おうちBAR開店

本格的なパーティー料理から手抜きお手軽料理まで、私のキッチンから発信します。毎日の出来事を含めて楽しくご紹介。

臆病者で妄想者の病は気から

2011年11月25日 | つぶやき
今朝、内視鏡を使った検査を受けました。
少々胃に違和感を感じることがあり
昨日先生に進められたんです。
内視鏡、いわゆる胃カメラは2回目。
あの恐怖と異物感は二度と体験したくない!
と思ったけれど、
何かあってからでは遅い、と泣く泣く受けました。
まさに泣く泣く。
口から入れるタイプだったのですが
なかなか入らないんです。
私の口は美味しいものを食べるためにあるのよっ!
なんて密かな戯れ言はけんもほろろに無視され
無情にも管は十二指腸まで達しました。
海老の踊り食いなんてもんじゃない!


結果=小さいな良性ポリープがポチッと。


まず問題は無いでしょう、とのこと。
最近、仕事がたてこんでいて
ストレスが溜まってたんですかね^^;
一応成分を調べるらしく
組織を何かでザクッと採取したのですが
感覚が今も胃に残ってます。
あ"あ"あ"~っ。


何でも無かったからブログに書いちゃってますが
未知の痛みに対してかなりの臆病者。
偏頭痛や目眩や動悸などにはかなり動揺します。
外傷を負って血がダラダラ流れようが
肋骨を強打して息ができなくなろうが
外から受けた痛みには滅法強いです。
でも殊、内蔵のこととなると話は別。
違和感を感じてから今朝まで
マイナス思考の妄想に
じくじくと苛まれておりました。


緊急手術になったらどうしよう?
台所のあの汚れ…落としてから入院したい。
あれやこれを処分して身辺整理をしておきたい。
生前葬ってどうやってやるの?
できたらマグナムのシャンパンを振る舞おう。
遺影は誰に撮ってもらおうか?
家族への手紙はどういう内容にしようか?
身体が動くうちにヨーロッパへ旅に出よう。
ポルトガルとスペインかな。
最期に何食べよう。
炊きたての白いご飯と
豆腐とワカメと麩入り赤出しと
ぬか漬けとしば漬けと日本酒!



アホですね。


喉もと過ぎれば何とやらで
検査が終わった途端気分が晴れやかになりました。
身体は大切にしなくちゃダメですね。
お酒と食事が摂れなくなったら
私、生きてられるか自信無いもの。


ひとまず良かった^^
病は気から。
気のせいだと分かったので
心置きなく年末年始のイベントを迎えられるわ!

全然懲りてない。


追伸
14時間断食していたので食の話題無しです。
ようし。今日は食べるぞ!
ちなみに食欲はずっと落ちてませーん。
コメント   この記事についてブログを書く
« THE HANGAKU LIFE | トップ | 幸せを呼ぶ朝食 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つぶやき」カテゴリの最新記事