Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

うん、ただのクマ…

2013年10月31日 | 日々のあれこれ
くまモン、赤いほっぺなくす? 「探してほしいモン」(産経新聞) - goo ニュース

今度は何をやるんだ、熊本県。
目的が何なのか見当がつかないんですが。

以前に撮ったくまモンの写真で、遊んでみた。



ほっぺのところを黒く塗ったのが丸分かり(笑)
ならばこれならどうだ!



どっちもどっちかな…。

でもこれを見て思うのは、やっぱり赤いほっぺがないと、小山薫堂さんが言っていたという「ただのクマ」に同感。
今後、何が起こるのか楽しみにしておこう。

それにしてもくまモン、くまモンスクエアで失くしたことに気付いて、東京の銀座で探すって、あなたの中の地理はどうなっているの?
まぁいいけど(笑)

知事も緊急記者会見までして、ノリノリだなぁ。早く見つかるといいね。

コメント

足のサイズ

2013年10月30日 | 日々のあれこれ
これまで、なんとな~く靴屋さんに行って、なんとな~く試し履きして、なんとな~く買っていた靴。
今回、それほど大きくはないけど、ちゃんと足のサイズを測ってくれる店へ行ってきた。

「足のサイズ、測ってみたことありますか?」
と聞かれ、いいえ、と答えたら、測ってみましょう!ということになった。
計測は無料。

靴下を脱いだところへ、何かの目印だと思うのだけど、小さなシールをペタペタと貼られた。
どういうサイズが出てくるのだろうという、好奇心ばかりが先走る(笑)
計測器に足を突っ込んで数秒。
反対側の足も計測器に突っ込んで数秒。
最初の名前や住所の記入も入れれば5分ほどで計測終了。

そうしたら、驚くべき事実が発覚。
足の大きさが右足と左足で違っていた!!
それも約1センチ!!
これは違い過ぎでしょ。2~3ミリならまだ分かるけど…。
あれこれ相談した結果、間を取ったサイズを試着してみることになった。

試着するときも、驚きの連続!
靴って履き方がちゃんとあったんだ~!!
これは目からうろこだった。
いやぁ、知らなかったことだらけ。

私は足の形など特殊だと思っていたけど、そこまでじゃなかったというのも収穫。
でも、やはり買える店は限られてきそうだけど…。

ちなみに…。
履いて行った靴も、百貨店に入っている同じ系列の店で買っていた。
このため、店員さんも凄く親切にしてくれた(笑)
最後には履いて行った靴も綺麗に磨いてくれた。
新品同様…とまではいかないけど、久々にピカピカになった靴、もうしばらくは履けそうだ(笑)
コメント

楽しみだ♪

2013年10月29日 | テレビ視聴・感想
昨年のスタートと同時にはまってしまった、NHKのドラマ「実験刑事トトリ」。
昨年は5回で終わってしまったけど、今年は6回だという。
先週が3回だったから、あと3回。
あらかじめ誰が犯人なのかは分かっているので、どうやって都鳥さんがその主張を崩していくのかが毎回の楽しみ。
都鳥さんに「先輩」と呼ばれ、嬉々として使われまくっている安永さんとのやり取りも楽しい。

昨年見ていた時は、「平清盛」が放送中で、都鳥役の三上博史さんの変貌ぶりに驚かされたものだ。
もちろん役者さんなのだから当たり前なんだけど、「これが同一人物!?」とそのギャップの凄さに圧倒された。

安永役は高橋光臣さん。正直なところ、彼が目当てで見始めたようなものなんだけど(笑)、
年上(それも一回り以上)の後輩相手に頑張っている姿は好感が持てる。

その「実験刑事トトリ2」のサイトを見ていたら、来週(11月9日)放送分の出演者の中に、嬉しい名前を見つけた。

ロバート・ボールドウィン

お!ラミレス!キョウリュウシアン!


