Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

なぜに宮崎ばかり

2011年01月31日 | 時事・ニュース
霧島連山の新燃岳の噴火。
火山灰の影響が凄いのは宮崎県。
この季節だからどうしても宮崎の方に風が吹くのは仕方がないとはいえ…。

宮崎ばかり、なぜこんなに!?と思ってしまう。

2007年の鳥インフルエンザ。
2010年の口蹄疫。
2011年の鳥インフルエンザと噴火。

一報が入るたび「また宮崎!?」と思ってしまう。

噴火の方は長期戦も覚悟しなきゃならないとか。
住民の方々、どうぞお気をつけください。

これがもし夏だったら…。
熊本でも多少の降灰はあったかも。
雲仙普賢岳の噴火の時には、もろに降灰があったし。
(あれはたしか6月だった)
1日でも早い終息を願います。
コメント

今回の仮面ライダーオーズ

2011年01月30日 | 仮面ライダー・感想・雑談
ついに赤のメダルが3つ揃って、新しいコンボ登場。

映司とアンクの文句を言いつつ、お互いを信頼しあっているのがよく分かるエピソードだったと思う。
映司と伊達さんが意外なところで繋がっていそうな雰囲気も出てきて、
そちらの方も気になる。

前回の感想でも書いたんだけど、やっぱり後藤さん、細すぎる~~(泣)
伊達さんと並ぶとどうしても、ねぇ。
身長はどうしようもないだろうけど、体格が違いすぎて、見劣りしちゃう…。
それを狙っているのなら大成功なんだろうけど、そのあたりはどうなんだろう?

伊達さんのキャラ、嫌いじゃないです(笑)
もっとイヤなヤツだったら嫌いになっていたかもしれないけど、
「愉快な仲間たち」みたいな感じは大好き♪
コメント

天装戦隊ゴセイジャーepic.49

2011年01月30日 | 天装戦隊ゴセイジャー
最終回へ向けて、盛り上がりを見せてきたゴセイジャー。
ブラジラの強さが際立っていて、なかなか突破口が見いだせない。
アラタに全てのゴセイパワーを授けようとする仲間たち。
かつて自分がしたことと同じだと嘲笑するブラジラ。
アラタがどういう決断を下すのかを見守っていたけど、下した決断はやはり5人一緒に…。
そう来なくっちゃ!!

最近、初期の数話をちょっとだけ見返してみたんだけど、やっぱり5人の顔つきって変わったなぁと感じた。
各々がそれなりに「戦士」らしくなったな、と思った。
特に変わったと感じたのはアラタ。
演じる千葉さんが意識しているからか、初期の少し高めの声でなく、
力強い声が出せるようになったのは素晴らしいと思う。

さぁ、次回はいよいよ最終回。
スッキリとした終わり方を願いたい。
コメント

同姓同名

2011年01月29日 | 遠い日への回想
友人のブログで「同姓同名」が話題になっていたので、ちょっと便乗^^。

・小学校時代の同級生と、大学の友人が同姓同名。
同時に友達だった…というわけではないのだけど、ビックリした。
同級生の方は、3年4年と同じクラスで、誕生日が1日しか違わないため、
必然的に名簿順に並べば前後になり…(小学校の名簿は誕生日順だった)。
漢字も4年生が終わるころには全部習う漢字ばかりだったので、大学には行った時は
まず彼女じゃないか?と思ってしまったほど。
大学の友人は結婚して姓が変わってしまったけど、同級生の方はどうだろう?
5年生に進級してクラスが変わったら、それっきりになってしまったんだけど…。

・中学時代、1学年上に同姓同名(漢字も一緒)の人が2人。
たとえて言えば、「立花レイ」(笑)さんが2人いるという…。
クラス替え発表の時に、1学年上のクラスを何気なく眺めていたら
「立花レイ(○組)」と書いてあって、一瞬何の事だか分からなかった。
もしかして…!と思い、他のクラスの女子の部分だけを見て行った。
見つけた。
「立花レイ(△組)」の文字。
14クラスある学年だったので、この2人が同じクラスになることはないように配慮はされていたようだが…。
それにしても字画がいいのだろうけど、この偶然は凄い。
小学校も同じだったら、さらに凄いだろうけど、さすがにそこまでは分からない。

私自身と同姓同名の人とは出会ったことはない。
ただ、ニアミスしたことはある。
小さい頃に受診した病院で、会計を済ませて帰ろうとした私の耳に、私の名前を呼ぶ声が聞こえた。
「ねえ、私のこと呼んでるよ」
と母に言ってみたところ、母が確認に行ってくれた。
そうしたら、同じぐらいの年頃の別の子だった。
脱いで置いてある靴に私と同じ名前が書かれているものがあり、へぇ~と思ったのを覚えている。
どんな子だったのか、見ておけばよかったかな(笑)
コメント

