを取り出していたが、この石碑は一体…?
そもそもウラマサの呪いって何?
このあたりのことは次回明らかにされるのかな。それを期待していたい。
そして、今回はメガゾード戦がてんこ盛り。
よく考えたら、このエピソード、クリスマス前でしたな(笑)
この次のエピソードを東京で見た記憶が蘇った。

ケーブルテレビの番組表が届き、SUPER SAMURAIも、SAMURAI同様20話で終わることが判明。
あと4週8話で終わってしまうのはちょっと淋しい。
おそらく最後の方の数話はジェイデンとデッカーの決着をつけるだろうから、他のエピソードがどのように変わるか、
はたまた忠実に描かれるか、楽しみにしていきたい。

余談だが、今回も出てきたバルクとスパイク。
メンターと再会し、再び道場に来るように言われ、お茶を濁すようにして断る。
ジェイデンに誰なのか訊ねられたメンターは「エミリーの知り合い」と答える。
いや、スパイクがミアに惚れてるんだけど(笑)
そのあたりの事情はメンターは知らないらしい。いつか分かる日が来るのかな、たぶん来ないだろうけど(笑)
コメント

天までとどけ4―第27回~第30回―

2014年03月26日 | 天までとどけシリーズ
お父さんとお母さんが、待子と和田さんの結婚披露のため、和田さんの実家のある山口県光市へ行った。
子どもたちが出かけて不在の丸山家に空き巣が侵入。
鍵がかかっていなかったというのなら、まだ分かるけど誰も家にいないのに玄関を開け放しておくかね(汗)
しかし、この泥棒、入った家がまずかった。
お母さんが置いていた財布と十郎の貯金箱をせしめたまでは良かったが、次々に子どもたちが帰宅。
出るに出られない状況になり、進退窮まった。
結局夜中に七穂子に見つかり、彼女が悲鳴をあげたことで家中が大騒ぎ。
情に訴えようとするが、怖い思いをした女の子たちの通報により御用。
泥棒が情に訴えようと語った内容も全部デタラメ、空き巣の常習だったという。
いやぁ、騙されなくてよかったよ。
お父さんに報告したら、新聞に載る騒ぎに。
1つ、突っ込んでいいですか?
新聞記事には「12人の兄弟姉妹」と書かれていたけど、信平はいなかったのだから「11人の兄弟姉妹」ではないかい?
ま、何はともあれ、誰も怪我しなくてよかったよ。

正平がとんでもないことに巻き込まれた。
自分が考案したおもちゃが意匠登録侵害ということで内容証明が届いてしまった。
損害賠償を訴えられるのではないか、と悩んでいる正平を見ているのは辛かった。
山口から帰ってきたお父さんに相談したものの、これといった解決策は見いだせず…。
とりあえず、お父さんが言った相手方と会ってみることに。
専門家(弁護士?)は、アイディアやネーミングなどほとんどを意匠登録侵害としたかったようだが、
一緒に来ていた相手方の会社の人は、同じ小さな零細工場ということもあって、ネーミングさえ変えてくれればOKという好条件で折り合えた。
いやぁ、こちらも大事にならずに済んでよかった。

お母さんの健康状態に異変?
という状況で、劇中では一気にお正月!
餅に名前が書いてあるのには仰天してしまった。
さすが大家族。全員にお年玉まで渡して、お父さんも気前がいいなぁ。

ところで、今回、正平が訴えられかけた「事件」の相手方の社員を演じていたのは工藤俊作さん。
お、藤山律子さんに続いての私には馴染みの深い方♪
銀河剣士ビリオン(「地球戦隊ファイブマン」)。
いつも見かけるときは、たいてい悪役なんだけど、今回はいい人だ~。
OPにお名前があったので、どんな役なのかちょっとドキドキしていたのだけど…。
思いがけないところで見られて思わずニヤニヤしてしまった(笑)

