熱烈的アルビレックス Maximum

残留は確定した。後は来季に向けてどれだけ体制を維持、向上できるか。

オフはオフだけどオフじゃない

2018-11-19 16:20:47 | Weblog

一足早くアルビにオフがやってきました。
それに合わせるかのように雪マークが天気図に見られるようになってきました。
また曇天の冬がやってきます。
個人的にはこの冬があるからこそ、春が愛おしいんですけどね。

来季の再編成ですが、今のところ大武くんが残留を匂わせております。
大事なCBですし、ようやく成長して安定した人材ですので広瀬くん共々、一枚岩のCBコンビとして来季は
シーズン通してフル出場をお願いしたい。

さて、このブログもシーズンオフと共に閉鎖・・・させてくれるわけがないですね。
オフはオフでいろいろ仕込まないと読者に叱られます。
恨みのコメントも多々ありますので、なるべく早く更新をしていこうかと。(こう書いておけばOKだろな)
少なくとも契約事、新規加入についてはどこよりも正確に(早くはムリだから)お伝えする所存。
せめて激励会まではアイドリング状態で待機しておきます。

オフになったので新潟に帰る時(ほぼ隔週)はリフォームありきになりますので、その辺りを心待ちにしている方も
多いとお聞きしております。
今年の冬はどーすっかな。
一番やらなきゃならない北側の開かずの間(旧トイレ)の改造。
物置にする予定ですが、漠然とした構想しかありません。
劇的!  になるかどうかはお楽しみに。

最終節の帰りにSAでこの2冊をゲット。
いずれもワタシには必要不可欠の情報誌。
なんせ長い移動中、お得な情報とか美味い物とかに飢えております。(ちょっとミーハー)
時間がある時はこれを見て次の行動先をチョイス。
来季は性根を入れて地産品を仕入れるぞ。

************************************
先日新津に帰った時、母屋の隣の柿の木に今年は柿が豊作なのを確認。

むむ・・・!
だが悲しいかな。隣の家の柿の木。
だけど敷地を跨いで、たくさんの柿が実っているのはワタシの敷地内。
いったい所有権はどちらのもんでしょうか。
この年で柿泥棒はいかんのだけどね。(昔ガキの頃は普通に獲って食ってました。あ、自宅の柿じゃないですよ。)

朝早いと最近は外が暗い。
で、駐車場の新しくつけた外灯が威力を発揮。

良い買い物でした。趣きあるわぁ。

********************************************

今日はワタシもオフです。
3連休の最終日。
あらかた雑用を済ませ、猫とのスキンシップも終わらせました。
時間があるのでこうして更新しております。

今オフの予定ですが、リフォーム第一、そして趣味の事、猫たちの事、去年から続いている自分のカミングアウトとか。
ネタには困らんね。

てなわけでオフの一つ目。カミングアウトから。

◆以前からの話(詳しくは去年の記事からさかのぼってください。)

続きです。
小学校は毎年転校していたといっても過言ではないくらい転々と。
って、親父の転勤とかじゃないですよ。
単なる親の財テクに付き合わされた結果。
自宅の転売で利ザヤとか。

で5年生の時に新築の公団住宅(いわゆる団地ですね)が抽選の結果当たりました。
4月からは団地に出来た新しい小学校に転校となりました。
当然クラスは30人で2クラス程度。
何もかも新しい学校なので、児童会(生徒会ですな)の役員も初代となるわけです。
会長とかも含め4-6年生から立候補を募るわけですが、ここでも悪の母親が画策しました。
「選挙に出ろ」との脅し。
本人まったくやる気ありません。
勉強すらどうやって怠けるか、しか頭にないガキです。
が、団地ですから当然ウワサが広まり身動きできない状態。
本人の意思は無視されます。

学級会で立候補を募りましたが、ワタシは手を上げず。
が、お調子者が必ずいるもので、お前の母さん、会長になりたいって本人言ってたって言うてたぞ、とか
根も葉もない事、しゃべる。
それを聞いた担任が、もっと積極的にならんといかんぞ、と訳の分からない正義感を振りかざし、結局なし崩しで推薦されてしまった。
ここからが大変。
演説せないかんわけですよ。朝礼台で。全校生徒の前で。
ざけんなよと。(断れなかったワタシが悪いんだが)

1週間、演説の練習させられました。親に。
で、結果・・・6年生の会長立候補者と同点。
つまり、決選投票実施となりました。
ラッキー。
自分に投票しなきゃ落選で、役員やらんで済むぞ。
周りの友達に6年生に入れるようお願いしての翌日。

