Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

現実味を帯びてきた

2012年06月30日 | 日々のあれこれ
九州電力から、計画停電の概要が届いた。
我が家が属するサブグループ、7月の計画停電の予定表が印刷されたハガキ。
平日は毎日、どこかの時間帯に属している。
全部が一度に停電するわけじゃなさそうだが、「立て続けに停電したりして…」という不安はつきまとう。
そんなことはない、と九電は言っているけど、信用がた落ちだからなぁ…。

一昨年比10%の節電を!と呼び掛けられているけど、もうどこをどうやったらいいのやらと言う状態。
何でもかんでも電気を使用するように仕向けておいて、いざとなったら「節電を!」ってなんか矛盾してないか?
昔は電話なんて、電気必要なかったのに、今じゃ停電してたら掛けることもできやしない。
ナンバーディスプレイとか、緊急時には必要ないんだし、電気につないでなくても掛けられる電話ってまた出てこないかなぁ。
電話帳機能だってちゃんと控えさえ取っていれば、特に必要ないでしょ。
電話の待機電力ってどのくらいか分からないけど、これも結構な無駄だと思うな。

話は変わるけど、週末ごとに大雨に見舞われている熊本地方。
おかげで除湿機稼働中。これも無駄…じゃないよね(笑)

この夏、一度も停電が起きないことを願う!
コメント

自転車の事故

2012年06月29日 | 時事・ニュース
先日、熊本市内の私立高校に通う男子高校生が、直前まで飲酒していた車にはねられて亡くなるという痛ましい事件が起きた。
10キロの道のりを自転車で通っていた真面目な普通の高校生。
一瞬にしてその未来を奪った飲酒運転の車は許せない。
数年前に免許を失効していたというのにも呆れ果てるし、一時現場から逃走していたというのも許せない。
本人には「逃走した」という認識はなかったらしいが、飲酒していたという時点でアウトでしょ。
これはもう、「危険運転致死罪」適用しなきゃ。

私が高校1年の時も、車にはねられて亡くなった同学年の子がいた。
こちらは飲酒は絡んでいなかったようだが、中央線をはみ出してきた対向車と彼女の自転車が正面衝突。
数日後に亡くなったという知らせが入った。
中学校も違うし、クラスも違ったから面識はなかったけど、自分の身近でこんな事故が起きるなんて…と衝撃的だった。
同じクラスには彼女と中学からの友達という人もいたから、尚更衝撃は大きかった。

そして今朝。
母が突然、午後から市民病院にお見舞いに行って来ると言いだした。
何事?と思ったら、母の従兄が昨晩自転車で事故に遭ったらしい。
どういう状況だったのか、どういう容体なのか、情報が錯綜しているらしく全く見えていない。
「○○おじさん」と呼ぶくらいには親しい間柄なので、とても心配している。
快復しますように…。
コメント

サーティーワンの好きな…

2012年06月28日 | gooのお題
サーティーワンの好きなスタンダードフレーバーランキング - gooランキング


一時期、私の周辺から消えていたサーティーワン。
よく行くショッピングセンター内に出来たのをきっかけに、数ヶ月に一度ぐらいは食べる。
(結構高いから、なかなか食べられない)
昨日も実は食べた(笑)
昨日食べたのは、11位にランキングされている「ポッピングシャワー」。
口の中ではじける飴が楽しくて、お気に入りのフレーバーになっている。

今、サーティーワンではダブルの値段でトリプルに出来るサービスを実施中。
それが始まってすぐの時期にも食べた(笑)
そのときはどういうフレーバーだったかなぁ。

・チョコミント
・バニラ
・ポッピングシャワー

だったはず(笑)

柑橘類が一切ダメ、ナッツ類も避けたい(美容上の理由)、となると食べられるものの範囲も限られてくる。
今度はメロンあたり挑戦してみようかな♪

トリプルのサービスは7月16日までかぁ。
それまでにもう一度挑戦してみようかな
コメント

小学校時代のノート

2012年06月27日 | 遠い日への回想
小学校の3年に進級して間もなく、担任の先生から使用するノートの指定があった。
特に混乱はなかったように記憶しているので、「現在使っているノートを使い切ったら」等の猶予はあったかもしれない。
そのノートは文具店では購入できず、先生がまとめて購入しておき、必要に応じて子どもたちが「先生から買う」という形だった。
これは少なくとも私にはありがたかった。
何しろ、校区内に文具店は1店だけ(私の知る範囲では)。
学校の正門前の信号を渡るとすぐなのだが、学校の規則として寄り道禁止。
必然的に一度家に帰って、標準服から私服へ着替えて出直さなければならなかった。
私の家は正門ではなく裏門から出た方が近い。
近いといっても、子どもの足で学校の裏門まで20分近くは掛かっていたから、改めて出直すというのも辛かった。

