Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

回転寿司

2003年09月29日 | 日々のあれこれ
久々に(1年以上?)母と2人で回転寿司を食べに行った。
昼食の時間帯を過ぎているため、人はそんなにいなかったが、お客が帰ったあとの皿が全く片付けてなく、座るところがない。
思えば、このときにさっさと見切りをつけておけばよかったのかもしれないのに・・・。
こちらが待っているのにもかかわらず、自分のペースでのんびりと片付けているおばさん。
カウンターの中で何をするでもなく、立ち尽くしているおじさん。
思えば、このときにさっさと(以下略)。

ようやくテーブルにつき、皿が流れているベルト(?)を見ると。
?  ??  ???  ????
奇妙な風景がそこにはあった。
赤身のマグロとエビの握りが同居してたり、握り寿司が1カンしか乗っていなかったり・・・。
それに、寿司自体も通常の店の半分くらいの大きさしかない。
全皿100円ということを割り引いてもちょっとひどすぎるのでは?

時間帯が過ぎているせいか、流れている寿司もマバラなので、注文することにした。
タマゴ2皿、イカ、タコ、おしんこ巻き各1皿。
しかぁし、出てきたのはタマゴ1皿、イカ、おしんこ巻き各1皿だけ。
タコは品切れらしい。じゃぁ、タマゴもう一皿は何処に消えた?

しばらくすると、タコが1カン、別の握り1カンと同居して流れてきた。
おいおい、どこが品切れだよ・・・。

これで完全に心象を悪くしてしまい、さっさと店を出ることに。
お会計、母と2人で800円なり。
8皿中2皿が1カンしか乗っていなかったり、大きさのことを考えるとちょっと高めかな。
お会計のときもおじさんの一言にカチン。
「8皿ですか!?」・・・そうだよ、悪いか。

いやぁ、お寿司食べに行って何でこんなに不機嫌にならにゃならんのだ・・・。
コメント

住民のエゴか否か

2003年09月27日 | テレビ視聴・感想
数日前、アーサーさんの日記でも話題になっていた「ご近所の底力」
私が興味を持ったのは、「抜け道暴走車」。

私の家の前にも”抜け道”とされている道路がある。
番組に出てきたところみたいに、ひっきりなしというわけでもなければ、
通行規制が敷かれているのに無理やり進入、ということではないのだが、
制限速度30キロを大幅に上回って走り去っていく車が多い。
途中で極端に狭くなる道路なので、あまり飛ばすと危険極まりない道路なんだけどなぁ。

先日放送された「その後編」で、件の住民たちが抜け道利用のドライバーたちから「住民のエゴだ」と非難されたと言っていた。
「交通ルールを守れ」と言うのがエゴ?
通行規制を無視して進入する交通違反はドライバーのエゴじゃないの?

我が家の前の道路を走る車を見ていると、沿線の住民かそうでないかは大体分かる。
人が歩いていても、小さな子どもが歩いていても、徐行すらしようとしないのが「抜け道」利用者。
人が歩いていれば、徐行してすり抜ける、場所によっては車を止めてその人を行かせるのが沿線住民。

一度、小さな子どもがお母さんと歩いていて、ちょっとふざけている横を、
外国車がすごいスピードですり抜けて行った。
ただでさえ、料亭の前で仕出しの配達の車が止まっていて狭くなっているところなのに。
ちょっと離れたところ(3メートルくらいかなぁ)にいた私も相当な風圧を受けたので、あの親子はもっと風圧を受けたはず。

でも、もうすぐこの迷惑行為もなくなるだろう。
抜け道の起点となる道路が現在、立体交差と3車線化の工事の真っ最中。
そのために慢性的な渋滞が発生しており、それを避けるための「抜け道」だからだ。
予定では今年中には開通するらしいのだが、予定は大幅にずれ込むもの。
せめて本年度中には開通して欲しいんだけど、それも無理そうだなぁ・・・。
最初からやっときゃぁよかったのに。プンプン。
コメント

MRI検査

2003年09月26日 | 病院受診
今日はMRIの検査に行ってきた。
14時40分の予約で、30分前には来ておいて欲しいと言われていたので、それを目安に家を出た。
月曜日に行ったときは台風の向かい風で35分くらいかかったので、少し早めに出たら、
今日は追い風。25分で着いてしまった(^^;)
受付を済ませて、待合室で待っていたら・・・。

14時20分ごろ、MRIの検査室から受付に内線電話が掛かってきた。
私の耳に飛び込んできたのは、
「14時40分からの方は、来られています。でも、その前の方がたった今、そっちに行かれたんですよ・・・」
という言葉。

なにぃ!!??