電子化

2011年01月28日 | 日々のあれこれ
一部の雑誌の記事を電子化する作業を始めた。
好きな作品に関するページだけ切り取ってしまっておいたのだが、
しまっておくものに限界が来つつあるので、一念発起(というほど大袈裟なものじゃないけど)。
今使っているPCにプリンタをインストールする際、スキャナのソフトを
インストールするのを忘れていたか、あえてしなかったか、その辺は分からないが
とにかく入っていなかったので、それをインストールする作業から。

ちゃんとインストールしてくれるか心配だったけど、無事インストール完了。
早速、1枚目をスキャン。
うん、思っていたぐらいには綺麗にスキャンできている。
写真も綺麗だし、文字も少し拡大させればきちんと読める。
自動認識なので、「カラー写真」と認識してくれるか「カラー書類」と認識しくれるか、
微妙なところもあるけど、どちらになっても文字が読めればそれでいいとするか。
これまでの傾向としては…。
・写真が大きい→カラー写真
・小さな写真が多く、文字も多い→カラー書類
となっているみたい。
変にいじって読めなくなるのも困るので、これでいこうと思う。

まだまだ先は長いけど、少しずつ電子化して書類を減らしていかねば(笑)

コメント

ゴーカイジャー

2011年01月27日 | 戦隊・感想・雑談
昨日見た劇場版にちょこっとだけ出ていたのを見て、ヘナヘナ~となってしまった。
まだ1話も放映されていないのに、早くも脱力感(笑)
始まれば始まったで、それなりに楽しめるのかもしれないけど…。
変身前の人たちは全然出ていないのだけど、声だけ聞いていてがっかりというかなんと言うか。

今回のレッドは俺様系?
うーん、こういうタイプって好きになれるかな~?
今までいたっけ、こういうタイプ。

パンフレットには変身前の役者さんたちの写真も載っているんだけど、5人ともう~ん…と感じることが多いな、最近。
特にピンク!!
その手のものが好きな男性をターゲットにしているんだろうけど、ちょっと好きになれそうにない…。
“男勝り”と表現されているイエローに期待しておこう。
男性陣は…、うん、好きになれそうなキャラがいない!(笑)
(ゴセイジャーにはいた=ハイド)
まずい、このパターンって…。
頑張れ、イエロー!全ては君に掛かっている!(笑)
コメント

エピック ON 銀幕

2011年01月26日 | 映画鑑賞
予定通りに見に行ってきた。
朝10時5分開始の回にしたのだが、客は私のほかは親子1組の計3人。
なんとも贅沢な空間を独占してきた(イヒヒ)

VSシリーズが劇場公開されるようになって3作品目。
劇場公開ありきで作られるようになって2作品目。
率直な感想を言うと「面白い!!」。

事前にガイドブック「一筆、天装!」で大まかなあらすじを知っていたけど、
それでも想像の上を行く面白さに、あっという間の60分だったと思う。

アラタがああいう人物なので、他のメンバーと違い、衝突が少ないのが気持ちよかった。
千明が妙にツンツンしているのが意外だったけど、それだけ丈瑠に対する思いが以前とは違ってきているのかなと感じた。

ゴセイジャーのEDで流れている、モヂカラと天装術の合わせ技も見ごたえ十分だった。
EDで見ている分には全く気づかずにいて、不覚を取られた感があったのが、ランディック兄妹と組んだ千明とことは。
千明とモネ、ことはとアグリだったとは。いやー、何で、EDで気づかなかったんだろう?

薫まで出てくることは、事前に知ってはいたけど、少なくとも私には唐突感は全然なかった。
ここまでくれば、もう必然というかそんな感じを受けた。

唐突といえば、やはりゴーカイジャーの皆さん(汗)
何で新戦隊がここでお披露目??
昨年も思ったけど蛇足感がありありで、その分、他のシーンに回して欲しかった。
昨年はゴセイジャー放映開始後、今年はゴセイジャー放映中に行っているのに、同じ感想とは…。
やっぱり(私には)要らないってことか。
あー、ガイドブックもパンフレットも読まずに見ると、すごい衝撃を受けること間違いなし!です(笑)

ま、ゴーカイジャーのシーン以外はとても見ごたえがあって、面白い作りになっていた。
1か所だけ、「え、何で!?」と思うところもあったけど、ま、それは個々人が
その間に成長してきた証だという風に捉えておこう(笑)

