タヌゥーの温泉日記

私が入浴した「秘湯」「名湯」などを紹介していきます!

お宮参り

2018-06-03 23:55:19 | 子育て
第1子が生まれて約1か月が経ったのでお宮参りに行ってきました。

スタジオ予約は10時からでしたが、9時30分には着いてしまいました。
暑い中(といっても車の中ですが)、10時ピッタリまで待たされました。
10時からの予約なのだから、10時前に店舗に入れてほしいところです。

スタジオで選んだ衣装で親族、家族、子のみ、持ち込んだ妻の手編みのドレスで子のみの4シーンの写真を撮ることになりました。
親族、家族と撮り終わったころ、グズりはじめます。
スタッフが一生懸命、鈴のおもちゃで気を引きますが、お構いなしです。
子のみの撮影途中でいったん休憩に入り、おっぱいです。

結論を書くと、おっぱいを飲んだ後、深い眠りに入り、撮影終了まで起きることはありませんでした。
どんなにおもちゃで騒音を立てても、顔をいじり倒しても微動だにしません。
ひたすら寝ている写真を撮る羽目になりました。

もともと、生後1か月頃の写真を撮っておくことに意義があるので、表情は笑っていれば儲けものぐらいにしか思っていません。
なので、写真撮影をしたこと自体は満足です。

しかし、スタジオ側のあやし方が下手すぎて驚きました。
大手スタジオMを利用したのですが、YouTubeにアップされている大手スタジオAのあやし方、笑わせ方が断然上手いです。
いくら鈴を鳴らしたって、生後1か月じゃ反応できないです。
他社を研究したほうが良いのではないかと、投書したくなるほどでした。

そして、写真を撮り終えてからの段取りも悪すぎました。
時間が押して、私たちの後の客が待たされているのですが、私たちの目の前で待たすので、こちらも焦ります。
当然、スタッフの私たちに対する説明もあせりから適当になります。

スタッフ「茶色と白色、どちらにしますか。」
私たち「ん、何の話ですか?」

こんな感じです。

結局、スタジオでは2時間かかりました。
その後、埼玉県の「武蔵一宮 氷川神社」に向かい、子の健やかな成長を祈ってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミルクのための熱湯 | トップ | ミルクのための熱湯2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て」カテゴリの最新記事