熱烈的アルビレックス Maximum

目標はJ2残留! に切り替えでも過言じゃない今の状態をどうすっぺ。

レギュラー陣を脅かすルヴァン組

2018-05-13 15:39:10 | Weblog

昨日はアルビサポはほとんど経験したことのない逆転劇に、錯乱した方々が多少おられた
かも知れません。
ワタシは晩飯食ったら少し酒が飲みたくなりまして、近所の居酒屋で一人祝杯を上げた次第。
こんな事、全くと言っていいほどありません。(会社の付き合い以外は)
家で飲んだくれてたらいいのかも知れませんが・・・アブナイ気が。

さてコメントありがとうございます。
まありんさん、プク太郎さん、あるびーさん、通りすがりさん。
コメントにもありますが、やはり原くんに対するコメントですよね。
個人的には書いた時点の心境が
「実力あるんだけど、SBを任せるには今のところ致命的なミスが目立って適さない。」
という意味で失格という言葉を使いました。
プロなので1回のミスは仕方ない。しかし複数回となるとチームにとっては致命傷。
原くんが高みを目指すには、SBを今現状のレベルで務めるのは無理だと思いました。
決して原くんがプレーヤーとして失格という意味ではなく。
裏返せば、原くんをSBに使わざるを得ないチーム状況が浮かんできます。
原くん以外に右SBの専門家いないのかよと。

いました。貴章が。
んがしかし、貴章は今年FW登録。
チームとしてFWでいくと宣言しておりますので、そうそう簡単に置き換えることはない。
じゃあCBが少し余ってるからスライドしたら?
と素人考えします。
が、アルビというチームは基本SBがチームの好調さのバロメーター。
SBが悪いと二進も三進もいきません。
左はもう計算外のスター安田君がいます。

元々原くんはボランチ。
じゃあボランチで使えばいいじゃん、と思いますが今の磯村、大コンビの間に割って入るほど
ではない。
かと言って原くんの実力自体が半端ないので外すのも勿体ない。
ならば先週活躍した川口君がいるじゃないか。
が、まだ信用がない。コンスタントに活躍しないとなかなか認められないようだ。
原くんは今、慶と同じ道を左と右で違うけど辿っているのかもしれない。
居なくなると居なくなるで痛いのはアルビなのだ。

だから、もっとSBを勉強、極めてもらいたい。これが原くんが生きる道だと思うのだ。
ま、本人が一番痛感していると思います。
前半そこを千葉に狙われたが後半、貴章が入ってからは見違えるほどのプレーを見せた。
サチローのフォローがあってのことだけど、きっかけがあれば代表クラスに化ける実力なのだ。
敢えて昨日のプレーは失格という言葉を使いました。プロとして。
厳しいことを書きましたが、期待の裏返しなので。

*************************************

ここ公式戦直近5試合の結果は4勝1敗。
開幕からこの成績ならばダントツ自動昇格でしたが、現実は甘くなく昨日の勝利でようやく
五分五分の成績に。
で、好調になり始めたのは若手(というか控え組)のレベルアップが要因。
つまりルヴァン杯で結果を出した選手がリーグ戦に登用され、そこでも結果を出していると
いう事。
結果を出せば即レギュラー、ベンチ入りできるシステムだ。
当たり前だけど。
ただ鈴木監督はヤンツーさんの師匠である。
つまり固定メンバーの権化。
が、しかし今シーズンに至ったはその限りではなかった。
ルヴァン杯で控え組の実力が上がり、J1との対戦でより高い実戦慣れを実現した。
昨日の遠征組でもサチロー、新太、柳、泰基が参加。
そして昨日の結果です。
これまでのレギュラーと控え組からの選抜が融合して、運動量も併せて千葉を上回ったという事。
ルヴァン杯も今週水曜のマリノス戦で予選最終戦。
これに勝つと決勝トーナメントになりますが、個人的には勝ってもらいたい。
が、リーグ戦を考えると微妙。
つまり残りリーグ戦を90分間ベストメンバーで戦いたいという気持ち。
昨日のゲームでもターレス、貴章、高木が後半から入れ替え。
スタミナ配分が難しい。
キーマンがこれでは疲労に拍車がかかるのではないかと心配してます。

**********************************

千葉は監督の指令の元、食事管理を実施しているという話。

ジェフ千葉から消えた脂身と白米。監督が持ち込んだ食事革命が凄い。


ですが、待ってください。
昔のヤクルトの広岡監督時代じゃないんだから。
千葉は後半スタミナ切れが顕著に現れました。
脂身取らないとカロリー燃焼できなくて燃料切れするんでないですか?
特に若い選手は。
達也選手は食事管理をストイックにやっているという話を聞きます。
ある程度の年齢の選手には必要かもしれませんが、若い選手には逆の効果になる気がします。

筋肉には白い筋肉と赤い筋肉があって、マラソンのように長時間運動するためには
赤い筋肉を増やすとかいろいろありますが、サッカーはフィジカルと長時間の維持力が
必要なのでこのバランスが微妙なんでしょう。
千葉が早々にスタミナ切れ起こしたのは、この管理が理に叶っていなかった可能性があります。
それに比べてアルビは・・・終了まで体力は残っていてしかもフィジカルは相手を飛ばすほど。
(おかげでファール取られましたが)
この事を考えると、アルビがJ1に居続けた意味が体作りにも活かされてるんだなと。
やっぱ、新潟のコメと魚ともち豚はしっかり摂らんとね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新太! 新太! 新太! 3戦連発... | トップ | 収穫が多かったルヴァン杯 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ルヴァンパーティ (co)
2018-05-13 20:39:53
細かい事ですが、グループステージを突破してもプレーオフステージが待っています。ノックアウトステージの下の山に進出したとも言えますがね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事