LE REGARD D'ALAIN DELON

アラン・ドロンさんの魅力を探ります。

『アラン・ドロン・ファンの集い』のご報告

2006-10-01 | THE INFORMATIONS
本日午後1時より開催しました『アラン・ドロン・ファンの集い』
につきましてご報告申し上げます。

(写真は今年も会場に使わせていただいた
株式会社アラン・ドロン・インフォメーション・デスクの事務所内のものです。)

遠方から初めてお越しいただいたAstay様、
昨年に引き続きご参加のおばさん様、ラッシェル様、O様、K様、
誠にありがとうございました。
こじんまりとした和やかで有意義なひとときを過ごすことができ、
これもひとえにADID社の社長ご夫妻のご好意のおかげです。
重ねて御礼申し上げます。

今年の一番の話題は何と言っても来年のドロンの舞台観戦についてでした。
ちょうどタイミングよく昨日スケジュールが判明したことから、
劇場チケットの予約、飛行機、ホテルの選定など、
ADID社様のアドバイスも賜りながら少し話を煮詰めることが出来ました。

舞台チケットの予約を参加人数分まとめて行うことにより、
ドロンさんご本人に「日本からこれだけの人数の観客がまとめて見に来ている。」と
間接的にアピールすることができるのではないかと考えております。

--------------------------------------------------------------

ADID社のセギー社長の奥様から伺ったドロンの最新情報をひとつ。
昨日のK1で勝利したジェローム・レ・バンナ選手について。

彼は今スペインでドロンと共に映画『アステリクス』シリーズ最新作を撮影中で、
映画出演の契約上、撮影中は顔の怪我などがあってはいけないことから
格闘技の試合に出場することは許可されていなかったそうです。

ところがこれを聞いたドロンがバンナに対して
「そのような契約のことは気にせず、日本で試合をしてきなさい。
後のことはこっちで何とかするから。」
と言って彼を撮影地のスペインから送り出したそうです。
早速ドロンからADID社の社長に
「バンナが日本に着いたらよろしく頼む。」
と連絡が入り、日本でのバンナのコーディネートを急遽社長が任されました。

そして試合に勝ったバンナは勝利者インタビューで
「撮影地から快く送り出してくれたアラン・ドロンに感謝します。」
と述べたのですが、あいにく通訳の方には聞きとりにくかったようで、
その言葉は省略されてしまったそうです。

格闘技には以前から自ら試合をプロモートするほど造詣の深い、
そして男同志の友情に熱いドロンならではの心温まるエピソードでした。
Comments (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« SUR LA ROUTE DE MADISON (1) | TOP | FROM MY SCRAP BOOK (25) »
最新の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バンナファン)
2006-10-02 02:27:41
はじめまして。

バンナ選手の参戦に保険会社からストップがかかったとの情報を知り、試合当日まで祈るような気持ちでした。そして来日できたのがアラン・ドロン氏のお陰だと知り、感謝の気持ちでいっぱいです!



バンナ選手はいつもに増して輝いていました。K-1オフィシャルサイトでの投票でも、断トツMVPです。ドロン氏に感謝!!!
Unknown (K-1ファン)
2006-10-02 09:01:20
アランドロンさん本当に有難う御座います

日本中のK-1ファンが貴方に感謝してます!
お楽しみ様でした♪ (ラッシェル)
2006-10-02 21:20:57
こんばんは。昨日は、お楽しみ様でした。

充実した時間を同じ思いの方々と一緒に過ごす事が出来て、とても幸せです。



ぜひ、舞台を楽しみにパリへ行きましょう!
ありがとうございました (Astay)
2006-10-02 23:37:51
チェイサー様

昨日お集まりの皆様



楽しいお時間をありがとうございました

実物のチェイサー様とお話ができ大変嬉しかったです

これからも宜しくお願い致します

御礼 (チェイサー)
2006-10-03 07:38:55
バンナファン様、K-1ファン様、はじめまして。

コメントありがとうございました。

ドロンが彼を送り出した話についての反応が

こちらの予想以上に大きく驚いています。

ドロンが持っている「プロの仕事」に対する信念が

本業以外の現場でくすぶっている彼を見て

送り出さずにはいられなかったのではないかと思います。

来日後のフォローまで細かく考えている所が

さすがドロンだなと感じます。



ラッシェル様、

先日は本当に意義ある会合でした。

お宝のご披露もありがとうございました。

またよろしくお願いします。



Astay様

遠方からはるばるお越し下さり、

誠にありがとうございました。

来て下さったおかげで会が盛り上がりました。

これに懲りずに?またよろしくお願いします。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | THE INFORMATIONS