Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

往復はがき

2009年02月28日 | 日々のあれこれ
父の七回忌法要の案内を、今度は往復はがきで出すことになり、文面を作成した。
実は、前に一度作ったのだが、出す前になって大幅な変更が生じたため、書きなおす羽目に。
書き損じはがきとして郵便局に持って行って、手数料を払って交換してもらったのだが、
その前に一度、近くのコンビニで往復はがきを扱っているかどうか訊ねてみた。
「往復はがき!?」
店員さんは、びっくりしたような表情で一瞬固まった(笑)
申し訳なさそうに「ないです…」と答えてくれた店員さん。
いいんだよ、聞いてみただけだから(笑)

学生時代、アルバイトしていたコンビニにも往復はがきを求めてやってくる人がいた。
一応、私のバイト先には置いてあったんだけど。
「往復はがき100枚ちょうだい」
って言われた時にはびっくりしたね。
その時には70枚ぐらいしかなかったんだけど、コンビニにしては置いてある方だと思う。
そのことを告げると、舌打ちして出て行ったそのお客。
そんな大量の、しかも往復はがき、コンビニで調達しようというのが間違っているような…。
心の中で「明日、1キロ先の郵便局に行ってください」とつぶやいてました(笑)

郵便局で取り換えてもらった往復はがき。
パソコンで印刷するのなら、折り曲げていないのもありますよ、と教えてもらい、
折り曲げていない往復はがきを買ってきた。
往復はがきの交換手数料は10円だということをお勉強した1件でした(笑)

コメント

すばらしきおばさんパワー

2009年02月27日 | 日々のあれこれ
買い物があってショッピングセンターに行った時のこと。
買い物を終え、ちょっと疲れたので休憩してから帰ろうと、フードコートに立ち寄った。
飲み物を買って席について休んでいたところ、おばさんの大軍が現れた。
実際は7人だったんだけど、もっと多く見えた。

おばさんたちは各自、自分が食べたいもの、飲みたいものを買い求めて席に着いた。
全員がアイスかジュースで、その場で渡してもらえるものばかりだった。
そして、その席の一番端には2人連れの女性が座っていた。
おばさん7人組は、その2人連れの女性が荷物を置いている席の隣まで座っていた。
ただ、椅子が1脚足りなくて、ちょっと途方に暮れているおばさんが1名。
椅子に座っているおばさんたちは、ちらっと隣で談笑している女性2人に目をやり、
荷物をどかすように頼もうかという仕草を見せた。
結局は、別のところから椅子を引っ張ってきて、無理やり7人(関係ない女性をいれると9人)が座ったのだが。

なんで、そこにこだわる!?という感想を持った。
時間帯が時間帯なだけに、ガラガラのフードコート。
あとできちんとテーブルを元に戻すならば、くっつけたってどこからも文句は出ない。
ちょっと奥に行けば、誰に遠慮することなく7人が悠々と座れる席がいくらでも空いていたのに。
なんだか、ずっと先に来て座っていた女性2人が悪者になっているようで気の毒だった。

60代とみられるおばさん集団、おそるべし。

コメント

法事の日取り確定

2009年02月26日 | 日々のあれこれ
いや、日取りは決まっていたんだけど、すべての事項が確定した。
今回は父の法要、7回忌ということもあり、法事会館で行うことにした。
いずれ自宅で法要が営めなくなるようなことが起きたときのための、予行演習みたいな感じで。
正坐が辛い人が多くなってきているので、異論はないだろうと思うけど…。

法要後の食事も、和洋折衷の新たなプランを試してみることに。
いつも和食ばかりなので、たまには目先が変わっていいかも~と思った。
何しろ、父方は毎年のように法事が行われるので、ちょっと変化をつけると喜んでもらえるんじゃないかな~。

今回の法事は3月29日。
この暖かさからすると、桜はもう咲いているころかな?
散り始めていたら寂しいなぁ。

コメント

欠勤の連絡

2009年02月25日 | 日々のあれこれ
欠勤の連絡をメールで済ませる輩がいるというのを読んで…。

ひぇ~、そんな人がいるんだ~と驚きました。
ちゃんと朝からメールを見てくれるかどうか保証ないのに、すごい根性だな~。
そりゃ、直接欠勤の旨を伝えるべき相手がまだ出勤していないなどで、
別の人に伝言を頼むというのはありだと思うけど…
(電話で伝言を頼んだことは、私にも経験あり)

