Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

久しぶりの満室

2010年03月31日 | 日々のあれこれ
昨日の夜、向かいのアパートに引っ越してきたところがあった。
惜しい!あと1日早かったら、回覧板用の名前が埋められたのに。
来月、また作り直しか…。
A4の用紙1枚に5回分ぐらい印刷されるのだが、それを昨日出したばかりだったのだ。
残り4回分ぐらいが無駄になりそうな予感。
ま、その家庭のところは空欄になっているから、「名前書いてください」と入れておけば、
大体みんな書いてくれるんだけどね。
名字だけだから、個人情報がどーのこーの言う人もいないし。

で、その新たに引っ越してきた人たち。
まだお会いしていないのだが、凄かった。
何がって、荷物搬入にかかる時間。
17時過ぎぐらいに、「0123」でおなじみの引っ越し業者の大型トラックが入ってきた。
「あ~、引っ越してきたのか~」
ぐらいの気持ちでいたら。

数時間後。
「そういえば、まだトラック、出て行っていないよね?」
ということに気づき、こっそり窓から様子を窺うと、まだ搬入していた。
搬出に時間がかかるのはよく見るけど、搬入にここまで時間がかかるのは初めて見た。

全てが終わったのか、トラックの荷台の扉などを閉める音が響き渡ったのが21時半ごろ。
3階なら分からなくもないけど、1階なのに4時間以上!!
ひょっとして、荷ほどきなどもしてもらうプランだったのかな?

終わった後に大声が響いていたのだが、時間を考えろよ~…と思ってしまった。
事情を知っているから、どうせすぐにいなくなる、と分かるけど、そうでない家だってあるだろうからさ~。

そしてタイトルの「久しぶりの満室」。
アパートはもともと9世帯入居できるんだけど、ここが満室になるのは実に1年ぶりぐらい。
もっと長期的に満室が続くといいんだけどな。と叔母の気持ちになってみた(笑)

コメント

ハワイ旅行記-番外編

2010年03月30日 | 旅行
叔母から「セント」のコインをたくさんもらって出かけたのだが、
そのコインが帰ってくるときには2~3枚にまで減っていた。
「3ドル25セント」などという金額になった場合、以前だったら「5ドル25セント」で出そうものなら、
25セントつき返されて「1ドル75セント」のお釣りがやって来ていたらしいのだが、
どこへ行っても必ずと言っていいほど「25セントある?」というような質問を受けた。
また、10セントがどれなのか分からず、カウンターにぶちまけてみたところ、
コインを数えてドル紙幣に換えてくれた店もあった。
とてもありがたかったし、少しでも身軽になれたのは嬉しかった。

ツアーの一行に家族3人で来ているところがあった。
クルージングのときには、息子さんが現地調達のアロハシャツを着ていた。
そのことを皆が褒め称え、息子さんの年齢を聞くと、18歳で高校を卒業したばかりだということが判明。
そして、お父さんが話してくれた驚愕の事実。
このツアー参加、全額会社もちだそうで…。
勤続年数に対する褒章みたいなものなんだそうだけど、このご時勢に、えらく気前のいい会社で…と皆びっくり。

クルージングのとき、ウェルカムシャンパンが振舞われたのだが、一口口をつけると、
美味しかったので、ちびちびと全部飲んでしまった。
アルコールご法度とはいえ、ウェルカムシャンパンくらいの量だったら大丈夫だろうと。
そうしたら…。
テーブルについていた人8人全員が飲み干していた所為か、スタッフが勘違いしてまた注いでくれた(笑)
あれ?いいのかな?なんていいながら、もう一度乾杯した。
さすがに2杯目のシャンパンは母に止められてしまったけど(笑)

3日目のホテルでの夕食時。
ほかの方々と相席することになったのだが、面白いことが起こった。
最初のドリンク以外は有料だったのだが、とあるご主人が、無料ドリンクをビール、その後白ワインを追加注文なさった。
「9ドル、今払って」と英語で言われ、その場で9ドル出してグラスの白ワインと交換となったのだが…。
もう一度同じ白ワインを注文したところ、今度は「8ドル50セント」。
あれ?さっきは9ドルだったよね?といきさつを見ていた人たち全員で首をひねったものだ(笑)

