熱烈的アルビレックス Maximum

残留は確定した。後は来季に向けてどれだけ体制を維持、向上できるか。

勝ちたいと思う気持ちの差、昇格したいと思う強さの差

2018-12-02 17:09:05 | Weblog

今日は大事な試合が2試合ありました。
まずはプレーオフ参入戦第2戦。
3位の横浜FCと勝ち上がってきた東京ヴェルディの試合、三ッ沢です。
レギュレーションとして引き分け以上で勝ち進むのは1戦目と同じ。
ヴェルディは勝つしかありません。
予想に反して互角の戦いでした。
守りに入るのかなと思っていた横浜が意外に勝ちに来てるのがわかります。
何と言っても前回大宮が同じことやらかしました。
条件的に優位だと消極的になってしまう。
全てのアクションが、事なき優先。
意識しなくても出てしまうもので。
ただ、この順位のチーム同士はホントに紙一重の実力差ですから、最後の最後は気持ちで持って
行くしかありません。
その点、ロスタイムのヴェルディGKの上がりとヘッドは鬼気迫るものがありました。
そこから決勝のゴールが決まり、磐田との挑戦権を得ました。
勝ちたいという気持ち、特に佐藤優平の攻守に見るべきものがありました。
また一つ成長したなと。

この調子でいくと・・・もしかしたら磐田は敗戦するかもしれません。

*****************************************
その前に行われた藤枝での皇后杯3回戦、新潟vs日体大セカンド。

試合は今回もYoutubeの生中継。
もう全く相手サポーターの声は入らず、アルビの応援ばかりが音声で入ってくる。
試合は前半、相手の出方を見ていたアルビ。
日体大はFWも含めてガタイが良く、こりゃやられるかなと思いきや、うまくボールを
的確に刈り取るアルビ。
1部のおねぇさん達はダテにやってませんよと。
守備は無難にこなし、攻撃はワンタッチパスでスイスイ上がる。
そして先制。
八坂のシュートがゴール右隅に。先制したら後は上手く流す。



後半は流石と思うゴール前のつなぎで2点目、3点目と。
1点はカウンター気味に取られたものの、危なげなく勝利。
これで準々決勝進出です。
相手はINAC神戸。
他のチームも順当に、ジェフ、ベガルタ、日テレ、浦和、ノジマテラス、長野パルセイロ、と
勝ち上がっています。
アルビはINAC、ジェフ、ノジマテラスの山。
一方の山はおそらく日テレが制すると思われます。
まずはINAC相手にどのような試合ができるか。
今日のように中途半端なパスミスだけはやめてくれ。
試合は22日、栃木のグリスタです。
これは行こうかなと思ってます。

決勝は吹田スタジアムなんだよなー。

******************************************

昨日は撮り貯めていた録画番組を一気見。
見たいと思ってもなかなか見れる時間にいないもんで。

その中の1本。
BSでやっているのが飲み鉄。

俺の分身かよと・・・。

六角精児さんがとにかく飲み倒す。しかも各地のローカル線をぶらぶらと。
晩飯は決まって居酒屋とか。
酒蔵は必ず行きますね。
列車にも詳しいから鉄なんだけど、目的は明らかに酒。
NHKもよくこういう番組作るなと感心しております。
(チコちゃんもそうだけど、録画番組のNHK率、最近高いですよ)

***********************************
えー、本日ようやくカンファレンスの全部(いや編集された分以外)見終われました。
結論。
まあ、言った以上はやらなきゃなと。
知っていることとできる事は違います。
が、コミットメントした以上は目指さなきゃ。
ただそれがサポーター依存にならないようにね。
ワタシらはこれが良いと思ったやつに関しては極力、協力します。
(中にはちょっと無理あるかも的なものもありますが)
如何にポイントを絞って効果を上げるか。
ここはアイデアマンに委ねましょうかね。
ただ、他のチームはこの規模以下で運営しているチームがほとんどだという事です。
如何に無駄が多いか、なのだ。
切るところを間違うなよと。

そうそう、ACLを逃した札幌が戦力外を発表。
その中に菊地直哉選手の名も。
稲本、河合と8名もの満了者。
来季は今までの札幌色を排するのでしょうね。
残念ながら今のアルビに菊ちゃん雇ってあげるだけの金、ないわ。(´;ω;`)ウゥゥ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ありがとう! 男 富澤 清太郎! | トップ | 越すに越されぬJ1の壁 (入れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事