Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

結婚、結婚ってね…

2007年09月30日 | 日々のあれこれ
施設に入所している祖父のところへ遊びに行った。
この日は、9月になって初めて(!)最高気温が30度を下回って、
とっても過ごしやすかったんだけど、祖父の部屋には冷房が入っていた(笑)
しかも扇風機まで回っていて、寒い!!

祖父が扇風機を止めてもいいと言うので、そそくさと消した。

祖父のところに遊びに行くと、決まって出るのが「結婚話」。
う~ん、一番下の孫と生まれたばかりの曾孫が神戸に行ってしまって寂しいのは分かるけどね。
こればかりはね…。相手がいて成立することだし…。

きっと、いつか人事異動で神戸の孫一家が九州に帰ってくるよ!
異動願いは出してるって話だし!!
熊本はムリっぽそうだけど…。

弟にまで電話して結婚話をする祖父。
電話の向こうで弟が苦い顔をしているのが良く分かる。
でも、おじいちゃん、アイツが結婚するなら、東京まで飛行機に乗らなきゃいけないかもよ?
大丈夫??(笑)

コメント

よくやるよね、この人も

2007年09月29日 | 日々のあれこれ
「探検ロマン世界遺産」(NHK)を見終わったとき、母がチャンネルを変えた。

ガチガチに緊張した森永製菓(だったと思う)の若手社員の方が、この秋一押しのチョコを
宣伝しようとして、何度もテイクを重ねていた(笑)
↑、思い切り熊本市ローカルです。
どうしても見たい方、ここで見られます。
左のメニューの「ときめきトリップ」をクリックしてください。
熊本市ローカルなので、熊本弁がすごいと思いますが…(笑)

で、そのままスルーして次の局へ。
すると宮崎県知事が走っていた。
まぁ、よくやるよね。一介の県知事がここまでやらなきゃならないのかねぇ?

よく「宮崎県がブームで、熊本も何か恩恵受けてるでしょ?」なんて聞かれるけど、
「何も恩恵なんて受けてません!!」
だって、宮崎だよ?山を越えなきゃならないんだよ?
宮崎に来た人が、熊本まで足を伸ばすなんて、まずあり得ない。
人吉・球磨地方ぐらいだったらあるかもしれないけど…。
それにあれって、「宮崎県」じゃなくて「宮崎県庁」がブームなんだよね(笑)
県知事が代わったらどうなるやら…。

コメント

80戸?

2007年09月28日 | 日々のあれこれ
近所で「エコマンション」なるものが建設中だ。
近所の人の噂では80戸も入居するらしい。

80戸!?

裏のNTTの社宅でさえ40戸なのに?

一体どんな高さになるんだ?と戦々恐々としているのだが。

建設現場を通りかかると、完成予想図のような絵が貼ってあった。
それを見てみると、なかなかオシャレな建物になるようだ。
そして、それを見る限り「80戸なんて嘘でしょう?」という印象を受けた。
もしかして、「80戸」じゃなくて「8戸」の間違いでは?
それだったら納得できる。

外から見る限り、基礎もそんなにたいしたことなかったし、
高層マンションが建つような印象は受けなかった。

何より、閑静な住宅街。NTTの社宅が5階建てだが、その他のマンションも3階建てがほとんど。
あまり高い建物は周囲の風景に馴染まないと思う…。

そのNTTの社宅も近々取り壊されるらしく、もう半分くらいが空き室になっている…。

コメント

絶対に食べられなくなったもの…

2007年09月27日 | 遠い日への回想
中学時代、「給食を絶対に残させない」という先生がいた。
アレルギーだろうがなんだろうが、給食は絶対に残させないという、何だか少し暴力的な先生。

まだアレルギーも「好き嫌い」で片付けられていた時代。
当時、卵と鶏肉にアレルギーがあった私は、献立に鶏関係がある日にその先生が来ないことを祈っていた。
だが、恐るべき日がやって来た。
この日の経験せいで、今でも絶対に口にできないものがある。

プチトマト。

好きな人からすれば何で?と思われるかもしれないが、
あの苦い経験が甦ってきて、絶対に食べられない。

1人に3個割り当てられたプチトマト。
1つ目を口に入れて咀嚼した瞬間、嫌な感じが全身を駆け巡り、
喉の奥から「グゲッ」というような、何とも言えない音が…。
無理やり飲み込み、牛乳で喉をなだめる。
それを繰り返すこと3回。
やっとの思いで飲み込んだプチトマト。
牛乳が足りない…!!