コメント

DVDボーナスディスク

2010年03月29日 | 戦隊・感想・雑談
「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!」のボーナスディスク。
メイキングなどが入っていて、とても楽しめた。
メイキングを見ては本編を、本編を見てはメイキングを…ともう5回ぐらい見ているかも(笑)
友人がブログで「一旦見てしまうと、のめり込んでしまう」と書いていたけど、私もそのクチでして(汗)
最近では「絆」から「侍戦隊永遠」までの3話を一気に見てしまったことも。
というのは置いておいて。

メイキングは例年以上に時間が使ってあって、キャストの色んな顔が見られたのが嬉しい。
特に丈瑠なんて、本編でも、テレビでもあまり心からの笑顔を見せることがなかったから、松坂さんの笑顔が何だか新鮮。

途中で京都でのイベントの模様が挿入されたけど、あの直前、全員で舞台袖で気合を入れていたシーンが好き。
他のイベント会場での舞台袖の様子は分からないけど、きっと同じようにいつもやっているんだろうなと思う。
カメラが回っていたから…ではないことを祈りたい(笑)

ダンスシーンは、松坂さんのブログで「猛特訓」が行われたことを知っていたので、みんなの苦労に思いを馳せてしまった。
「苦手」という人が多かったみたいだけど、とてもそんな風には見えない。
本当にみんな生き生きと踊っていて、特訓の成果は確実に花開いたと思う。
欲を言えば…。
衣装は練習着でもいいから、細かく切らずに、最初から最後まで通しで踊っているところを見てみたい。
メイキングで撮影していたところと、本編のダンスシーンとで合わないところが少しあるから、その辺りを特に…。

シンケンジャーの面々は出てこなかったけど、舞台挨拶でVSシリーズに登場したレッドが全員出てきたのには驚いた。
最初は何事か分からず、「何でカクレンジャー以降?」と思ったのだが、
よく考えるとVSシリーズが始まったのは「オーレンジャー」からだったっけ。
それはそうと、各レッドが次々に名乗りを上げて言ったけど、声が本人のものに聞こえたんだけど…。
過去のVTRからの抜粋だろうけど、「よく使えたなあ」という人もいるよね(笑)
名乗りの動きと声が一致しないのはご愛嬌。ということにしておこう(汗)

コメント

今回の仮面ライダーW

2010年03月28日 | 仮面ライダー・感想・雑談
ハリケンブルーが素敵な女性になっていて感動。
「ハリケンジャー」時代にバック転とかマスターしたと聞いたけど、今回のバック転も本人がやっていたらしいね。
凄い。
今回のメモリブレイクの方法、あまりにも危険すぎる賭けで、何だか怖い。
いくら視聴者層が高いといっても、「子ども番組」なんだから、ああいう方法はやめて欲しい。
「電気ショックで生き返る」なんて子どもに刷り込まれたらたまらない。
コメント

天装戦隊ゴセイジャーepic.7

2010年03月28日 | 天装戦隊ゴセイジャー
アグリが、妹のモネとだけじゃなく、ハイドやエリと行動を共にすることで、
色んな面が見えてくるのが楽しいこの頃。
相手の性格が性格だから振り回されている感がありありなんだけど(笑)、
そこがまた面白い要因なのかもしれない。
農作業を手伝った経験を生かし、敵を追い詰めたときにエリが「農作業をしたから強くなった」旨の発言をしたが、
正直「そこまで言い切るか!?」と思ったのだが、アグリが見事に否定してみせたところが良かった。
たしかに、あの程度で強くなれるのなら、「全国の農業従事者の皆さんは、格闘家として大成している」(笑)。
このあたりのやり取りは何度か巻き戻して見ていたくらい、お気に入りになってしまった。
オチは大体想像がついていたから、特に驚きはなかったけど、がっくり来て記憶を消去して欲しいとハイドを追いかけるアグリが楽しい。
そこまでは予想できなかった(当たり前か;;)