どういう役どころなのかは分からないけど、ラミレス以外の役で、ちゃんと彼と意識して見るのはこれが初めてだから楽しみ。
以前に東映のサイトで、本当は流暢な日本語を操ると書いてあったから、綺麗な日本語でしゃべってくれるといいな。
安永さんとの絡みもあると楽しいだろうなぁ。
なんたって、「キョウリュウジャー」ではかつてのボウケンシルバーと行動しているしね(笑)
コメント

誰よりも心に響く

2013年10月28日 | 時事・ニュース
両陛下、初の水俣訪問…「語り部」に異例の返礼(読売新聞) - goo ニュース

昨夜のニュースで、語り部として活動している緒方さんが、感動で涙ぐんでいるのが印象的だった。
数週前に、水俣条約の国際会議でも緒方さんが懸命に被害の深刻さを訴えているのを見ていたので、私も感動した。

緒方さんには、見た目で「この人水俣病なんだ…」というような症状はないらしい。
ただ、味覚は感じないし、痛覚も感じないらしい。
国際会議に出席した人の目の前で、トウガラシをかじって見せたり、つまようじを指に突き立てたりして見せて、
「辛さを感じないし、痛みも感じない。これが水銀の被害なんです。」
と直接訴えかけていた。
おそらく、会議に出席した人たちはぎょっとしただろうし、同時に恐ろしいものも感じただろう。

天皇陛下のお言葉は、政治家の誰よりも心に響く。
きっとご自分の言葉で率直に述べられているからだと思う。
たとえ、それが原稿だったとしても、心をこめて語りかけるようにしてという姿勢は凄く感動する。

今回の天皇皇后両陛下のご来熊に合わせて、県内のあちこちで交通規制が敷かれている。
今日は熊本城周辺と、そのうち熊本空港周辺が車両通行止めになるはず。
残念ながらお出迎えも、お見送りもできないけど、一面のトップニュースで扱われたこの数日間、凄く和ませていただいた。

余談だが…。
民放各社(主にワイドショー)が、皇后陛下を「美智子さま」と呼ぶのに違和感。
「皇后陛下」もしくは「皇后さま」だろう!と思っている。
街頭インタビューで一般市民が「美智子さま」と言うのは仕方ないけど、放送局の人間がそれはまずいでしょう…。
ま、大抵街頭の一般市民の方が「皇后陛下」あるいは「皇后さま」と言っているんだけどね…。
コメント

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ35

2013年10月27日 | 獣電戦隊キョウリュウジャー
なかなか見ごたえのある30分だったと思う。
前回、ブラギガスの中にスピリットベースがあるのを見て、実は今までブラギガスの中にいたとか?
なんて思っていたんだけど、心臓部分だけ切り離されていたとは。
意表を突かれることが多くて、毎回毎回楽しませてくれる。

傷ついたキョウリュウジャーたちを励ます一般の人々というのはいいなぁ…。
その前に、色々と関わりのあった人たちが出てきて…というのもいいなぁ。
でも、考えてみれば、彼ら殆ど一般の人たちとの絡みってないんだよね。
ソウジに声を掛けていた剛くんも、どちらかと言えばキングとの絡みがあった少年だし、
このあたりはちょっと強引だったような気もするが、まぁ、細かいことはいいか。
ソウジのお父さん…はムリだったのかなぁ(笑)

予告に先んじて、カオスが「閃光の勇者」の存在を教えてくれた。
やはり10番目のキョウリュウジャの「○○の勇者」の○○は2文字だったか。
獣電竜の番号で、奇数が一文字(牙、鎧、角、鋼、海)、
偶数が二文字(弾丸、斬撃、雷鳴、激突)だったから、どうなんだろうと思っていたんだけど。
ブラギガスの相棒ということなので、トリンが変身するのかな…?
また意表を突かれたらこれはこれで面白いけど、どうだろう(ワクワク)。