ただでさえ生のトマトが苦手だった私。
いや今でも原形を止めたトマトは苦手だけど…。
(小さく刻んだり、熱を通したりすれば食べられる)

今になって思うのは、あんな思いをしてまで食べなければならなかったのだろうか、ということ。
もし、あの時、最初の1個だけで終わっていれば…。
もしかしたらもう少し成長した暁には、食べられるようになっていたかもしれない。

コメント

じゃがりこコーンポタージュ味

2007年09月26日 | 日々のあれこれ
コンビニに置いてあったので、なんとなく気になって買ってみた。
う~ん、多分再登場はしない予感。
でも、こういう風に感じるのは私だけかもしれない。

やっぱりじゃがりこで一番好きなのは「サラダ味」かな。
長距離ドライブのときには、必ずと言っていいほど買っている(笑)

ところでコーンポタージュ味だが、我が家の犬は気に入ったようで(笑)
寝てたくせに、私が開封したと同時にむくっと起き上がり、トコトコと私の足元に来てお座りした。
普段は絶対にしないくせに、アイコンタクトもバッチリ。
たまねぎが入っていないことだけ確認して、一本やると、ボリボリと音を立てながら、あっという間に完食。
ビデオを見ながらぽりぽりやっていたのだが、気がつくといつの間にか、
ソファの上に飛び乗って私の肘を鼻でツンツンやってきた。
犬にも少し分け与えながら、じゃがりこを食べた。

う~ん、子犬の頃は絶対に人間の食べ物なんて与えなかったのに…。

コメント

そろそろ意識改革が必要?

2007年09月25日 | 時事・ニュース
熊本市で、飲み会の後同僚の女性に車を貸したとして、19歳の女性が逮捕された。
飲酒運転を知りながら車を提供した罪。
先日免許更新の時に、特にきつく言われていたのだが、その時は「そんなバカいるのかね~?」
という感じで聞いていたのだが、ホントにいたよ、「そんなバカ」。

そんなニュースを見ながら母と交わした会話。
この数年、立て続けに身内を亡くした。
当然、今後数年は法事が毎年のように行われる。
法事後の会食時、「献杯」を行っているが、これからの道交法ではコレもアウトになる。
もちろん、タクシーなどで送り届けるなどの対策を講じればいいんだろうけど、
遠方からのお客だと、そもそも車でウチまでやって来るので、それもちょっと不可能かな。
もし、「献杯」でビールを一杯だけ飲み、その人の運転する車に何人かが乗って帰ったら…。
車に乗っていた人全員と、宴席を設けた人間は確実に検挙、あるいは逮捕される。

もうこうなると、「献杯」はビール(お酒)で、という習慣から見直さなければならないと思う。
幸い(?)父方の親戚は、大叔父を除いて全員が下戸なので、いっそのことウーロン茶で「献杯」というのもアリかも。
色も似てるし…(笑)

ビールのアルコールが抜けてしまうためには、人にもよるが、大体350ml1本で4時間かかるらしい。
コップに一杯なら2時間程度で抜けるかもしれないが、これはほぼ毎日のように飲酒している人の場合。
個人差ということを考えると、やはり法事などの宴席では運転の可能性がある人に対しては、飲ませないことが大事なようだ。

コメント

吊り橋酔い…

2007年09月23日 | 旅行
中学2年のとき以来だから…、16年ぶりか。
2度目の大分へ行ってきた。山越えがあるから、酔い止めもしっかり飲んで(笑)
目的地は「九重”夢”大吊橋」!
長さ・高さ共に「日本一」が売りの、昨年開通した橋。
渡った先には、展望台以外何もないという、リピーターがいるのか不安な観光名所。

山の上ということで、ある程度涼しいか、寒いか、と予想していたのだが、
下界でも35度ほどまで気温があがったせいか、全然涼しくなかった。
むしろ暑い!!

