Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

今回の仮面ライダーキバ

2008年08月31日 | 仮面ライダー・感想・雑談
渡くん、だめだよ~、そんなところで変身解除なんかしちゃったら。
すぐ近くに名護さんがいるんだから~。
まだこれだけでは何とも言えないけど、次回の展開によっては、「劇場版」につながったと言えるかな?
あっけないくらいに終わりを見た「三角関係」。
まだ静ちゃんが何か企んでいるような気もするけど、一応は終焉ていうことでいいのかな。
泥沼にならなかったのは安心した。
過去編では、音也と次狼のやりとりが面白い。
この2人に敵うものはいないんじゃないかな?
損な役割を押しつけられた力がちょっと哀れ。
東映HPによると、今回は三部作ということで、次回に何らかの決着がつくみたいだけど、
どんな決着になるのかな?あまり後味の悪い結末にならないことだけを祈りたい。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP28

2008年08月31日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
なんて、マニアックな人集めなんだ、ガイーアク。
ペン回し…。中学か高校ではやっていたぞ。
ほとんどの人が回せる中、私は回せなかった。不器用だから(笑)
そんなことは置いといて。
いやぁ、本物は何度かしか見たことないけど、似てますね、あの人に。
そして、軍平が実は刑事じゃなかったことが判明!
でも、子どもにしてみれば、「おまわりさん」と「刑事」の違いってどうでもいいんじゃないかなぁ?
この辺もちょっとマニアックなのかな。
途中までは、この流れではウイングスの出番はないなぁと思っていたら、
ペン回しの講師として招かれたのがウイングス…。本当に何でも出来るんだなぁ。
コメント

言い方ってものが…

2008年08月30日 | 日々のあれこれ
日本全国、突然の豪雨で様々な被害が出ている。
命を亡くされた方はもちろん、水害の被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。

としたところで。

わが弟よ!

心配して母がメールしたのに、返事をしないとはどういうことだ!?
電話したら、「そんなことでいちいちメールするな」というような返事はどうなんだ!?

NHKのニュースで、「茨城県つくば市が1時間に100ミリ以上の雨を観測」と言ったから、
心配していたのに。
名古屋で地下鉄の駅に水が流れ込んでいたときと同じくらいの雨量。
心配しないのが無理ってなもんだぜい。

せめて「かなり降ったけど大丈夫」ぐらいのことは言えんのかい。

…。

言えないんだろうなぁ。
君は高校に入ってからかなりひねくれたからなぁ。
君より学力の落ちる者の言うことなんか、決して耳を傾けないからな。
でもね、そんなことしてると…

彼女に逃げられるぞ
コメント

すごい人だったんだ…

2008年08月29日 | 遠い日への回想
現在、個展が開かれているある人について、ネット上に何かないかと探してみたら、
こんなのを見つけた。
へぇ~、すごい人だったんだぁ!

東弘治先生。

私の中学3年のときの担任の先生です。
そして、中学2年、3年のときの美術の先生。
「版画」といえば、木版画しか知らなかった私たちに、アクリル板を使った版画を教えてくれた。
ニードルでアクリル板を削っていくのがなんだか面白かった。
木版画と違って、削ったところにインクを詰めて、圧縮印刷という中学生にはちょっと難しい手法だった。
なので、印刷は先生にお任せ。
出来上がった作品は、自画自賛したいくらいきれいにできていた。
評価は低かったけど(笑)

大学に入ったころに一度お会いした。
覚えていてくれたのが非常にうれしかった。
まだ私のこと覚えていてくれるかな?
せめて、名前を名乗れば思い出すぐらいには覚えていてほしいけど…。

私の中で東先生は36歳で止まっている(笑)
でも、実際の先生は52歳だそうで。
そうだよね。中学を卒業して、もう15年以上が経つんだから、そういう年だよな~。

ちなみに、我が家には先生の水彩画がある。
私が中3のとき、母が個展に出かけて行って、気に入ったからと買ってきたもの。
涼しげな色づかいなので、夏になると毎年出てきます♪
コメント

