Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

本当なら

2004年06月30日 | 日々のあれこれ
この日で終わりだったんだけどなぁ…。
結局台所がまだ出来ていないため、7月へと持ち越しとなった。
それによって生じた弊害が、大工さんの掛け持ち。

大変だぁ…。

でも、逃避生活を続ける私たちも大変だぁ…
コメント

さらに若い人が来ると。

2004年06月29日 | 日々のあれこれ
工務店から来ていた大工さんの責任者の方。
工務店の社長さんの話だと、まだ30前ということで、見た目も若い。
その割には物凄い熊本弁なんだけど(笑)

しかし、20歳くらいの見習い大工さんがやって来るようになると、えらく年食って見えるようになった(^^;)
やっぱりより若い方に目が行ってしまうからなぁ…。
コメント

トロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団

2004年06月28日 | 日々のあれこれ
先週の火曜日になるから、後追い日記になるのかもしれないが、タイトルのバレエ団の公演を見に行った。
このバレエ団、普通のバレエ団とはちょっと違う。
団員全員が男性
男性が女装してトゥシューズを履いて踊るのだ。
もちろん、パロディ。

前回見に行ったのが小学生のときだったから、15年くらい前になる。
そのときからすれば、格段に上達したというか、美しくなったというか。
前回は笑うしかなかったのが、今回は見とれてしまった。
遠目なので、表情とかは全然見えないのだが、姿形はまさに女性。
あれが男性であるということを忘れさせてしまうような踊りに、ぐいぐいと引き込まれていった。

圧巻は第二部・小品集の2作品目。
たった1曲だったにも関らず、盛大な拍手が沸き起こった。
山場のラスト、瀕死の白鳥では、演者が「もっと、もっと」と求めなければ拍手が大きくならなかったのに。
2作品目がこの公演の最大の山場だったように思える。

色々とグッズも販売されており、案内役の人が「魔よけにどうぞ」と言っているのには笑った。
たしかに、女装して化粧した男性なんて魔よけにピッタリかも(笑)
コメント

またまた後追い日記7

2004年06月27日 | 日々のあれこれ
どんどん図太くなっていく神経(笑)
騒音の中、自分の部屋とはいえビデオを見るくらい。

大工さんが4人来ていたのだが、2人が物凄く愛想がよいため、現場の雰囲気がすごくいい。
自分の部屋に行くのにあまり気兼ねしなくていいのはありがたい。

しかし…、このペースで本当に今月中に終わるのかいな。
決して手際が悪いわけではないのに…。
現場と机上の計算との差なんだろうな。
コメント

またまた後追い日記6

2004年06月26日 | 日々のあれこれ
やっとのことで洗面所完成。
同時に台所の流しも撤去。コンロもすでにないので、極端に不便になった。

それでもグダグダと家に居るあたり、騒音にも慣れたのか…??
旅行の疲れもあって、耳鼻科へ通院した以外は、ずっと家に居た。
コメント

鹿児島で(またまた後追い日記5)

2004年06月25日 | 旅行
この日は一日乗車券と周遊券を使って、色々と巡ることに決定。
まずは前日、ろくに展示物を見なかった「維新ふるさと館」へ。
ボタンを押すと、フォログラフィーのようなものが色々と解説してくれるジオラマなどがあって楽しめた。
さすがに全部はフォログラフィーによる解説を聞くことは出来なかったが…。

続いて向ったのは、「かごしまメルヘン館」と「かごしま近代文学館」。
正直期待はずれだったのだが、来館者の少なさから見ても、市民もあまり来ない場所なのかもしれない。

この2つの最寄のバス停が西郷銅像前。コレ。


そして、鹿児島旅行最大の目的(といっても出発の1時間前に決まった場所だが)、
「かごしま水族館」へ。
エスカレーターを上がっていくと、いきなりジンベイザメくんがお出迎え。
その迫力に圧倒された。
フラッシュさえ焚かなければ撮影OKだったのだが、さすがに動くものをピンボケせずに撮る技術がないため、諦めた。
変わりに動画で撮影してきた。

