薬膳OLが行く!

漢方研究者の孫
アラサーOLのアジアンビューティーな日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

渡米する猫

2017-10-12 19:25:52 | めり

もうもうもうもうもう・・・


自分のことよりこいつが心配。



こんばんは、薬膳OLです。


日本から猫を輸出(!)する条件、

厳しいのですね。

・2回以上の狂犬病ワクチン
(1回受けたら30日以上空ける)

・政府指定の検査施設で血清による抗体検査

・国際規格のマイクロチップ埋め込み
(要証明書)


今日、健康診断してもらって問題なければワクチンに進もうと思って病院に連れて行ったのですが

血液検査で腎臓の数値が高いことが判明。

追加で次回エコー検査となりました。

あと追加の検査で採血ももう1本。

それで皮下出血してしまって

「血が止まりにくいから、なにかあるかもしれない」とか言われちゃって・・・
(先生の採血のやり方が悪かったのでは?とちょっと疑心暗鬼。)

なんか高圧的な女医さんだったから、ますますしょんぼりして帰ってきましたよ。


めりは赤ちゃんの頃からお留守番が多くて、
アメリカに行ったら私は日中家に居られるから、今後の猫生を一緒にいてあげられる・・・と思っていた矢先の出来事でちょっと途方にくれています。


年を取ってくると猫のほとんどは腎不全になる、と聞いていたので

早めに腎臓にやさしい餌をあげていました。
サイエンスダイエットのkd。



でも前回カンピロバクター胃腸炎になったときに先生に言われて消化のよい餌に変えていたのです。
サイエンスダイエットのwd。

餌だけでそんなに左右されるものじゃないって言われたけど、なんかもうそれしか思い当たらない。

だって餌を変える前の血液検査は正常値だったし。

先生によって言うことが違うのも混乱。
方針の違いかな。



まだ3才。
病気とはまだまだ無縁と思ってた。

どうしてあげるのがいいのか、まだ決められませんが

まずは腎臓ケアのご飯に戻して来週の検査に挑もうと思います。



なにも見つかりませんように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【美肌維持の】コスパ最強フ... | トップ | 元気です!from USA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

めり」カテゴリの最新記事