ケミストの日常

大学化学系教員の日々考えること。
HNはchem@uと省略してます。

産経新聞へのエール

2009-09-01 21:27:39 | 政治動向
とりあえず
「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 ツイッター軽率発言を産経新聞が謝罪
2009/8/31
保守的な論調で知られる産経新聞の記者が公式「twitter」上でつぶやいた軽率な発言が「報道機関としての中立性はないのか」と批判を浴び、2009年8月31日、同社は謝罪した。

「産経新聞初めて下野なう」
産経新聞は衆院選に合わせ、公示日の8月17日に公式twitterをスタートさせた。投開票日までの13日間限定で、主に掲載記事や、編集部の日常を紹介。30日は選挙結果を実況中継していた。現在も、440人にフォローされている。

問題の「つぶやき」があったのは、選挙結果が出そろい、民主圧勝、自民惨敗が確定した31日早朝。

「そろそろ、中の人が交代しますー。皆さんお付き合いいただいて、ありがとうございました!」
と選挙特集が終わることを告げたあと、

「産経新聞が初めて下野なう」
「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」
と投稿してしまった。公式アカウントなだけに、産経新聞が自民寄りで「反民主」を表明したとも受け取られかねない発言だ。

「メディアの中立性を破壊してると思う」
twitter上ではすぐに話題になり、多くのユーザがコメントした。「本音丸出しで好感が持てる」といった好意的な見方も一部あるものの、そのほとんどが、

「え、産経新聞本気でいってるの?…公式アカウントでこの発言?」
「こういう発言しか出てこないのは既にメディアの中立性を破壊してると思う」
「ジャーナリストの端くれとも思えない」
と、非難するものだった。

その後、産経新聞も問題があると思ったのか、同日夕方、同じ公式twitter上でお詫びした。多くの厳しい意見が寄せられたとし、

「軽率な発言だったと反省しています。ご不快の念を抱かれた方には、お詫び申し上げます」
と謝罪。「新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした」と釈明した。


いやいや、そんな言い訳せんでも。
「新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした」
とてもこんな風には読めないし。

いいじゃない?
疲れとイライラでつい「思わず本音が出てしまいました」でも。

私は産経新聞ってそういう記事を掲載する新聞だ、という前提で読んでるから。
多分多くの読者も、そういった編集を期待してると思うよ。

不偏不党とか、公正中立とか、言うは易しでも、実態となると難しい。
それなら逆に、態度明確にして記事を出してくれた方が、読むほうも読みやすいというもの。



それだと、新聞としてまずいというなら、「本音は別にあるけど建て前として不偏不党でやっていきます」でも、構わないと思うよ。
不偏不党では、面白い記事書けないしね。

これからも、「産経らしさ」を失わないでいてほしい。
ってか、産経らしさがなくなったら、産経新聞の存在価値がなくなると思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野党共闘における小政党 | トップ | 自民党の失った議席について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治動向」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事