ところで、「ゴセイジャー大好き!」という人のサイトを探して(というほどのものでもないけど)、
その方々の感想を見てみると、「メッセージ性が強いところが好き」という一文があった。
言われてみればそうだなあ…、と感じる。
・何でもやってみる。
・約束を守る。
・あきらめない。
「シンケンジャー」のようにドラマ性を重視するか、
「ゴセイジャー」のように(と言ってもまだ7話だけど)メッセージ性を重視するか。
個々人の好き好きはあるにせよ、否定する要素にはしたくないなと思った。

はい、最初の数話でイマイチだなぁと思った作品については(戦隊、ライダー問わず)、
その作品が好きだ!という人のブログなりサイトなりを探し出して、「どこがいいのか」
というところを参考にして、再見することにしている。
おかげで、「ゴセイジャー」に関しても“粗探し”ではなく“いいところ探し”が出来るようになった…かな?
コメント

こんな間違いってあり?

2010年03月27日 | 戦隊・感想・雑談
「天装戦隊ゴセイジャー」のメールマガジンから引用。

>丈太郎というおじいさんに出会ったシンケンジャー

第7号の[02 サモン!ネクスト・ストーリー]を見てね。

スタッフさんもまだ「侍戦隊シンケンジャー」が忘れられないのか(笑)
訂正メールなどは来ていないようなので、まだ気づいていないのか?
それとも、「たいした間違いじゃない」で放置?

どっちでもいいけど、出演者の方々に失礼だと思うぞよ。

コメント

ハワイ旅行記-その5

2010年03月27日 | 旅行
帰国の日。
ホテルがしてくれたモーニングコールで飛び起きる。
そして、スーツケースに詰め込むパジャマなどを着替え、何とか荷造り完了。
6時ごろポーターさんがスーツケースを引き取りに来てくれて、その後朝食会場へ。
ハワイで食事をするのもこれが最後。
あまり食べ過ぎないように気をつけつつ、じっくりと味わって食べた。

空港へ着き、既に到着していた荷物を受け取って出国手続き。
重いスーツケースが手元から離れ、いよいよ帰るんだという気持ちが強くなってきた。
まだ時間があったので、空港内の免税店を覗いてみる。
ドルがまだ残っていたので、少しでも使おうと思ったのだが、いいなと思うものは高いので手が出ない。
結局30ドルほど残して帰国することになった。

現地時間11時半出発。日本時間15時半到着。ただし現地から見れば翌日だけど。
ということは…。全く「夜の時間」を通らないということになる。
窓の外は終始明るいまま。
そういう関係もあってか、行きとは違ってやたらとサービスがあった。
途中で亀田製菓のあられが出てきたときは嬉しかったぁ!
久々に食べる日本の味。とても美味しかった。
もう一袋欲しかったな(笑)

9時間を越えるフライトを終えて、福岡空港に降り立った私たち。
手荷物受け取り場で目に入ったのは、ユニセフが置いている、外貨の募金箱だった。
国内ではコインを両替することはできないので、そういったものを募金してください、という趣旨のようだ。
コインも多少あまっていたので、それを募金箱に投入すると、母が「ドルも全部入れたら?」と。
え。いいの?
結局30ドル全部入れてきた。もちろん後悔はしていない。
きちんと恵まれない国の子どもたちの支援に使って欲しい。

帰国すると、大荒れの天気だった九州地方。
本来2時間強で着くはずの高速バスが3時間以上かかり、ヘトヘトになってしまった。
乗り物に乗っていた時間12時間以上だよ…。
無事に帰ってこられて良かった良かった。
コメント