先生が用意してくれているノートは常に教室に置いてあったので、ノートを使い切ったらすぐに出してもらえた。
親からお金を貰ってくるのを忘れた子は「ツケ」で買っていた(笑)
小学生が「ツケ」!?と今になれば「え~!?」と思うシーンもないではなかったが、踏み倒す人はいなかった。

指定されたノートは国語と算数。
社会と理科はノートは必要なかったので、この2種類のみ。
算数が方眼のノートだった。算数を指定するために、国語もついでに指定していたんじゃないかな。
3年生にもなれば、掛け算や割り算の筆算を習う。
位をちゃんと合わせるための方眼だったんじゃないかな、と今になって感じる。
先生の側としても、位がずれているなど誤りを指摘しやすいという利点があったんじゃないかな。

この先生は家庭学習にも力を入れていて、毎週月曜日に宿題とは別に「課題」を1週間分出していた。
この「課題」はムリしてやる必要はない。
出来なければ出来ないでOK。ただの目安というか目標なので、出来ないからと言って叱られることはなかった。
出来たら褒めてもらえたけど(笑)
出来ないことに対して叱るのではなく、出来たことに対して褒めるというスタンスの先生だったので、
「もっと褒められたい」という意識が働き、勉強も楽しく進めることができた。

やってはいけないことをしてしまったときの叱られ方は凄く、恐怖すら感じることもあった。
だが、親たちの絶大な信頼が寄せられていた先生だし、叱られる方が悪いのだから、やり方としては間違っていなかったと今も思う。
ま、あのやり方を今導入したら「体罰だ!」と叫ばれるだろうけどね…。
私はそこまで叱られることはなかったけど(笑)
主に男子がやられることが多かった。さすがやんちゃ坊主たち。わはは。
コメント (2)

電源を落として…

2012年06月26日 | 日々のあれこれ
私のスマートフォン。
まだ買って数ヶ月しか経たないのに、電池の減りが早すぎて驚いている。
前に知らないうちに外部から操作されているかも…なんてテレビを見てからは何だか怖くなってしまった。

寝る前に100%充電完了になって、充電器から外して置いておいたら、翌朝には電池残量63%とかって何!?
メールを1~2通受信したというのを割り引いたって、そこまで減る!?
前の携帯だったら、せいぜい95%ぐらいまで減っているくらいだったぞ。

色々試しても全然変わらなかったので、ついに最終手段に出ることにした。
ズバリ。

電源を落として寝る!!

これをやり始めてから電池の減りが遅くなった(笑)
通話が長かった時などはやや早いものの、それは通話の所為だと分かるので問題なし。
前は置いておくだけでどんどん減っていっていたが、最近はそれもない。
起きている間に電源を切っておくというのは、携帯電話の意味をなさないのでナンセンス。
寝ている間であれば、どっちにしたって通話もメールもできないのだから、切っておいたって大丈夫。

毎日のように充電しなければならなかったのが、今は2~3日に1回でOKになっている。
表示させていた天気予報なども表示されなくなってしまったが問題ない。
見たければ天気予報のサイトに行けばいい。

さあ、これで夏の節電を乗り切らなければ!
下手したら、35度とか36度とかを記録する時間帯に(計画)停電する可能性が高まっているのだから…。
本当にそれだけは勘弁して欲しい。

それにしても…。
我が家近くに「計画停電対象外」があるらしいのだが、一体どこ?
羨ましすぎる…。
コメント

やっぱりムリか

2012年06月25日 | 戦隊・感想・雑談
昨日の「ゴーバスターズ」で、ヨーコがJに促されて樹液を舐めていたシーン。

気になったので調べてみた。
人間は樹液を食べない(飲まない)方がいいらしい。
中には毒性のあるものもあるらしい。
食べられる(飲める)ものもあるようだが、ヨーコが言っていたほど「甘い」ものは稀らしい。
簡単に言えば、「良い子は真似しないでね」のレベルということか。