期待を裏切り・・・大差で勝っちゃいました。(これが衆院選とかなら誇りなのだが)
その後はゲロゲロです。
運動会、文化祭、はたまた正月の凧揚げ大会とか。
事あるごとに率先して台に立たされる。

これがトラウマになりました。(以後、控えめな人生を送りたいと切に願うようになったとさ)
マジで人の目を気にしないで遊びたい! と思った少年期。

****************************
そして中学生になります。
いろいろ部活を検討しましたが、結局選んだのが音楽関係。
母親に塾と一緒に行かされていたのがピアノ教室。もうこの時は4年目に突入。
バイエルから始まりツェルニー、モーツアルトの手前まで。
(本人は流行りだったフォークギターやりたかったんだが)
指の使い方が違うからギターは苦しい。(当たり前だ。親戚のギターはクラシックギター)

その影響もあり、音楽関係の部活を選ぶ。
吹奏楽部。

30人程度の部員で大阪府大会などに出場。
トランペットをやりたかったけど希望者多数でトロンボーンになりました。
セカンドとして3年の先輩の下です。
行進曲とかやりましたが、ほとんどは顧問の先生の好みでビートルズばっか。
中学3年間は何事もなく淡々と進みます。
さて、高校進学となりました。
が、ここで家族の方針が告げられました。
「親元から離れろ」と。
つまりは自活しろとのお達し。
という事で、高校は寮のある箕面方面の男子校へ進学。


味気ないですよ。男子校。
思春期に男っ気しかないですもん。しかも郊外の田舎。
山と川と畑ばっか。
しかもスパルタだし。(今は中高一貫の早稲田系列の共学になりました。)
部活に吹奏楽はない。
で、テニスとか甲子園目指すとかあったけど、レギュラーに即なれる部員の少ないクラブは・・・
ありました。
バスケット部。
今でこそいろいろ話題のあるバスケですが、その頃は部員が集まらず。
チャラチャラ遊べて、成長期だからもしかしたら背が伸びるかもしれん・・・とバカな発想。
残念ながら・・・伝統のある厳しいクラブでした。
メチャ絞られました。おかげで体重は60kgを切りスタイルだけは良くなったとさ。

いいこともあります。
通信制もあり、夏や冬になるとスクーリングと言って学校に宿泊して学校行事が行われる。
その際には学校に「数千人の女子しかおらん」状態に。
こりゃ、夏休みに親元に帰るバカはいません。



で、夏の間、家にも帰らず寮にいたバカのご一行。

ホント、バカばっか。

コメント

こんな試合でも16,000人が来季に期待するものとは・・・(vs 山口戦 後編)

2018-11-18 09:50:20 | Weblog

まずは今朝の一報。
金沢に延長期限付き移籍をしていた宮崎幾笑選手の退団報道。
今年はケガで不本意なシーズンだったものの、金沢の10番を背負った男。
アルビは経営上厳しいのに、戻すのかな?
アルビの選手として復帰には大いに歓迎なのだが・・・。
また、最終節にも関わらず退団、満了は梶山陽平選手のみ。

これから発表になるとしても、最後の挨拶もないセレモニーに一種異様な光景を見た。
噂によると、多くの選手が複数年契約をしておりすでに来季の契約を済ませていると。
となると、当てにしていた収入が入らず、食い扶持は減らないという債務状況です。
5億も減るというのは当たり前の事なのだ。

これでやっと残留した成績なのだから・・・セレモニーのしらけ感は推して知るべきか。
********************************

前々節、熊本戦以降の何だかな状態が、抜けないまま時間が過ぎる。

いつものタレントは普通通りにプレーしているのだけど、ギアが噛み合わないな。

持ち込んでも下げざるを得ない。
かと言って縦にビシーッとキラーパス決める度胸もない。

逆に手が出てしまい、FKを与えて危機感を煽る。


河田の空中戦は9割方負け。
チェックが厳しい事もあり、なかなか抜け出せないでいる。


片渕監督が凌磨を使う理由・・・ワタシには理解できません。
欠点はすぐに出た。
とにかく相手のロングボールに対する反応が遅すぎ。
足の故障? ではないにしても足が遅い。
泰基や川口のフォローの足の速さを見ているからなのか、とにかく遅い。
相手攻撃陣に奪われる。
諦め? なのは分かりませんが、淡白な攻守にちょっと疑問視がつく。
この選手の何が特徴なのか。

