チェルノブイリ子ども基金・事務局だより

チェルノブイリ子ども基金スタッフが綴る事務局の日々。

豊田直巳写真展 「未来への伝言~消される景色の中の消えない記憶~」~4月28日(水)聖心グローバルプラザ

2021-03-05 11:45:44 | Weblog
豊田直巳さん写真展のご案内です。
詳細、お問い合わせ先は以下をご覧ください。

この写真展と合わせて、4/24豊田さんの講演会(オンライン)もぜひご参加ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

豊田直巳写真展 「未来への伝言~消される景色の中の消えない記憶~」

2021年2月17日~4月28日(水) 月曜日~金曜日10:00~17:00
【会場】聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ
東京都渋谷区広尾4-2-24(広尾駅4番出口から徒歩1分)

【主 催】 特定非営利活動法人FoE Japan
【後 援】 聖心女子大学グローバル共生研究所
※詳細はこちら
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開館時間の変更や臨時閉館の場合があります。

■写真展概要
写真展『未来への伝言』は、フォトジャーナリストの豊田直巳が、原発震災の翌日から福島県大熊町や双葉町に入り、取材と撮影を始めた中から、「消される景色の中の消えない記憶」を未来に残したいと思いながら、選んだ写真の一部です。

いまも「フクシマ」を覆う放射能禍。でもセシウムは見えません。セシウムが発する放射線も見えません。でも、確かにそれは、あるのです。

けっして「風評」などではないのです。そして、それでもなお、そこにも人びとの暮らしもあります。

何気なく通り過ぎる風景の中にも、あなたが心に留め置きたい何かがあるはずです。それは風景を景色に変えてくれるかもしれません。こころを動かされる眼差しかもしれません。

その何かに、この写真展で気づくことを願って写真構成をしています。
「閉ざされた街」「止まった時間」「奪われた恵み」「不可解な風景」「仮の暮らし」「消される故郷」「感謝と無念と」「一時帰宅」など

チラシ



この記事についてブログを書く
« 福島原発事故後の記録 写真絵... | トップ | 映画『サマショール 遺言 第... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事