…と思っていたら来週お休みか~。
大学駅伝でお休みなんて珍しいな、と思いつつ、3日だからちょうどいいや~なんて思ったりして(笑)
完全に我が家の都合ですが、父の月命日なので、よほどの悪天候でない限り、お墓参りに行く予定。
コメント

お疲れ様でした

2013年10月26日 | 特撮ヒーロー・雑談
浜尾京介が突然の引退表明…「ごくせん」「テニスの王子様」など出演(デイリースポーツ) - goo ニュース

目に入ったニュースで、特に驚いたので、引用。
どうも、映像(特にテレビ)で活躍していないと、「消えた」と言われているように感じる芸能界。
結構舞台等で頑張っている人って多いのにね。

「ゴセイジャー」のゴセイブラック、アグリしか知らないけど、色々あったんだろうな~と感じた。

アグリについても、最初こそ「う~ん…」という感じだったのだが、熱い一面を見るにつけ、好感度は上がって行った。

今後、どんな道に進まれるのかは分からないけど、活躍を祈っています。
お疲れ様でした!
コメント

人それぞれ、家庭それぞれ

2013年10月25日 | 書籍・読書・感想


最近、改めてこの本を読んでみた。

前に書いた

の前に出ていた本。

この「家日和」の中で好きなのは『ここが青山』という短編。

ある日、突然会社が倒産してしまった主人公・湯村裕輔。
自分の中でも整理がつかないまま、妻・厚子に報告。
夕方になって帰宅すると、厚子が翌日から働きに出ることが決まったと言う。


このあたりの、ご都合主義的な展開は、この際問題ない。
大事なのはここからだから。

裕輔はなんとなく救われた気持ちになり、翌日の朝食の支度をすることにした。
最初の炊事は散々なものだった。
味噌汁は美味しくなく、アジの干物は焼き過ぎ。
かろうじてご飯だけが何とか食べられるものだった。
でも、厚子も幼稚園児の息子・昇太も文句を言わず食べてくれた。
厚子を見送り、昇太を幼稚園に連れて行くと、家事に取りかかる。
家事にやりがいを見出した裕輔は、数日のうちに色々なことをほぼ独学でマスターしていく。
倒産した会社の同僚から再就職の誘いもくるが、あまり乗り気ではない。
「頭の中にあるのは、息子の弁当と、今夜の献立と、上手なアイロンのかけ方だ。」という文章も出てくる。
近所の人たちから、憐みの目で見られていることを知った湯村夫妻。
それでも、しばらくはこの状態を続けて行くことになりそうだ…。


会社の倒産という大きな出来事から、世間的には「男女逆転家庭」と見られがちな生活を送ることになった湯村家。
裕輔が、昇太に何としても「ブロッコリー」を食べさせようと悪戦苦闘している姿を見ると思わず笑ってしまう。
今の生活ぶりをかつての同僚に話すと「針のむしろ」と評され、心外な気分になる様子も共感できた。
子どもが幼稚園だからできることなのかもしれないけど、このまま「専業主夫」も悪くないんじゃない?と思わせてくれる一篇だった。
本当に、「その家庭によって価値観は違うのだから、あまり干渉すべきではない」ということを痛感した。

タイトルの「青山」は、「人間(じんかん)いたるところ青山(せいざん)あり」から。
これを「にんげんいたるところあおやまあり」や「にんげんいたるところせいざんあり」と読む人物を登場させているところに、
作者のこだわりのようなものを感じた。
最後には裕輔の父がきちんと読むということで、その意味の説明もしてくれている。
高校の時に言葉は習ったし、意味も何となく覚えていたけど、噛み砕いて解説してくれてより理解が深まった気がする。

さて、ラストで裕輔がたくらんでいた「ブロッコリーをチョコレートでコーティング」、上手く行ったのだろうか(笑)
コメント

これは驚いた

2013年10月24日 | サッカー
天皇杯16強の日程と会場に城福監督「残念という言葉しか出てこない」

天皇杯とはいえ、ヴァンフォーレ甲府とコンサドーレ札幌の試合が熊本で!?
どちらも直行便がないだけに、辛い移動となりそうだなぁ。
特に甲府の監督のボヤキは同情してしまう。