コメント

DVD・キョウリュウジャーVSゴーバスターズ

2014年03月25日 | 獣電戦隊キョウリュウジャー
「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ(以下略)」のDVDが手元に届いたので、早速見てみた。
どういう順番で見ようかと考えたのだが、まずは本編の方をおさらいがてら見てみることにした。
VSシリーズでは初、かな?
本編の字幕選択があった。聞き取れないセリフはなかったのだけど、念のため(?)字幕をONにしてみた。
そうしたら…。
「移行」を「行こう」と勘違いしていたことが判明(笑)
結構役に立ちます、字幕。

その後メイキングを見てみた。
丸山さん、金城さん、今野さんで抱負を語る場面で、「これを見ている時点で、すでに2回は見ているはず」というコメントにドキッ。
見透かされてる~(笑)
ちょっと残念だったのは、Jとイアンとソウジが出会う場面で、面白そうなセリフがカットされていたこと。
Jのセリフが全く聞き取れないので、何を言っているのかが分からないのがもどかしい。
せっかくならカットせずに上映してほしかったなぁ。
スピリットベースで、弥生ちゃんと黒木司令官との絡みのシーンでは、榊さんのアドリブ全開で爆笑だった。
EDのダンスでも榊さんがやたらとノリノリで、バスターズがやや引き気味?

ぜひ実現してほしいと思ったこと。
10年後、榊英雄監督でゴーバスターズを撮りたいとのこと。
実現出来たらいいなぁ。その時はもちろん、森下さんや仲村さんも呼んでね~。
ウサダくんやゴリサキも…。


舞台挨拶の映像も面白かった。
丸山さん、自分の言葉でしゃべるというの、なかなか慣れない様子。
結構言い間違いやら意味不明なことを口走って突っ込まれる場面もちらほら。
キョウリュウジャー側の話を聞きながら、馬場さんが1人必死に笑いをこらえようとしてこらえきれずにいたのも楽しかった。
昭和生まれ組の暴走ぶりも面白い。
あの年代ってああいうノリなのかな?
ヒロムが登壇したときに、客席から「鳥~!」という掛け声がかかって、ヒロムがフリーズ…という場面があったけど、
あれ?ヒロムが反応する単語って「ニワトリ」じゃ…?(笑)
しかも単語だけならば半分フリーズなだけだったはずだが…。ま、これは本編にも言えることなんだけど。

舞台挨拶の時に丸山さんが言っていたナパームのこと、本編を2度ほど見返したのだけど全然分からない(涙)
何がどう違うのだろう?

金城さんの髪型が変わって、一気に若返った…というより実年齢相応に見えた。
テレビシリーズでは何度となく年寄り扱いされていたけど、これで年寄り扱いされずに済みそう(笑)
コメント

子どもの質問は怖い~

2014年03月24日 | 日々のあれこれ
今朝、犬の散歩に行こうと家を出たら、近所の子が幼稚園バスを待っていた。
いつもうちの犬を可愛がってくれる子。
このブログにも度々書いている子のことなんだけど(笑)

その子からものすごいことを質問されて、お母さん共々タジタジになってしまった。
最初は
「レンくん(犬の名)が汚いわけじゃないけど、手洗わなきゃダメだよ」(気を遣わせました…)
とお母さんに言われたのに対し、
「何で?」と訊ねてきた。
お母さんが返事に困っていたので私が言った。
「そのままの手で何か食べたりすると、お腹痛くなっちゃうよ」って。
本当はちょっと違うと思うんだけど、5歳児を納得させるにはこれしかないかと思ったのも事実。
でも子どもは「べつにいいよ」。大人撃沈

続いての質問には参った。
「なんでレンくん、犬なの?」
お母さんと2人で固まりましたさ
今の彼は、「適当にごまかす」ということが通じないらしく、答えを探すのに一苦労。
結局答えは出ずじまい。
そりゃそーだ。レンが何で犬なのか、なんて考えたこともないもん(笑)
彼は今、ある意味「哲学的」な質問が増えてきているそうだ。
私は会ったときぐらいしか関わらないけど、親御さんたちは大変だ~。
彼と話していると、彼の想像力のたくましさに驚かされる。
このまま想像力豊かな子として育っていって欲しいな。
コメント

