日々イラスト描きで終わってます。まだまだですが。

ありふれた事ですが、
食卓には美味しいものがあり
家族と楽しく過ごしたい

食材があれば、主婦の感。山菜の生ハムフリッター...2021.5.4

2021-05-04 13:00:00 | つれづれに


サクッとほろ苦い"山菜の生ハムフリッター"

春野菜を楽しむレシピ
生ハムの塩味で、そのまま食べても美味しいおつまみです。
が、流行りの馬告(マーガオ)塩を
つけて食べると、爽やかでより美味しくなります。

“山菜の生ハムフリッター”のつくり方

ビールの効果でカラッと揚がった山菜の
それぞれの持ち味が際立ちます。

山菜の苦味が油でマイルドになって、
いくらでも食べられそう。

生ハムの塩気で十分そうなら、
馬告に塩を混ぜずにそのままふりかけてもいいですね。

材料
材料 (2人分)
たらの芽 6本
たけのこ 100g(小1本)(ゆでたもの)
うど 200g
生ハム 50g(5~6枚)
小麦粉 60g
ビール 1/2カップ弱
揚げ油 適量
馬告(マーガオ) 小さじ1/2
塩 小さじ1
馬告(マーガオ)

(マーガオ)とは台湾の山奥に自生するスパイス。
見た目は黒胡椒に似ていますが、
味はピリッと山椒に近い。
香りはレモングラスに似て爽やかです。
つぶすと香りが出ます。

1
下ごしらえ
たらの芽は根元がかたければ少し切ります。
たけのこは6等分に、
うどは4~5cm長さに切ってから厚めに皮をむき、
使うまで水につけておきます。
それぞれを帯状に切った生ハムで巻きます。

下ごしらえ
2
馬告塩をつくる
馬告をミルや乳鉢などでつぶして香りを
出したら塩と混ぜておく。
馬告塩をつくる

3
衣をつくる
小麦粉にビールを少しずつ入れて混ぜ、
天ぷら衣くらいのとろとろした濃度にする。

衣をつくる
4
揚げる
1を3にくぐらせ、
中温の油で2~3分上下を返しながら揚げる。
器に盛り、2の馬告塩を好みでつけながら食べる。

揚げる
完成

コメント   この記事についてブログを書く
« 食材があれば、主婦の感。た... | トップ | 松尾貴史のカレードスコープ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つれづれに」カテゴリの最新記事