そこへ行くと、ロアッソは恵まれてるな~。
結構ロアッソを優先してもらえる(ようになった)し、知事自ら応援に行くこともあるし。
くまモンに至っては全てのホームゲームに応援に行っている。

どちらのチームにも頑張ってほしい。
ロアッソは先の試合で、サンフレッチェに負けてしまったから、この試合で勝った方が決勝まで行くことを願いたい。

両チームには関係ないけど…。

「うまかな・よかなスタジアム(うまスタ)」、未だに慣れん!!
「KK WING」の方がなじみ深いよ~(泣)
コメント

ウルトラマン…?

2013年10月23日 | 玩具類
棚の上に立てておいた、フィギュアが風の影響か何かで倒れていたのを母が直してくれた。
その際に、
「これ、ウルトラマンだろ?」
との仰せ。

はい??ウルトラマン??



これのどこがウルトラマン??

母の中で戦隊シリーズは「ダイナマン系統」で統一されているので、「ダイナマン?」と聞かれる分にはほぼ正解だけど(笑)

それにしたって…。
母よ、あなた、ウルトラマンやセブンはリアルタイム世代って言っていたじゃないか!
リアルタイム世代って言っても、既に高校生ぐらいにはなっていたらしいが。
ちょうど夕食の時間帯頃(19時頃)に放送されていたのもあって、家族そろって見ていたそうだ。
あの祖父がよく許したな…とも思わないでもないが、どう思っていたのか、今となっては知る由もない。



ミニ人形だけど、ウルトラマンはこれ!と教えると、「あ~…」と言っていたが…。
たぶん、母の目には全部同じものに映っていると思われる。

「さるさる日記」時代に比べると閲覧者が大幅アップしているし、、分からない人がいるかもしれないので書きます。
母がウルトラマンと間違えたフィギュアは、「太陽戦隊サンバルカン」のバルイーグルです。
コメント

すごく気になる近所の騒音

2013年10月22日 | gooのお題
すごく気になる近所の騒音ランキング - gooランキング


ランキングそのものが「気になった」ので、引用してみた。

1位のペットの鳴き声。
我が家でも飼っているけど、特に苦情を受けたことはない。
「今朝、吠えてたね」と言われたことがあって、謝ったら、
「そういうことじゃなくて、吠えるなんて珍しいねと思って。何かあった?」と心配される始末(笑)
たまたま外に出していた時に、クロネコでも来たかな?
外で吠えると飼い主でもやかましいんだけど、ま、苦情が出そうな時間帯には外に出さないように気を付けている。

2位から4位は、生活している以上仕方のないことでしょ。
これが「イライラする」と思うような時は、自分自身に余裕がない時だと言い聞かせている。
普段、何とも思わないものが「イライラする」というのは、それだけ余裕がないということだろうから…。
はい、ある意味バロメーターみたいに思っている。

5位の夫婦喧嘩の声。さすがに聞こえるほどの大喧嘩に出くわしたことはない。
その時になってみないとこれは分からないな。
別の意味で「気になる」かもしれない。(原因は何だ?とか、何か壊したりしてないか?とか)

一戸建てに住んでいるからかもしれないけど、6位以下はほとんど当てはまらない。
強いて言うなら、大音量でかけているステレオは勘弁してほしいかな。
中途半端に聞こえるものだから、ちょっとイライラすることもある。
楽器は全然気にならない。いや、何の曲を演奏しているのか?という意味では気になるけど(笑)

集合住宅に住んでいたらまた違った感想になるのだろうけど、一戸建てだとこんな感じ。
近所の子たちがキャーキャー遊んでいても、「今日も元気だ」と思っているし、そのように伝えている。
あの子たちが外にいるのに静かに遊んでいたら、何か悪さしているんじゃないかと、そっちの方が気になるよ(笑)
コメント

