Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

写真撮影?

2013年02月28日 | 日々のあれこれ
先日、祖父のところへ行ったのだが、なぜかやたらと上機嫌。
ま、不機嫌なのよりはずっとマシなので、理由は聞かなかったけど(笑)

話しているうちに、年齢の話になった。
母方の祖母が92歳で亡くなっているのだが、それが頭の片隅にあるらしく、
「誕生日に写真撮影しよう」
と言いだした。
「死んだときに使ってもらう」
と笑いながら言っていたので、まだまだ大丈夫だとは思うけど。

3月9日にめでたく92歳になる祖父。
至って元気。
「伯母は95ですよ~!」
と母が発破をかけていたので(笑)、あと3年ぐらいは生きてもらわないと。

その写真撮影、私たちも参加しなければならないのかな?
母は介護があるから行けないらしいので、もし行くとしたら私だけだが…。
ま、たまには「おじいちゃん孝行」してこようか。
コメント

オーディオコメンタリー その8

2013年02月27日 | 特命戦隊ゴーバスターズ・DVD編
「特命戦隊ゴーバスターズ」DVD、Vol.8のオーディオコメンタリーは豪華!

Mission29…ヒロム&リュウジ&佛田洋監督
Mission30…ヨーコ&陣&佛田洋監督
Mission31…ヒロム&ヨーコ&ギャバン
Mission32…リュウジ&陣&ギャバン

もちろん、ギャバンとは石垣佑磨さんの方のギャバンね。

亜空間突入からメサイアの最初のシャットダウンMission29~30。
話が本編から逸れかけると「天の声」(Byリュウジ)が元に戻すように指示を出していたらしい。
特に佛田監督がこだわったのは、グレートゴーバスターを亜空間へ転送させたときの、
司令官をはじめとしたスタッフたちの敬礼のシーン。
本来は、いつもの胸の前でのポーズになっていたそうなのだが、監督なりのこだわりで敬礼に変えたらしい。
敬礼にしたことで、すごくいいシーンになったと思うから、それで良かったのだと思う。
そして亜空間で遭遇した衝撃の事実。
メサイア本体の周りに、ヒロムの両親は映像として現れたけど、ヨーコのお母さんは現れなかった。
逆に、亜空間からの帰還の時にヨーコはお母さんと一緒に操縦していたけど、ヒロムは1人。
これも佛田監督の提案だったそうで、色々と唸らされること満載だった。

続いてのギャバン編。
石垣さん自身が戦隊シリーズに出たがっていたというのが嬉しかった。
「ゴーカイジャーVSギャバン」で世界観繋がったんだから、出られるでしょ~!とハイテンションだったのが印象的。
監督とのコメンタリーのように、いや、もしかしたらそれ以上に密度の濃いコメンタリーだった。
何しろ、ギャバンに関する知識など、全部話してくれた。
私は劇場版を見に行っていないので、ライノダブラーがどんな怪人なのかも知らなかったし。
「折角造ったサイバリアンの活躍の場ができて良かった」と言っていたのには思わず笑ってしまったけど。

余談だけど、佛田洋監督は熊本の方で、つい最近まで地元紙に週1の連載(?・全5回)が載っていたので、
まさにタイムリーなコメンタリーだった。
何しろ、連載の中には聞き覚えのある作品名がぞろぞろ出てきていたから、毎回楽しく読んでいた。
コメント

Let´s Dance!!

2013年02月26日 | 戦隊・感想・雑談
やっと何とか踊れるようになった。
「キズナ~ゴーバスターズ~」。
え?遅い?