吊橋を渡り始めると、鉄製とはいえ、結構揺れる。
揺れるから、みんな橋の手すりを握る。
みんなが手すりを握るから余計に揺れる。
という悪循環。
高所恐怖症の気は全くないので、高さに対する恐怖は全くなかった。
だが、揺れには参った。
バスの中のように目を閉じて揺れに身を任せる、なんて訳にも行かないので、ひたすら前に歩いていく。
人が多くて、時々立ち止まらなければならなかったのも辛かった。
ちょっと油断すると、揺れる橋の手すりが腕を直撃!
金属製だから痛い。
10分ほどかけてようやく渡りきった私は、既にヘロヘロ。
300メートルちょっとしかないのに、1キロぐらい歩いたような気がした。

渡ってしまった以上、戻らなければならない。
再び吊橋で帰るのがムリという人のために、有料シャトルバスが運行されていたが、
往復で500円も吊橋の通行料を支払っているのだから、そんなもったいないことできない。
とヘロヘロの頭で考えた。今思うと、ちょっとムチャだったかも。
帰りは行きほど混雑していなかったので、わりとスムーズに渡って帰れた。
だが、さらに酔った。
吊橋に酔うなんて考えても見なかったので、予想外の打撃を食らった感じ。

結論。もう吊橋は懲り懲りだ~!!
それにしても、80年代や90年代初期の頃の特撮作品なんか見てると、
吊橋の上で大立ち回りを繰り広げるシーンが出てくるけど、
今回吊橋を経験して、アレって凄いことなんだな~と実感した。

吊橋を後にした私たちは、昼食を取った後、九重花公園を散策して帰路についた。
なんだか疲れに行っただけのような気もするが(笑)、話の種にはなったかな。

コメント

よく名付けたもんだ…

2007年09月21日 | 日々のあれこれ
我が家の近くに(と言っても3キロくらいは離れてるかな)、「クリニックタウン」と名付けられた地域がある。
半径500メートルほどの一帯にクリニックがわんさか建っているため、そういう名がついたんだろうけど。

とにかくすごい。

・眼科
・耳鼻科
・皮膚科(2軒)
・胃腸科(2軒)
・整形外科(これは少し離れている)
・小児科(これも少し離れている)
・精神科・心療内科
・歯科(3軒!!)
・動物病院(笑)

とりあえず、「なんかヘンだな?」と思ったときに駆け込める診療科が、勢ぞろい。

まぁ、よくクリニックタウンとは名付けたもんだ。

コメント

危ないよ~!!

2007年09月20日 | 日々のあれこれ
午後、車を運転していたら、とんでもない車を目撃した。
とある交差点。
国道3号線と国道57号線が直交する交差点。
ここの交差点は渋滞解消を目的とした高架橋が57号線に設置されており、直進の車はおおむね高架橋を渡る。
高架橋を降りて50メートルほどで左折しなければならない私は、20メートルほどの区間での
車線変更に自信がないため、下を通っていくのだけど…(^^;)

その交差点では3号線側の右折と57号線側の左折の矢印が同時に出る。
(57号線の右折と3号線の左折も同時)
それだけ広い交差点ってことなんだけど。

その交差点で信じられないものを目撃した。
57号線を直進する車の後ろに止まった私だが、その前の車が、左折の車と一緒に動き出したのだ!!
一瞬だけ、隣の車につられて動き出す、ということはまああるだろう。
でも、その車は前方の信号が赤にも関らず、そのまま直進して行ってしまった。
幸い、どういうわけか、珍しく3号線側に右折の車がいなかったので、
大惨事にはならなかったが、その車が直進した直後、何台かの車が右折して行った。
まさに間一髪。