ありゃー

2013年10月21日 | 病院受診
朝ごはんを食べていたら、口の中に違和感。
妙に固いものがある。
それを出してみたら、虫歯の治療後の詰め物。
昨日から、詰め物と歯の間に隙間みたいなものが出来ていて、それに舌を挟んだりしていたので、取れちゃったか~という感じ。
それにしても今年2度目だぜぃ。
5ヶ月くらい前にも一度取れている。
今度は詰め物自体も長く感じて、妙だとは思ったのだけど…。

歯医者さんの診療開始時間を待って受診。
妙に長い詰め物だな、と思ったのだが、それもそのはず。
隣り合う歯、2本分の詰め物が合体して取れていたらしい。
え~、ということは、2本分の治療ですか?

少し虫歯になっていたのか、削る治療も行われ、型を取って、今日の治療終了。
30分弱。
そして、次回診療は明日の午後(午前は用事がある)。

この歯医者さんのいいところは、すぐに治療が終わるところ(笑)
歯磨きの指導も何もないけど(希望すればしてくれるんだろうけど)、さっさと治療して終わらせてくれるので助かる。

まだ仮の詰め物の段階なので、やや違和感があるが、それは仕方がない。
これが取れないように(取れてもいいらしいけど)気を付けないと。
コメント

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ34

2013年10月20日 | 獣電戦隊キョウリュウジャー
最後の秘石が見つかり、ブラギガスも復活。
その圧倒的な力は見ていて圧巻の一言につきるのだけど…。

あの場に弥生ちゃんがいなかったのはなぜ~!?(オイ)
せっかく、現時点でのキョウリュウジャー全員の名乗りが見られるはずだったのに…。
スピリットの2人がいるのに、弥生ちゃんがいないなんて不自然な気がするんだけど。
このあたりの理由も解き明かされる日がくる…わけないよな(笑)

秘石がブラギガスが流した涙で、その涙にガーディアンズの一部が閉じ込められてたってわけね。
そして、イアンが持っていた大きな石は、涙そのものだった。
なんか、一気に謎解明って感じでポカーンと見ていた。

それにしても、キングのお父さんって神出鬼没で、やたらと強くて驚くばかり。
この人がブラギガスの相棒で、10人目のキョウリュウジャーだったとしても納得しそうな雰囲気をずっと持っていたから、
ブラギガスの相棒はトリンだったとは。
ということは、トリンも変身しちゃうの?
総勢10人の名乗りって、「VSシリーズ」以外では見たことないから、どうなるのか楽しみだな。
次回予告ではトリンが…!?というシーンがあるので、心配だけど…。

ところで、今回のモンスターのデーボ・タイリョーン。
あのー、どこの言葉をしゃべっているんでしょう?
パッと聞いた感じでは、大河ドラマで聞く土佐弁がベースになっているようだけど、ところどころ九州北部の方言も入っているような…。
でも、「ば」の使い方が全然違うし…。
不思議なモンスターだったな~色んな意味で(笑)
コメント

思いがけない再会

2013年10月19日 | 日々のあれこれ
化粧品が半年に一度のポイント10倍セールをやっていたので、2~3週間でなくなりそうなのも含めて買いに行ってきた。

・化粧水
・乳液
・下地クリーム(日焼け止め)
・ファンデーション
・クレンジング

これらを持ってカウンターへ行き、登録されている情報を呼び出してもらうために名前を告げた。
そうしたら…。
対応してくれたスタッフとは別のスタッフが私に声を掛けてきた。