フルバージョンになってから、というよりDVDの特命ミッションで振付がある程度分かってから、
懸命に映像で追いかけながら振付を叩きこんで行った。
テレビを見ながらだったら、結構踊れるようになっていたんだけど、最近になってようやく
CDに合わせて踊れるようになった(笑)

次は、もちろん、「キョウリュウジャー」のED。
サンバのリズムは難しそうだけど、踊ってる5人が楽しそうなので、ぜひ覚えたいな。

そうそう、前に書いた、森川智之さんがユニットを組んで歌っているという曲。
なんと曲名が
「太陽と海とサンバときみとぼく」。
偶然にもほどがある(笑)

ついでに、このCDには、楽しみの密偵ラッキューロ役の折笠愛さんも参加されてます♪
コメント

今日は携帯から

2013年02月25日 | 日々のあれこれ
更新する時間がとれなくて、携帯からの更新です。
写真をアップしようとしたけど、上手くいかないので、後日また。

どこかのニュースサイトに載っていると思うけど、熊本県の菊池市で起きた事故。
あんな時間にドラッグストアが開いているということにビックリした。
死者が出なくて良かった。

怪我をしたお子さんたちの一日も早い快復を願います。
コメント

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ2

2013年02月24日 | 獣電戦隊キョウリュウジャー
博物館の展示に、ノブハルとアミィが揃ってやってきたのを見て、
「あれ?お互いに知ってるの?」
という不思議な感覚になった。
まぁ、アミィのバイト先に仕事でノブハルが訪れていたから、「あ、どうも」ぐらいの面識はあるだろうけど。
その後、お互いに変身解除して正体を明かした時に互いにビックリしていたから、
やっぱり「あの時の人」ぐらいの認識しかなかったんだな、と納得。

東映のサイトで、ノブハルの妹と姪の姓が違うのを見ていたので「なんで?」と思っていたのだけど、
旦那さんが他界していたのか。
あの若さで、旦那さんに先立たれるのは大変だろうなぁ。

アミィ、なかなか素敵な女性になりそうな予感。

ダイゴもちょっと空回り気味だけど、まぁいいか。

あとは、イアンとソウジだけど…。
初回を見る限り、そうそうイヤなヤツという感じはしないから、彼らにスポットが当たる日を楽しみにしておこう。

そして次回!
いよいよ春田純一さん登場!
それだけでドキドキワクワク♪
コメント

青空がすがすがしい

2013年02月24日 | 日々のあれこれ
PM2.5、厄介ですな~。
今年いきなり注目された感じがあるが、実はそうじゃないらしいけど…。
でも、思い切り喉とか気管支とかやられてるんだよねぇ。

金曜日だったかな?
出かけた帰りにコンビニによって(車で)、商品を選んでいたら、凄く気分が悪くなった。
「やばい、やばい、倒れる!」
必死に気力で立て直して、無事に帰宅できたものの、その日はずっと横になっていた。

そういえば、空が晴れているはずなのにどんよりとしていたなぁ…。
後で県のサイトでPM2.5の数値が発表されているページを見たら、私が具合が悪くなった時間、
凄い数値を記録していてビックリした。
熊本市は載っていないので、宇土市(うとし)と益城町(ましきまち)を参考にしている。
基準値の約2倍だった。

今日は青空が凄く美しい。
晴れている日はやっぱり青空でないとね!
雲が出ているわけでもないのに、どんよりしているのはご免こうむりたい。

今の時期だからなのか、今後ずっと続くのか…。
それだけでも分かるといいんだけどな。
前者なら我慢するしかないだろうけど、後者だったらイヤだなぁ。
コメント

「特命戦隊ゴーバスターズ」総括~ストーリー編~

2013年02月23日 | 特命戦隊ゴーバスターズ
まだ書いていなかったことに気付いてしまった。

DVDデッキの故障→新調で、見られなくなってしまったMission21~30もDVDで揃ったので、ここで書いておこうと思う。

個人的にはこういう戦隊って大好き。
バックアップ組織があって、指示・命令を出す人がいて…。
重い宿命を背負わされてしまった3人が、どんな思いで13年という長い月日を過ごしてきたのか…。
そういう過去を想像できるというのも、私は好き。

早い段階で整備士にスポットが当たったというのも良かったと思う。
「お互いを支え合うのがゴーバスターズだ!」
というセリフがMission9で出てきた時には驚いたけど、それがずっと根底にあったなというのは終わってみての実感。
エンターにヒロムのウィークポイントを突かれて、早くフリーズから戻すために痛めつけるというのも、
ある意味では「支え合い」の一つだったと思う。

