モンクールシェフのブログ

モンクールシェフ宮狹が日々感じることや食材やお料理やお店のことなど
いろいろな情報をお伝えしたいと思います。

自然派ワインとの出会い1

2008年06月30日 | gooブログ移行前のブログ

本日は定休日です。Dc062708_2 ビオから自然派、私なりの解釈ですが、ビオは有機栽培(日本のJAS法の意味ではなく)、無農薬(プレパラシオンといゆ天然のもので作られている昔からの手作り農薬、肥料を使用しているところは多くありますがもちろん大丈夫です)で栽培されて作られているワインです。自然派はさら天然酵母を使い酸化防止剤ゼロ、または極めて極少量しか使用していないワインです。私が感銘を受け、自然派のとりこになった1本を掲載します。品種はガメイです。そう私がいたリヨン、ボジョレー地区の使用品種です。しかしこのガメイはロワールで育てられています。とりあえず、宮狭的に今までのフランスワインの概念をぶっ壊してくれたワインです。ちなみに、新しく感じますが、この生産者いわく昔から変わってない作り方を続けているだけだそうです。また、明日紹介する生産者は新しい生産者ですがこのような作り方をしています。昔からのよさを活かしつつ、現代につなぐために努力されています。

コメントありがとうございます。蒸し暑い、、汗が出る、蚊がとんでる、仕事が遅くなりテンション上がりぱなっしで眠れない、もうすぐ2周年、気が付けば(無意識じゃないですよ)ブログのデザインを変えてました。やはり、思い立ったが吉日です。


ビオワインとの出会い

2008年06月29日 | gooブログ移行前のブログ

昨日ワインの話をしましたのでついでに、今はまっています自然派ワイン、ビオワインと私と出会いをお話します。初めて出会ったのが1991年か2年、その当時私は、135種類1500本ほどのワインの管理や、リスト作り、仕入れ、お客様への説明、販売をまかされていました。そして聞いたところによりますと、日本に6ケースしか入荷してなくてそのうち関西に来た3ケースのうちの1ケースでした。栓が蝋引きされていて、澱はいっぱ、いやや濁り気味にビックリしたのを覚えています。飲むとさらにビックリ、「ぶどうジュースにアルコール」って感じでした。しかし、心地よくまた飲みたくなったことも覚えています。同じワインの年代違いがモンクールにありますので写真を掲載します。Dc062710_2 その後1、2種の出会いがあり飲みました(ビオとは知らず)。それから長らく機会が有りませんでしたが、モンクールの前身の店をオープンして1年目くらいにたまたま好きな作り手がビオだったので、さらに興味を持ち、第2次(私の中で)ビオの主要地域の押さえとくべき生産者のワインをピックアップしたようなワインリストを作りました。そして第3次、第4次(私の中で)の生産者の自然派のワインが、モンクールの現ワインリストです。自然派との出会いは明日に。

コメントありがとうございます。国産ワインは私にとって未知の世界です。


おみやげワイン

2008年06月28日 | gooブログ移行前のブログ

Dc062703 先日、北海道のお土産でいただいたワインを飲みました。ワインで国産のを飲むことはほとんどありません、好みの(私の主観)ワインに出会っていないのと、私に国産のワインに対する、先入観や思い込み、私のワイン論(これも主観)が邪魔しているがあるせいもあります。価格的にもそこまで出す(言うほのの額ではないですが)ならフランス産になってしまいます。しかし、いただいたワインは、私の主観で美味しく思いました。きめ細かいタンニン、かすかな酸味、程よい樽香、熟したダークチェリーとかすかに残るフレッシュなベーリーのようなかに、極わずかなカカオやスパイスが混じっているように感じました。品種はオーストリーのツバイゲルトベーレです。どの国にでも情熱のある方はおられるものですね。ふとフランス料理と言う名前と料理が、いろんな意味である種日本で市民権を獲得するまでの道のりが思い浮かびました。すばらしい多くの日本ワインに乾杯!

コメントありがとうございます。モンクールのあるところ段上1丁目は、駅からも近く、幹線道路から少し入った所で、こんなに穏やかな時間が流れています。そして、ここを選んだ理由のひとつに、町に香りがあるということです。長くこの環境が続いてほしいです(手前勝手ですが)。この場所はまさにフランス料理のお店にうってつけの場所です?(宮狭的には)


白鷺???

2008年06月27日 | gooブログ移行前のブログ

先日空を舞っている、ハイ鷺?の写真を掲載しましたが、田んぼに毎年来ています。白鷺?が来ていてやっと写真が取れましたので載せたいと思います。鷺なら昔から縁起の良い鳥と言Dc062701Dc062702れているので、いつも気分良くながめています。


ホリジ

2008年06月26日 | gooブログ移行前のブログ

以前に植えましたホリジの花が咲きました。とても綺麗な花です。ハーブティーとしては憂いを払ってくれるハーブだそうです。やわらかい葉はサラダにもできるそうです。花は砂糖漬けによくDc062202Dc062203Dc062201れるそうです。私にとってはあまりなじみのないハーブです。

コメントありがとうございます。ちりめんキャベツは、キャベツの中でも食感も良く比較的香りも            あるので好きです。


野菜4

2008年06月25日 | gooブログ移行前のブログ

  Dc062204_2 答えは、サボイキャベツです。日本名はちりめんキャベツです。わたしの好きな食材です。スープや煮込み、ソテーもいいですね、私はこれで包むことが多いです。思い出すとよだれが出そうです。紹介したお野菜がうまく育ってお出しできればよいのですがが。 Dc062206_2Dc062205_4


野菜3

2008年06月24日 | gooブログ移行前のブログ

Dc062205_2 昨日の答えは、ピーマンです。赤色のやや大型のピーマンです。サラダやマリネに良いですね。皮は火で炙って火剥きににします。ビックリするくらい真っ黒にして水に漬けて剥きます。詰め物や煮込みもいいですね!さてお野菜最終問題です。この写真は?

コメントありがとうございます。私達も知っていなくてはいけないのですがななかな難しいですね。少しでも機会があればこのように見たり聞いたり育てたりしています。


野菜2

2008年06月23日 | gooブログ移行前のブログ

Dc062206 昨日の答えは、ズッキーニです。今から旬で店頭にも並んできています。ズッキーニはポペカボチャの仲間です。丸ごとローストしたり、炒めたり、マリネにしたりします。ご家庭では、味噌汁の具材やてんぷら、野菜炒めなんかは簡単で良いかと思います!では、今日の写真は?答えは明日です。


野菜1

2008年06月22日 | gooブログ移行前のブログ

Dc062204 野菜を試しに育てています。試しになんかでできるわけがなとはおもいつつ種を植えました。やっと芽が出て先日植え替えました。さてこの写真のお野菜はなんでしょう?答えは明日です。


風鈴

2008年06月21日 | gooブログ移行前のブログ

昨年夏に初めて吊るしました風鈴が今年も登場しました。昨年は短冊代わりにコルクを吊るしていましたが重くて風になびきませんでした。今年はなびくように新しい短冊を用意しました。風鈴もフランスぽくぶどうのデザインです。短冊はフランスの列車のチケットを使って作りました。Dc061608 Dc061609 Dc061610

コメントありがとうございます。オリーブの塩漬けを考えたのですが、アク抜きがやっかいそうなのでやらないと思います。なので、、、です。