Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

わざわざ駆け下りたのに…!

2004年02月27日 | 日々のあれこれ
自分の部屋にいると、階下で電話が鳴った。
母がいると思ってしばらく様子を伺っていたが、一向に出る気配がない。
急いで階段を駆け下りて、受話器に手を伸ばすと切れた。
着信記録を見ると、全然知らない番号。
そのすぐ前に番号非通知でかけてきて、シャットアウトされていることも確認した(1分差なので、同じところと見ていいだろう)。
水を飲んで、自分の部屋に戻ろうとすると、また電話が鳴った。
廊下を翔け戻って受話器をとったが、聞こえてきたのはツー、ツー、という音。

なんでっ!!??
ベルは3回くらいしか鳴ってないのに、何で切る!?
前のと同じところだったけど、一体何なの!?
カッとなって、受話器を叩きつけてやった。
電話に当たったってしょうがないのにね。

以前にも、電話に出れば切れるということがあったけど、同じようなものなのかなぁ。
その頃は非通知拒否をしていなかったから、番号も何も分からなかったけど…。

もし、いたずら電話なら暇な人間もいるもんだね。
電話代かかるだけだからやめときなよ。
コメント

しつこいぞ、ヤ●ーBB!

2004年02月26日 | 日々のあれこれ
乗り換えるつもりはないのに、何で何回も何回もかけてくるんだ~!!
しかも、番号非通知をシャットアウトしているのを、わざわざ番号通知でかけなおしてくるし。

「ケーブルでやっているからいらない」
「ケーブルにしたばかりだから、変更できない」
といくら言っても埒が明かない。

ほんと、しつこいぞ!

コメント

気を取り直して。

2004年02月25日 | 日々のあれこれ
昨日書いた「事件」、ニュースでも報道されなかったので、何だったのか分からずじまい。
気になるけど仕方がないか。

気を取り直して。
ようやく、いとこの家の犬の写真撮影に成功した。
生きている動物を撮るのは一苦労。



携帯のレンズの真上にエサをちらつかせてカシャ。
なかなかタイミングが合わなかったんだけど、5回目の挑戦でようやく成功。



撮影者自身が立ち上がり、上のと同じようにエサをちらつかせる。
やたらと興奮してジャンプするので、「お座り!」と命令して急いで撮影。
もちろん、その後でエサをやりました。



ちょっと失敗?
シャッターを押す瞬間に舌なめずりはじめてしまいました…。
う~ん、しまりのない顔…。



目線の先には本当の飼い主がいます。
でも、ひょっとしたら見ているのは、飼い主の手にあるエサだったりして(笑)

撮影前、撮影中、撮影後、やたらと元気なワンちゃん。
何でも、私がやってくると興奮するらしい。
犬に好かれるオーラはまだまだ健在のようだ(?)

好かれるのはいいんだけど…、パンチはやめてくれぇい。
服が汚れる…!
コメント

何だったんだぁ!!

2004年02月24日 | 日々のあれこれ
車がやって来た。
てっきり救急車だと思っていたのだが…。
「道を譲ってください!中央を空けてください!」と拡声器から怒鳴り声が響く。
救急隊員にしてはちょっと高圧的だなぁと思っていたら、救急車ではなくパトカーだった。
そして、私たちが止まっていた場所からほんの数メートルのところでパトカーが停止した。
車から私服警官が降り立った。
「何、事故!?」

ほんの数メートル先にパトカーが2台も止まっているため、片側2車線のうち1車線が使えない。
右側の車線にゆっくり移動しながら車を進めていくと、警官が1人の人(性別は判別不可能だった)の腕を掴んでいた。
どうも拘束されているようだった。
「え!?」
現場がえらく殺気立っている。
交通事故ではなさそう…。

すると、今度は対向車線側から2台のパトカーがその現場に向ってきた。
「ええっ!?」

パトカーが4台も出動するなんて、一体何事!?
拘束されてた人は何!?

夕刊を見ればその謎も解けるかと思ったが、どこにも記事は載っていなかった。
ということは…夕方のローカルニュースに託すしかない、かな?

一体アレは何だったんだぁ…!
コメント

凄…っ!

2004年02月22日 | 戦隊・感想・雑談
約1分で判決が下るんだ…。
あの世界に限って、そんなことはないと思うけど、もし冤罪だったらどうするんだぁ!
デリートした後に濡れ衣だったことが分かったら…?

以上、今日のデカレンで思ったことでした(笑)

いや、三重県で「泥棒」と取り押さえられた人が、亡くなった後で冤罪だったことが分かったばかりだし…。
ちょっと考えてしまったまでで。
コメント

おめでとう!