水族館のすぐ近くから桜島へ渡れるということで、桜島にも行ったのだが、時間もあまりないためとんぼ返り。
在島時間30分(笑)

鹿児島中央駅に戻り、駅にあるこのモニュメントを撮影。
若き薩摩の群像。私にはどれが誰だかサッパリです(^^;)


今度も約1時間で熊本着。ぐっと身近になった鹿児島だった。
コメント

鹿児島へ!(またまた後追い日記4)

2004年06月24日 | 旅行
前日の夜に突然決めた鹿児島旅行。
朝から時刻を調べて、準備して…と慌しい。

熊本駅から特急リレーつばめで新八代へ。同じホームで待っている新幹線つばめに乗り換えて鹿児島へ。
所要時間1時間!早っ!

昼食を取ったあと、定期観光バスで市内散策に出ることにした。
母と2人だけの定期観光バスはちょっと居心地が…(^^;)

鹿児島と言えば幕末から明治維新にかけて活躍した人々を輩出した街。
そんな人々を展示してある「維新ふるさと館」は楽しかった。
展示物は時間の関係で全然見られなかったのだが、西郷隆盛たちのロボットが出てくるお話は引き込まれた。
もちろん、撮影禁止なので写真はない。

その後熱帯植物園や城山展望台などを経て、仙巌園へ。
何とか持っていてくれた天気も、次第に怪しくなってきた。
ここでは面白いものを見た。

何の変哲もない岩が…↓


見る位置と角度を変えると、天に昇ろうとする亀に見える。↓


定期観光バスでの市内散策はコレで終わり。
天文館という繁華街でバスを下ろしてもらい、夕食を調達してホテルへと入った。
コメント

またまた後追い日記3

2004年06月23日 | 日々のあれこれ
この日から、台所の増築部分に着手。
大工さんからは「明日、台所のコンロと流しを壊します」と言われる。

ちょっとまて。洗面所もまだ出来ていないのに、流しまで壊されたら、どこで洗面するんじゃい。
それを大工さんに訊ねると、流しだけは残してもらえることになった。
ただし、洗面所が完成するまで。

この日はずっと祖母の家で過ごしていたのだが、明日から台所が本格的に壊されることになると、
家にはますます居づらくなる。

夜、何気なくテレビを見ていて、「鹿児島行こうか」と言う話になった。
あとはトントンと決まっていき、鹿児島に旅行することが決定。
こんな行き当たりばったりな旅行は初めて(笑)
コメント

またまた後追い日記2

2004年06月22日 | 日々のあれこれ
私の部屋のエアコンの取替え工事が行われた。
恐れていたことが現実になり、ブルーな気分に。

折角整理して本をしまい込んだのに、全ての本をまた取り出さなければならなくなった。
クーラーの真下に本棚を設置してしまった私のミスだから仕方ないんだけど。

エアコンを設置してもらって、本を元に戻してもいいと言われても、なかなかする気になれなかった。

しばらく床の上に本が山積されたまま、時が過ぎていく…。
(結局片付けたのは日曜日^^;)
コメント

またまた後追い日記

2004年06月21日 | 日々のあれこれ
ごめんなさい、後追い日記ばかりです。

ものの見事に台風も逸れてくれて、一安心。
この日からいよいよリフォームも佳境(?)
家の中に進入。
まずはトイレの破壊。よって、「もらいトイレ」状態に…(く~ッ)
トイレの度に祖母の家に走らなければならないから、必然的に水分を取らなくなる。
この弊害が翌日現れるのだが…。

この日、お風呂も破壊されたため、「もらい湯」にも出かけることに。
この日は従妹の家へ。

この生活がしばらく続く…。
コメント

台風の進路が気になる

2004年06月20日 | 日々のあれこれ
一時は直撃か、とも思われた台風6号。
直撃の進路は免れたようだが、それでもまだ進路が気になる。

昼前ぐらいから風も強くなってきた。

明日はどうなるのかなぁ。

また進路を西寄りに変えるなんてことはないよね?