DVDも既に予約済みだし、今度はDVDで見るのを楽しみにしておきたい。
コメント

そのうち出るよ

2011年01月25日 | 日々のあれこれ
最近、母がくまモンのストラップだか、キーホルダーだかを欲しがっている。
大丈夫、そのうち商品化されるから。

仏具にくまモンが印刷されるくらいだから、ストラップぐらいできるでしょ。
私も欲しい(笑)

今までは、商品展開等は全く考えていなかったのだけど、
要望が多く寄せられたらしく、解禁になった。
販売開始がいつなのかはよく分からないけど、新幹線が開業する頃には
色々出てくるんじゃないかな。

短い足なのに、走るのは結構速いくまモン。
以前、新聞記者と50m走をして、記者が8秒台で走ったのに対し、くまモン11秒台。
私の最高記録が9秒08なので(笑)、足の長さの割には俊足だと思う。

見慣れるにつれて、可愛くてたまらなくなってきたくまモン。
ぬいぐるみが出たら買っちゃいそう♪
コメント

顔が分からないからこそ

2011年01月24日 | 日々のあれこれ
某所でちょっとしたトラブルに巻き込まれた。
というか、当事者の一人なのかもしれない。

携帯電話のゲームで、チームを組むイベントがあり、それに参加していたのだが…。
毎回同じメンバーで、それなりに気心も知れていて、和気あいあいとやっているのだけど。
今回、いつものメンバーではないものの、イベント以外でもよくコメントをし合うAさんが加わった。
チームリーダーのBさんは、「自分と今までやり取りがないから…」と
Aさんとのやり取りのある、私、Cさん、Dさんに訊ねてきた。
Aさんのネット上の人柄とか、特に問題があるようには思えなかったので、
私も含め3人ともチームメンバー承認のお願いをした。

その後、時期も悪かったのだろうが、Aさんが風邪でダウンしたというコメントが入った。
「ムリしないで」というコメントを返したのだが、他の人(全部で13人のチーム)に
同じようなコメントを残していたのかは不明。
「全員が一定ラインを越えるように頑張ろう!」というチームなので、
ラインを越えた人から、まだ越えてない人への応援は多くなる。
Aさんはずっとチーム内最下位だった。
仕事や体調のことが重なって、なかなか皆にコメントが残せるような状況ではなかったみたい。

とうとう、リーダーのBさんが爆発。
かなり手厳しいコメントがAさんのところに残っていた。
そのイベント自体は土曜日に終わったのだが、何とも後味の悪い幕切れに、ちょっといたたまれない気持ちになった。

顔が見えない分、それなりに慎重にならなければいけないな、と痛感した出来事だった。
こんなに自分自身を責めるようなことになるとは、夢にも思わなかった。
今回はCさんやDさんも一緒に推薦してくれたので、まだ罪悪感というほどのレベルには
達していないが、これが私1人の推薦だったら…。
罪悪感どころのレベルではなかったかもしれない。

改めて、ネット上での交流の怖さを思い知らされた一件だった
コメント

天装戦隊ゴセイジャーepic.48

2011年01月23日 | 天装戦隊ゴセイジャー
ゴセイナイトは囮だった…。うん、そうだろうね(笑)
でないと、今日倒されたヘッダーというか怪人というか、あの人の存在の意味が分からないもんね。

天知博士がエリに向かって「天使の歌声を…」と言ったところでは、ドキッとした。
博士のことだから、抽象的なイメージとしての「天使」かとも思ったのだが、
やはり「護星天使」の意味だったのには驚いた。
本当にいつから知っていたんだろう?と、ドキドキしてしまった。
まさか最初から?なんて思ったりもしたけど…。
やけにあっさりと解明されちゃったなぁ。

アラタとゴセイナイトとの一騎打ちは見ごたえがあった。
変身解除後もよく頑張っていたと思う。

さぁ、あと2回。
打ち込まれた楔がどのような働きをするのか。
アラタたちがどんな風にこの危機を乗り切っていくのか。
きっちりと見届けたいと思う。

 
話題は変わるが
次の戦隊「海賊戦隊ゴーカイジャー」の番宣で、過去の戦士たちが並んでいるが、
今のところ現役戦隊のゴセイジャーたちが後ろにいるのに、なんとなく違和感が…。
で、あそこには全部の戦士がいるのだろうか?
何とかして、ダイナマンとかファイブマンとかを見つけたいんだけど、見つけられない(泣)
コメント

行く前に予習、かな

2011年01月22日 | 戦隊・感想・雑談
来週の水曜日、母が朝からいないので(笑)、「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」を
見に行くことにした。
「レン(愛犬)は!?」
って、お母様、上映時間等から考えて3時間と掛かりませんがな(苦笑)
お留守番に決まっとるわい。

さて、その劇場版に合わせて発売される本、「一筆、天装!」。
東京等では今日が発売日なのだが…。
本屋まで行くのが面倒だったので、ネットで取り寄せることにした。
それが届くのが火曜日。
どのくらい読み込めるかは分からないけど、可能な限り読んで行きたいな。

昨年の「シンケンジャーVSゴーオンジャー」も、読んでいたおかげで、
あ~、あのことか!って分かったことも沢山あったし。

他にも見たい作品はあるんだけど、犬をあまり長くお留守番させるわけにもいかないので、
DVDにでもなるのを待つしかないかなぁ…。
コメント

どうするどうする?