人間は不完全だからこそ、お互い支え合い、フォローし合い、助け合う。

小さい子には難しい話だったかもしれないけど、
「誰かができなくて困っていたら、(もし自分ができるなら)助けてあげよう」
というメッセージは受け取って欲しいな。

全部自分で背負いこむのでなく、素直に「助けて欲しい」と言えるような社会にしなければいけないなというのは、大人として感じたこと。
「助けて欲しい」と言われたら、もちろん余力があればということになるだろうけど、手を差し伸べられるような人間になりたいと思った。

こういう作品に巡り合えたことは、私にとってはプラスになったなと思う。

明日2回目を迎える「獣電戦隊キョウリュウジャー」も、素晴らしい作品になることを願っている。
コメント

特命ミッション~特命塾Part1~

2013年02月22日 | 特命戦隊ゴーバスターズ・DVD編
放送は終わっても、私の中ではまだまだDVDで続行中の「特命戦隊ゴーバスターズ」。
DVDのVol.8が届いた。

今回は「特命塾」と銘打って、ゴーバスターズ4人と、エンター、エスケイプの6人で進行。
学生服を着ている馬場さん、似合っているのかどうなのか、微妙…。
ま、リュウさんらしく、きちんと制服を着ていたのは好感度高し(笑)
ズボンの丈がやや短めなのはご愛嬌としておこう。

1限目:語学(フランス語)・講師:エンター。
劇中で登場したフランス語の、日本語の意味を答えなさい、というものだった。
私は出てきたときに、その都度調べていたので(笑)、ほぼ全問正解だったんだけど、
キャストの皆さんはチンプンカンプン状態なのが意外だった。

2限目:体育・講師:陣マサト
ジェスチャーゲーム。
出されたお題をジェスチャーで伝え、それを他の4人が答えられたらポイントGET。
1人でも多くの人に答えてもらわなければいけないので、みんな必死。
完全に文章でのお題に当たった人、比較的簡単なお題に当たった人、それぞれに楽しめた。
可哀想だったのはエスケイプかなぁ。
登場人物だけは分かったんだけど、何を伝えようとしているのかはよく分からなかった。
水崎さんが悪いんじゃなくて、こんなお題を設定したスタッフが悪いんだと思う。

Vol.9では、この中編があるらしいので、それも楽しみ。
誰がどんな教科を担当するのか、誰がエネトロンポイントを多く獲得できるのか、ワクワクしてしまう。
今のところ、ヨーコちゃんがトップだけど、最終的にはどうなることやら。
コメント

凄すぎる

2013年02月21日 | 時事・ニュース
くまモン、稼いだもん…グッズ売上高293億円(読売新聞) - goo ニュース

今朝の地元紙の朝刊1面トップはこの話題。
上半期だけで100億を超えたとは聞いていたけど、年間を通してこの金額とは…。
凄すぎる!

記事タイトルにちょっと突っ込みたい気持ちが沸々と(笑)
「稼いだもん」じゃなくて「稼いだモン」にしなきゃ(笑)

熊本城マラソンでもくまモンの帽子を被った人や、Tシャツを着た人が多かったし、浸透度は結構凄いかも。

このニュースをYahooで見た時に、コメントで「中国や韓国で偽物が出たりして」なんて書いてあったけど、

とっくに中国で出没してます!

ちゃんと対処したはずだけど、その後の話はあまり聞かないなぁ。

そういえば我が家でもくまモンだらけだったりする。
食品にくまモンが印刷されていればそれに手が伸びるし(笑)
やっぱり可愛いや、くまモン

今でも、学校の教室には「あとぜき」の張り紙出ているのかな?
このポーズを採用したいなぁ。

くまモン体操の、ラストの「あとぜき!」のポーズ。

※「あとぜき」…出入りしたドアをきちんと閉めること。開けっ放しにするな、ということです。
コメント

熊本城マラソン~後編~

2013年02月20日 | 日々のあれこれ
色々な方が走っていた熊本城マラソン。
私がいた場所がスタートから約7キロぐらいの地点だったので、結構団子状態でランナーの皆さんはやってきた。




比較的先頭の集団。
意外と男性がくまモンのTシャツを着たり、帽子をかぶったりしている。



後ろから来ているのは、ダルメシアンかしら?(笑)
結構目立っていた。



東急ハンズが出店している(?)くる(?)らしく、その宣伝のようだ。



お猿さんの着ぐるみの方。
男性って、こういうコスプレって好きなのかな?