ハワイ旅行記-その4

2010年03月26日 | 旅行
4日目。
16時まで自由行動ということで、少し遅めに起き出し、近くのアラモアナビーチを散策。
海辺を歩くのも気持ちが良かった。
既に泳いでいる人もいて、何だか泳ぎたい気分も沸々と(笑)
用意も何もないので、少しだけ海水に手をつけるだけで我慢した。

一旦ホテルに帰ると、10時近くてびっくり。
意外と長時間歩き回っていたようだ。
準備を整えて、アラモアナショッピングセンターへ。
親戚等に頼まれていたお土産を探す。
簡単に見つかるかなぁ…と懸念していた通り、なかなか見つからない。
「そもそもここにあるのか?」という疑念も頭をよぎり、総合案内所で聞いてみることに。
ありがたいことに日本語が通じた。
あると思われるお店に行って、ここでも日本語が通じたので聞いてみると、あっさり見つかった。
実際は違ったんだけど(涙)

その後は自分たちの買い物をして(笑)、一旦昼食を摂ることに。
何にしよう…。
フードコートだったのだが、どれも美味しそうに見えない。
仕方なくピザを選択。まずくはないが、美味しくもなかった。
日本のピザLサイズの4分の1ぐらいの大きさ1切れを渡され、その大きさにも仰天。
何でもビッグサイズで、ジュース類のSサイズが日本のLサイズと同じ(驚)

食後は、ちょっとした知人たちへのお土産を選びにとある店へ。
ここで夕方のディナークルージングに着られるような、そして日本でも着られるようなTシャツを購入。
普段買わないような色だったけど、その場の雰囲気で購入してしまった(笑)
他にも紅茶のお土産を探しているうちに、14時近くになったため、一旦ホテルへ。
16時にホテルのロビー集合だったので、少しホテルで休みたかった。

16時になりツアー一行でディナークルージングへ。
他のツアーや他の国の人たちも大勢乗っていたのだが、なぜか私たちのグループが特等席に座ることができた。
結論から言えば、このときの食事が一番美味しかった。
船酔いするほど揺れなかったし、演出もすごく楽しかった。
難を言えば、ロブスターがベタベタしていて食べにくかったことぐらいかな。
最後の方の演出では、お客さんも巻き込んでの一大イベントへと変貌。
特等席=邪魔者なので(笑)、同じテーブルの人たちも一緒にワイワイと大騒ぎ。
楽しいひと時はあっという間に終わり、翌日の帰国に備えて、ホテルで荷造り。
さぁ、次は5時半起床だぁ!

コメント

ちょっと小休止

2010年03月25日 | 戦隊・感想・雑談
最近、こういう文字をネット上で目にすることが多いんだけど…。
 
 
 
「フラッシュヘッダー」
 
 
 
私の目はこれを
 
 
 
「フラッシュベーダー」
 
 
 
 
と読んでしまう…。
 
 
 
 

フラッシュマンとベーダー一族がどうかしたのかと思った(笑)

コメント

ハワイ旅行記-その3

2010年03月25日 | 旅行
3日目。
この日はなんと3時半起床!
ホテル出発が5時ごろと、国内旅行では考えられない状況。
ハワイ島からオアフ島(ホノルル)経由でマウイ島まで移動するから…なんだけど。
結構あわただしい始まりだった。
前夜、体調を崩してしまいどうなることかとも思われたが、配られた朝食は摂ることができた。
そしてまた厳重なセキュリティーチェックをパスして、2時間近くかけマウイ島へ。
前日までは不安定な天気だったが、この日は快晴。
湿気もなく、清清しい天気だった。

午前中はとても楽しいひと時が過ごせた。
トロッコ列車に乗ったのだが、ゆっくりしたスピードで走るので、色々なところを見ることが出来た。
どのくらいゆっくりかというと、並行する道路を走る車にどんどん抜かれていく、そんなスピード(笑)
こういうゆったりした時間が持てるというのも、旅ならではなのかもしれない。