お巡りさんがいたら、即捕まるよな~と思いながら信号が青になって車を走らせていると、
いました。お巡りさん。高架橋の下で取締りの真っ最中。
でも、前の車の信号無視には気がつかなかったみたい。
たしかに、あの位置だと右折してきた車だと思うよなぁ。
まさか信号無視の直進車だなんて思わないよなぁ。

ちなみに、その車、どうやら高架橋を通るはずが、間違えて下の道路を走ってしまったみたいだった。
見てたこちらの方がドキドキしてしまった出来事だった。

コメント

暑いですぅ…

2007年09月19日 | 時事・ニュース
一時期、比較的過ごしやすい陽気だったのに、ここ数日また真夏が帰って来た。
新聞によると、2日連続でその日の日本一の最高気温をたたき出したそうで。
(36.3度と36.1度)

こんなので日本一にならんでもよい!

ところで…、この夏、30度を下回った日ってあるのかな?

コメント

ネズミが捕まった(笑)

2007年09月18日 | 日々のあれこれ
と言っても、本物のネズミではありません(笑)

自転車をキコキコ漕ぎながら走っていると、歩道の際に何かカメラのようなものが置いてあって、
そこからケーブルが歩道脇の田んぼに延びていて、その先には農作業をしている風のおじさんの姿が。
なんだか妙な感じを受けたが、数秒後その妙な感じの原因が分かった。
不意に、前方の物陰から「止まれ」の旗を持ったお巡りさんが登場。
車道につかつかと進んでいって、2台ほどの車をやり過ごしたあと、目的の車を停めたようだった。
そう、ネズミ捕りの現場に遭遇したわけだ。

同時に、農作業風のおじさんに感じた違和感も分かった。
農作業風なのに、農作業をしていなかった!!(笑)

それにしても、捕まった人はどういう違反だったんだろう?
スピード違反が順当なところだろうけど、停められた車の前には2台の車が走っていた。
車間距離を考えると、スピード違反というのはちょっとムリがあるような。
ということは…、携帯電話??
この前の講習で、携帯電話使用は減点2と習ったばかりなので、そんな予測を立ててみた。
ちなみに携帯を見ただけで減点1だそうで。ほぉ~。

今回ネズミ捕りの現場となった道路は、私もよく車で通る道なので、気をつけなければ。

ところで、農作業風のおじさんに変装していたお巡りさん、もう少し上手く変装した方がよくってよ(笑)

コメント

17年にわたる謎解明

2007年09月17日 | 戦隊・感想・雑談
このたび、「地球戦隊ファイブマン」32話をようやく見ることができ、
私の17年に渡る謎がやっと解明されました♪

学兄さんは、どのようにして敵の手にかかり、殺されてしまったのか?

これが最大の謎だった。

部活が休みだったのか、放映時間に間に合ったのはいいが、お遣いか何かを頼まれてしまい、
テレビをつけたときは、もう学兄さんは死んでしまっていた(>_<)
正確に言うと、胸の上で手を組まされた学兄さんの手をレミが握り締めて
「兄貴、目を開けてよ!」と呼びかけているシーンだった。

数美のお芝居のおかげで、学兄さんは復活、ある程度の流れは把握できていたけれど、詳しい流れがサッパリ分からずにいた。
正々堂々と戦ってやられたのか、不意をつかれたのか(変身してたんだからコレはないと思った)…。

でも、まさかねぇ…。
いくら時間を操ることができる合身銀河闘士が相手とはいえ、時間を止められて、
そこをシュバリエに滅多切りにされていたなんて…。
うぅぅぅ、ショックだぁぁぁぁ…。
シュバリエ役の人のイメージで、そんな卑怯な手を使うなんて思ってもみなかった。

で、一度は長兄を失った兄弟たちの怒りというより恨みが爆発、
久々のブラザーアタックで蹴散らしたのも納得がいった。

コメント

そんなの知らん!