さらに待たにゃならんのかい!?

一気にげんなりしてしまった。問い合わせる気力も失せた。

結局、予定の時間を15分オーバーしてようやく検査開始。
MRIの装置の中に入れられるとき、妙に圧迫感があった。
今まで3回検査を経験しているが、こんなに圧迫感があったのは初めて。
ひょっとして「閉所恐怖症」の気が出てきたのかな・・・?
気分が悪くなるとかはなかったのでいいんだけど・・・。

今日の待ち時間:55分。
今日の検査時間:15分。
なんか、悲しい・・・(^^;)
コメント

まず名を名乗れい!

2003年09月25日 | 日々のあれこれ
電話をかけてきておいて、名前も名乗らずに用件をしゃべりだす人が多い。
この前も大事な支払いに関する電話なのに、会社名も名乗らずにいきなり「(弟の名)さんはいらっしゃいますか?」と来た。
プライバシーの保護、という目的もあるんだろうけど、こちらはかなり身構えてしまう。
なにしろ、高校の同級生を装った勧誘の電話が今でもかかってくるのだから。
そういうこともあって、かかってきた電話もてっきりそうだと思い込んだ。
(思い込まれても仕方がないと思う)
で、私が放ったのは「いません」という冷たい一言。

向こうは明らかに戸惑っていた。
弟が引っ越したのかとか、連絡先はとか、色々としつこく聞いてきた。
「どのようなご用件でしょうか?」
出来る限り丁寧に、しかし警戒は解かずに訊ねてみたら・・・。

何らかの支払いが出来ていない!

という、大変なもの。
ただ、本当にそういう事実があるのか(ヤツならやりかねんが・・・)、本人に確認する必要があると思ったので、
向こうの連絡先を聞いて、弟から連絡をさせると言ってみた。
向こうもようやくホッとした様子だった。

その後、すぐに弟の携帯に連絡を入れると・・・
「ああ!支払いだろ!?」

・・・その場にヤツがいたら多分、クビを絞めていたかも・・・(^^;)

お願いですから、電話をしてきたときにはまず会社名を名乗ってくださいな。
そうすれば、失礼な応対はしません・・・。
しつこい勧誘の電話がかかってきている、こちらの事情もお察しください。
コメント

全員リレーの思い出

2003年09月24日 | 遠い日への回想
中学2年のときに、体育祭で学年別クラス対抗の全員リレーが導入された。
全員が走るようにという学校の思惑があったのかもしれない。
今はどうかは知らないが・・・。

いろいろと制約があって、かならず男子、女子、男子、女子、と言う順番でなければならない、とか、
2度走らなければならない場合、まず体育委員からとか、
なんだかよく分からないルールも決まっていた。

2年のときの走る順番は、担任が勝手に決めた。
スポーツテストのときに計った50メートル走のタイム順と男女別に、アンカー、第1走者・・・と言う風に振り分けて行った。
そうすると、遅い人が必然的に真ん中にくる。
私の位置はここ(^^;)
23番目あたりを走った記憶がある。

何回かの練習を重ねて本番。
2番目でバトンを受け取った私は、全速力で走って、辛うじて3番目にバトンを渡すことができた。
1人には抜かれたけど、自分の中では上々。
その後、私より遅い人が5人くらいに抜かれ、そばにいた男子曰く「ごぼう抜かれだ・・・(ため息)」。
しかし、後に控える俊足の人たちが巻き返し、13クラス中2位でゴール。
あのときほどクラス全体が盛り上がったことはなかった。

3年生になると、さらに先生チームが加わるので、学校全体が盛り上がる。
担任だけで一クラス出来るだけの人数がいたから出来ることなんだろうけど。

余談だが、当時私が通っていた中学には、「くりぃむしちゅー」の片割れのお兄さんが先生としていた。
で、もう1人の方はおそらく中学の先輩。
私立に行っていなければ・・・ね。
コメント

巌流島決戦

2003年09月22日 | テレビ視聴・感想
熊本でロケが行われたこともあり、かなり意気込んで見たんだけど・・・。
要所要所でCGが使われていることがハッキリと分かってしまい、幻滅。
そこだけ突然画面がクリアーになるから、浮いてしまっていた。
そして疑問がわく。

CG使ってまで表現しなければならないシーンか?