そういえば、私の伯母も何でもメールで済ませようとして、母に嫌がられている。
伯母が病気で病院にかかったとき、自分で運転ができないので母が連れて行ったのだが。
点滴を受けることになり、2時間近くかかるため母がいったん帰宅。
2時間後、「終わったから迎えに来て」というメールが(驚)
このとき、母はメールの着信に気づかず、20分近く経ってから伯母から怒りの電話が。
「迎えに来て」はメールじゃなくて電話でしょう、普通。

携帯のメールは気づかないこと、気付いていてもすぐに見られないことがあるんだから、
重要な連絡はいきなり電話貰った方が確実なんだけどなぁ。

コメント

ちょっとひどい誤植?

2009年02月24日 | 書籍・読書・感想
先日買った本にあった誤植。
「♪=120」は、四分音符を1分間に120音弾く速さ

はい~!?

「♪」は八分音符ですけど~?

多分、パソコンなどで「音符」と打って出したんだろうけど…。
四分音符には旗はありませ~ん。

今、ざっと楽譜を眺めてみたんだけど、「四分音符=100」などのテンポはあっても、
「八分音符=100」などというテンポは見当たらなかったぞ。

まぁ、冒頭の「♪=120」は「四分音符=60」と同じとみれば、そんなに速い曲じゃないな。
「四分音符=120」だったら、ちょっとせわしないなぁ…。

コメント

お片づけ

2009年02月23日 | 日々のあれこれ
押入れの大改造が終わり、昨日は一日片付けに追われる1日だった。
押入れに作りつけてもらった本棚に本を移動させ、本棚を弟の部屋へ移動させ、ラックを本棚があった位置に持ってくる。
これだけのことなのに、時間がかかる。当たり前だけど(笑)
ちょっと舐めていたかも。
年末の大掃除のときにあらかた処分していたのだが、今度も出るわ出るわ、処分してもいい品。
45リットルのゴミ袋に5つほど。
プラスチックを燃えるゴミとしている熊本市の分別方法のせいでもあるんだけど(笑)
あまり考えずに捨てられるのは楽なんだけど、何だかもったいないような・・・。
最後にゴミをぶち込んでいったゴミ袋、あれ、45リットルじゃないような気がするんだけど・・・(母は45リットルだと言っている)。
まあ、大型ゴミ入れているわけじゃないし、持って行ってくれるよね?
違反シールを貼られないことを祈ろう・・・。

コメント

今回の仮面ライダーディケイド

2009年02月22日 | 仮面ライダー・感想・雑談
キバの世界編、終了ですか。
前のクウガの世界編よりは違和感なく見られたかな?
何だか面白いな、自分(笑)10年前のクウガには違和感があるのに、ついこの間まで放送されていたキバには違和感がないなんて(笑)
慣れたのか!?
人間とファンガイアが共存できる社会。そういう世界をこの前までの「キバ」でも描きたかったのかな?
さてさて、来週からは龍騎編ですか。誰が龍騎に変身するのかな?

コメント

侍戦隊シンケンジャー第二幕

2009年02月22日 | 侍戦隊シンケンジャー
戦隊シリーズ33作目にして初めて?こういうOP。役者さんの姿ととテロップが重ならないのって。
何だかちょっと違和感・・・。でも、皆さんの着ている衣装のおかげで、誰が誰だか区別がつくのがありがたいところ。
流ノ介のキャラ、好きだ~!(笑)どこまでも殿一筋。
最後、おもむろに服を脱ぎだしたので何をするのかと思えば・・・、滝(?)に打たれる・・・でちょっと安心した。
見ていて思うのが、やっぱり「殿と家臣」という設定にするのならば、せめて「殿」は家臣たちよりももう少し年上の方が・・・ということ。
年上だから威厳が出るというわけじゃないけど、この殿、幼すぎる~!
これもそのうち慣れるんだろうけど・・・。松坂さん、頑張って!!
コメント

大改造~!