2004年02月21日 | 日々のあれこれ
母の友達の娘さんが高校に合格した。
おめでとう!
でも、クラスのお友達はこれからが本番なんだから、あまり浮かれすぎないようにね。
でないと、私のクラスのように、いわゆる4校がほぼ全滅になりかねないぞ。

これほんと。

我がクラスでは専願や推薦で私立に合格が決まった人たちが、自習時間とか大騒ぎしていた。
それだけでなく、まだ決まっていない人も、一緒になって騒いでいた。
隣のクラスの先生が
「受かった人たちがそんなことでどうする!」
と怒鳴りつけたほど。
それでも改まらないのが我がクラス。
私は寂しいかな、クラスで孤立していたので、そんな騒ぎの渦中にはいなかったけど(^^;)

そんな状態で迎えた公立高校の試験。
熊本ではまだまだ公立神話が健在で、クラスの大半は公立高校を受験する。
クラスの雰囲気に呑まれたわけではないだろうが、我がクラスでは、
県内トップ4校のうち3校で受験者全てが不合格。
残りの1校は私も受けて進学した学校(ちなみに、この高校のみ我が学校で合格率100%を叩き出した)。
合格発表の日の職員室はどんな雰囲気だったんだろう…?
受験は個人の責任ではあるけれど、ある程度はクラスの雰囲気も大事だなと思った1件だった。

何でこんなこと書いたかって?

……冒頭の娘さんのお友達が遊びに来ているらしく、凄くうるさいのだ……
受験生がいるわけではないからいいんだけど、もう少しボリューム落としてくれないかなぁ…。
コメント

店員の教育は?

2004年02月20日 | 日々のあれこれ
恩師の退職記念パーティと、従兄の結婚式に備えて靴を買いに行った。
自分にあった靴を見つけるのが大変な足をしているので、今日も散々探し回った。
はじめはデパートで探していたのだが、見つからないので外に出ることにした。

外に出てはじめて入った店。
品揃えよりも店員の態度にプッツン。
店員同士でキャッキャッと笑いながらおしゃべりしている。
それだけではなく、お客が入っていっても「いらっしゃいませ」の一言もない。
こういう店にはロクなものはない、と判断してさっさと店を出た。

次に行った店で何とか足に合う靴が見つかり、それを購入した。

それにしても、あの店の店員の態度って一体…。
コンビニでバイトしてたとき、お客がいなければパートナーと私語をしたりはしていたけれど、
お客が入ってくればすぐに「いらっしゃいませ!」と言ったし、私語も打ち切った。
接客業をしている以上、それがマナーだと思う。
店内には店長みたいな中年男性もいたのに、注意の一つもしない。
あの店の従業員の教育ってどうなってるんだろ…?

ああいう店ってたぶん、先は長くないと思う。
そのうち潰れてるかも…。
コメント

携帯は携帯してください

2004年02月17日 | 日々のあれこれ
連絡を取りたいことがあって、母の携帯に電話を入れた。
しかし、「留守番電話サービスにおつなぎします。」というメッセージが流れてくる。
出るのに時間がかかるのはよくあること。出る前に切れてしまったのなら、すぐに向こうからかけ直してくる。
だから、電話を切った後にしばらく待ってみた。
しかし、今回はかかってこない。

2~3分後、もう一度かけてみる。
やはり「留守番電話サービスにおつなぎします。」だ。
この電話の後もかけ直してこないので、自宅の電話にかけてみる。

今度も受話器から聞こえてきたのは電話機の音声。「この電話はFAXと…」。
家にも居ないのかよ…!

後で、このときは外にいたことが判明。
全く、「携帯」電話なんだから「携帯」してくれよぉ…!
出かけるときは忘れないようになったけど、庭掃除なんかだと、邪魔だと言って部屋に置きっぱなし。
外にいても呼び出し音が聞こえるならそれもいいけど、聞こえないんだから、ポケットに入れるとかして持っててよぉ。
コメント

「女神の恋」にはまった

2004年02月16日 | テレビ視聴・感想
現在NHKで月曜から木曜までの夜11時から放送中。
以前に放送されたときは、途中からしか見ていないので、今回は最初から見ることにした。
しかも、ハードディスクに高画質録画するという徹底ぶり(笑)

松本明子演じる末松吉子と、山口祐一郎演じる小田龍之介の掛け合いが絶妙で面白い。

そうそう、吉子の恋のお相手が辰巳琢郎演じる北岡修一だったのには噴出した。
これで弁護士だったら、もっと良かったのに(?)。

今週は小田龍之介の息子が登場。
考えてみれば、彼があの2人を……(以下略)

あ、早く録画予約しておかなきゃ!
コメント

おばあちゃんの好きなもの

2004年02月15日 | 日々のあれこれ
固いものや粘着質のもの以外ならなんでも(笑)