「あの~、S・Cって覚えてますか?小学校ぐらいのときの…」
懐かしい名前に記憶が呼び覚まされた。
「はい…?」
キョトンと彼女を見ていると、
「私、そのS・Cなんです。」
と衝撃発言。
一瞬、何の事だか分からず、え?と彼女を見つめてしまった。
「え、あのC(下の名前)ちゃん?」
「はい!」
いやー、ビックリした。思いがけぬところで、意外な人と再会することになるとは。

ちなみに、このCちゃん、私より3学年下。登校班が一緒だったこともあって、時々遊んでいた仲。
3学年下、ということは、私が小学校を卒業してしまったら、それっきり…ということになってしまう年齢差なので、
実に25~6年ぶりの再会ということになった。
彼女の方でも引っ越しがあったりして、全く会わなくなっていたので余計にビックリした。

彼女も30歳を超え、化粧品売り場に勤めているのだから当然と言えば当然なのだろうけど、すごく綺麗だった。
よく見ると、当時の面影も残っていて、あ~本当にCちゃんだ~と懐かしくなった。

これから先、タイミングさえ合えば、化粧品を買いに行ったときに会えるのかな。
それを楽しみにしておこう。

コメント

気持ちのいい?間違い電話

2013年10月18日 | 日々のあれこれ
昨夜、携帯に着信があった。
おそらく神奈川県だろうと思われる市外局番からの電話。
「?」と思いつつ、出てみたら…。

「○○さんですか?」
という女性の声。名字は聞き取れなかったのだけど、少なくとも私の名字ではなかった。
「いえ、違います。」
普通はここで、相手方の謝罪があって(ない人もいるけど)終わるのだが、今回は違った。
「あの、番号の確認よろしいですか?」
と尋ねられた。
きっと、自分がメモしている番号が間違っていないか不安だったのだろう。
こちらとしても、何回もかけてこられるよりはずっとマシなので、それに応じた。
そうすると、下4桁の番号のうち、1つだけが違っていた。
電話機本体の数字の並びも上下なので、押し間違えたのだと思う。
私の番号を伝えると、
「ああ…!失礼しました!」
と言って切れた。きっと、あちらも押し間違いに気付いたのだろう。
誰にだって「思い込み」や「押し間違い」というのはあるのだから、素直に謝ってくれたら悪い気はしない。
謝りもせず、いきなりガチャン!と切られるのはさすがにむっとするけどね。
私だって何度も間違い電話したことはあるし、そのたびに「間違えました、すみません」と謝っている。
その点はお互い様だと思っているので、謝ってくれた人に対しては、全く知らない人とはいえ悪感情を抱くことはない。
別に、誠心誠意謝れと言っているのではない。
何かの拍子に手が当たったりして、「すみません!」「ごめん!」と言うことがあると思うけど、そのくらいの気持ちで十分。

今回の間違い電話は、すごく気持ちが良かった。
番号を確認してくれたのも良かったと思うし、何よりちゃんと謝ってくれた。
こういう人がどんどん増えてくれるといいのにな。
コメント

脱落…かな

2013年10月17日 | 仮面ライダー・感想・雑談
「仮面ライダー鎧武」、2話で脱落…かな。
10話ぐらいまでは見続けようと思っていたんだけど、誰が誰やらさっぱり分からない(汗)
かろうじて鎧武に変身する子だけが分かっているぐらい。

2話は、やたらと変身しまくっていたのは笑えたけどねぇ。

登場人物が分かりづらかったので、字幕をONで見たんだけど、ちょっと登場人物多すぎない?
「フォーゼ」の時のライダー部みたいに、1人1人の個性が際立っていれば、もう少し分かりやすいんだろうけど…。
私には難解すぎる(泣)

30分前に、個性が際立っている人たちを見ているから尚更感じるのかもしれないな。

「ブレイド」が3話で脱落だったから、それを上回る早さ…かな。

うーん、「戦隊にはまった年はライダーにはまれない」法則、発動しなかったのはたまたまかぁ。
この分だと、来年の戦隊もはまりそう(笑)(まだ何も情報仕入れていません、あしからず)
コメント