熱烈的アルビレックス Maximum

残留は確定した。後は来季に向けてどれだけ体制を維持、向上できるか。

魔境再建! 翔けるが如く 戦略達也! (vs 讃岐戦 その最終)

2018-10-07 09:19:43 | Weblog

終盤、讃岐が意を決したかのように攻め上がる。
若干疲れてきたアルビの中盤の間を抜いて縦に入れてくる。
開いた左サイドからも侵入。
クロスを上げるが、そこは広瀬。顔面ブロック!

初めて目の前で実際に見てしまった。
歯が折れてないか心配。かなり顔にめり込んでましたから。

ここで勝利のパターン、交代は新太→貴章。

その前に高木も代わってました。

次第に讃岐がアルビ陣内に。
どうも跳ね返す力が無くなってきた。
嫌な予感がする。

セカンドボールを讃岐が拾うパターン。
元々この展開だったらアルビは苦杯を舐めていたかもしれない。(8月以前なら)


ブラジル人コンビが必死にクリア。
真面目なこの2人が完全に機能したらもっとすごい事になりそう。


が、途中交代で入った原一樹にやられました。

この後バーに当たり、跳ね返りを押し込まれ失点。
終了間際にです。
ここですよ、ここ。
絶対無失点で終了すべき試合。
この詰めの甘さが負の遺産です。
一気に不安に駆られて空気がおかしくなった。
が、それもタイムアップで一息。
何とか5連勝。すべて勝ってもPO進出は無いのですが、これからのアルビを構築するには
こういった失点を絶対なくさないとJ1昇格はあり得ません。

勝ってもモヤモヤ感が払しょくできない選手達。
やっちまった感が半端ない。


あまり元気のない万歳。


インタビューを終えた達也が原一樹に挨拶されてたのを見ていた。
そういえばレッズ時代、一緒にプレーしていた時期があったのかな。
原もアルビにくればまた輝くんじゃね? とか思ったりしました。
あの臭覚はまだ健在だ。


カウエはハッピーターン1年分食えるのだろうか。
あの禁断の白い粉漬けに・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 魔境再建! 翔けるが如く 戦... | トップ | Bリーグ アルビホーム開幕戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事