Charry-Charry工房

50の手習い(工業高校卒業後40年にして旋盤・フライス盤に巡り合う)

2018/07/07 1対2ループアンテナ用 バランの製作

2018-07-07 10:11:30 | アマチュア無線

ループアンテナを作成する前にイン

ピーダンス変換のためにバランの

製作 今回は1対2 

ループアンテナが110オーム

同軸が50オーム、そのままでは

使えないので。

12回巻きをしなければならないの

ですが線の長さ不足のため6回巻き

で試作。この時は線に撚りをかけな

いで作ってみました。

コアはFT43かな?余りに昔に購

入したので覚えておりません。

銅線径は0.65mmかな?

なんとか、使えそうなので12回巻き

で再製作。

製作記事は大進無線様のデータを利

用しました。TNX

https://www.ddd-daishin.co.jp/ddd/balun/db-110h-v2/db-110h-v2.htm

何とか使い物になるかな?!

1.8mhzでも使えそうですが、

160mの銅線が張れません。

HI

 

フェライトバーを使って1:2のバ

ランもトライしましたが、50オー

ムの場所が針で探せませんでした。

よって、フェライトコアを利用した

次第です。

JA7GYPさんのホームページを

参考にいたしました。TNX

http://ja7gyp.air-nifty.com/hamradio/2007/08/35mhz12_805a.html

 

本日も雨、西日本では大きな被害が

発生しております、こちらも裏の堰

が溢れそうです。

警戒しております。

娘の車は小高いところに移動しまし

た。

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018/07/05 線路接続ボルトの... | トップ | 2018/07/15 ナベサダナイト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事