Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

何が悪いのか…

2012年08月31日 | 日々のあれこれ
別箇所でやっている犬ブログ。
しばらく更新していなかったので、更新しようとしたのだけど、上手くいかない。
時々文字を打っていると止まる。
フリーズ状態とまではいかないのだが、念のためこまめに下書き保存していたのだが…。

書き終わって、さあアップだ!と思って「公開」ボタンを押しても反応しない(泣)
何でぇ!?
こちらのブログは大丈夫のようなので、あちらのブログのサーバーの所為なのか…?
あまりに更新頻度が少ないから、サーバーが拗ねているのかな…?

今、メモ帳に書いたものを保存している状態。
アップ直前は下書き保存すらできないのだ。
こういうことが続くと、更新頻度がますます落ちるよなぁ(笑)
ただ単にネタがないだけだけど。

ちょっとキーボードを打つスピードと反応時間にズレがあるような感じもしているが、これはPCの所為かな…。
たしか、テレビと一緒に買ったから、買ったのは2008年。もうすぐ4年。
まだまだガタが来るような年月じゃないと思うのだけど。
PCの中も整理しないといけないかなぁ…。
コメント

微笑ましい

2012年08月30日 | 日々のあれこれ
書店での出来事。
特に目的もなく、ブラブラと彷徨っていたら、棚を整理していた店員さんに70代ぐらいの女性が声を掛けたのが聞こえた。

「月刊エグザイルの最新号は…?」

書名に自信がないのか、小声で訊ねていた。
店員さんは
「これです」
と目の前にあった平積みの雑誌を指して言った。
たまたま表紙が目に付いたので、見てみたら『EXILE』と大きく書かれた雑誌だった。

お客の女性は少し赤くなりながら
「頼まれたんだけど、分からなくて…」
と言っていた。
きっとお孫さんあたりに頼まれたのかな?
それにしても、こういう雑誌が出ているとは知らなかった。
必死に書名を覚えて来たんだろうな。
カタカナで書いてあると良かったんだろうけどねぇ。

私にとっては収穫はゼロだったけど、何だか心温まる出来事だった。
コメント

立て続けの台風

2012年08月29日 | 日々のあれこれ
台風15号に続いて、14号まで九州接近とな。
直撃コースではないけど、天気が不安定で困る。
突然雨が降りだすから、慌てて洗濯物を取り込むと数分後には青空。
こんな日が続いている。
風はそれほど強くないけど、日曜日だったかの風は凄かった。
物干し台倒れたからね(汗)

そして、この数日、1時間ごとに配信されてくる、九州電力からのメール。
停電の状況を知らせてくれるのだが…。
正直なところ、県や市町村まで入力させたあのフォームは何だったんだ?という感じ。
鹿児島県の停電状況なんて必要ないんですが…(汗)

それともただ単に入力させただけで、こういうメールの配信は九州電力管内一斉配信ですか…。
電気代勿体ない(というより節電呼び掛けてるじゃないか!)から、せめて県単位まで狭めてくれないかなぁ…。
コメント

カッコいい!!

2012年08月28日 | 時事・ニュース
戦隊ヒーロー司令官役が女子高校生盗撮の男を逮捕

夕方、検索急上昇ワードなるものに、榊英雄さんのお名前があったので、「?」と思ってクリックしたら、このニュース。
さすが司令官!
素敵です!

悪いニュースなんて起きないだろうとは思っているけど、やっぱり検索急上昇となると気になる。
良かった良かった。
コメント

ほほ~。

2012年08月28日 | 特撮ヒーロー・雑談
昨日購入してきた、「HERO VISION」の最新号。
宇宙刑事ギャバン the movie」の記事もあったのだけど、驚いたのは、
シャリバンとシャイダーも復活するということ!
ビックリした~。

公式サイトには「友情出演」となっているので、少しだけしか出ないのかな?
でも、「HERO VISION」だからこそ、なのかもしれないが、2人の対談が今号だけでなく来号にも掲載されるらしい。
ほほ~、楽しみだ。
どちらもヒーロー経験者だから、きっと見ごたえのあるものになるだろうな。

話は変わって、同じ号に掲載されているゴーバスターズの、男性陣2組による座談会。
楽しい。楽しすぎる!
馬場さん、松本さん、榊さんの3人のお話しはすごく読み応えがあった。
ケシゴムロイドの回の司令室のドタバタ劇の裏話も披露されていたけど、本当にドタバタだったんだな~。
大きな怪我がなかったからよかったけど、ホント、気を付けて…と思ってしまった。