あるんだね~

2008年08月28日 | 日々のあれこれ
あったらいいな、と思っていたものが見つかった。
まず1つ目。「度付きゴーグル」。
スポーツ店の中のゴーグル売場を物色していたら見つけた。
弱いものからかなり強いものまで10種類近く。
おぉ~、と思ってサンプルとして置いてあった商品を手に取ってみた。
メガネをはずし、片方しかないもののゴーグルを目に当ててみる。
ぼやけていた視界がはっきりと見える。
感動!!
もちろん、私の視力では一番強い度が、一番見やすいのだが、あまり強いのも良くない、
と注意書きがあったので、ある程度の視力が確保できるものを選んだ。
通常のゴーグルの2倍くらいの値段がするのが難点だが、これで1人でも行動できるぞ(笑)

実際に、そのゴーグルをつけてプールに行ってみた。
更衣室からゴーグルをつけっ放しのある意味、不審者みたいになっていたが、
視界がぼやけないのはいい。
そして、顔を水につけたときに、その威力は証明された。
プールの底がとてもきれい。
そうだ、まだスイミング教室に通ってきたころに、初めてゴーグルをつけたときにも同じような感動を味わった。
久しぶりに感動を思い出した気分。るんるん♪

コメント

新パソコン

2008年08月27日 | 日々のあれこれ
22日の日記でも書いたように、新しいパソコンを買った。
そして、この日記もその新しいパソコンから更新している。
ディスプレイが前のよりもさらにワイドになって、いろんなサイトがこじんまりと見える。

前のパソコンは起動させるのに20分から30分かかるようになっていたのだが、
今度のは5分もしないうちに起動が完了する。素晴らしい。

まだインターネットエクスプローラーに慣れないので、使い勝手がイマイチに感じるのだが、
そのうち慣れるだろう。前の時もそうだったし。
プリンターもちゃんとつなげたし、めでたしめでたし。

コメント

メビウスを振り返って

2008年08月26日 | ウルトラマン・感想・雑談
ウルトラシリーズを全話見たのって、実は「ティガ」以来だったりする。
他の平成作品もどこかで一話ぐらいは見ているのだが、どうにも馴染めなかった。
それが、「メビウス」では第1話から引き込まれていった。

個性的な登場人物(第1話の時点ではっきりと区別がつく)、飽きさせないストーリー(あくまでも私にとって)、
本当に素晴らしく作り込んであるなと感じた。
過去のシリーズに登場した怪獣や宇宙人を登場させることに否定的なサイトを見たこともあるが、
私はどちらかというと肯定派。過去の怪獣や宇宙人なら、見分けがつくから(笑)

DVDにダビングするのに10話ずつ落としているからかもしれないが、
「メビウス」は10話ごとに一区切りがつくように感じた。
・メビウスの登場編からツルギVSボガールの因縁の対決に決着がつくまでの10話。
・ツルギの復讐の鎧が解き放たれヒカリとして復活、その後隊員1人1人にスポットが当てられた11話から20話。
・メビウスの「ヒビノミライ」としての姿の由来から始まって、地球に迫る危機を描いた21話から30話。
・過去の出来事などから得た宇宙人に対する教訓を中心に描いた31話から40話。
・最終決戦に向けての布石を積み上げていき、最終三部作へと引き継いだ41話から50話。

24日の日記の中で、「株価急上昇中のトリヤマ補佐官」と書いたが、
この人の場合、他の人に比べて伸びしろがものすごく大きかったのがその最大の要因かもしれない(笑)
政府の要請にも関わらず、ミライくんの引き渡しを拒んだ補佐官。
第20話で、仮病を使って任務をさぼったとき、ミライくん1人だけが真に受け、本気で心配していたのを思い出した。
もしかしたら、補佐官の胸の内にもそのときのことが思い出されたのかもしれない。

そして、いつぞやの日記にも書いたのだが、私が大好きだったのはサコミズ隊長。
こういう上司のもとでなら働きやすいだろうなあと思った。
普段は優しすぎるぐらい優しい人。
だからと言って、厳しくしなければならない場面では厳しい人。
その緩急が素晴らしいなと思う。
まったくの余談だが、私はこの人が発する「GUYS、Sally Go!」が好き。
ミサキさんやトリヤマ補佐官も発したことはあるけど、隊長みたいな迫力はなかったように感じた。