火災のシーンとかなら分かる。実際に燃やしたりすると大変なことになるだろうから。

でも昨日のは・・・。

勝負があっけなかったこともあって、不満だけが残ってしまった。
変に加工せずに役者さん自身の立ち回りだけで十分だったような気がする。

不満を満載にして見た次回予告。

・・・メガレッド、大河に再登場!
セリフもしゃべっていたから、いい役だといいなぁ。
見そびれたけど、イエローライオンも伊達政宗役で出たみたいだし。
次は誰かな?(おぃ^^;)
コメント

今回の仮面ライダーファイズ

2003年09月21日 | 仮面ライダー・感想・雑談
2ヶ月ぶりに、ファイズを放送された日に見たことになる。
巧があんなことになっちゃって、この先どうなるのやら。
巧と勇治の誤解は解けるのか?勇治がかなり揺れ動いているのがポイントだと思うんだけど・・・。
コメント

爆竜戦隊アバレンジャー第30回

2003年09月21日 | 戦隊・感想・雑談
ストーリーそのものは核心に迫ってきているような気がする。
でも、一番印象に残ったのは「邪命戦隊エヴォレンジャー」(笑)
あの歌、フルコーラスで聞いてみたい。
「エヴォる」ってどういう意味になるんだろう(笑)
コメント

母の代わりに

2003年09月20日 | 日々のあれこれ
母が背中の筋を痛めた。
朝からヒーヒー言っている。

私も以前痛めたので、辛さはよく分かる。

これから夕食の準備を手伝わねば。
コメント

無事だったんだぁ~!

2003年09月19日 | 日々のあれこれ
今年の2月5日に書いた「ねこ」、久々に今日出会った。
はじめは驚いたのか、一目散に逃げたが、ピタッと止まり、私の方を見ていた。
いつものように軽く舌を鳴らしながらゆっくり近づいていくと、向こうもゆっくりと近づいてきた。
抱き上げると、ジタバタともせず、かなりリラックスした様子で抱かれていた。

実は、5月ごろ、この猫によく似た猫が車にはねられて死んでいるのを見ていた。
その後、全然姿を見なかったので、死んだ猫はこの猫だと思い込んでいた。
野良猫なんだけど、姿を全然見なくなると、なんだか寂しい感じがしていた。

姿を見なくなって約4ヶ月。
塀を相手に身体を擦り付けるクセもそのまま。
私の足を跨ぐようにするしぐさもそのまま。
間違いなく、あの猫である。

死んだと思っていただけに、嬉しさもひとしお。
これからも遊びに来てね!
コメント

優勝記念セール

2003年09月17日 | 日々のあれこれ
コマーシャルが流れている頃は、全然行く気なしだったのだが、昨日の県内のニュースを見ていると、
無性に欲しくなったものができたので、意を決して今日、「くまもと阪神」に出撃!

開店から15分後に阪神玄関前に到着。
大音響の『六甲おろし』が出迎えてくれる。
店内に入ると、さすがに人が多い。でも、まだまだこちらも元気一杯なので、
人込みをかきわけて・・・と言いたいところだが、かきわけるほどの人はまだいなかった。
エスカレーターで7階まで上がる。目的地は「阪神タイガースショップ」。

Vマークの入ったトラッキー君が目的のもの(笑)
今朝のチラシで「100個限り」とあったので、若干の不安があったのだが、幸いまだ大量に残っていた。
トラッキー君だけで帰るのもシャクなので、とりあえず色々と見て回ることにする。

今日買ったもの。
・Vマークの入った団扇を持つトラッキー君
・笑う星野監督人形
・Vマーク入りゴーフル
・Vマーク入りストラップ
・Vマーク入りクリアファイル

かきわけるほどの人はいなかったが、それでもいつもよりは人が多かった。

その後、地下に降りて頼まれていたパンを買いに行ったのだが、タイガース優勝記念のお菓子の作りやすさというのを実感した。
タマゴの生地とココアの生地を交互に並べて焼くだけで、タイガースをモチーフにした
ケーキの出来上がり!買おうかとも思ったが、やめた。
多分、普通のロールケーキと同じだから(笑)