孤軍奮闘の達也。


パスの精度があれば得点機はたくさんあったのだが。

もう2m手前ですよ。

それでも攻撃チャンスには結構絡みますね。

凌磨のシュートはキチッと阻止される。
アクションが大きい。


サチローも出しどころがなく、苦労している。


川口が中央まで突破してくるが・・・

こぼれ球に追いつけない。

とにかく相手の守備が…固すぎでしょ。
ただ足掻いているだけの前半でした。

逆にアルビはDF大武が高い位置で奪われ、ゴールを決められた。
あれ? どこかで見た展開。
2度も3度もやってんじゃねーよ!  と思わず大きい声で愚痴が出た。
足元狙われてんですよ。


その後は果敢に攻めるも・・・。



詰められて援護もなく。
前半終了。
後半は・・・

何のための確認なのか・・・。

早々に楽に決められ0-2。
終戦となりました。
もう、写真を撮る気力もなく。(今年、こんなんばっかりですね。)
貴章も豪快に外すし。

結果…

サポの言いたいことはこれ。

セレモニーは寒々として見てられん。
主要の要人は最終戦どころではなかった。(欠席の理由は仕方のないもんばかりだし)

梶山選手は引退を新潟で決めた。
足の状態が最悪。最終戦はサブに入ったが、出れる状況ではなかった。
お疲れ様でした。


そしてこの選手はどうするんだろう。


契約最終年と聞く。

さて、こんな寒々とした最終戦(消化試合も最たるもの)にスタジアムに16,000人も入った。
こんな天気なのに。
セレモニーがあるからとかじゃなく、最後の最後まで少しは変わるかもしれないアルビに
期待していたのだ。
ホントに不甲斐ないシーズン。
何の伸びしろも示されなかった選手達。
来季の危機感を背負ったフロント。

ただ、ただメインスポンサー亀田製菓様が来季のサポートを約束してくれた。
それでもた。
負の連鎖が止まらん。

J2屈指(いやJ1も含めて)の入場者、そして素晴らしいスタジアム、クラブハウスや設備を
備えていても、二進も三進もいかないシーズンがあるのだな。
でもこれで落ちるとこまで落ちたのだから後は這い上がるだけ。
選手も複数年が多いから、歯抜けのように来季スタメンがガラッと変わることもない。

となれば・・・
チームとしては、久々の同じ環境でのシーズン跨ぎができるっつーことですか?
選手の変更もほとんどなく、フロントも変わらず(社長以外)、コーチ陣も安泰。
となれば、ここからの積み上げができるという事。
ただし、ベテランは現状維持に努めてもらいたい。

問題はお金だけです。
未払い問題が起きないようにだけしてください。(気楽な外部の言葉)

さあ、来季開幕戦までホントに何もないぞ。3か月間。

***********************************

セレモニー終了後、ここに行きました。


半年ぶりです。
くいしん坊。
実はマスターがお亡くなりになったんですが、同時に奥さんも倒れられて入院。
その後、体調も回復しその快気祝いをここでお仲間と一夜限りの貸し切り宴会をしようと企画。


試合終了後に駆けつけたお仲間、総勢30人近く。満席状態。



当然、店には何もありませんからお酒やジュースは持ち込み。
料理は手配した弁当。
店内の清掃は有志で。





豪勢です。

そして奥さんの快気祝い始まり。

ご回復おめでとうございます。

お店、復活したいね。

コメント (2)

こんな試合でも16,000人が来季に期待するものとは・・・(vs 山口戦 前編)

2018-11-18 08:24:02 | Weblog

悲しいかな。
今季の締めとしては至極順当な試合となってしまいました。
いくら後半、奇跡のような連勝をしていても本質は早々変えられるものではありません。

仙台に戻ってきたのは午前様。
どうしようもなく脱力感で長距離の運転には向いていませんでした。
運転するよりSAで仮眠していた時間の方が長かった。

それだけワタシの甘い理想はこの試合で打ち砕かれていたという事です。

サポなら試合前に夢見るんですよ。
最終戦くらい、ビシッと締めて勝利で終わらせてくれるだろうと。

遠路山口からおいでいただいたレノサポご一行、寒さと雨の洗礼にも怯みません。
同じオレンジなので360度スタジアムはオレンジ。


試合前に早川史哉選手からの復活の狼煙を上げていただきました。
言葉一つ一つにこれまでの本当の苦労と苦悩が前面に出ており、涙。
あの力強さは来季の戦力になると確信しております。