昼食後はこの日のメインイベント、ホエールウォッチング。
太平洋に船で繰り出し、野生の鯨を見よう!というイベント。
野生ということで、必ず見られるという保障はなかったのだが、幸運にも間近で見ることが出来た。
英語で何か解説があっていたが(船には色んな国の人が乗っている)、やたと興奮しているのと、
マイクがハウリング気味だったので何を言っているのかは分からなかった。
鯨が見える方角を時計に見立てて教える、ということは日本語でアナウンスされていたので、
「Two o'clock」とかいう単語を拾いながらその方角を見てみると、たしかにいた。
最初は遠くで見えているだけだったのが、船のすぐ近くまでやって来たのは驚きだった。

…なんだけど。
最近は滅法、揺れるものがダメな私。
船酔いしてしまった…。
酔い止めを飲んでいたおかげで、軽いもので済んだものの、最後の方はあまり楽しめなかった。
同じツアーに参加していたおばさんは、完全にノックアウトされてしまい、私たちがもらっていたエチケット袋を
1つ提供したのだが、そのことを後々までやたらと感謝されることに(笑)
いやいや、お礼なんて1度でいいですって(笑)

船から下り、再び飛行機に乗りホノルルへ。
ホテルに着いたのはもう20時を過ぎていたけれど、夕食が摂れるまでに船酔いも回復したので良かった。
日系のホテルだったので、久々に胃が落ち着くものを食べられた感じがした。

コメント

ハワイ旅行記-その2

2010年03月24日 | 旅行
2日目。
行程表にあった順番とは逆に進んでいくことになった。
最後に書いてあった「虹の滝」にまず行くと聞いて「え?」と思ったのだが。
何でも、朝のほんの一時しか虹が見られないらしく、「だったら何で最後に書いたの?」と
ちょっと意地悪な疑問もわいてきた(笑)

「虹の滝」は、もう時間的にも遅かったのか、微妙な虹しか見えなかったのが残念。
あと30分早かったらもっときれいなのが見えていたかも…。
一応写真にも撮ってきたけど、やはりあまり写っていない。
ま、肉眼で少しは見ることができたからヨシとするか…。

続いて「チョコレート工場」の見学。
ハワイ土産の定番、マカダミアナッツチョコレートの工場。
試食として渡されたチョコレートの美味しいこと。
普段、ナッツ入りのチョコレートは全然食べないのだけど、ここでは食べた。
吹き出物ができる程度なので、できたらできたでいいか~!って(笑)
お値段も結構よろしくて、ガイドさん曰く
「身近な人にお土産にしてください。どうでもいい人には買わなくていいです」
だとか(笑)
その場の勢いもあり、いくつか買い込んだ。
ダンボール製の箱に入れてもらい、次の場所へ。

お昼ごはんを食べた後、本日のメインイベント、キラウエア火山へ。
正直なところ、阿蘇山をイメージしていたので、その規模の違いには度肝を抜かれた。
でも良かった。「なんだこんな程度か」と思わなくて(笑)

この日はとてもツイていた。
雨に何度か降られたが、一度を除いてバスの中。
目的地に着いたときは、天気が悪いながらも雨は降らなかった。
降られた一度は凄かったけど、あまりジトジトしていなかったし、ウインドブレーカーを着ていたので、
服の下まで濡れると言うことはなかったし。

そして1日が終わり、次の日はホノルル経由でマウイ島へ…。
ホテルで荷造りに追われているうちに、何だか気分が悪くなってきた。
夕食の会場へ行っても、並んでいるサラダやスープを見ていると、さらに気分悪化。
添乗員さんに「ホテルで休んでいたい」と申し出て(会場はホテルの隣)、部屋で休んでいた。
その間、トイレとベッドと何度も往復した。
最悪な夜だったけど、一夜で回復したのはよかった…。

コメント

ハワイ旅行記-その1

2010年03月23日 | 旅行
3月15日、17時半に福岡空港を飛び立った私たち。
そして7時間半かけてハワイへ。
到着したら3月15日の午前6時半頃だった。
この時点ですでに「??」状態(笑)

