近年イギリス英語の劣化は著しく、私の英語が本家(含むBBC)より'Classy'に(^_^;)。それって恥ずかしくない?

東大出の凡人。でも、その英語はクイーンズイングリッシュ。それも超一級。私より発音のいい日本人がいたら、教えて!

1700年代に空港? トランプ大統領、独立記念日の演説で

2019年07月06日 | Weblog

【AFP=時事】1700年代に空港があった──? ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が、米独立記念日の4日に開いたイベント「米国に敬礼を(Salute to America)」での演説で、史実に関する誤った発言をした。 トランプ大統領は、米独立戦争(1775~83年)で大陸軍が英国に勝利したことを賞賛した際、同軍が「空港を占領した」と発言。ただ、1770年代に空港はもちろん存在せず、飛行機も1900年代まで発明されなかった。

トランプ大統領は、雨にぬれた防弾板の後ろに置かれたテレプロンプター(原稿表示装置)を用い、用意された原稿を読んでいた。トランプ大統領は5日、テレプロンプターが「壊れた」と記者らに説明。「雨でテレプロンプターが壊れたのだろう。しかし、スピーチはとてもしっかり覚えていた」「テレプロンプターなしでもできた」と語った。 トランプ大統領の演説ではさらに、米独立戦争と米英戦争(1812~14年)を混同したかのような発言もあった。

トランプ氏は独立戦争について言及した際、弁護士のフランシス・スコット・キー(Francis Scott Key)が「ロケットの赤い光」を見て書いた詩が米国歌「星条旗(The Star-Spangled Banner)」の歌詞となったと述べたが、キーがこの詩を書いたのは1814年9月の英艦隊によるメリーランド州ボルティモア(Baltimore)の要塞に対する砲撃を目撃した後だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『CHUKAのブログ』からトランプ演説の和訳を引用:我々の軍(G.ワシントンに率いられた米独立軍)は砦を取り囲み準備完了、砦の壁を突き破り、複数の空港を占拠し、為すべきことはすべて為し、マクヘンリー砦においては、ロケット砲の真っ赤な反射光の下、勝利に向かって突き進んだ。そして夜明けには、独立軍の掲げた星条旗が空にいさましくひるがえった。 

独立戦争の話にどうして空港が出てきたのか?ロケットも何だかへんだ。

P.S.:イギリス人よりも発音のいい日本人の英語を聴いてください

https://soundcloud.com/user-769257566/presidentdaft

コメント   この記事についてブログを書く
« トランプ大統領、G20後に非武... | トップ | ダロック駐米英国大使が辞任... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事