前回アウェーでは山口に辛勝だったと記憶していますが?
果たして。

とにかく試合前半までの雨が最悪でした。
S席最前列でしたが、本格的な冷たい雨にさらされておりました。


ホントに毎回最終戦には泣かされます。
いろんな意味で。


最後の円陣ダッシュ。
先発には渡辺凌磨が入る。どんな選手かなとこちらは興味津々でしたが…。




今日はリフレッシュ休暇明けの達也がやってくれると信じております。
試合後、気が付いたのはこの試合達也は90分間フル出場だった。

これならば来季はホーム戦出場だけに集中して90分フルでやっていただけるのかな?
なんて思いました。
他の若手選手より全然動けてますもん。

山口のキックオフで開始。



いきなり苦しみます。
セカンドボールが・・・取れません。
出足が悪いのか。

対応したハイボールに尽く劣勢。
弾いてもマイボールにならず。

しかも足元悪いし、パス精度も下がってる。
ボールもらいに行って何しとんねん・・・と。
受け身だよなー。ここのところ。
相手の山口は自然と力抜いて対応しているのに、アルビは肩に力入り過ぎ。

だから出足では良い写真が取れない。
ファインダーから覗いた構図はすべてNG。
こんな日は大抵負けます。(その通りなんですが)


山口のDFはしっかりしてましたね。
攻めあぐねるとはこういう事です。
ハーフエリアでボールをつなぐことに終始。
早くもなんだ?これ状態。
しかも審判はク〇ッ!  

あ、太君だったのね。

コメント

明日はホーム最終戦、波乱の1年もこれで終わり

2018-11-16 21:53:26 | Weblog

まずは早川史哉選手の契約凍結解除、そしてこれからスタートラインに再び立てることを
お喜び申し上げます。
まさに奇跡。
ドナーが見つかったことも奇跡だし、そこから選手に復帰できるところまでの回復も奇跡。
他の同じ病の患者さんにとてつもない希望の光と勇気を与えてくれました。

ゆっくりでいいですから、確実にスタートしてほしいです。
私たちも長い目で見守ります。
今年一番うれしかった事ですね。


*************************************
コメントありがとうございます。
Californiaアルビさん
アメリカから毎回お読みいただき恐縮です。
このブログもグローバル化が半端ないですね。
下手な記事書けませんな。(書きたいところだが)
これからもよろしくお願いします。

たけさん
サッカー以外の記事はどちらかというとワタシのガス抜きです。
今年はサッカーでガス溜まりっぱなしの1年でした。
オフはもっとすごい事になりそうです。
あまり期待しないでお待ちください。(ネタはおいおい)

明日はホーム最終、山口戦ですね。
オレンジダービーです。
どちらが偽オレンジか決着つけねばなりません。
山口には上野さんや小塚くんが大変お世話になったところ。
また達也選手の故郷でもあります。
できれば達也選手が故郷に恩返し弾を見舞っていただければこれ幸いです。

ってか、勝って今年の最後をスカッとさせてくれ。
という事で今晩はムリして外食。(普段外であまり食べない)

野菜ガッツリのカツカレーだ。
某〇o〇o壱の4辛。
胃がヒリヒリする。

************************************

ホントはですね! (怒
今日から4連休の予定だったんですよ。
1年間、計画して仕事にケリつけて、他の社員の休みが重ならないようにして、重なったら
わざわざずらして、気を使って予定を立てた休み。
それがですね!
前日になって4日は長いんじゃねぇか? というニュアンスでボソッと同僚に言われた日にゃですね。
あったま、きまっせっ!
ふざけんなよと。てめぇらもしっかり取ってんじゃねぇかと。
リフレッシュ休暇というのは会社が設定した働き方改革の一環で認められてんのに。
これじゃ会社の決め事は絵に描いた餅ですわ。
現場じゃ実施できる現状じゃないと。
年末進行も含めて身を粉にして、やることやってんだよ。
1か月も前から申告して休むよと、言ってんのに。
長く休まれると仕事が溜まって困ると。
人一人が2‐3日休んだだけで停滞する組織はどこか間違ってますよ。

という事で、今日は意地で仕事してきました。(かなり怒

おかげさまで・・・休みは1日減りました。
これではまりも達を新津に連れて行くのはちょっとストレスです。
仕方がない。
この恨みは年末年始に倍返しだ。

ま、明日は通常通り早朝に新津入り、自宅でくつろいだ後、スタジアムにはせ参じます。
そのあと・・・集いがありますのでそこに参加します。
連休が少なくなりましたので、残念ですが日帰りです。
電車で新津からスタジアムに行く計画はムリとなりました。
(車で行きまーす。)