もう一組は、鈴木さん、高橋さん、浅井さん(ニックのスーツアクターさん)。
こちらはなぜ、全員敬語?と思ってしまった(笑)
特に浅井さんは他の2人より10歳近く上なのに、敬語で話していたのが印象的だった。
主に複数のバージョンで撮影したシーンのエピソードが語られていたけど、採用にならなかった方のバージョンも見てみたいな。

さ、これから仮面ライダーの方の記事も読むとしますか(笑)
コメント (2)

朝からは辛い

2012年08月27日 | 日々のあれこれ
昨日の夜、大伯母の介護に行っていた母がサンドイッチを持ち帰ってきた。
誰かの手作りらしい。
既に夕食を済ませた後だったので、翌日、つまり今日食べることにした。

そして今朝。
そのサンドイッチを食べることに…。
オーソドックスなハムやレタス、キュウリを挟んだものからカツサンドまでバラエティ豊か。
結構美味しく、母と2人で完食したのは良かったのだが。
普段、朝からウインナーぐらいしか「肉」を食べない私。
完全に胃がやられてしまった(汗)
もう若くないなぁ。
学生の頃は朝食代わりに肉まんとか食べていたのに(笑)

朝からカツサンドはさすがにまずかったかな。
ハムサンドぐらいにとどめておかないと…(笑)
コメント

仮面ライダーフォーゼ

2012年08月26日 | 仮面ライダー・感想・雑談
最後の最後に、訳の分からない(私が理解できない)ボスが出てこなかったというだけで、大満足の最終回だった。
「我望理事長からの卒業式」。
高校生らしい幕引きのありかたで良かったと感じた。

弦太朗の見た目から最初は色々と心配もしたことが笑ってしまえるぐらい、爽やかな作品だったと思う。
「学園全員と友達になる!」
との宣言通り、理事長とまで「友達」になってしまったよ(笑)
大人の目線から見ると、理事長と生徒の間の「友情」なんて「ええ~?」という感じだし、
理事長自身も数話前は同じような態度を取っていた。
それが最終回の今回、何だか嬉しそうに見えた。
弦太朗の心から「友達になりたい」という思いが通じたのだろうか。
自滅という形で理事長がこの世界から消えた。
入れ替わるようにして賢吾が復活。
第一話を再現したかのような下りはとても好印象だった。
弦太朗が賢吾に言った言葉を、そっくりそのまま賢吾から言われる…。
何だかすごく感激した。

「プレゼンター」とは何者だったのか?という謎は残ったけど、結局分からないままでいいんじゃないかな。
すがすがしいラストが印象的な作品だったと思う。

ところで…。
園田先生がスコーピオン・ゾディアーツだったってこと、いつライダー部の面々は知ったんだっけ?
全然記憶に残っていないんだけど…。
たしか、ダークネビュラに送られる直前は「女」ということ以外分からなかったはずじゃ…?
コメント

特命戦隊ゴーバスターズMission27

2012年08月26日 | 特命戦隊ゴーバスターズ
28歳が17歳に「おじさん」とは呼ばれたくないよなぁ…。7歳ならともかく…。
でも、最初こそ抗議したものの、全く聞く耳持たずのミサキに打つ手なしのリュウジ、すっかり諦めきってるね。
彼らしいと言えば彼らしい。
そして怒るポイントも彼らしい。
リュウジって自分自身に対してのことについては怒らないもんね。
リュウジの両親の話が全然ないから、見てみたいなぁ。

「子どもに興味のない親なんていない」

とてもいい言葉だと思う。
本当に?と言いたくなる出来事も多いけど、大半の親はそうだと思う。
ミサキは17歳ということで、反抗期真っ盛りなんだろうけど、リュウジの言葉は響いたようで良かった。
そして博士も咄嗟に父親として娘をかばい…。
もちろんドラマなんだけど、親らしいところを見せられたのは素晴らしいと思う。

来週から9月、ということで、主題歌が変わるとか…?
え~!?あの歌、大好きなのに…。
どんなのに変わるのか、楽しみ半分、不安半分。
何で変えるの~!?という気持ちが今のところ99%。
コメント

