大阪から東アジアを視ている人 ~ めざせ「鶏肋」なブログ ~

東アジアの事で感じたことをメインに書いて行こうと思っています。まぁ、素人ですのでたいした事は書けませんが。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実質、朝鮮からの出稼ぎ者名簿を徴用者名簿として発表?

2005-05-16 14:36:44 | 東アジア
朝鮮人徴用者名簿42万人分公表…強制連行調査団

まず、この団体が42万人と主張する朝鮮人徴用者を、きちんと客観的に歴史学的に検証可能な資料で、日本政府及び日本軍、朝鮮総督府が徴用したという証拠を42万人分きっちりと示してもらいましょうか。
話はそれからです。

立証責任って知ってるかな~。

でも、それ以前の問題として、当時の朝鮮半島は日本領です。したがって当時、朝鮮半島に住んでいた朝鮮人は日本人です。ですので、税金と同様に徴用は国民の義務です。ですので違法性は有りません。当時は日本本島にすむ日本人も徴用されていましたからね。それに、補償を求めるにしても、日韓基本条約で解決済みですからね。
でも、この記事にある
>戦前・戦中の徴用者調査名簿
ってあるんだけど、朝鮮半島で徴用が始まったのは1944年からだと聞いているので、戦前の徴用者名簿って、ただの出稼ぎ者リストじゃないのか?
第一、1944年に徴用が始まった訳だから、戦前には徴用者はいないはずだし、戦中も殆ど徴用者はいないはずなのにネ。
まぁ、戦中の徴用者に関しては、日本には徴用者のリストが残っているので、何処の誰を徴用したかはわかるみたいだから、こんな団体に指摘してもらうまでも無いはずだしね。

ということで、日本が特に補償しないといけない根拠は無いので、いまさら韓国側から日本政府に補償なりを請求しても金は出ないと思うし、出すべきではない。
日韓基本条約で解決しているので、出すべきなのは、韓国政府だからね。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 韓国が50万トンもの肥料(爆薬... | トップ | 龍谷大学教授が在日問題に関... »

コメントを投稿

東アジア」カテゴリの最新記事