子どもたちに大人気だった、「スーパーマリオブラザーズ」のルイージ。
マリオはいないのかな?と思っていたら…。



小さいんだけど、ここに映っていた。
コーンの横にいるおじさんの肩の付近に小さく映っているのがマリオ。
取材に応じていたけど、名古屋から来られたそうです。



今年もいました、仮面ライダー。
昨年と同じ人かどうかは分からないけど、今年はきちんと仮面あり(笑)
子どもたちから「ライダー!」という声援が沸き起こっていた。



外国の方もチラホラと…。



疲れが見え始めている人もチラホラと…。



目を引いた何とも言えない、真っ白な人。
後で、昨年中国に出現した「偽くまモン」だと知った。
そういえばあったね~、そんな騒動。

最後にこの写真を。



私がカメラを構えていたからなのかどうかは分からないけど、持っていたTシャツを広げてくださった。
石巻からいらしたのかな?
まだまだ大変なことも多いでしょうけど、熊本の地からエールを送ります。

ちなみに…。
何枚かの写真に風船が写っているけど、あれはペースランナーの方々の目印です。
コメント (2)

熊本城マラソン~前編~

2013年02月19日 | 日々のあれこれ
撮った写真の数、120枚!
さすがに全部は載せられないので、ピックアップしながら…。

私が陣取ったのは、この地点。

フルマラソンが帰ってくると、34.7キロの地点になるところ。
そして14時30分には、無情の「リタイア」が待ち構えるところ。


この時点では高架橋はもちろん、ガラガラ。
昨年はここがすし詰め状態に…。
もちろん、今年も凄いことになったはず。
「はず」というのは、沿道の人の影に隠れて見えなかったのです…。

スタートの号砲が9時に鳴って、約20分後、やってきました、30キロロードレースの人たち。
昨年は優勝選手が独走状態だったんだけど、今年は団子状態。

何とか撮れたのがコレ。
正面の写真を狙ったんだけど、母が振っていた旗が見事に隠していた(涙)
先頭集団の真ん中を行っている川内選手。
コース取り上手いね、と話していた。
周りの選手は風除けですか。さすが~。

彼らが行って数分後、フルマラソンの部がやって来た。
この時のトップはこの方。


2位集団がこちら。


優勝した地下(じげ)さん、ここにいました。

今回はカメラ持参で、パシャパシャ撮りまくっていたので、あまり「がんばって!」とは声かけが出来なかった。
だけど、知人が数人出場していて(知らなかった)、挨拶してくれたのは嬉しかった。
聞いたら、沿道の人って意外と見えているらしい。
こちらは全然分からないから、声かけてもらうと「がんばって!」と言いやすい。
撮りまくった写真を眺めていたら、結構カメラ目線の人がいて(笑)面白かった。
欲しいなら差し上げるけど、どこのどなたかも分からないからなぁ。

次回はフルマラソンの部の大勢の人々&コスプレ集をお届けします♪
コメント

連想したのは…

2013年02月18日 | 特撮ヒーロー・雑談
昨日の熊本城マラソン、写真を撮りまくったんだけど、その写真がまだ編集できていないので、明日以降に。

昨日の「キョウリュウジャー」と「ウィザード」で、ちょっとした連想したものがあったから、それを先に書いておこうかな。

「キョウリュウジャー」のナレーションは、千葉繁さん。
色々と印象的な役は沢山あるけど、強烈に印象に残っているのは、「重甲ビーファイター」での、シュヴァルツ。
だんだんとキャラが壊れて行った?というくらい弾けた敵幹部。
最後の方では自分で「兄貴」を作ってしまうという、お茶目な憎めないキャラだった。
彼の最期は悲惨なもので、「メカは死なない」という言葉のもとで、衛星軌道上をグルグル回るというものだった。
「お願いだから死なせて~!」というセリフ、意外と千葉さんのアドリブだったのかな?