多少雨が降ったり、大風が吹いたりとちょっと安定しない天気。
ガイドさんによればチリ地震の余波らしい。
何でも、私たちが行く1週間ぐらい前までは全く天気が安定せず、雨が多かったのだとか。
自然の脅威ってすごいね。

バスに揺られながら向かった先は、カメハメハ大王像。
ハワイには何箇所かあるらしいが、そのうちの1つ。
本来は車窓見学だったのだが、時間もあるし…ということで降車見学になった。
♪南の島の大王は~
という歌が浮かんできた。あちらは「ハメハメハ」だけどね(笑)

免税店で少し買い物をした後、ワイキキビーチ沿いにあるレストランへ。
ワイキキビーチに着いた頃は抜けるような青空。
ようやくハワイに来たんだという実感が沸々と…。
海の色もきれいなコバルトブルーで、日本、特に熊本ではなかなか見られない色。
泳いでいる人たちも楽しそうだなぁ…。

レストランでの食事の後、集合時間までのわずかな時間を使って、弟への誕生日プレゼントを購入。
2か月以上経過しているけど、喜んでもらえるかな?

午後は特記するようなこともなく、夕方に宿泊先であるハワイ島へ。
空港のセキュリティーが厳重なのには驚いた。
靴まで脱がされて、裸足(靴下は履いていたけど)でゲートをくぐる。
「そのうち洋服全部脱がなきゃいけなくなるかも」
とはガイドさんの弁。
そうならないように祈りたい。
コメント

天装戦隊ゴセイジャーepic.6

2010年03月23日 | 天装戦隊ゴセイジャー
時差ぼけの頭で見たので、ちょっと理解できていない部分もあるかもしれません(笑)

逆上がり、私もできませんでした!
でもね、できる、できないに関わらず、アラタみたいに何度も挑戦する姿勢って大切だよね。
小学校の先生ならなおさら、児童の努力はしっかり見ていてくれると思う。
望も最終的にできるようになるかは分からないけど、努力は続けようね~。

それはそうと。
アラタが1話で負った傷が、まだ癒えていなかったことにビックリ。
今まで平気そうにしていた理由も語られたから、一応納得はしたけど…。
痛みどめってそんなもんだっけ?と首をかしげたい気もする(笑)

アラタが懸命に頑張っていたのに、出てきたのはランディックブラザーズという新しいゴセイマシン。
どうしてこういう展開になったのかが、さっぱり理解できていない私(笑)
時差ぼけが原因なのかなぁ。

ところで、先週は「シーイックブラザーズ」、今週は「ランディックブラザーズ」と
3体ずつマシンが出てきたけど、あれは3体で1体とカウントすべきなのか?
3体で1体ならば、この時点で7体だけど、3体は3体というカウントならばすでに11体出ている勘定になるぞ…。
この流れから行けば「スカイックブラザーズ(仮)」なるものも出てくるんだろうな。
これも3体?
これらが全部合体したら…。
うひゃー、大変なことになりそう(笑)

コメント

とりあえずはご報告

2010年03月22日 | 日々のあれこれ
昨日PCの前に座るはずが、後片付けやら時差ぼけやらでできませんでした。

20日の土曜日、夕方に無事帰国しました。

書いていなかった行先は、ハワイでした~。

ただでさえ旅行中は、ニュースに接することが少ないんだけど、

外国となるとさらに世の中の動きには疎くなってしまいました…。

帰って来た日、「倉庫のシャッターが壊れてるよ」と教えられ一気に現実に引き戻され…。

幸い、はまっていなきゃいけないものがはまっていなかった(←業者のミス)が原因で、

今日直りました(笑)お隣のご主人に感謝!!

レポートは明日あたりからぼちぼちと書いていきます♪

コメント

明日から

2010年03月14日 | 旅行
明日から旅行に行ってきます。
帰って来るのは20日の予定。
家を出るのは午前中だけど、日本を発つのは夕方。

どこへ行くかは、帰ってからレポートします♪

コメント