2009年02月21日 | 日々のあれこれ
押入れの大改造が行われた。
PCの接続をはずしたというのも、全てはこのため。
有効活用できていない押入れのスペースが有効に使えるようになる。かな?

自室が使えないし、出かけられないし、で、すごく暇。
借りてきていたDVDを見てまったりと過ごす・・・。
こんなにDVDを見たのって久しぶりだ~。
収録されていた話数が多かったとはいえ、2枚分も見てしまった・・・。
最後に見たのが2時間半だったみたいだから、え~と、5時間!?
ははははは・・・。ま、たまにはこんな日もあっていいかもね。

コメント

「春にして君を離れ」

2009年02月20日 | 書籍・読書・感想
アガサ・クリスティの、数少ないミステリーものじゃない、普通の小説。
「百科事典」によると、アガサはこの小説を3日で書きあげたらしいが、私は2日で読んでしまった(笑)

母親、妻が抱える問題というのは、洋の東西を問わず同じなんだなぁとしみじみと感じた。
途中はまるで「渡る世間は鬼ばかり」を見ているみたいだったぞ(笑)
(ドラマ自体は、2年ほど見たぐらいなんだけど)

考えさせられたのが、ジョーン(主人公の女性)のもとをメイドが辞めていくときの言葉。
「お小言はもらっても、お褒めの言葉はくださらない。」
ジョーンからすれば、給料をやっているのだから誉める必要はないという考え。
一方、メイドからすれば「ありがとう」とか「見事です」みたいな言葉を、たまにはかけて欲しかったという思い。
どちらにも共感できる分、人を使うということの難しさを感じた。
もちろん、悪いところはきちんと伝え治させることも大事。
だけど、逆に素晴らしい働きを見せてくれた時には、褒めるなり感謝の言葉をかけるなりしないといけない。

そういうことをジョーンがストーリーが進むごとに感じて行くのだが…。

ラストではそんな反省もどこへやら(笑)なところが面白い。
エピローグでは今までのジョーンの目線から、彼女の旦那目線のストーリーに変わるのだが、
「彼女が変わったように見えたのも一瞬だけ」というあたりに、今まで延々と考えてきたことはなんだったの?!
とちょっとがっくりというか、なんというか…。

全体的な感想:こんな女性が母親だったら、ジョーンの息子、娘たちならずとも逃げ出したくなるだろうなぁ…。
旦那も大変だろうなぁ…。
でも、なんか身近にいるような気もする(私の母じゃないですよ)。
コメント

更新忘れ・・・

2009年02月20日 | 日々のあれこれ
金曜日に更新するつもりが、すっかり忘れてPCをシャットダウンしてしまいました。
しかも、その後PCの接続等を全てはずさなくてはならなかったので、もう一度立ち上げる気にもなれず・・・。
というわけで、月曜日に一気に更新。

朝から化粧品を買いに行ったら、お店の人が「私が久しぶりなんですかね?」と笑いながら声を掛けてくれた。
私が一番信頼している店員さんなので、お会いできて嬉しかった。
今使っている化粧品を薦めてくれた人。もう2年以上使っているけど、目立った肌のトラブルも起きず、助かっている。
容器が変更になったとき、中身も少し変わったみたいだけど、特に肌に変調は見られなかったので良かった。
「中身は変わっていない」ということだったんだけど、使っている身からすれば、少し違うことはすぐに分かっちゃった(笑)
これからも、異常が現れない限り、この化粧品一筋でいくつもり。
末永いお付き合いになりそうだ。

コメント

耳鼻科へ…

2009年02月19日 | 病院受診
花粉症の症状が気になり、耳鼻科へ。
現在、アレルギー性鼻炎にも効く薬を服用しているので(本当の目的はそれじゃない)、それを受付で告げる。
しっかりカルテにも書かれていたので、医師もびっくりしたようすだったが、
なぜ飲んでいるのか聞かれなかったところを見ると、どういう症状で飲んでいるのか見当がついたのだろう。
処方予定の薬が一部キャンセルになり(おそらく重複になるのだろう)、追加でということで1種類の内服薬、
目薬と点鼻薬と耳に塗る軟膏が処方された。

そしてそのお薬をもらいに薬局へ行った。

ソファーに座っていると、若い男性が「さみ~」と言いながら別のソファーに座った。
どこかで見たことがあるような…と思い、その男性をしげしげと観察してしまった(笑)
見たことあるはずだ。
某放送局のアナウンサーじゃないか~!
他人の空似ということもあるだろうが、たぶん間違いないと思う。

テレビの中で見るのと、実際の人を見るのとでは、ずいぶん印象が違うなぁと感じた。

コメント

花粉症なのか?