巷には外伝なるDVDが出ている様子。
いつかはそれを見ることになると思うが、今はこの余韻に浸っていたい。

コメント

出産祝い

2008年08月25日 | 日々のあれこれ
13日に出産した友人へのお祝いを買いに百貨店へ。
子ども用品売り場で、右往左往してしまう。
なんだか、これってもうちょっと成長した子にあげるものだよな…
と思いつつ、足を進めていくと、ありました!
赤ちゃん用品の売り場!
しかもミキハウス。高そ~…。

売り場の人が声をかけてくれたので、予算や相手との関係などを説明して、
いろいろとみつくろってもらった。
相手との関係とは、「友人のひとりが『お祝いはいらない』ときつく言われていた」ということ。
もちろん、お返しを期待しているわけではないけど、あまり高額だと相手に気を遣わせるので、
予算は当初5000円に設定していた。
しかし、売り場の人に言わせると、やはり5000円は気を使わざるを得ないとのこと。
それで予算を下方修正。4000円ぐらい。
赤ちゃんが寝るときに掛けられるような、タオル生地とガーゼのケットと、
靴下、そしてハンカチ。
「消耗品だから、絶対に使ってもらえる」
と売り場の人は太鼓判を押してくれたが、本当かな~?
喜んでもらえるとうれしいな。

コメント

今回のウルトラマンメビウス

2008年08月24日 | ウルトラマン・感想・雑談
最終回。この手のもので、アンハッピーエンドなんてことはないので、ある意味
安心して見ていたので、ハラハラはしなかったけど、ドキドキだった。
ミライくんがメビウスに変身できなくなって、どうするのかと思ったら、まさかの全員合体!
そこに重なるサコミズ隊長の「ガイズ、サリーゴー!」がいつもと印象が違った。
いつもが「ガイズ、サリーゴー」ならば今回は「ガイズ、サリーーゴーー」って感じ。
そして、この最終三部作で株価急上昇中のトリヤマ補佐官も、かっこよかった。
オープニングがいつものタイミングでなかったのは、もう一度黒部さんをはじめとする4兄弟を出すためだったのかな。
最初は声だけかと思ったけど、ちゃんと口の動きと台詞が一致していたので、
本当の「出演」だったんだなぁ…。
すべてが終わり、みんなとのお別れ。
悲しい別れではない。寂しいのに変わりはないけど、どこか清々しい別れだった。
全50話。見続けて本当によかった!!

コメント

今回の仮面ライダーキバ

2008年08月24日 | 仮面ライダー・感想・雑談
もしかして、渡をめぐって三角関係勃発?なんかヤダ~。
過去編のドロドロ劇が終わったと思ったら、今度は現代編で?
現代編のは今はコミカルだからいいけど、あまりドロドロにしないでほしいなぁ。
過去編では久々登場の怪人3人組。
そうか、凸(力)と凹(ラモン)は音也に正体を知られていなかったんだっけ。
進んでばらしていたなぁ。すごい迫力なんだけど、笑えた。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP27

2008年08月24日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
ついに!バルカがアイキャッチのレースで勝利!おめでとう!
で、今回はその相棒、範人が大活躍。
おばあさんのために女装までして…。
大翔なんか、思わず一歩後ずさりしてるし(笑)
みんなから「かわいい」と言われてむきになっている範人、みんなとは違う意味で「かわいい」(笑)
コメント

連続真夏日が…

2008年08月23日 | 日々のあれこれ
今度こそ途切れた。
今年の連続真夏日は50日だそうで。
この日の最高気温は28.8度(だったはず)。
ちょっと肌寒かったです。

やっぱり33度などの気温に慣れているからかな?

まだまだ暑い日はあるけれど、たまにはこういう日もいいよね。
ただし、雷だけはご勘弁を。
しかも、明け方に!!

ものすごい雷鳴に目が覚めたのが3時半ごろ。
その後ず~っとドカーン、ドカーン、というような雷鳴が鳴り響いていた。
え~い!!と思って時計を見ると、すでに4時を過ぎていた…。

明け方に降ったものすごい雨と、その後もどんよりとした天気が続いたので、
真夏日にならなかっただけなんだなぁ…。
次の日の最高気温は34度ほど。
やっぱりこう温度差があると、体調も崩しやすいから、気をつけねば。

コメント

買い替え!