烈車戦隊トッキュウジャー第6駅

2014年03月23日 | 烈車戦隊トッキュウジャー
新しいサポート烈車を見つけ出すお話…と思いきや、「誰がリーダー?」というお話も含まれていたとは。
「俺が!」「私が!」と積極的に名乗り出るような人がいないから、どうなるのだろうと思っていたら、まさかの「全員リーダー」!
この人たちにはふさわしいやり方なのかもしれないね。

ライトが山の中で見たという、新しいサポート烈車。
食料探しに夢中だったから、その場所は覚えていないという、ライトらしい一面が見られた。
その様子を伺いつつ、密かに尾行していたシュバルツもなかなかの策士ですな。
シュバルツの尾行に気づき、咄嗟に道に迷っていることを隠して、攪乱させるための作戦ということにしたライトは見事。
カグラが信じ込んだのだから、作戦としては成功と言っていいかも。
さすがにミオとヒカリは騙せなかったけど、上手い具合に話を合わせてもらえたのはよかった。

トカッチがやや自信を失いかけていたけど、なんとか踏みとどまれてよかった。
みんなそれぞれにいいところがあるのだから、そんなに気にする必用もないと思うけどね。
それにしても、トカッチの慎重派という描写が見られないのが気になる。
描いているつもりなのかもしれないけど、あまり伝わってきていない気がする…。

次回は仮面ライダーとのコラボですか。
シンケンジャーとディケイドでコラボして以来だけど、どのようになるのやら。
鎧武の方を2話で脱落しているので(汗)、話がちゃんとついていけるといいのだけど。
コメント

天までとどけ4―第21回~第26回―

2014年03月22日 | 天までとどけシリーズ
内原さんのプロポーズを断り、設計事務所で内原さんと顔を合わせるのが辛くなった2人。
所長がその様子に気づき、待子に何かあったのか訊ねる。
いやぁ、この所長さん、部下たちの様子をしっかり見ているなと感心した。
待子は事情を打ち明け、事務所を辞めた方がいいのでは…という思いを告げる。
所長は「大丈夫。飲みに誘って『お前振られたんだって?』と笑い話にしてやるよ」と。
所長の人柄からして、本当に笑い話にしてくれたようで何より。
そして、待子には新たな人物がプロポーズを…。
前回、事実上のプロポーズ?をしていた和田さんから、正式なプロポーズ。
一晩考えたとはいえ、ほぼ即決でそのプロポーズを受けることにした待子。
決断、早っ!両親にも相談することなく決めたというところに、彼女の成長を感じた。
そりゃ前回は未成年だったから、親の同意が必須だったという事情はあるのだけど…。
和田さんがいい人で、恭介さんのことも含めて待子の全てを受け止めるというところに好感を抱いた。
正平兄ちゃんにとっては、再び年上の義弟。やりにくいだろうなぁ(笑)
丸山家で開かれたささやかな「結婚式」。こういうのもいいなと思った。
十実子が一生懸命作ったビーズのネックレス、おばあちゃんが作ってくれた和服とも合っていてとてもきれいだった。

話は前後するが、信平が日本一周の旅から帰宅。
1ヶ月で出来るのか?と不思議に思っていたが、実際には3ヶ月以上掛った模様。
少したくましくなり、素直になってきたのかな…?
折しもお母さんがおばあちゃんと待子と温泉旅行中だったので、お母さんには会えずじまい。
お母さんに会いたかったという信平の気持ちを本当の意味で理解できたのは、お父さんと正平ぐらいかな。

お母さんとおばあちゃんと待子で温泉旅行。
それはいいんだけど、十実子も連れて行ってあげなよと思ってしまった。
「おかあさん、いつかえってくる?」と訊ねる十実子が不憫だよ~。
十実子がいるとくつろげないという面もあるだろうけど、お母さん大好きっ子を置いていくのは何だか可哀想。