Jのお墨付きがなければ、ヨーコだってむやみに食べない方がいいということだよね。

ということは、あの「樹液」。
現実的に考えると、水あめ?蜂蜜?そのあたりなんだろうな…。

それはそうと。
「樹液 人間 食べる」で検索掛けたら、昨日の記事が4番目か5番目にヒットしてしまった(笑)
アクセス解析等は付けていないが、もし付けていて、この検索ページからアクセスしたら、このワードが解析に残るんだろうな。
コメント (4)

特命戦隊ゴーバスターズMission18

2012年06月24日 | 特命戦隊ゴーバスターズ
うん、覚悟はしていたけど、やっぱり入ってたよ。
「大雨洪水警報」と「土砂災害警戒情報」の2つのテロップ。
前者は本編中、後者はEDにそれぞれ入っていた。
朝から凄い雨だもんな~、後日見返したら「このとき凄い雨だったな」と思い出したりするかな?

前置きが長くなったけど、今回の感想を…。
ビート・J・スタッグを日本語(?)になおして「カブトムシ・樹液・クワガタ」と言うヨーコに爆笑。
あまり考えていなかったけど、そうなんだ~と改めて感心した。
その後、ずっと「樹液!」と呼んでいたのも楽しかった。
そして「樹液」呼ばわりされても全く動じないJもステキ。

樹液って人間も食べて大丈夫なの?と疑問に思わないでもないけど、ヨーコの充電切れをとっさの機転で救ったJ。
すっかり打ち解けた様子の2人を見て、ヤキモチ焼いているウサダが可愛い♪

前回のラストで陣から高額のお金を持って行かれ、ヒロムやヨーコにまでたかられそうになっていたリュウジ。
ますます年長者としての責任も増してきているようで…。
「胃薬が欲しい」とため息をついているのが印象的だった。
司令官、折角謝ったんだから、もう少しリュウジの精神的負担軽くしてあげて~(笑)

ところで、ビデオを予約する際に番組表に載っている粗筋を読んだところ、「ドリルゾード」の文字に「あれ?」と思った。
たしか、前にいたよね?
地中に転送されたヤツ、ドリルゾードじゃなかったっけ?
等など考えていたら、OPにしっかり「ドリルロイド2の声」とあったので納得した。
今後もこういう「~ロイド2」とか増えていくのかな?
メタウイルスになる動詞も、そろそろ限界に来つつあるような気もするのだが…。
コメント (2)

教えてあげたい(笑)

2012年06月23日 | 日々のあれこれ
先ほどから、ずっとリコーダーやらメロディオンやらの音が聞こえている。
リコーダーで「エーデルワイス」、今はメロディオンで「ドレミの歌」。

「ドレミの歌」が意外と難しいらしく、結構苦戦している。
楽譜ないのかな?ってくらいに間違いが多く、「あちゃー」とがくっと何度もきている(笑)

う~ん、教えてあげたい!
ピアノで弾いてみせようかなぁ?

「ドレミの歌」ぐらいならまだ弾けるはず(笑)

追記:
弾いてみた。
弾けた(笑)
聞こえちゃったかな?ちょっと癇癪おこしてるような感じもするが…。
コメント

スカイツリー、行く?行かない?

2012年06月22日 | 日々のあれこれ
「夏の遠足」で手配したホテル。
地下鉄でスカイツリーの最寄り駅まで乗り換えなしで行けるらしい。
予約が必要な時期は過ぎているから、行ってみようかな?という気持ちも少しある。
でもまだまだ混雑しているだろうし、上に行くのはムリかな~。
周りを一周するぐらいだったら大丈夫かな(笑)

ホテルのホームページには、
残念ながらホテルのお部屋からスカイツリーを見ることはできません
と書いてある。
赤文字とはいえ、他の説明文に対して文字が小さいのが何とも…(笑)
ま、その時の気分次第で行くかどうかは決めるとするか。

東京タワーだってつい最近上ったばかりだし(笑)←2008年の冬
それを考えたらもう少し後でもいいかな~。
(リンク先はこのブログ内ではなく、サイトの方です。携帯からご覧の方はご注意を)

まだ1ヶ月以上あることだし、もう少し悩んでみよう(笑)
コメント

お名前を…

2012年06月21日 | 日々のあれこれ
先ほど、前の記事に対してコメントを下さった方へ。
当ブログは「名前なし」のコメントは削除する方針です。
仰っていることはとても素晴らしいことですので、削除するのが残念ですが、他にも削除したことがあるため例外は作れません。
ご了承ください。