2007年09月15日 | ウルトラマン・感想・雑談
TBSチャンネルで放映中の「ウルトラマンメビウス」に嵌った。
地上波で放送されたときは、とんでもない放送時間だったせいもあって(たしか日曜日の早朝)、
一度も見たことがなかったのだが、色々な方の日記やブログを拝見していて、これは一度見てみたいと思っていた。

どこかで見たことがある怪獣たちにもワクワクしている。
ミクラスが登場したときは嬉しかった。
だって、ミクラスのクタクタ人形持ってるんだも~ん♪
やっぱりミクラスは可愛い!!

ところで、TBSチャンネルを視聴・録画するためには、居間のチューナーとデッキを使わなければならない。
自然と、見るのも居間になる。当然(笑)、親も一緒に見る。
劇中で「ツルギ」と呼ばれている青い巨人について、母が「コレもウルトラマン?」と聞いてくる。

そんなもん、知らん!!

ミライくんが「君もウルトラマンか?」と問いただしても、肯定も否定もしていなかったから、分からないよ~。
なにしろ、このところ買っている情報誌が「東映ヒーローMAX」だけだから、メビウスに関する情報なんて、殆どないのだ。
知っているのは、シリーズ後半に歴代のウルトラマンたちがゾロゾロとゲスト出演することくらい(笑)

これから先、毎週土曜日が楽しみだ♪

コメント

免許更新行ったよ…。

2007年09月14日 | 日々のあれこれ
朝8時に家を出た。
免許センターまでの道順は知っているが、所要時間を知りたくてナビ起動。
ほうほう、8時半ごろには着くのね。
ちょうど受付が始まるぐらいの時間で、いい感じかも。

と思っていた数分後、渋滞に巻き込まれる(><)
ノロノロ運転が数分続く。到着予定時刻も数分進んでしまった。
ま、10時半までに受付できればいいんだし~と気楽に構え、ノロノロの亀さん状態で進んでいく。
ところどころで渋滞が解消し、スムーズに流れるものの、金曜日というせいか、結構時間がかかった。

それでも、バイパスから国体道路へ曲がると、スムーズに流れ出した。
やっぱり、ここの交差点がいちばんの渋滞箇所なんだよなぁ…。
渋滞がなければ20分足らずで来る道を、35分ほどかけて到達。
到着予定時刻も8時50分にまで遅れてしまった。
そして、実際に到着したのも8時50分。すごいね、ナビ。

講習予定時間を見てみると、私が受講する講習は9時15分が第1回目らしい。
間に合うかな?
受付を済ませ、書類に必要事項を記入して、視力の検査をして、窓口でお金を支払う。
この時点で既に9時を過ぎている。
もうムリか…。と思っていたら、名前を呼ばれ、写真撮影。
ギリギリセーフで9時15分の講習に間に合った。

「優良運転者講習」なので、時間は30分。
講習は、主に今度改定される道交法についての解説だった。
いちいち「みなさんはそんなことないですけど」と断定口調なのが面白い。
どこまで本気でどこから冗談なのかも分からず、みんな何ともいえない雰囲気を纏っていた。

講習が終わり、免許証が配布された。
恐れていた顔も、割合まともに映っていたのでとりあえずは安心。
これで5年間は大丈夫だぞと。

「中型免許」の新設のせいで、免許の条件が3行になってしまったけど、
それ以外は不満はない。3行を2行に戻す講習を受けるのも面倒なので、
おそらくずっとこのまま行くだろう。

コメント

寒いのか暑いのか…

2007年09月13日 | 日々のあれこれ
昨日の最低気温、19度。
昨日の最高気温、35度。

そりゃ、身体もどうにかなるよなぁ。
朝は長袖+下着が必要だったけど、昼は半袖だけで過ごしていた。

叔母が体調を崩してダウンしたらしい。
母もお腹を下してダウン。
ついでに犬も胃腸の調子を悪くした。

いや、犬は予防注射に連れて行かれるのが嫌で、ストレスかも…という説が有力だが(笑)
さて、来月の狂犬病予防注射のときはどうなるかな?

コメント