2008年08月22日 | 日々のあれこれ
というわけで、電気店へレッツゴー。
パソコンのウイルス対策ソフトの更新期限が2週間に迫っていたので、
本当にギリギリの買い替え(笑)

ついでにテレビも買い替え。
やっとあの「雨」から解放される。
新しいテレビが来たら、もう一度「ゴーオンジャー」見てやる~!(笑)

パソコンにテレビが必要かどうか、店員さんに尋ねられたので、きっぱりと答えた。
「いりません!」
そして勧められたのが、最新機種のパソコン。
もちろん、結構なお値段なんだけど、その1つ前のパソコンと比較しても
4万円ほどしか違わないし、何よりその1つ前のパソコンは展示品限り。
それなのに値段の差は4万円。
パソコンはテレビに比べれば、買い替えの頻度は高いかもしれないけど、
今使っているこのパソコンも5年以上使っているもの。
だったら、最新機種を買っておいたほうがいいかも、ということで、最新機種に決定。

メーカーは1999年に初めてデスクトップを買ってからと言うもの、一貫して富士通。

テレビと同時配送にしてもらったので、届くのは日曜日の午後。
う~ん、楽しみだ~。
メモリが2G!!
さぞ快適だろうな~。

コメント

買い替えかな?

2008年08月21日 | 日々のあれこれ
オリンピックのソフトボールの決勝戦を見ていた時のこと。
雨で中断になったとき、我が家のテレビではどれほどの雨が降っているのかは全然分からなかった。
なぜなら、「元々雨が降っているように見えるから」。

以前にも書いたテレビの不調が、ここに来て益々拍車が掛かっている。

初めて気がついたのが、「ゴーオンジャー」の第11話を見ていたときだから、
もう随分たつことになるなぁ…。
何か変だと思ったのは、ボンパーのピンクのボディに緑色の線が入ったり、
軍平や範人の顔にも妙な線が入ったり…。
挙句には、黒い部分に白い雨のような線がサーッと走ったり…。

ごまかしごまかし来ていたけど、さすがに限界かな~。
パソコンもそろそろ買い替え時だし、思い切るときが来たかな。

コメント

劇場版その2

2008年08月20日 | 映画鑑賞
今度は、ストーリーそのものの感想じゃなくて、館内の様子を(笑)

10時15分上映開始の回を見に行ったのだが、圧倒的に多いのは親子連れ。
当たり前だけど(笑)
でも、チラリホラリと1人で来ている大人(女性ばかり)もいて、ちょっとだけ安堵。
早く暗くなれ~早く暗くなれ~と心の中で念じていた。

そして暗くなって、例の東映のロゴマークと共に、ゴーオンジャーの音楽が聞こえ始めると、
それまでざわついていた会場がシ~ンと静まり返った。
ざっと見た限り、仮面ライダーファイズも、デカレンジャーも知らないであろう世代の子どもが
多かったので、炎衆の3人が大映しになったシーンでも、特に子どもたちの反応は聞こえなかった。
多分、にやっとしたのは、私を含む大人の女性たちだけだろう(笑)

次に仮面ライダーキバが始まったとき、ちょっと子どもたちが身動きする気配が感じられた。
恵が渡に対して言ったセリフで、一瞬だが会場がざわついた。
私も「え~」と思ったので、子どももそして付き添いの大人たちも同じように感じたのだろう。
次に一瞬だけざわついたのが、渡がサッカーボールを蹴るシーンのゴールキーパーのセリフ。
子どもたちも、気づいたらしい。「あの人」だと(笑)
私は、全員気づいたんだけど、子どもはキーパーしか分からなかったみたい。

例年、子どもが飽きてしまって、ぐずる声があちこちから聞こえた、なんて声が
ネットに載せられていたけど、私が見た回に限って言えば、ぐずる声は殆ど聞こえなかった。
1人、前の方に座っていた子どもが「ふえ~ん」と泣き出したくらい。
殆どの子どもが、静かに見ていた。暗闇の中で様子は分からないが、おそらく見入っていたのだろう。

他の映画を見に行くとよくあるのが、エンディングテロップが流れている間に席を立つ客。
今回もそういうのがあるのかなぁと思っていたのだが、出て行く客はいなかった。
明るくなるのを待とうと思っていたのか、それともキバが終わってそれでお終い、
というわけではないことを知っていたのか、それは定かではないが
ラストのおまけ上映まで見ていく親子が殆どだった。

約2時間。誰にも邪魔されず、たっぷり堪能できた。

コメント