滞在時間約1.5時間で今日の買い物は幕を閉じた。
コメント

溜めに溜め込んで・・・

2003年09月16日 | 仮面ライダー・感想・雑談
2.5ヶ月。
話数にして10話分。

これまでに溜め込んだファイズのビデオ。
私の中でのファイズは雅人と勇治が互いの正体を知った、という時点で止まっていた。

正直、こんなに溜め込んでしまったとは思っていなかった。
せいぜい5話分くらいだろうと・・・(^^;)

ファイズって好きなキャラクターよりも嫌いなキャラクターの方が多いよぉ。
今まで大嫌いと思ったキャラなんてほとんどいないのに…。

どっとストレスが溜まる中で、海堂みたいなキャラクターが出てくるとほっとする。
あのどこか抜けたところが面白い。
メッセンジャーは全然務まりそうにないけど(笑)

巧がファイズだということが勇治にばれて、あの2人のぎこちない友情が見られなくなるのが寂しい。
雅人を本気で恨んでます(^^;)
今後、互いの誤解が解けるといいんだけど・・・。むりかなぁ・・・。
コメント

「私はあんたの母親じゃない!」

2003年09月15日 | 日々のあれこれ
私ではなく、母の言葉です。
もちろん、私にではなく赤の他人に向けられた言葉です。

昨日、夕方5時少し前に玄関のチャイムが鳴った。
鍵をかけ忘れていたこともあって、チャイムを鳴らした本人はすぐに玄関の引き戸を開けていた。
そして、母が応対に出て行くと、「あ、お母さん!羽毛布団のですね・・・」とセールス文句が飛び出した。
そして、何度も何度も「お母さん」と繰り返す。

居間で本を読んでいた私も段々と不機嫌になってきた。
不機嫌なのは私だけではなく、母もだった。
そして、ベラベラとしゃべっている男を遮って母が放った言葉がタイトルのもの。

男は一瞬だけ黙り込んだが、すかさずセールストーク再開。
挙句の果てに「なんて呼べばいいんですか?」なんて聞いている。
「○○(苗字)さんって言えばいいでしょう。」と母も呆れ気味。
何とか男を放り出して、ホッと一息。
お隣のYさんのところからあの男の声が聞こえてきた。
やっぱり「お母さん」と呼んでいる。もう呆れるしかないね。

結婚もしていなければ、子どももいないという人だっている。
そんな人に「お母さん」と呼びかけることが、どんなに失礼なことか、あの男には分からないのだろう。
親しみを込めたつもりなのかもしれないが、そんなのは親しみではない。

その布団屋の商品は絶対に買わないぞ!
コメント

9月2日の日記補足

2003年09月14日 | 日々のあれこれ
存続の危機と言われていた「阿蘇火山博物館」、内外から存続を求める声が上がっているらしい。
何でも、学術的にも優れた資料館として海外からも注目が集まっているそうだ。
世界一のカルデラを誇る阿蘇山としても、失いたくはない施設だろう。
学会からも存続を求める声があるのは、心強いこと。
ぜひ、こういう貴重な資料館は存続させて欲しいな。
コメント

気を取り直して

2003年09月13日 | 旅行
先日、広島に出かけた。1泊2日の慌しいものだったが、収穫は大きかったと思う。
約1年ぶりに恩師にも会い、色々なお話をすることができた。
恩師も今年で定年退職となる。
それで今年の大学祭では屋台を出すことにしたという。
一番張り切っているのが、大学院生の2人というのも彼ららしくて微笑ましい。
でも君たち、修論は大丈夫なんだろうね?
それで私も今度の大学祭には遊びに行くことにした。
もちろん、予定が入らなければの話になるけど。

広島にいる友達にも会いたいから、前向きに検討しなければ!
今回は平日ということもあって会えなかったし。

帰りの交通費を大幅にケチって、高速バスで帰ってきたのだが、さすがに無謀だったようだ(^^;)
次はケチらずに新幹線を使おう・・・。
コメント