2011年01月21日 | 日々のあれこれ
身内の話なのだが、ゆうちょに預けている普通預金の暗証番号が分からなくなってしまった。

大伯母の口座なのだが、本人が認知症で何が何だか分からない状態なので、どうしようもできない。

直接窓口に行くと、何だかなぁ…というので、友人が郵便局に夫婦で勤めているので、
何とかならないか、必要書類とかあれば大丈夫か?ということを訊ねてみた。

やっぱり本人が行かないとどうにもならないらしい。

そりゃそうだよね。

委任状を書いてもらえれば、委任された人の証明書さえあれば、大丈夫、とのことだったが…。

認知症で委任状を書ける状態じゃない。
こういう時ってどうすればいいんだ~!
抜け道も教えてもらったが(笑)、バレたときがヤバイよねぇ。

確実なのは、本人を窓口まで連れて行って、こういう状況で、理解できない、
字を書くのも難しいということを職員に見せつければ…ということだったが。

さぁ、どうするどうする?
コメント

これだけは…ね

2011年01月20日 | 戦隊・感想・雑談
ゴセイジャーの全曲集が発売になっていることを知らず、
ネットショッピングを漁っていたら出てきたので、注文しておいた。
それが届いたのが昨日。

ゲキレンジャーの時は、すっかり忘れ去っていて、レンタルで済ませてしまったのだけど、
アバレンジャー以来、この全曲集だけは必ず買っている。
これで7つになるのかな、オリジナル盤。

これからじっくり聞いて、好きな曲を発掘していきたい。
コメント

診察券落としたら

2011年01月19日 | 病院受診
以前、通院していた病院で、診察を紛失してしまった。
自動支払機から抜き取った記憶すらあいまいで…。
気付いたのが、薬局で支払いを済ませた後。
あるべきところに診察券が入っていなかったので、あれ?と思った。
他のところを探してみるが、ない。

え?え?とかなり焦りつつ、一旦病院へ戻ってみた。

ダメ元で受付の人に聞いてみた。
「すみません、診察券を落としたみたいなんですけど…」

すると、受け受けの人、私にフルネームを訊ねた。
それに答えると、すぐに診察券が手元へ。

診察券を自動支払機から取らずに去ってしまっていたらしい(恥)
私の次に支払機を使った人が届けてくれたらしい。
ありがたや、ありがたや。

そりゃ、診察券なんて他人には何のメリットもないもんね。
でも、再発行となると微々たるものだけど料金が発生するので、その点は助かった。
私のような人間は、他にも何人もいるらしく、支払機で診察券が戻ってくるタイミングが変わった。

前は、お釣り→領収書→診察券の順番だったが、
今は、お釣り→診察券→領収書の順番になっている。
領収書を取り忘れる…ってことはないんだけど、この前はちょっとヤバかった。
手術時の領収書と、抜糸時の領収書が別々に出てくるということを聞いていたにも関わらず、
1枚だけ出て着た時点で去ろうとしてしまった。
すぐに思い出したので、取り忘れにはならなかったけど…。
危なかった。
コメント

やっぱり方角

2011年01月18日 | 時事・ニュース
熊本市の区名が答申された。
圧倒的多数で方角名。
私が投じた「緑川区」等の名称は3位ということで、見送られてしまった(泣)

分かりやすく、シンプルに!

そりゃそうだろうけどさぁ…。

何だかガックリきてしまった。

ところで…。
私が大学時代に住んでいた、広島市の安佐南区。
ちゃんと読めます?父は読めなかった。
「あさみなみ区」。
「銀杏区(ぎんなんく)」にすると、県外の人読めるかな?という懸念があったらしいけど、
読めない区はどこにでも1つぐらいはあるでしょ…(笑)

そして…。
安佐南区が広島市の北部にあるということ、ついこの間のニュースで知った(笑)
北なのに南…。もちろん、安佐北区も存在する。
(東と西はないけど…)
もうちょっと、広島市の地図をじっくり見とくんだったなぁ…。
少し後悔…。
コメント