年上の後輩

2012年08月25日 | 遠い日への回想
友人のブログで、年上の後輩や年下の先輩をどう呼ぶか?ということが話題になっていたので思い出した。

大学時代のこと。
所属していたサークルで、2年生の時に入ってきた1年生の1人。
普通の1年生として接していた。
ある時、ひょんなことから彼が2浪していたことを知った。
ということは…、私より1つ上?
彼との会話の中で知ったことだったんだけど、さすがに驚いた。
同い年かも?ぐらいには思っていたが、年上かも?とまでは思っていなかったから。
他の人には知られていなかったこともあり、本人もあまり知られたくないということもあって、
お互いに今まで通り私は「○○君」+「タメ口」、彼は「○○さん」+「敬語」で行くことになった。

続いて大学院生時代。
私がM1のときにゼミに入ってきた3年生。
こちらも普通に後輩として接していたんだけど…。
他の3年生も同期性として振舞っていたので、全然気付かなかった。
彼らより5つ(私から見れば3つ)年上だったなんて!!
さすがにこの年齢差はまずかろうと思ったのだが、本人はいたってクール。
「だって、学部生と院生なんだから、その対応は当たり前じゃないですか」
彼女の説に妙に納得したのもあって、それまで通りの接し方で過ごしてきた。
まぁ、多少きびしいことは言いづらくなったけどね…(汗)

相手の呼び方として、そういえば…と思うことが1つある。
大学を出た後に知り合った人などは男女を問わず「○○さん」としか呼んでいないということ(子ども除く)。
大学院時代に勤めた病院が「○○君」と呼ぶのを禁止していたこともあって、年下だろうが何だろうが、
男性を「○○さん」と呼ぶことに抵抗がなくなった。
というより「○○君」と呼ぶことの方が失礼かなぁ?という気がしてきた。
4つ下の男性を「○○さん」と呼んだとき、相手の方が恐縮していたけど(汗)
仕方ないじゃん、病院のルールだもん。守っている人はほとんどいなかったけど…。
コメント

魔法戦隊マジレンジャー

2012年08月24日 | 戦隊・感想・雑談
最近、ゴーバスターズの中で陣の「マジ」というセリフがやけに気になる。
ひょっとしてスタッフたちのお遊びも入っているのかな?と感じている。

というわけで、マジレンジャーを見返したくなった。
ただ、テレビシリーズは残念ながら既に手元にない。
当時はVHSに録画していたし、私の「ライダーに嵌った年は戦隊に嵌れない」法則が発動したこともあり、
あまり印象に残っていない作品でもあったのだ。

今月、東映チャンネルで、「パワーレンジャー・ミスティックフォース」(アメリカ版マジレンジャー)が
始まることもあってか、マジレンジャーの劇場版が放送されたので、それを見ることにした。
見ていなかったことに気付いた…というのもあるのだが(笑)
作品の印象は「こんな感じだったっけ?」という、自分の中では「?」という感じ。

でも、私が見たかった最大の理由は「小津翼」。
彼がこの何年かのうちにどのように変化したのかを見てみたかったのだ。
ついでに、「魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー」のDVDも見てみての印象。
この頃の松本寛也さんって、細すぎるぐらい細かったんだ…。
今の体格を見慣れた目には、凄く頼りない印象を持ってしまった(汗)
年月って、人を十分に成長させるんだね~としみじみ感じ入ってしまった。

テレビシリーズの方もまた見てみたくなった。
レンタルで借りてくる以外には、東映チャンネルで放送されるのを待つしかないが…。
今、タイムレンジャーだから、あと…間に4作品ある。
ということは、2年半後か。
やっぱりレンタルで見てみようかな。初期の数話だけでも…(汗)
コメント

自分の深視力は信じない

2012年08月23日 | 日々のあれこれ
先日、NHKの番組で、内村航平選手を取り上げたスペシャル番組があったので見た。
その番組の中で、懐かしい機材が出てきて「おお~」と思った。

・瞬間視
・KVA(横方向動体視力)

いずれも学生時代に、アルバイトで携わった機材。
瞬間視の方は、ある程度の集中力と短期記憶力が強ければ、誰でも高得点をたたき出せるのだが…。
KVAの方は、相当な動体視力の持ち主でないとムリ。
KVAについて、母に説明しても、なかなか理解してくれない(笑)

前にある楕円上のスクリーンにランドルト環(視力検査のCのマーク)が映し出され、それが左から右へグルグル回るので、
動いているマークの穴が空いている方向を答えるというもの。
なお、グルグル回るランドルト環は徐々にスピードを落としていくので、分かったときに自分でボタンを押して止めてもらう。
ボタンを押してからランドルト環は一周して、スクリーンの真ん中で停まるので、それまでに答えを言ってもらう。

これが私がやっていたアルバイトのKVAの測定方法。
番組を見る限りでは、内村選手も同じようにやっていたようだった。
「満点」と言っていたので、相当な動体視力の持ち主のようだ。

