薬膳OLが行く!

漢方研究者の孫
アラサーOLのアジアンビューティーな日々

クールジャパン!中国人の爆買いの理由

2017-06-10 08:41:50 | 中国人としての経験
金曜日は中国から来た弊社の顧客様を連れて

浅草観光とお買い物に行って来ました。


これを社畜用語では「接待」と呼びます。
なぜこの役割をぺーぺーの薬膳OL1人に任せられたのか・・・


メンバーは中国企業の

社長(小粋なおじさん)

とある部署の課長(おおらかな女性)


元々課長だけを1日案内するという話で引き受け(させられ)たのですが、

朝ホテルに迎えに行くと


社長「ヒマだから俺も行くヽ(・∀・)ノ」


おい\(^o^)/

一応上司に社長来るってよと報告入れといたら
関連部署の上層部がざわついていた(笑)
出張にゆとりを作れる社長というポスト、実に羨ましいですね。



浅草を回って、人力車でスカイツリーまで運ばれるという
王道の日本観光コースをアテンドしてきました。



人力車にて。


ムッキムキのお兄さんに引っ張ってもらって

はぁん楽しい♥と思っていた私と課長とは裏腹に

社長は若い男の子が自分のために汗かいて苦労しているのが見てられなくて
居心地がとっても悪かったそうな(笑)

降りるときにチップを渡しておりました。

「いやー大変な仕事だな」とそのあともしきりに言っていました。

いい人(^p^)

(「あの肉体うらやま」とも言っていた笑)


そのあとは
ひぃひぃ言いながらスカイツリーに登って


社長「うぇいっ」(私を押す)

私「ぎゃー」

社長「はははははは」

ほんとやめて\(^o^)/




もちろん爆買いにもお付き合いしましたえ\(^o^)/

中国から観光客がドラッグストアーから百貨店から百均から・・・

方々でドカドカと買い物するのをテレビで見たことある人多いと思います。


あれ、実はほとんど自分用じゃないんです。



人間関係をなにより大事にしている彼らは

海外に行くことになると出張だろうが旅行だろうが

仲間や同僚からあれ買ってきてこれ買ってきてと頼まれるのです。

今回も課長は

膨大なお使いメモ(笑)をお持ちでした。

しかも、私でも見たことないわという

塗り薬や化粧水の数々(゜ロ゜;ノ)ノ

みなさん日本製品大好きなので、ネットで情報収集してるんですね。


他にも

魔法瓶

ピーラー(これが1番意味不明だった笑)

アネッサの日焼け止め

洗顔料

チョコレート(日本メーカーのもの)

走り回って空港に出発するギリギリに


ようやくコンプリート\(^o^)/


みなさん喜んでくれるといいね課長\(^o^)/


なかなかできない経験で、

合間に色んな話をしながら

なんだかんだ私もとっても楽しかったのでした🌼


コメント

端午節だよ!全員集合

2017-05-30 22:28:19 | 中国人としての経験
今日は端午節ですよー

「春節」と「中秋節」に並んで、中国の三大伝統節句のうちの1つです!


みなさん、ちまきは食べましたか?


中国は5月28日(日)~5月30日(火)まで端午節の3連休です。

5月27日(土)は法定の振替出勤日だったそう。
4連休にはしてもらえないのね(笑)


本日、Wechat(中国版のLINE)では

こんなスタンプが飛び交っております。
(端午安康の文字がくるくる回る)



端午節の起源について少しご紹介。

むかーしむかし、
楚(そ)の国の国王の側近に、屈原(くつげん)という政治家がいました。

\やぁ屈原だよ/



彼の正義感と国を思う情は強く、人々の信望を集めていました。

しかし、屈原は陰謀によって失脚し、国を追われてしまいます。



(その時の想いを歌った長編叙事詩「離騒(りそう)」は中国文学史上、不朽の名作と言われているそうです。)


故国の行く末に失望した屈原は、汨羅(べきら)という川に身を投げてしまったのです。


楚 の国民達は、小舟で川に行き,太鼓を打ってその音で魚をおどし、さらにちまきを川に投げ入れて「屈原」の死体が魚に食べられないようにしました。


その日が旧暦の5月5日で、後に中国の年中行事になり、へさきに竜の首飾りをつけた竜船が競争する行事が生まれたそうです。

これがドラゴンレース(龍舟比賽)の始まりとも言われています。




毎年、屈原の命日である旧暦の5月5日に、

供養のためのお祭が行なわれるようになり、やがて中国全体に広がっていったのです。



そして後に日本にも伝わってきますが、日本と中国では端午節のお祝いの仕方はずいぶん違いますね。

日本で今日はちまき食べるわーっていう人には会ったことがないのです。

薬膳OLは小さい頃、母上が作ってくれて、端午節にちまきを食べていました。


今は1人で住んでいるので、ちまきを作ってくれる人はいません(´・ω・`)