2009年02月18日 | 日々のあれこれ
鼻がむずむず、目が痒い。

これって花粉症?

今まで花粉症と診断されたことはあっても、こういう症状が出たことがなかったので、ちょっと戸惑ってます。
くしゃみも時々…。

やっぱり花粉症なのかな?
31歳で発症?

イヤだな~。

コメント

スカイシアターの思い出

2009年02月17日 | 戦隊・感想・雑談
ある方のブログで、スカイシアターのレポートを読んでいて、ふと思い出した。
初めて見に行った「未来戦隊タイムレンジャー」の最終公演。千秋楽前日。
客席から登場したユウリにも驚いたんだけど、アクションのレベルの高さにもびっくりだった。
そんなときに事件が起きた。

ゼニットが転落!!

演出じゃないことは私にも分かったし、たぶん子ども以外には誰にでも分かったと思う。
「危ない!」という声があちこちで上がった。
マットも何もない所に落ちたゼニット、身動きしないので心配になった。
ステージ自体はそんな観客の心配もよそに進んで行っていた。
時間にして十数秒だろうか。倒れていたゼニットがむくっと起き上がり、
客席に一礼してステージ袖へと引っ込んでいったときには、心からほっとした。
その後、そのゼニットがステージに復帰したのかどうかは分からないが…。

ゼニットが無事だったのを見届け、素顔の戦士たちもほっとしたのだろう。
凄い迫力のステージを見せてくれた。
圧巻だったのが変身シーン。
「クロノチェンジャー!」の掛け声とともに、ステージ上の奈落へダイブ!
最大で6メートルというそのダイブには圧倒された。
そしてステージ中央から変身後のタイムレンジャーが出てきたのだが。
いや~、ほんとに変身しているように見えたぞ(笑)

その翌日が千秋楽だったのだが、「絶対に見てほしい!」と説得されて(笑)、もう一度スカイシアターへ。
細かいところが変わっていて、かなり驚いた。
最後ということでやりたい放題だったのかな?
この日はゼニットは落ちませんでした(笑)
そして、大人たちからため息が漏れた、岡本美登さんが演じていたキャラ(役名忘れた)の最期。
本当に見に来てよかったと思った。

そんな思い出があるから、昨年12月に東京に行った際、役者公演を見て帰りたかったのだけど…。
天気には勝てません。
聞くところによると、スカイシアターはゴーオンジャーが最後とか。
新たな劇場は屋内ということだから、今まで使えなかった演出方法などをフルに利用して魅せてくれるんだろうなぁ。
いつか見に行きたいな。

コメント

今年は悪役が豪華(個人的に)

2009年02月16日 | 戦隊・感想・雑談
昨日始まった「シンケンジャー」。
事前の情報で、悪役の声の方々も知っていたのだが、個人的にはすごく豪華だと思う。
今、東映チャンネルでは「五星戦隊ダイレンジャー」が放送中だが、まさか2日つづけて同じ人の声が聞けるとは(笑)
西凛太朗さん。
シャダム中佐。

チョーさん!
「たんけんぼくのまち」!!
小学校の3年か4年の頃の社会科の番組だったと思うんだけど。
学校で見てました。
高学年になっても見てました(笑)
ちょうど、私たちの学年向けの番組の前が「たんけんぼくのまち」で、
最後の3分ほどを見ていると、担任が「この人は地図の書き方がうまい!」と感心していて、
それならばと、授業前の休み時間からテレビをつけていることもあった(笑)
だって、先生がいいって言ったもん!(笑)
教育テレビ以外はチャンネル設定がされていないテレビだったので、どこからも文句は出ませんでした。

そして、宮田浩徳さん。
西さんと同じく、「五星戦隊ダイレンジャー」にご出演。
ナレーターと白虎真剣の声。
日曜、月曜と同じ声を聞いてると、なんか混乱しそうです(笑)

コメント