台風情報を見ていて気づいたこと。
国見って大分にもあるんだ…。知りませんでした。
国見=長崎だと思ってた。
福島にもあるみたい。
コメント

本日の日記

2004年06月19日 | 日々のあれこれ
台風6号が接近中。
なんか、ヤなコースを辿りそう…。

そのためか、玄関の屋根の工事が突貫工事で行われていた。
なにしろ、屋根自体が円を描いているため、ガリバリウムという板をいちいち整形しなければならず、作業がなかなか進まない。
こだわりの建築士さんってこういうとき困るね。

とにかく今日の作業は随分と時間が掛かった。
夕方7時前に大工さんから「全部終わらせてから帰るので8時頃になるかも」と言われていたのだが、
実際に作業が終わったのは、この後追い日記(笑)を書いている最中。
もう9時半近かったんじゃないかな。

遅くまでお疲れ様。これで台風が来なかったら…。
いや、台風が来ないに越したことはないんだけど…。
どうか台風よ、東側に逸れておくれ。
この前みたいに。
コメント

後追い日記Part4

2004年06月18日 | 日々のあれこれ
机を搬入する予定なのに、伯母からパソコンについてのSOS。
すぐ終わるだろうと思って行くと、これが難問。
私はハードはよく分からないよぉ。メモリ増設ってXPなのに必要なのかなぁ?
でも、電気屋さんがそう言うのなら必要なのかな。

出足が遅れたが、ようやく作業に着手。
机の上に山積みしていた小物類を色々と片付けて、いざ部屋へ搬入。
これは母と2人で出来た。

そして、床の上に置いていたパソコンを机の上に設置。
キーボードを押しやれば、ちょっとした書き物くらいなら出来るスペースもあり、一安心。

まだ小物類は片付かないのだが、とりあえず部屋は完了。
コメント

後追い日記Part3

2004年06月17日 | 日々のあれこれ
この日は部屋にカーペットを敷き、天井にクロスを貼ってもらう作業。
いつもの大工さんたちは玄関に専念し、部屋は専門の業者が派遣されてきた。

毎日我が家にやって来る若い大工さんが、えらく愛想がいいせいか、ぶすっとした職人さんの愛想のなさが気になる。
母に言わせればそれが普通だとか。
う~ん、でも挨拶くらいあってもいいんじゃない?

それに、ちゃんと朝話したのに、インターネット用のケーブルを違うようにセッティングしてるし。
愛想のないのはいいから、人の話はちゃんと聞け。

夕方に前日搬出した家具類をまた大工さんたちに入れてもらったのだが、そのときに事情を話して付け替えてもらった。
家具の配置を変えたら、部屋が前よりも広く見える。

ただし、まだ机は搬入していない。
とりあえず、床の上でパソコンをセッティングしてメールだけ受信する。
さすがに、キーボードは叩きづらいから仕方ないね…(笑)
コメント

後追い日記Part2

2004年06月16日 | 日々のあれこれ
朝からメールを受信しただけで、すぐにパソコン撤去。
何しろ大工さんたちの朝は早い。
8時前には到着して8時のミュージックチャイムと同時に作業開始というのが多い。

この日は朝から家具の大移動。
作業員3人で、移動すべき家具を隣の部屋に運んでもらう。
ベッドが解体できることをこの日知った(笑)

小学校の頃から使い続けていた学習机は、今回廃棄処分。
変わりに弟が高校の頃から使っていた机を貰うことに。
その机の上にパソコンを置き、可動式の引き出しの上にプリンタを置くことにしたら、パソコンラックも不要に。
もちろん、廃棄処分。

全ての家具が搬出された部屋は広かった。

この日は天井にクロスを貼るための板材を打ちつける作業。
午前中はそれに掛かりきりだったようだが、午後からは再び玄関へ。

部屋が大きく変わるのは翌日のこと。
コメント