熱烈的アルビレックス Maximum

目標はJ2残留! に切り替えでも過言じゃない今の状態をどうすっぺ。

収穫が多かったルヴァン杯 またもや原石出現 (vs マリノス戦)

2018-05-16 21:49:50 | Weblog

予選突破を掛けた大一番、予選最終戦マリノスとの戦いは残念ながら1-2で敗戦。
しかし相手はややマジになって半分以上をレギュラークラスで固めるという暴挙。
リーグ戦であんまり良くないのに…。
まあ次の土曜で長期中断に入るJ1だからか。


アルビはずっと週末にリーグ戦が続くので極力控えの戦力での戦い。
ただ重要なトップとかはターレスを使い、ささやかな抵抗。
前半先制されるものの、追いつく。
中盤でボールを奪いつないで広瀬がクロス。

良いクロスを上げるのだ。
これでリーグ戦も自信をもって戦えることであろう。
で、このクロスを中央で待っていたターレスが、胸でトラップ、振り向きざまにシュート。


DFの松原(お久しぶり)の壁もモノともせず、ネットを揺らす。


やっぱりリーグ戦でもやりたいパターンなんですよね。これが。


1-1に戻すものの、この後、エリア近くでのFKを扇原に決められ、その後はがっつり攻められる。

が、この猛攻をしのぎ切ったのが、今年初出場の田口潤人くん。

まあ失点は仕方ないが、その後のシュートをすべて止めた。
抜け出され、打たれてもすべてはじき出す。

これがすごい。
よくこんな選手が埋もれてたなと。
反射神経は抜群です。
もしかしたらセンスだけならムラーリャや大谷選手よりも上かも知れない。
難があるとすれば・・・経験だけです。
こればかりは一見に如かず。
見る価値ありますね。
上手く育てれば・・・東口クラスにはなるでしょう。
ジェルソンコーチ、頼みますよ。

ルヴァン杯は敗退しましたが、今日の試合も決まってたらなという場面も多く、決して悲観する
ゲームじゃなかったと思います。
チャンスはたくさんありました。
そして、目指したいサッカーもはっきり見えました。
特に後半、マリノスの猛攻をしのいだ後にチャンスを作れているし、2、3点は可能性がありました。
これをリーグ戦に活かして欲しい。

それにしても、このルヴァン杯で多くの若手が育ちました。
ありがたいことです。
今までカップ戦は迷惑以外の何物でもなかったけど、今年ばかりは違った。
チームのノリシロを大きく広げてくれました。
今日のゲームで初めて鈴木監督がやろうとしているサッカーが理解できた。
ん、イケるんじゃないですか?

****************************************

さて、勲氏の引退試合のチケット発売日が19日と発表されました。
今回、ユニチケも同時発売されます。
2500円也か。

で、以前お手伝いさせていただいたデザイン
がこの部分。


正面の図柄。
ワタシがもう何年も前に作ったデザイン(勲の弾幕)のオリジナル画像が使われました。
とてもいい出来です。

ぜひ、ぜひ、お買い求めいただければと。
本当にラッキーです。
最後にいい仕事してくれた弾幕に感謝!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レギュラー陣を脅かすルヴァン組 | トップ | 明日は天地人ダービー J2で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事