チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

負の記録・記憶として「原子力明るい未来のエネルギー」

2021-03-29 11:29:00 | Weblog
福島県双葉町にあった「原子力明るい未来のエネルギー」という看板は老朽化のため撤去され、
「東日本大震災・原子力災害伝承館」で3月24日から展示が始まりました。


撮影:豊田直巳 2015年12月
背後の原発推進 PR の看板の撤去に抗議する大沼勇治、せりなさん夫妻。小学生だった大沼さんが考案した「原子力明るい未来のエネルギー」も、負の記録・記憶として残すべきと。

「原発事故の報道は減りました。でも、その被害が減ったわけでありません。
「除染」の報道は消えました。でも、「除染」は続いています、作業員の被ばくという犠牲を強いながら。
オリンピックの話が「復興」と重ねられて語られます。でも、放射能汚染が消えたわけでありません。
次の世代に、その次の世代に、さらに次の世代にまで・・・・。その次の世代に、私たちは何を語れるのでしょうか・・・・。少なくとも私個人は『百年後を生きる子どもたちへ』(農文協)映画 『サマショール 遺言 第六章』等も使って語っていきたいと思います。」  豊田直巳

4/24豊田直巳さんのオンライン講演会「チェルノブイリから福島」を開催します。
詳細、お申し込みはこちらです。


絵画展 チェルノブイリの子ども達の叫び 3/23~3/28(名古屋市民ギャラリー栄)

2021-03-17 12:35:05 | Weblog
チェルノブイリ原発事故で被害にあった子どもたちが描いた絵が展示されます。

絵画展 チェルノブイリの子ども達の叫び 
3月23日(火)~28日(日) 10時~17時
名古屋市民ギャラリー栄 中央区役所7階


問い合せ先:非核・平和を求める写真・絵画展事務局
TEL 0561-58-7568


「現場へ!チェルノブイリを伝える 」第5回 忘れてならぬ、35年前の原点(3/14 朝日新聞夕刊)

2021-03-16 10:30:42 | Weblog
3月12日 朝日新聞夕刊
「現場へ! チェルノブイリを伝える」第5回 忘れてならぬ、35年前の原点


チェルノブイリ子ども基金の活動が紹介されました。
記事はこちらです。



福島第一原発事故から10年

2021-03-11 16:25:54 | Weblog
ベラルーシの子ども健康回復センター「ナデジダ(希望」では、
放射線汚染地区に住んでいる子どもたちが学校のクラス単位で保養をしています。

昨日、「ナデジダ」で保養をしている子どもたちは、
チェルノブイリと福島の原発事故のことを学んだり話し合ったりしたそうです。


福島の原発事故の様子を伝える展示を見ながら、先生が子どもたちに話をしています。
赤い字のところは、「福島の悲劇」と書いてあります。
この写真はこの日だけでなく、いつも展示されています。


「ナデジダ」の資料館には、子ども基金が贈った、チェルノブイリ原発30キロ圏内の立体地図があります。
地図上には、今はなくなってしまった村の名前が示されています。
ボタンを押すと、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムで汚染された地区がそれぞれ色で示されます。


資料館の日本展示コーナーでは日本の文化について話を聞いています。

映画『サマショール 遺言 第六章』各地で上映

2021-03-10 11:56:58 | Weblog
映画『サマショール 遺言 第六章』
監督:豊田直巳、野田雅也
制作:安岡卓治



各地の上映情報は以下よりご確認ください。
公式ホームページ

福島原発事故から10年。
人類は放射能と共存できるのか?
二人のフォトジャーナリストが撮り続けた
フクシマの終わることのできない物語。
​映画『遺言 〜原発さえなければ』からつづく待望の第六章。



放射能に汚染され、すべての村人が避難した福島県飯舘村。震災から6年後、避難指示が解除されることになった。仮設住宅で暮らす元酪農家の長谷川健一さんは、ふるさとに戻るのか、決断を迫られる。そこで原発事故から30年が過ぎたチェルノブイリへ旅に出る。目にしたものは、人の消えた町と森に還った廃屋。しかし長谷川さんは、立入禁止区域に暮らす「サマショール(自主帰還者)」に出会う。それは未来の自分の姿…。

 汚染された大地で「放射能との共存」を強いられる生活だが、それでもふるさと。100年後、200年後には子孫がこの地に戻るかも知れない。 その日のために今日も畑に蕎麦の種を撒く。「原発に負けないで 頑張ってください」。原発事故を苦に命を落とした酪農家仲間の『遺言』と、意志を受け継ぐ飯舘村のサマショールたちの第六章。


映画『遺言~原発さえなければ』予告編こちら
映画『サマショール遺言 第六章』予告編こちら


4/24豊田直巳さんZoom講演会の情報はこちらです。







豊田直巳写真展 「未来への伝言~消される景色の中の消えない記憶~」~4月28日(水)聖心グローバルプラザ

2021-03-05 11:45:44 | Weblog
豊田直巳さん写真展のご案内です。
詳細、お問い合わせ先は以下をご覧ください。

この写真展と合わせて、4/24豊田さんの講演会(オンライン)もぜひご参加ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

豊田直巳写真展 「未来への伝言~消される景色の中の消えない記憶~」

2021年2月17日~4月28日(水) 月曜日~金曜日10:00~17:00
【会場】聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ
東京都渋谷区広尾4-2-24(広尾駅4番出口から徒歩1分)

【主 催】 特定非営利活動法人FoE Japan
【後 援】 聖心女子大学グローバル共生研究所
※詳細はこちら
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開館時間の変更や臨時閉館の場合があります。

■写真展概要
写真展『未来への伝言』は、フォトジャーナリストの豊田直巳が、原発震災の翌日から福島県大熊町や双葉町に入り、取材と撮影を始めた中から、「消される景色の中の消えない記憶」を未来に残したいと思いながら、選んだ写真の一部です。

いまも「フクシマ」を覆う放射能禍。でもセシウムは見えません。セシウムが発する放射線も見えません。でも、確かにそれは、あるのです。

けっして「風評」などではないのです。そして、それでもなお、そこにも人びとの暮らしもあります。

何気なく通り過ぎる風景の中にも、あなたが心に留め置きたい何かがあるはずです。それは風景を景色に変えてくれるかもしれません。こころを動かされる眼差しかもしれません。

その何かに、この写真展で気づくことを願って写真構成をしています。
「閉ざされた街」「止まった時間」「奪われた恵み」「不可解な風景」「仮の暮らし」「消される故郷」「感謝と無念と」「一時帰宅」など

チラシ




福島原発事故後の記録 写真絵本『私はあいちゃんのランドセル』ピアノと朗読&写真家菊池和子さんスライドトーク (3/13小平)

2021-03-03 16:39:18 | Weblog
写真家 菊池和子さん写真展のご案内です。
詳細は以下へお問い合わせください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福島原発事故後の記録 写真絵本『私はあいちゃんのランドセル』
ピアノと朗読&写真家菊池和子さんスライドトーク


3月13日(土)13:30~16:00 出入り自由 ・資料代500円
会場:小平市中央公民館2Fホール(青梅街道駅徒歩7分)
問い合せ:小平・環境の会
E-mail kodaira_kankyo@jcom.zaq.ne.jp






菊池さんのその他の写真展の予定は以下をご覧ください。


チェルノブイリ・スケッチ 貝原浩「風しもの村」原画展 (3/9~5/5 福原記念美術館)

2021-03-01 13:03:13 | Weblog
チェルノブイリ・スケッチ 貝原浩「風しもの村」原画展 のお知らせです。
詳細は以下をご覧ください。




福原記念美術館HPはこちら