今度作り方を教わってみようかな。
ケンカになるかな(笑)


こういう節句では中国の人は、必ずと言っていいほど家族親戚で集まってご飯を食べます。


日本にいると、なかなか難しいので

節句は日本にいる私にとっては遠くの家族に思いを馳せる行事となっています。


みなさま良い端午節をお過ごしください♪


コメント

命を頂くということ

2017-05-01 22:42:29 | 中国人としての経験
私の出身地は中国の内モンゴル自治区にある「フフホト」という街で

普通に都市部ですが、モンゴル文化の濃い地域です。

朝にチャイを飲んだり

お肉といえば「羊肉」

そんな場所。





草原やパオは観光地化していて、移動民族?はいません。



今日はそんなふるさとで体験した、大切な思い出の話。



多分4歳頃。
朝起きて庭に出たら、がいた(笑)




もちろん食用。



都市部なので普通はこんなことないんだけど、

祖父母が贈り物でもらったらしい。


お散歩に連れていったり、

草を取ってきて食べさせたり

何週間か共に過ごして







いよいよ食べる日を迎えました。

でも既にその羊はもう私にとっては食用じゃなくて

お友達で



その日の朝、羊を見に行くと



こんな感じでうずくまってジッとしてた。

いつもはメェメェ鳴いて歩き回ってるのに。




殺されるその瞬間まで

1度も抵抗しなかった。




もちろん私は大泣きで、

次に羊に会ったのは食卓だった。



命を頂くということ。

日本に来てから

いただきます



ごちそうさま

という言葉を習ったけど、

もっと前から

私はその意味を体験してた。



泣きながら食べたあのお肉の味は今でも思い出す。



この話は、割りと大人になるまで

特に人に話すことはしてなかったんだけど

生肉を「気持ち悪い」と言うのに
火を通した料理は食べてる人が意外と多くて

ご飯を残す人も普通にいて

そういう場面に出会う度に

あの羊の姿を思い出して胸の奥の方がチクッと痛くなる。


でも「かわいそう」というのも違う。

私たちは色んな命に生かされている。


いただきます

ごちそうさまでした


「ありがとう」の気持ちで、無駄にしない。
それが大事。


スーパーにはキレイにカットされたお肉や魚が並ぶけど、

どんなに胸が痛くても、私は1度生きていた頃の姿を想像して

感謝するようにしてる。



ダイエットも

残すのではなく、最初から食べきれる分だけにする。


好き嫌い関係なく、目の前に出されたらなるべく残さず食べる。


そんな小さな決まりごとを

私は今日も守っています。

コメント

どうやって日本語を習得したか

2017-04-26 06:30:00 | 中国人としての経験
大家好!

薬膳OLちえです。


本人も忘れがちなことなのですが、

日本に来たときは私、中国語しか話せませんでした。笑


5歳で日本の保育園に通い始め、

もちろん先生の言っていることも

お友だちの言っていることも

分かりませんでした。

でも毎日が楽しかった~日本の保育園ってね、最高ですよ。

可能ならもう一度通わせてほしいくらい(ヤメロ)


そして
言葉が全然分からなくても



なぜかこの子とは最初から気があった(笑)


何言ってるんだか分からないけど、
クレヨンしんちゃんのアニメだけは面白く感じたんですよね~
毎週楽しみに見てました。


今28歳なので

ほんの23年前ですか?
・・・やだ昔すぎてゾッとする\(^o^)/


しばらくクレヨンしんちゃんそっくりの声で喋って母に怒られたものです。


お友達と日本語でペラペラとコミュニケーションとれてた記憶がほとんどなのですが

この間

保育園の卒園証書を見たら

通った期間は

9ヶ月でした。


卒園する頃には思考も日本語だったので

何年か通った気がしてましたが

子供の能力ってすごいですよね。


と思っていたら、
この間展示会で本部長(日本人)が

取引先の総経理(中国人)と

日本語で話して中国語で返されて

で会話を成立させているのを見て

思わず保育園時代の自分を重ねてしまいました。



大人でもどうにかなるもんだなー



コメント