この「メカは死なない」という言葉が、昨日の「ウィザード」のフェニックスの最期(?)で脳裏に蘇った。
直前に千葉さんの声を聞いていたから、余計に連想したのかもしれない。
ある意味では凄く残酷な最期だよなぁと思ってしまった。

「キョウリュウジャー」の賢神トリンの声の森川智之さん。
初めてそのお名前を知ったのは中学生だったか高校生だったか…。
とにかく15~16歳ぐらいの頃。
その頃に出たCD(声優さんの歌がおさめられているオムニバス集)で知った。
高木渉さんと岩永哲哉さんと3人で「GETDO'S」というユニットを結成していた。
なかなか楽しい歌で、このCDの中におさめられている歌の中では一番好きな歌。
また今度聞いてみようかな。
(今は「ゴーバスターズ」の歌がエンドレス再生中・(笑))
コメント

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ1

2013年02月17日 | 獣電戦隊キョウリュウジャー
まだ世界観が掴み切れていないけど、前作と違って底抜けに明るい感じ。
今回はレッドの単独変身だったから、そのうち5人揃っての変身に期待したいが…。
お互いに素性を明かしたくない?
それはそれで新鮮だけど、じゃあ変身後は何て呼び合うのだろう?なんてことが気になる(笑)
まぁ、次回予告と公式サイト見る限り、ブルーとピンクは素性をすぐに明かしてしまうようだから、
ブラックとグリーンもそのうちに…と期待しておこう。

実は最初はレッド以外のメンバーは全員面識があるのかと思っていた。
だから、レストランで鉢合わせしたときに、やや違和感があったのだけど、
全く面識がないと分かった今では、あの違和感は氷解した。
偶然居合わせたというだけかぁ。

今回のレッドは第一印象としては、苦手なタイプだなぁ。
どこまでこの印象を覆してくれるか、楽しみに見守っていきたい。
他の4人はまだまだどんなキャラなのか全然分からないので、何とも言えない。

ところで、今回の戦隊は、「ゴーオンジャー」以来の名前に法則性がある戦隊だね。
各自の姓の頭文字を繋げたら「きようりゆう」になるのに、つい最近気付いた(笑)

コメント (2)

熊本城マラソン~予告(笑)~

2013年02月17日 | 日々のあれこれ
沿道観戦に行ってきた。

30キロロードレースの優勝者は川内さん。すげー。
去年の優勝タイムを30秒ほど縮めているよ。

フルマラソンの優勝者は地下(じげ)さん。タイム現時点では不明。
この方、昨年の優勝者。つまり連覇。

お二人とも地方公務員という共通項がある。

お二人、おめでとうございます!
参加者の皆さん、お疲れさまでした!
コメント

明日も行くぞ!

2013年02月16日 | 日々のあれこれ
明日、第二回熊本城マラソンの日。
昨年も沿道観戦に行ったが、今年も行く予定。
フルマラソンのスタートに先立って、30キロロードレースがスタートするので、そちらも楽しみ。
何しろ、最強の公務員ランナー・川内さんがやってくるのだから♪
別大マラソンで優勝した時には、「もしかして来ないんじゃ…」という不安もよぎったけど、どうやら大丈夫そうだ。
カメラ持参で応援に行こう。
運が良ければ行く時と帰る時と両方を応援できるかも。ふふふ。
とりあえず、9時過ぎには沿道へ行って、フルマラソンの「最後尾」車が行ってしまうまではいるつもり。
予定では2時間弱ってところかな。
コスプレしている人とか写真撮ってこようっと。
また声がかれてしまうかもしれないな(笑)
コメント