********************************

バイクの話。

自分の持ってるバイクの載ってる雑誌というのはなかなかない。
っというか、18年も前のバイク雑誌なんてね。
探すのも大変だ。
と思ってたら、ひょんなことからヤクオフで見つけました。
奇跡の980円です。

中を開けるだけでニマ~っとなってしまう。


これで海外を走れたら最高なんですけどね。


自分のバイクはこれにかなり弄ったり、貼り付けたり、傷つけたりしてますから
どノーマルの本体見ると・・・申し訳なく感じます。
でも・・・弄らないと・・・ちょっと面白みに欠ける車体デザインですし。
BMWと言えば横置きボクサーエンジンが特徴ですが、縦置きK1でBMWの洗礼を受けた
ワタシは歪んだ変態 性格になってしまっています。
このバイクも縦置きの系列。
実のところ、横置きのバイクは乗ったことがない。
何がそんなにいいのかわからない。
分からんものには乗る気がない。


これじゃカーブ曲がる際にヘッド擦ってしまう・・・と。
ただでさえ立ちゴケするのに・・・。

単なる被害妄想です。

さてしばらくはこの雑誌をオフの間、じっくり読み倒します。

コメント

弱点を露呈した消化試合 (vs 徳島戦)

2018-11-11 16:56:00 | Weblog

泥沼連敗中の徳島に対して、スタメンをCB、サイド、FWと入れ替えてきたアルビ。
今日の試合のポイント。
つまりトラブル発生の際や相手の戦術に合わせた布陣を敷いた際、チームに変化を加えたら
どうなるか。
消化試合だからできる。
その見極めです。
だ・か・ら、眠い試合だ! とか前の監督のチーム戦術に戻ったとか言わないように。
(ワタシは最後の最後で悟りましたが)

無茶な交代ではなかった。
CBのジュフンは以前のジュフンではなかった。
第一、無駄なプレーが無いし、怖がらず詰められた。成長したんだなと。
あれだけ徳島に攻められながら、特に危ない場面もなくコースを切っているところは地味ながら
光るものがあった。
(怪我が心配です)
そして一番注目していた安田。
怪我等でしばらく出番なかったけど、相変わらずビルドアップはチームNo.1。
安定したキープ力はできればどっかで使いたいところ。
で、ターレスをスタメンから使うところに問題。
ターレスはどうもトップでは使いづらいなというのが印象。
押せ押せの場面とかではなく、相手の守備を崩した時に効果を発揮する。
が、今日の徳島はとにかく前半から引く。
手の出しようがないですよ。
宝の持ち腐れだった。
やはりここは達也とかが汗をかいていれば前半から優位に進められたと思う。
相手を休ませちゃいかんかった。
逆に後半、中盤がスカスカになってしまい、セカンドが拾えずアルビは守備練習に終始する
ことになりました。
高木は可も不可もなく。これじゃいかんのですけどね。結果が欲しい。
だが絶不調の徳島。
尽くゴールが決まらず。
助けられた格好での勝ち点1。

チームの弱点である選手が変わった時の攻めのクオリティが上がらない事。
意識の共有がまだまだなされていない。
セルフジャッジも多いし、だろう攻撃はやめれ。
スペースに入るだろう、このパスは感じてくれるだろう、すべて誰も反応せず。
これが実は前回までの固定スタメンだとたぶんスペースに入っている。
この課題を来季どうリカバリーするのか。
選手層が圧縮されると予想しますが、少なくとも1.5軍クラスの底上げはお願いしたい。

そして最終戦は敢えて休ませた達也、泰基など元のスタメンで山口を撃破してもらいたい。
それにしても見れば見るほどつまらない試合に見えますね。
カウンターもあんまり効果ないし、パス精度は悪いし、なによりプレーが後半雑になってたな。

精神的なものもあるんでしょうね。

**************************************

今日はユースの準決勝もありましたが、残念ながらアルビはベスト4止まり。
清水ユースに負けました。
が強くなったなと。指導者と選手に恵まれました。
来季以降が楽しみです。

今日は早朝から洗車。

最終戦に向け準備です。
タイヤも最終戦後に冬タイヤに履き替える予定。
室内が半分ゴミ状態だったのをすべて廃棄。室内も冬用にして完了。

そしてバイクも冬支度。
バイクを洗車してワックスかける。
今年あと何回乗れるか。

8時ごろから1時間の近所のツーリング。
しばらく乗ってませんでしたが、スムーズな加速とハイヤーのような乗り心地は相変わらず。
エンジンを温め、近くのガソリンスタンドで給油。それにしてもハイオク高いよ。

コメント