なお、またお名前を記入していただいてのコメントは大歓迎です。
コメント

私だって自己中心的(笑)

2012年06月21日 | 日々のあれこれ
よくバスや電車で、子連れ(乳幼児)のお母さんや妊婦さん、お年寄りに席を譲るかどうかが議論されているのを目にする。
「譲ってほしい」と声に出す人に対して、「相手が身体が不自由だとは考えないのか?」と言う人がいる。
だったら「こうこう、こういう理由でムリです」とでも答えればいいでしょ。
何もムッとすることないでしょうに。
譲ってほしいと訴えた人に対して「自己中心的」と批判を浴びせる人の多いことに驚いている。

私?
気付けばすぐに譲るし、仮に気付かなくても声を掛けられたら譲るよ。
だって、目の前で転倒されたりしたら嫌だもん。
もし車内で転倒したりしたら、バスや電車はストップして身動きとれなくなっちゃうんだよ。
それだけ目的地へ行く時間もロスしてしまう。
立っている辛さよりもそっちの方が辛い。
私が席を譲るのは、目の前の危険を回避することで、自分の時間をしっかり確保するため…なのかも。
私だって自己中心的だと思う。
でも、周りもささやかな幸せになれるのだから、悪いことではないだろうと思うようにしている。

そういえば、エスカレーターから転げ落ちそうになった人を懸命に支えたこともあったっけ。
あれだって、本音を言えば「巻き添えを食らいたくない、一緒に落ちるなんてイヤだ!」だったからな(笑)
自分本位な考えだったけど、結論から行けば転げ落ちそうになった人やその家族には感謝され、
エスカレーターも止まることなく上まで行き、私もすぐに家に帰れたし、いいことづくめだった。

情けは人のためならず。

その場で巡り巡って返って来ることって結構多いよ♪
コメント

やっぱりそうか

2012年06月20日 | 日々のあれこれ
先日書いた、奇妙なダイレクトメール

ノミ・ダニ駆除剤を買うために動物病院へ行ったところ、たまたま先生がヒマだったのでお話を聞くことができた。
やはり情報漏洩元はネットショッピングだろうとのことだった。
「ネットで住所書いたらすぐ来ますよ~!」
と先生は言っていたけど、もうネットでドッグフード類を買うようになって数年。
今まで一度も来たことがなかったので、戸惑いは残る。

…ということは…。
あれか?
買うたびに店が違う、デンタルケア製品の店か?
ま、漏洩元は大体分かったからいいとして(クレジット決済してなくて良かった~)、ちょっと聞き捨てならない出来事も聞いた。



日本人はこういうのに弱いということで、いい「金づる」らしい。
簡単に寄付金が集まるそうだ。
その寄付金が正しく、保護犬たちのために使われるのであればそれはそれでいいのだが、
中には自分の懐に入れてしまう団体もあるらしい。
ここがそうだとは言わないが、この団体の名前を騙る団体もあるらしいので、用心せねば。

獣医さんが言うには、振り込みは絶対にしないこと。だそうだ。
やはり振込用紙を破棄したのは間違っていなかったようだ。

また届いたらすぐに破棄することにしよう。
コメント

化膿してたのか

2012年06月19日 | 病院受診
月に一度の皮膚科受診の日。
後頭部の表面に結構大きな(母談)線維腫が出来ていて、それを櫛などで引っ掻いて出血すること数度。
気になるので触ったりもするし、やはり自分で見えないというのが不安。
普段は髪の毛に隠れているので、他人に何か言われることはまずないが…。
場所が場所だけに、手術となると入院しないといけないのか?などグルグルと不安が渦巻いていた。

医師に「ここが気になるんですけど~」と髪の毛を掻きわけて、診てもらった。
そうしたら…
「あ~、これね。引っ掻いたろ?」
とこともなげに聞かれた。
「はい。櫛とかで…」
「うんうん。ちょっと化膿しているようだから、化膿どめ出しとくね。」

え、化膿?
予期せぬ答えが帰って来てしばし沈黙。
たしかに出血(にじむ程度だが)していたから、そこから黴菌が入ったとも考えられる。
髪の毛からも黴菌が侵入したのかもしれない。
手術の「し」の字も出ず、何だかほっとした。
こんなところを切除するようなことになったら、大変だしね。
いや~助かった。

化膿どめ飲んで丸一日。
まだ改善の兆しはないようだが(母談)、あと4日分あることだし、気長にいきますか。
コメント

どこで落とした?