和・洋・中なんでもござれな人。
テレビを見ていて、チャーハンを作っている場面が流れた。
すると、その場にいた母に「チャーハンが食べたい」と言ったそうな。
その日の夕食はすでに作っていたので、翌日の昼食がチャーハンに決定。

昼食がチャーハンだった日の夕食は、祖母と同居している叔母が不在なため、母が作ることに。
ハンバーグでもいいかと祖母に尋ねると、目をキラキラさせていいと頷く。
さすが、毎食コロッケでもいいというおばあちゃんだ。

母が買い物に出かけ、その間私が祖母を見守っていたわけだが…。
テレビでラーメン店の取材の様子が流れ出した。
すると、「ラーメンが食べたい」と言い出した(おいおい…)
出前を取ろうと言い出した祖母に、夜に食べると胃にもたれるから、明日にしようと説得(?)。

いやぁ、食欲旺盛なおばあちゃんを持つと、大変です(^^;)
コメント

いとこに会った

2004年02月13日 | 日々のあれこれ
仕事で一時帰郷(出張)してきている従兄に会った。
結婚式まで1ヶ月余りとなり、幸せの絶頂といった感じでニコニコしていた。
すぐにまた出かけてしまったため、わずか15分ほどしか会えなかったが、結婚式前に会えたのは良かったと思う。

私にも「結婚」の圧力が親戚(父方)から掛かっている。
こればっかりは1人じゃできないんだけどねぇ。
相手がいなきゃ!
私自身、まだ結婚したいなんて思ってないから、聞き流してる。

母方の親戚からは全く圧力なし。
気楽でいいねぇ(笑)
ずっとそのままで居てね。
コメント

バレンタインかぁ…

2004年02月11日 | 日々のあれこれ
誰にチョコをあげようかなぁ。
ペット用(犬用?)のチョコまであるみたいで、笑ってしまった。
いとこの家の犬にやるのもいいなぁ。メスだけど(笑)

母にはゴ○ィバのチョコをねだられている。
私も食べたいし、買いに行くかぁ…?

でも、手作り用のチョコも用意してるんだよなぁ(笑)
生きていればバレンタインデーに57回目の誕生日を迎えるはずだった人へのお供え用に。
もちろん、その後食べます(笑)
手作りといっても、市販のチョコを溶かして小さな容器に入れて、固めるだけだけど。
……それで手作りと言っていいのだろうか……(^^;)……

そういえば、小学校も中学校もチョコを持ってくることは禁止になっていたけど、今はどうなのかな?
高校は女子高だったので、あまり関係なかったけど…。
当時と同じように隠れてやり取りしてたりして(笑)
コメント

昇格した?

2004年02月10日 | 日々のあれこれ
ここでも何度も取り上げた野良猫。

↑この子。

どうやら、どこか親切な家があって、そこの“飼われ猫”に昇格したらしい。
最近やって来たときには、今までバサバサだった毛並みが見事なまでに整い、フカフカしていたのだ。
人間の手が加わったことは一目瞭然。
母と2人でよかったねと喜んでいるところだ。

いやぁ良かった良かった。
コメント

恩師2人の近況

2004年02月08日 | 日々のあれこれ
この2日ほどで、思いがけなく中学時代の恩師2人の近況を知ることが出来た。

まずは、中学3年時の担任の先生。
地元紙が大きく取り上げていた。もちろん、いいことで。
あまりに取り上げ方が大きかったので、一瞬もう教師はされていないのかと思った。
しかし、記事の冒頭に今中学3年生の担任であることが書いてあり、ホッとした。
美術の先生で、銅版画が専門。
年賀状も凝りに凝っていて、3学期が始まってから届いた年賀状は、その銅版画で作ったと思われる絵だった。
あまりの細かさに家族で感動したものだ。
今も、教師と版画と両方を頑張っておられるようで、色々な意味で励みになった。

次は、中学1年時の国語担当の先生。
昨日のテレビ「メレンゲの気持ち」の中に登場。
KABAちゃんの部活の恩師だったようだ。
お茶目な先生だったと記憶している。
でも、このときほど13年の歳月を見せ付けられたことはなかった。
もっと若いと思ってたのに…(^^;)

さぁて、中学1年と2年のときの担任の先生は今、どこの中学におられるんだろうなぁ…?
コメント

何年ぶり?

2004年02月07日 | 日々のあれこれ
何年ぶりかで見舞われた大雪。
外に出るのもためらわれるくらいの、物凄い降り方。
土色の地面がどんどん白くなっていく。

どうせ積もるなら、雪だるまでも作りたいなぁと思いながら、白くなっていく様子を見ていた。

しかし、願いも虚しく(?)、雪は15分ほどでやんでしまった。
その後は日も燦々と差してきて、うっすらと雪化粧したはずの地面も、元に戻ってしまった(TT)

仕方ないか…。
コメント