正平が頼まれて執筆した、木のオモチャに関するエピソードには感動した。
5歳のころに買ってもらった白木の積み木を今でも十実子が使っているというのも凄いなと思った。
やはりいいものは長持ちするんだね。
正平が今いくつなのか、パッと計算するのは難しいのだけど(汗)、少なくとも20年は使っているだろう。
いい具合に色が出ていて、木の持ち味が出ているような気がした。

この後もストーリーとして引っ張るのか気になるのが、七穂子と久美の関係。
シンナーを吸っている久美たちをたしなめたことで暴力をふるわれけがした七穂子。
正しいことをしても、相手がナイフを持っていたらどうする?とお父さんにたしなめられても、納得できない。
正義感の塊みたいな彼女だけど、ちょっとその無鉄砲さが心配。
久美は久美で、お母さんの財布から1万数千円抜き取ったし、このあたりの話がどうなるのかも気になる。
まぁ、この作品のことだから「済んだこと」としてスルーされる可能性もあるけど(汗)

次回以降どのような展開が待っているのかを楽しみにしていたい。
コメント

駆け込み…か

2014年03月22日 | 日々のあれこれ
消費税増税前の駆け込み購入が凄い、という新聞記事を読んだ。
それを見ていて思うのが、「よく置くところあるね~」というもの。
ビールを箱(24缶入り)で3箱とか。
犬の餌半年分とか。
うちは、とりあえず、ティッシュなどの日用品を1パックずつ買い置きするくらいかな。
置くところないんです、買いたくても。
4月中に買わなきゃいけなくなりそうな化粧水と乳液は前倒して買っておこうかな。

買い溜めに慎重なのは、悪い例を見ているから。
父方の祖母が亡くなり、父も亡くなり、祖父が当時住んでいた町営住宅を引き払うことになり、その片づけの手伝いに母が行った。
まぁ、出るわ出るわ、「安いから」と買って来ていたティッシュやトイレットペーパー。
全部うちで引き受けたので、1年ぐらい買わずに済みました(笑)
冷蔵庫の中には、業務用の特大のマヨネーズ。
年寄り2人暮らしにそんな大きなマヨネーズ要ります?
まぁ、在庫管理ができなくなっていたというよりは、「まだあるけど、安いうちに買っておこう」という心理が働いていたらしい。

家で使っているシャンプー、リンス等は全部1つずつストックを作るようにしたので、増税前にそれぐらいは揃えておくかな。
コメント

本日の東方向(笑)

2014年03月21日 | 日々のあれこれ
昨日の午後から徐々にPM2.5の濃度が下がり始め、今日は一桁~10台で推移。
久々に窓を開けていられる。ちょっと寒いけど。

今日の東側の光景。



こちらは数日前の東側の光景。



時間帯はほぼ同じなので(数分の差はあるかも)、比較としては十分だと思う。

何日振りかで洗濯物が外に干せる。良かった~。

今後もこういうのが何度も繰り返されるんだろうけど、あまり酷い状態にならないことを願うしかないな。
せめて1日濃度が高い日があったら、3日ぐらいは清浄になって欲しい
コメント

卒業式といえば

2014年03月21日 | 日々のあれこれ
昨日は県内多くの小学校で卒業式だった。
向かいのアパートに住むあるお母さんから聞いてはいたけど、早いなぁ。
低学年の子たちは学校が休みになるので、4連休後の週明け、月曜日が修了式だそうだ。
う~ん、つくづく思う。
高校も中学校も土曜日に卒業式を行ったのだから、小学校も22日の土曜日に行えばいいのに。
どうせすぐに春休みだ。特に問題もないだろうに。