2012年06月18日 | 日々のあれこれ
夏の旅行に向けて、航空券・ホテルの手配を済ませた。
いつもはANAのスーパー旅割を利用して、格安ホテル(笑)を使うのだが、今回は久々にパック利用。
時期的なものなのか、航空券がやや高めに設定されていたのだ。
パックを使っても、別個に取っても大して差がないので、さっさと事前決裁の出来るパックを選択した。

それで、明日(19日)までの支払期限ということで昨日のうちに支払いに行ってきた。
いつも支払いに利用していたローソンが閉店してしまい(泣)、仕方なく別のローソンへ。
病院の売店なのでちょっと気が引ける部分もあるのだが、日曜日だしいいか!と割り切って(笑)
ついでに母から通販等の支払いも頼まれたため、それを持って傘をさし、徒歩で病院へ。
何しろ30分以内に駐車場から車を出さないと200円支払わなければならない。
30分も掛からない自信はあるのだが、駐車場のどこに止められるかも分からないしね。

てくてく歩いて行くこと約10分で到着。
入り口で傘をビニールに入れて、お目当てのローソンへ向かった。
まずはお金をおろして、Loppiで手続き。
ここまではちゃんとあったんだよね、傘のビニール。
ビニールの長さに対して傘が短いから、かなり気を付けていたつもりだったのに。

レジへ支払いに向かった。
ついでにポッキーを買おうと思って一緒に持って行った。
旅行代金は別に決済しなければならないということだったので、会計が複数回に分かれた。
母から頼まれた支払い用紙が2枚あることに店員さんが気付かず、3回にわたっての会計となった。
おかげで同じ千円札がレジと私の財布を行ったり来たり(笑)
それはいいんだけど。
全部の会計を済ませた時に気が付いた。

傘のビニール、どこ行った??

周りを見回しても見当たらない。
店員さんたちが品だしなどで回っているから、すぐに片づけられちゃったかな?
念のため、Loppiの周辺やポッキーの棚の周辺も見てみたがなかった。
やっぱり片づけられちゃったかな…。
ビニールだから滑ったりしたら危ないしね。
特に入院患者さんがスリッパで踏んだら…。

幸いなことに、誰も滑った様子はなかったので、その点は良かったと思うことにしよう。
でも何だか罪悪感がある。
やっぱり傘が短すぎるのも考えものなのかなぁ…。

コメント

特命戦隊ゴーバスターズMission17

2012年06月17日 | 特命戦隊ゴーバスターズ
前回の感想で、「奪われた設計図と同じもの?」と書いていた、ビートバスターのバスターマシンBC-04。
元々マサトが設計していたものだったという説明があって納得した。
どうやって亜空間で完成させたのか?という疑問は残るけど、そこは「天才」なのだから何とかなったのかなと(笑)

今回のテーマはリュウジの「戦う理由」。
13年前、高校生だったリュウジ。
7歳と3歳だったヒロム、ヨーコに対して、彼の性格もあって自覚しないうちに気を使っていたのかな?と感じた。
さっさとヴァグラスを倒してマシンエンジニアになりたい!って目標を見つけられたのは良かった。
だけど、やっぱり家族が亜空間にいるヒロムとヨーコに比べたら、動機づけがちょっと弱いかなぁ。
それこそ「亜空間にいる先輩を連れ戻す!」ぐらいの目標を掲げて欲しかった。

ピンポイントで笑った箇所。
・エネトロンのタワーにへばりついてエネトロンを吸収しているバスターマシン2体。
本当に虫みたいで爆笑してしまった。
・相変わらず陣から「黒リン」と呼ばれる司令官の渋い顔。
部下たちに笑われて、「そう呼ぶな!」としか言えないところが何とも言えない(笑)
・都合良く「27歳」とあっけらかんとしているマサト。
リュウジを「お兄ちゃん」と呼んで、財布からお札を抜き取る陣、リュウジをからかうヨーコとヒロム。

エンディングのダンスシーンが変更になっていたのには驚いた。
陣も加わったのか?と思っていたが、それはなく、指令室でのシーンが大幅に追加されていて何だか得した気分になった。
コメント (2)