番組の中ではこの2つしか取り上げられていなかったが、私が携わったアルバイトでは、他に
・DVA(縦方向動体視力)
・深視力
などがあった。

その中で、遊び半分で測定した深視力の結果に愕然とした。
途中までは遊び半分だったのだが、あまりの結果の悪さに本気で取り組んだのだが、やはり最悪の結果。
ショックを受けた。
もし、普通免許に深視力が必須になったら…。
更新できないかもしれない(汗)
ただ、免許に必要な深視力と、この時に測定した深視力では測定方法というより測定する距離が違うので、
そこまで心配する必要はないのかもしれないが…。
この一件以来、私は自分の深視力を信用していない。
おかげで、超安全運転になっている。
これまでに、自宅車庫の支柱に2度ぶつけた以外は、無事故無違反。
このうちの1度は完全に深視力の悪さが原因だと思う。
幸いというか、遠いものが近くに見えるという方の悪さなので、車の運転に支障はない。
車間距離開けすぎて入られて「ぎょっ」となることはあるけど…。
近くのものが遠く見える方でなくて良かった。
コメント

園長先生、安らかに…

2012年08月22日 | 訃報
新聞の訃報欄に、通っていた幼稚園の名前で死亡広告が出ているのに気付いた。
視線を横にずらすと、死亡記事も出ていた。
「これって園長先生?」
母に訊ねると
「そうだよ。」
との返事。

え~、園長先生ってこんなに年だったの!?

と驚いた。76歳。
というのも、私が中学3年の時に、ここの娘さんが1年生で入学してきて、
学年は違うものの同じ○組で、同じ委員会に所属していたため、仲良くしていたのだ。
体育祭の時には、お母さん(副園長)から直々にご挨拶頂き、恐縮してしまった。
同時に、覚えていてくれた、ということに感動した。

どうしてもそのことが頭にあったため、もっと若いと思っていたのだ。
2つ下の娘さんのことがなければ、ここまで驚かなかったと思う。

最近は、園長先生について、いい話を聞かなかったのでちょっと心配していたのだが…。
園長先生は、お寺の住職でもあり、住職としての園長先生には何度か会ったことがある。
だが、卒園したころの印象とはかけ離れていてかなり戸惑った。
もうその頃には病を患っていたのかなぁ?


園長先生、安らかにお眠りください。
コメント

今気付いた^^;

2012年08月22日 | 特撮ヒーロー・雑談
昨日頂いた写真と一緒に、こちらのページの紹介もありました。

http://www.tiny.jp/~kazenoushiro/footprints/2012.04-2013.03/12.08.18.htm

貴重なお写真の数々。
もう感涙ものです♪
コメント

またまた…

2012年08月21日 | 自サイトアピール
すごいものを頂いちゃいました。

ここからダイレクトに飛べます。
かなり大きな画像なので、覚悟してください(笑)

ちなみに…。
中心にいらっしゃる、メガネをかけた方から頂きました♪

コメント

手術、決定

2012年08月21日 | 病院受診
今日の皮膚科受診で、かねてからの懸案事項だった「手術」が確定した。
左側後頭部の神経線維腫切除。
担当医師があまりにあっさりしているので拍子抜けしてしまったが…(笑)
とりあえず日程も決まって、ほっとしたのとドキドキしているのと入り混じっている。

10月1日月曜日、午前10時。

9月の終わり頃を打診されたのだが、その頃はちょうど生理の真っ只中の可能性大。
と伝えたところ、上記の日程になった。

帰宅後、母にも伝えた。
「入院は?」
「外来で大丈夫だって。」
「付き添いは?」
「特に言われなかったけど。」

以前に母が右手の腱鞘炎の手術をした際には、私が手術室の前で待機していなければならなかったので、
そのことがずっと引っかかっている様子だった。
「心配なら待合室で待ってれば?」
と言うと、母は結構その気になっている。
自分は右手、娘は頭部。
やはり母としては心配らしい。いくら表面とはいえ。

私は今までも1人で(送迎はしてもらっていたが)手術を受けてきたので、さほど抵抗はないが…。
ま、「手術」という名が付くのだから、家族が待機していたって、別に恥ずかしくもなんともないけどね。

髪の毛については何も言われなかったから、当日、その場で、その部分だけ剃るということになるのかな?
どうやら心配していたような事態にはならなさそうなので、その点は安心した。

あとは…
10月1日に何も予定が入らないことを願うばかりだ。
コメント