私の小学校の卒業式は…。
練習の時から色々と問題発生だったなぁ。
40人学級で4クラスだから、単純計算で160人。
一度、クラスの代表者だけに卒業証書を渡す方がいいのではないか?という案が出た。
しかし、その案はものの数分で却下。
というのも、卒業生の多くが進学するのが、当時県下一のマンモス校。
絶対に卒業証書を1人1人校長先生から手渡されるなんてことはないことが分かっていたから。
そして高校も総代が選ばれて、その人が代表して卒業証書を渡されることも分かっている。
大学も同様。
つまり、小学校でも代表者のみ…となったら、一度も卒業証書を「長」のつく人物から受け取らないということになるのだ。
さすがに、これはまずいという判断が先生たちの間にあったのだと思う。
時間はかかったけど、全員に卒業証書を校長先生が手渡した。
時間短縮のため、受け取った人、これから貰う人が同時に一礼する、次に呼ばれる人はステージ脇に待機するなど、色々な工夫が見られた。

中学校の卒業式では、クラスごとに1人ずつ名前を呼ばれ、返事をして椅子から立ち上がる。
全員の名前が呼ばれたところで代表者が登壇し、校長先生から卒業証書を受け取るというものだった。
一度クラスごとに全員壇上に上げようかという案も出たが、これも数分で却下(笑)
時間がかかりすぎるというのがその理由。
そりゃそうだ。正確な人数はハッキリとしないが、単純計算で40人×13クラス=520人。
後数人多かったと思うのだが、そのあたりはちょっと記憶があやふや。
1人ずつ名前を呼ばれて起立していくだけでも、13クラスもあるのだから1時間ぐらいかかった。
親たちは辟易していたらしいが(笑)
めったに女性らしい服装をしない体育の先生の着物姿に見とれていたらしい(笑)

そうそう、NHKのニュースでとある小学校の様子が取材されていたのだけど、彼らが歌っていたのが「卒業式の歌」。
懐かしい気持ちになったのと同時に、まだ歌い継がれていることに感激した。
ぜひこのまま続けてほしい。やや時代にそぐわない歌詞もあるけど、「仰げば尊し」の2番よりはましだと思う(笑)
コメント

パワーレンジャーSUPER SAMURAI~第六週~

2014年03月20日 | パワーレンジャーSAMURAI(SUPER)
「接着大作戦」がベース…というよりはほとんどリメイク版。
いつもは真面目なマイクがちょっと砕けた感じなのが意外な感じがした。
シンケンジャーの方では丈瑠が「息が合わないんじゃない、合わせようとしないんだ」と言い放っていたが、
ジェイデンは「(くっついた)その状態で闘うのなら、息を合わせなきゃ」と言う。
ケビンもマイクも自分の長所を生かそうとするからなかなかうまくいかない。
だけど、ジェイデンたちのピンチを見て、お互いの長所を生かして闘う戦法に変更。
その後は見事な息の合ったコンビネーションで、怪人を倒してしまう。
シンケンジャーでも出てきた、「1たす1は2じゃない」というセリフ。
この後に続いたのが「ナイロックがゼロ!」には思わず吹き出した。
無限大、じゃないんだ(笑)
そこまで忠実にしなくても…と思ったのは、ケビンのトイレ。
いや、楽しいのは楽しかったけど、そこまでやらなくても…と思ってしまった。

続くエピソードは「対決鉄砲隊」と「救急緊急大至急」がベース。
なんでこの2つを合体させたのか…。
途中までは完全に「救急緊急大至急」だったのだけど、突然「対決鉄砲隊」になってやや混乱…というより慌ただしい。
ブルバズーカ(モウギュウバズーカ)を出すためとはいえ、ちょっと強引だったかなぁ。
ジェイデンがデッカーに「弱くなった」と言われて、ショックを受けている様子が見ていて辛い。
さて、デッカーの持つウラマサだが…。
シンケンジャーの方では裏正は十臓の家族ということだったけど、こちらはどうなるのかな。
とりあえず、現時点では「呪い」がどうとか言っているので、そのあたりで落ち着くんだろうけど…。
色々と気になることだらけだ。
ジェイデンの口から「俺には秘密がある」との言葉も聞かれたし、いよいよ核心に迫っていくのかな。
コメント