熱烈的アルビレックス Maximum

目標はJ2残留! に切り替えでも過言じゃない今の状態をどうすっぺ。

不幸の結末じゃないんだ! 幸福の始まりなんだ! (vs セレッソ戦 その3)

2017-12-03 09:44:58 | Weblog

後半開始。
試合前のセレッソサポのチャント「寒いぞ新潟!」の言葉に同感。
足元から冷気がしんしんと。
足元見ると溶けてない雪が残っていて、靴を覆ってました。
そりゃ冷えるわ。


セレッソは相変わらずギアが入らない。
前線が攻め込んでも途中でノッキング、そしてつまらないパスミス。

それを活かしたアルビのカウンターで振られて、ますますセレッソDFは疲弊する。
アルビのDF陣は絶好調。
カンペーさん、ジュフンが躍動。

千葉は何でカンペーさんを放出したんだろう。
勿体なかった。
また安定していたのはゾーンディフェンス。


しっかり形になってます。
この陣形見ただけで安心。
それにチェック入れているのが・・・元名古屋のコンビ。

補強大成功でした。このまま継続してもらいたい。

途中、好調宣福が小川選手と交代。

元のSHに戻ってから本来の実力を発揮。

そして相手のバスミスを山崎が拾い、ホニに鋭い縦パス。
出足で相手を寄せ付けず難なくゴール。先制。




スタジアムは大興奮。
ここまで強かったアルビ。横綱相撲、いやサッカーか。

途中こんな光景

ベテランが若手を後押し。
この雰囲気がある限り、アルビは伸びる。

このまま時間は過ぎていよいよ終了間近。
勝ちが見えてきた。
おそらくこのタイミングで出すであろうと予測、ベンチをずっと狙っておりました。

勲、いよいよ最後の出陣です。(泣


長年の付き合いモックンとガッチリ。



もう涙が止まりません。

最後のキャプテンマークを受け取る。
この辺りはファインダーからは涙で見れてません。
オートフォーカス様様です。



ボランチとしての意思疎通。



前線の動きをカバー。

チャンスの度にホニがDFをぶっち切る。爽快。



意思の共有のための指差し確認。集中を切らさない。


杉本の得点王の望みが絶たれた。そして阻止したDF陣。



最後大谷も必死のセーブ。
大きく成長した一人。

そして試合終了。


慶が勲に真っ先に飛びつく。



勝利の瞬間からホニはこの格好。
絶対確保しておきたい選手。



これでガンバ戦以降5勝1分け。
アルビは勝ちっぱなしのまま、J1を去ります。
こんな強い降格チームはありませんでした。

相手セレッソサポのアルビへの感想
「普通に強すぎ」
「J2(のチームは)大迷惑!」

そうでありたい。

さてこの後は肝心かなめのセレモニーです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不幸の結末じゃないんだ! 幸... | トップ | 不幸の結末じゃないんだ! 幸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事